交流掲示板 469495


皆さんで会話が出来る場が欲しくて掲示板用意しました。

誰でも参加可能です。

特に人の為に世界の為に何かできないかと思っている人は大歓迎です。

参加に当たって一つだけお願いがあります。
会話は常に同情深く、愛情深く、慈悲深くお願いします。
貴方は間違っていると言う問いは問いではなく闘いだから無回答になります。

この場に相応しく無いと判断したコメントは一存で削除させていただきます。

ひとのこ ブログ大乗
ブログでブログランキングのクリックもお願いします。


2013-4月18日

1:ひとのこ :

2013/04/18 (Thu) 12:11:44

新規コメントはこちらへ
614:xiaoqin9850:

2015/01/16 (Fri) 15:45:36

  エムシーエムスーパーコピー2015秋冬リュックの新品

  今年の秋と冬のためにmcm スーパーコピーデュークのリュック過去異なるもたらします。画期的なブランドは、三次元設計空間とより丸みを帯びた形状のバックパック、デューク広場シリーズになっていたし、最上階には全身のハイライトであり、その内部空間にも以前はバックパックの下のポケットに全体に拡張された袋状で展開されるバックパックや、バックアップがさらにすっきりと固体になるように、それが置かれているかどうかの収束などの二重ジッパー、とバックパックフロント、。

  パッケージタイプの条件の変更に加え、www.glovebuster.comスーパーコピーmcm スーパーコピーリュックはまた、材料や豊かな外観の利用の変化をもたらす、シリーズ全体をより選択的になります。各種の異なるコピー商品 ブランドデザインは続々と出して、必ず気に入るモデルがいます。
613:甘露 :

2014/11/08 (Sat) 19:45:50

兄弟の皆さん今日は。

甘露として
はじめて投稿致します。そして恥を晒します。

その前に20代から30歳ジャストまで
私にはもう遷化されましたが非妻帯非肉食の真言僧がおひとりおりました。
会社勤めしながら、その方のカバン持ちのようなこともして、私が得度する寸前に遷化してしまい、
私の得度はなくなりました。

さて本題です。
私はなにもかも失いました。
私が甘いのです。
35歳で異業種に転職しました。入社時から管理職の役職を与えられました。
どういうわけか経営陣一族は私が鼻についたらしく、入社時からパワハラがはじまりました。
成績はいつもトップでした。

でも身心は正直でした。
経営陣一族のパワハラに12年間耐えて結果的に重度のうつ病に罹患。
また運が悪いことに今年1月私の直属の部下が大きな同じ不始末を3回やらかし、その当然その責任を、
私がうつ病により指揮判断監督が甘かったと経営陣に追求(リンチに近い)され、自己都合退職をゲロをはくように強要され1月末で退職。
今年3月14日、私が受診で留守中に、妻は、家屋の謄本、権利書、私名義の通帳や実印を持ち出し小学校6年のひとり息子を連れ家出し現在も行方不明です。

一番の犠牲者は息子ですね。

家内は天理教の狂信者でバツイチでした。私は初婚でした。見合い結婚で結婚当初から全て噛み合っておりませんでしたから。
私が職を失ったのが家出の原因だそうです。他にもたくさん理由があるでしょうが。
私は離婚するのは良いのです。ただ居場所不明のため話し合いすらも出来ない状態です。
調停に持ち込んでも不成立になります。

9月には障害者手帳(精神)持ちになりました。
家内にそこまでされるような駄目亭主とも言われました。

子供に会えないのと
社会から疎外されてしまったのが
何よりも苦しいですし、悲しいです。
毎朝泣いております。
毎日死ぬことばかり考えております。
そんな時に先生と皆さんに出会えて
私はは幸せです。
やはり生きなきゃいけないんです
612:ひとのこ :

2013/05/19 (Sun) 14:21:47

スレット新しくします。
書き込みはそちらへ。
611:ひとのこ :

2013/05/19 (Sun) 14:09:58



>調和されていない世界では傍観するほかはないのでしょうか?
>如何にするか方法はあありますか?ひとのこころは変えられないのでしょうか。そういう事態において?
>やはり一種の病気でしょうね?

病気ではなく性格の問題です。
境界例と同じです。

体が男性で心は女性、
体が女性で心が男性

この様な男女です。
本来身体と、魂においては逆と成ってるが、
心と身体は同じに成るのです。

>ひとのこころは変えられないのでしょうか?
人の心が変わらないなら悟りは成立しません。

>如何にするか方法はあありますか?
悟る事です。
610:ひとのこ さい:

2013/05/19 (Sun) 14:00:08

先生

お答えありがとうございます。
>大きな世界の変化のとき、男女の心の区別もその接点で交じり合ってしまうのです。
これにより、自然な状態が壊れます。

心にも体にも男女の区別があり、それが乱れると男が男と女が女と引き合うことが生まれてくるのです。

調和の世界ではこの問題は自然に解決されます。

調和されていない世界では傍観するほかはないのでしょうか?

如何にするか方法はあありますか?

ひとのこころは変えられないのでしょうか。そういう事態において?

やはり一種の病気でしょうね?

609:ひとのこ :

2013/05/19 (Sun) 13:21:55

皆さん今日は。


>先生、男が男を好きになる、同性愛はどのように考えられますか?

世界は世界に生まれ出る、個を世界の一部として育て上げ、
個は世界に影響を与えながら生きます。

こうして、世界は変わって行くわけです。
世界にある一定の変化が起きてくると、社会のシステムもその時代の人にあわなくなってきます。

世界が変化するとき、世界、社会に強調できない人が世界から沢山生まれ出して来るのです。

これはね心の乱れを意味します。
だから世界の変化の前には世界は乱れてき地震や災害が頻繁におきだします。

人と人を引き付けるものはみなさんは外見と考えるかも知れませんが、
外見は心の現われで、心と心が引き合うわけです。

男女は一定の範囲で男と女の心に区別があり、その為に男女が引き合うのが自然ですが
大きな世界の変化のとき、男女の心の区別もその接点で交じり合ってしまうのです。
これにより、自然な状態が壊れます。

心にも体にも男女の区別があり、それが乱れると男が男と女が女と引き合うことが生まれてくるのです。

そう言えば、神示を下ろした、出口なおと王仁三郎は、変性女子と男子と言われてます。


調和の世界ではこの問題は自然に解決されます。

>それよりも二人べったりとくっつく恋愛は問題を多く含んでいるとは思います。
>でも問題があってもそれがないと、私結婚してなかったと思います(笑)
今は何も問題ありません。
これからは、愛情が外にも同じように向けられるようになれば宵のです。

男女が引き合わねば、人は絶滅します。
608:ひとのこ さい:

2013/05/19 (Sun) 12:40:27

mkさん
言われていることよくわかります。笑
普通?の恋愛の方が問題多いですね!
正直でいいですね!!
607:ひとのこ mk :

2013/05/19 (Sun) 12:25:54

ひとのこさん みなさん こんにちは


ひとのこさん
>mkさんは、分かっているような、無いような。
^^; そのとおりだと思います。
なんとなく、もやもやのまま。
今朝の回答で、また勉強出来ました。
全て根源からあらわれる思いを言葉にしているのに、凡の私たちは言葉を間違えてる。
大きく揺れて乱れている心では、その中心をはっきりとつかめない、見えていない状態なのですね。
なので、中心からずれたところにフォーカスして、真理に気づかない。
私の言葉ももやもやとする(笑)


自信のなさが壁
上手くなったと思い込むための道。

>道とは、修行とは、ただ、わたしは出来ると言う思いを得るためあるのです。
・・・思い込む、という言葉にためらいを感じていました。その状態はまだ「個人だけのもの」のように見えるからです。
ですがこのわたしというのは、すでに個人の枠を示すのではないのですね。わたしはできる。わたしたちはできる。誰もができる。
そのためには、個人、できない、自信がない、という長年の癖を取り去る反復練習が必要で。


さいさん
私は同性愛には問題を感じないのですが・・・
それよりも二人べったりとくっつく恋愛は問題を多く含んでいるとは思います。
でも問題があってもそれがないと、私結婚してなかったと思います(笑)

質問にのっかりますが、
神示にもよく男は、女は、とあります。 わたしはこれは、その時代の世相の読み手にはすんなり入っていっても、
今はずいぶん生活形態が多様化していて、「役割や性質を性別に例えた方便」ととらえ読むべきものになっているように思います。
これを文字通りで今受け取ると、文の本質からずれるようなことも起こる気がするのですが、思い過ごしでしょうか。


タオさん ものづくりがんばってください!
606:ひとのこ さい:

2013/05/19 (Sun) 11:01:17

先生みなさん今日は

質問板に質問しようとしたのですが、古い、ローカルコピーがどうたら、わけがわからなく送信できませんでしたので
ここにコピペさせてください、アナログまいります。

いつもご教示ありがとうございます。
いつも卑近な質問ですいません。
先生、男が男を好きになる、同性愛はどのように考えられますか?
僕は理解し得ないのですが、詳しくは言えませんが、今少し問題があります。
男でも女でも人間として同性に愛を持つということでしょうか。僕には詭弁に見えます。
同じような問題がある人も多いでしょうし、質問させていただきました。
お隙を見て教えてください。

僕には全くわかりません!!
605:ひとのこ タオ :

2013/05/19 (Sun) 10:27:54

連投です♪

ひとのこさん
以前エゴと自我のお話で、子供のエゴを素直に延ばせばみたいな話がちょろっと出たと思ったのですが、詳しくお聞きしたいなと思っています。

同化で自分に向けられていた愛を今度は外にじんわりでも出して行かねば!

長野は曇り空です。
私事ですが月末に大きな展示を控えており(ものづくりの)バタバタしております。
604:ひとのこ タオ :

2013/05/19 (Sun) 09:34:03

みなさんおはようです。

ひとのこさん
昨夜の大事な書き込み、今の自分の立ち位置と重なるところが多いです。
みなさん映画鑑賞的に観ることを当たり前に続けているとおもうので、ピンとくるのだろうなと、あえてコメントしませんでした。

立ち位置と言ったのは、バラバラの個としてか、自分も含め知ること出来るもの全てを対象として、観るものとしてかってことの位置です。

その立ち位置が自分の信じている場所とゆーか、視点がずれて行くほどに同化が解けていっています。

特にここ数日これまでのひとのこさんの言葉、神仏しかいない、行為が行為してるなどなど改めてリアリティを持って響きはじめました。自分を観ながらコイツだれだ?って笑ってしまう時あります。。

必要最低限のってお話もすごくしっくりきました。成れる条件はすでにある、、信じる思いだけあれば、、。辛い人ほど、少ない知識で行けるんだろーな。

いつも背中を押して頂きありがとうございます。
603:ひとのこ :

2013/05/19 (Sun) 07:56:55

皆さん今日は。


昨日の一言への感想。

素晴らしさを理解できたのは横目さん一人ですか。

さすがに、現役の僧侶ですね。

>上手くなったと思い込み、神を信じ切る
>事が出来れば完成なんですね。
その通りです。

横目さん、ではこれは如何でしょう。
思いの変化には過程が必要です。だから過程を経験している。
始めから我々はそれだと知り、思う為に。

真実は過程が必要だから成るになるが、成るのではなく、であったのである。

横目さん。これで知った瞬間に凡のままで修行をしながら、
仏道を歩みながら悟りの境地に成らないか?

これが凡は聖です。
今過程であっても、これから仏に成らねば成らなくても、
その過程の状態も仏です。道とは思い込むための物です。

これで成仏する過程でも悟りの境地であり、これが菩薩の境地です。
横目さんこれは密教そのものでしょう。
これが、完全なる悟りへの道を述べた経である、般若理趣経でしょう。

曼荼羅も理趣経も三密も阿字観も思う為のものですね。


さて、次は、ヒロさんとさいさんですね。
お二人は、ハズレ。
これは非常に大事だから良くおぼえて置いてください。

>想念も真我ではないですので、相対世界をそれなりに作っているんですね。
ヒロさん、真我以外に何か在るのですか?
想念とは心のことで、動けば心、静まれば真我です。
心の静まった状態を真我と呼ぶのです。

この心が世界を生み出しているのです。

>「思い」が一番ですが、神示でも、形も大事って言ってますし。
思いが形を生み出しているのです。
思いと形は連動しているから、形も大事と言われるのです。

思いが全てです、心が全てです。
これが宇宙の一切の元だからです。

ヒロさん、さいさん、皆さんが如何して今真我の自覚が無いと思いますか?
まだわたしは、自覚出来ないと思っているからです。
これ以外に邪魔者はないのです。

この思いを変化させて、真我を自覚させるのが、道なのです。
十分な過程を踏んだと言う自覚が思いを変化させるのです。

道を歩いて実力が付いたから実力が付いたと思えるのではありません。
実力が付いたとの思いに至ったから実力がでるのです。

道とは、修行とは、ただ、わたしは出来ると言う思いを得るためあるのです。

練習しなければ、道を歩かねば、思いが納得しないのです。

邪魔なのは、皆さんの自信のなさが邪魔なのです。

何かしらの、修行が必要なのか?
思いを変化させ自信をが必要でその為の修行なのか?

目的を理解しているのと、いないのでは、大きな異なりが生まれるのです。

仏教の唯識では心だけがると説き、
ラマナは真我だけと説く。
ちょっと唯識のほうが、詳しく論理的だが
このどちらも同じことを言っているのです。

皆さんも、その時が来れば分かります。
この宇宙は心が生み出しているものです。

どちらにしても、このことを覚えておきなさい。
わたしには、出来ないと言う自信の無さだけが邪魔なのです。

これは皆さんの為のもので、
世界の救済も皆さんの悟りもどちらも大事です。
それはそれ、これはこれです。

あとは、
>思わず「あっ!」と声を上げてしまう衝撃が走りました
>うまく言葉に出来ませんが何かに気づいたそんな感じでした
トシカズさんは何か気づいたかな。
上手く行けばこれもマインドがショートする。
大きな衝撃が起きるほど、大きな変化が生まれる。

あとは。
mkさんは、分かっているような、無いような。
宵とこはついているね。

タオさんと百番さんはこのことに付いてのコメントなし。
その他の方々はお休みですた。
わたしのコメントに対する反応で状態を見ているので、
思ったことがあったら何でも書いてくださいね。
エルさんには後でコメントします。

留守ばかりだけど、横目さんはさすが現役の僧ですね。
つくづく感じました。
602:ひとのこ さい:

2013/05/19 (Sun) 07:51:40

先生 みなさんおはようございます!!
まずエルさん書き込みされてみなさんホッとしてると思いますよ。
言語化出来てますよ。書き込みされてるのだから。でも無理しないでね。
書きたくなれば連投してください。

タオさん久しぶり。伊那谷も暖かくなったでしょうね。提案意見歓迎です。僕1人では先に進まないのでみなさんのご意見提案の総和としてまとめ先生に申し上げようと思っています。
僕としては自由な掲示板を気に入ってる方もおられるでしょうし、、ここは普段大いに交流して、会などは会として勿論別に活動するのががいいとおもっています。ここの自由な交流の場は大事にしたいですね。

みなさんのご意見聞きたいですね。まだ先生とお話していませんがここでの意見交換は先生もお叱りにならないと思います。
総和としてお話したいですね。

最近プロ的な方とメールでお話していますが自我のガードのきつい方で固定観念を持たれています。まあぼちぼち対話していきますが、すぐあなたの言うことはわかっるが、わたしはこうです。
結局わかっていないのですね。笑 それを思うと笑えます。でもメールを返すのは記事を書くより時間がかかることも多く、大変です。普通はメールなど公開されないほうがいいでしょうね。
同じ方から一日何本も届くのに閉口します。1日1本の制限をつけたいです。笑

今日もポチしてくださいね。
601:エル :

2013/05/19 (Sun) 03:45:31

こんにちは

先生、みなさん、ありがとうございますm(__)m

言語化能力が、追いつかない感じです。

言語化しない方がいいから追いつかないのかもしれません。

また書けるときあったら、書きますね。
600:ひとのこ タオ :

2013/05/19 (Sun) 01:19:19

ひとのこさん、みなさんこんばんは。

Ustream案いいですね。
スマホ一台あれば録画、配信できてしまいますよー。

集まる会が開かれる時はぜひ参加希望です。でも仕事上休日も働いていることが多いので
タイミング会えばなぁって感じです。
会の一部でもユーストで配信出来たら来れない人も気軽に見れてグッと現実感増しそうですね。


さいさん、いつも掲示板をまとめて頂いてありがとうございます!
何かいろいろ言わせてしまい申し訳なく思っております。。


お休みなさーい☆
599:ひとのこ さい:

2013/05/18 (Sat) 22:29:35

みなさん今晩は
横目さん元気になられたみたいですね。よかったです。

先生の
>我々は何の為に練習を行うのでしょう。
>上手く成るためでは、ありません。
>上手くなったと、思うためなのです
>上手くなったから、上手くなったと思うのではありません。
>上手くなったと思うから、上手くなるのです。
>神が在るから信じるのでは在りません。
>信じるから神が在るのです。

みなさんと同じく僕もいつもの先生流の教え、うーんです!!素晴らしい!!

ヒロさん
>思い」が一番ですが、神示でも、形も大事って言ってますし。
形も 思いのこもった形 が大事と思います。長男なもので伝統も大事にしたいとも思います。
僕は好きなことを書かせていただいてますが、伝統、形はしっかりしています。しかし観音経は読みましたが読誦はほとんでしていないです。
仏壇でも光明真言ぐらいです。今日の参列者さんたちは、観音経、普段でもあげておられるような感じでした。たまにはこういうこともいいことですね。
帰り道いい気分で帰れました。

mkさん顔合わせ等も先生の予定もありますから、先生にお聞きして実現させたいとおもいます。
時間のある僕はみなさんの手足でもあるのでお任せいただきたいと思います。ありがとうです。

いずれにせよ、こういうことは先生の考えをお聞きして、トップダウンでなく下からの力だと思います。
歴史的に見ても間違いなく下からの力ですね。ご意見あれば書き込みお願いします。
掲示板は掲示板の良さがあり、会、団体はその良さがあると思います。
どのようなことも、しかし先生と相談した上でのことですね。
よろしくお考え下さい。






598:トシカズ :

2013/05/18 (Sat) 21:45:50

皆さん、こんばんは

エルさんがここで発言したり問答したりすることで既にお役目を果たしているかと思います
出来ないじゃなくてすでにしていると言ったほうが良いですね
エルさんの書き込みによりここにいる人たち皆がたくさん学べたし、これからも学べると思います
だからこれからもエルさんのペースでいろいろ好きなことを書き込みしてくれれば嬉しく思います

>上手くなったと思うから、上手くなるのです
>信じるから神が在るのです
思わず「あっ!」と声を上げてしまう衝撃が走りました
うまく言葉に出来ませんが何かに気づいたそんな感じでした

>地震も自然災害も事故も全て人の想念の乱れが引き起こします
現在、それだけ人々の心が乱れてしまっている現れなのでしょうかね
何とかして世界を変えたいですね
597:横目くじら :

2013/05/18 (Sat) 20:40:44

相変わらず素晴らしい教えですね。

>我々は何の為に練習を行うのでしょう。
>上手く成るためでは、ありません。
>上手くなったと、思うためなのです
>上手くなったから、上手くなったと思うのではありません。
>上手くなったと思うから、上手くなるのです。
>神が在るから信じるのでは在りません。
>信じるから神が在るのです。

今のボクに最も必要な言葉です。

上手くなったと思うために練習し、

神を信じるから神がある。


上手くなったと思い込み、神を信じ切る

事が出来れば完成なんですね。

そのために、毎日お勤めを楽しくさせていただきます☆

ありがとうございます!


596:ひとのこ百番 :

2013/05/18 (Sat) 15:04:30

みなさんこんにちは。

エルさん大丈夫! エルさんに何かをお願いする事はありません!
もしあるなら私が代わりにやります。

ただ心理学でもどうにもならないようなエルさんの苦悩を
できればなんとかして解きたいと、みんな思っています。
ここのみんなとの会話の中で、エルさん自身でそのヒントを見つけてほしい
そういう希望はあります。でもそれは裏を返せば我々自身への課題・希望でもあるのです。

今のまま、少しずつ、気付きを増やしていって
時間を掛けてそれがエルさんの腑に落ちたときに、
どうするかは判断すればいいです。

今は基本的にそういうスタンスでいてほしいです。

595:ひとのこ mk :

2013/05/18 (Sat) 12:46:25

ひとのこさん みなさん こんにちは

今日も風が爽やか~ 薄曇りだから日差しマイルドで快適~ です。
うちの店はドアが大きな一枚ガラスです。そこを入ってすぐの場所にレジ机とPCがあり、明るさと開放した窓からの風に気持ちよくしています。
車がかなり走ってて音はうるさいです(笑)


百番さん
生放送おもしろそうです!
ふみおさん情報では後でも再生できるということですから、時間の都合も随分解消されますね。
そうそう、秋にひとのこさんの会を開催するときも、人数の把握や日程と場所のまとめ役はやはりさいさんにお願いってことですよね^^


エルさん
思いもしてなかった展開、提案にびっくりされたのかな?
それとも出来ない状態を想像して不安になってしまいましたか?
この言葉も気にしないでくださいね、私が自分のことを省みて予想してみただけですので。
ひとのこさんのおっしゃるように、雲のように流れる、希望を持たない希望の中のやりとりですから。
ここは不思議な場所です。



>人の心は一心では在りません。
>常に自分を信じきれないのです。
>これが想念の乱れの原因です。
以前、意識が動くと心になると書かれていました。
心が揺れると端ができ、分裂して対極ができる。
また、昨日書かれていた教えのことから、
バラバラになっているように見える想念を理解でつなぎ合わせていくと、統合が起こり乱れが収まっていく。
そんなことを考えています。
594:ヒロ :

2013/05/18 (Sat) 09:27:01

おはようございます、みなさん。

先生
>恐れたらそれは現実となるのです。
>神示でも語られております。
天災などについても神示は、「天の異変は、人の異変」って言ってますね。あと、先生は真我の話がメイン
なので、あまり霊界については語られないですが、人の地獄的想念が幽界を作って、それがまた
問題って言ってますよね。あと、霊人の食物は「言葉」ってあるので、やはり思いや言葉は
大切って思います。想念も真我ではないですので、相対世界をそれなりに作っているんですね。
でも、恐れるのではなく、この前出た「芸術の門」から、調和から歓喜、ですよね・・。
あと、今回先生が言われた「問題」は、「苦悩」に置き換えてもぴったりきますね。

さいさん
それこと供養で、お経を唱えたりするのは、霊人の食物なので、やっぱ仏教が浸透している日本では
大切なんだって思いますね。「思い」が一番ですが、神示でも、形も大事って言ってますし。
593:ひとのこ さい:

2013/05/18 (Sat) 07:50:40

先生皆さんおはようございます。

今日先生の、逆説的教え心地よいです。少しの字句の違いで全く大きく違いますね。

ふみおさんそう言っていただきありがとうです。ここでゆっくり学び繋がっていきましょう!

エルさん書きたくなれば僕にメールくださいね!気分落ち着いたら、又書き込んでください。

子どもの心を持った人が、これからの出番だと思います。子どもの心とはいい意味で言ったので誤解しないでね

今日は寺さんに用事です。昔すぐしたの弟が自死したので,千体供養というのがあるのです。本道の裏に千体の像があり名前を刻んでるのです。

住職さんおられる日なので、お話しておきます。これから記事をかきおおいそぎでいってきます。

今日も皆さん良い一日を!ポチですよー!!
592:ひとのこ :

2013/05/18 (Sat) 07:28:12

皆さん今日は。


今日の一言です。大事です。

問題が在るから問題が在ると感じるのではありません。
問題が在ると感じるから問題が表れるのです。

我々は何の為に練習を行うのでしょう。
上手く成るためでは、ありません。
上手くなったと、思うためなのです

上手くなったから、上手くなったと思うのではありません。
上手くなったと思うから、上手くなるのです。

神が在るから信じるのでは在りません。
信じるから神が在るのです。

この世界の如何なる問題も人の想念の乱れです。
地震も自然災害も事故も全て人の想念の乱れが引き起こします。

人の心は一心では在りません。
常に自分を信じきれないのです。
これが想念の乱れの原因です。

実は人の心の思いは常に現実と成ります。
地震に怯えれば、地震が来ます。
災害に怯えれば、災害が来ます。

一心ではない、心の乱れの部分が、災害をおこすのです。

もし人の心にわずかな乱れも無くなると、思いの全てが現実となります。

昨日の百番さんのコメントの>「自分に対する「自己信頼の確立」とはこのことです。
宇宙人からのメッセージでしたか?

この一部の乱れも無い心の状態に至ったのは人類史上数人でしょう。
その人たちは奇跡を行ったと言われております。
ヨガでもこの奇跡が説かれております。

恐れたらそれは現実となるのです。
神示でも語られております。
ね、ヒロさん。
591:ひとのこ :

2013/05/18 (Sat) 07:00:32

皆さん今日は。


>真理に成るという言い回しは、そのどれよりも腑に落ちました。

ふみをさん、わたしも触れる得る知るも使いす。

だがね触れる知る得るは成るための物なのです。

真理とはね。根源そのものなのです。
根源には方便が無いのです。
だから言葉にすると、在ると無いが一緒となるのです。

それでは言葉に成らないから、在ると言う立場で説かれたり。
無いと言う立場で説かれたりするのですが、そうすると方便と成ってしまうのです。

真実はね自分に必要な最低限の知識でこの真理に成ってしまうと。
今まではいくら考えても分からなかったことが、すーと分かってしまうのです。

如何なる質問が来ても質問の内容が理解できる知識を入れてやると答えが出てくるのです。
すーと分かるのです。

これを智慧と呼びますが、実際には理論的思考を行っていると言うより、
閃きに近いです。答えが出てくるのに必要な知識を入れると閃くのです。

沢山の知識を入れるほど沢山分かるのです。
知識とであって分かって行くのです。

だからね真理を知ったのではなく、成ったが正解です。
自分の考えをまとめて体系的な真理ができそれを理解したのではないのです。
常に今疑問を解いて行っているのです。

だから私には知識が無いと言う心配はいりません。
590:ひとのこK :

2013/05/18 (Sat) 06:35:27

師匠おはようございます
丁度僕もエルさんに学ばせて貰ったとお礼を書こうとも一度見た所でした…

僕もおかげでこの邪魔者の自我の大切さがわかりました

そしてエルさんの苦しみは表現は似ていても実は少し違うんじゃないかって

仕事入ります
589:ひとのこ :

2013/05/18 (Sat) 06:17:46

皆さん今日は。


まてまて、エルさん。

わたしの言葉が重荷に感じましたか?


でもね、わたしの言葉には如何なる強制力も無く。
如何なる期待も入ってないのです。
だからね。

>出来ません・・。

OKなのです。
それでも一切期待が裏切られたと言う気持ちが無いのです。

ただ出来るかと聞き。出来ない。。OKそれだけなのです。
感情が入らなくなるとこうなるのです。

わたしの言葉はねまるで、空に浮かぶ雲のようなもので根がないのです。
相手の返事が何であれ、あーそそれだけなのです。

だからわたしの言葉など気にせずに好きな事をここでお話してて宵のですよ。

エルさんが気が向いたら何か書けばいい。
好きなようにしてよいのです。

でもね、これでわたしは境界例について一つ学んだよ。
ありがとう。
588:ひとのこK :

2013/05/18 (Sat) 06:11:10

エルさんへ

そうですか
昔の僕とやっぱり似てますねー(笑)

その先はEOの言うような絶望から入る道ですよ
どちらにしても行き先同じですけどね。

587:エル :

2013/05/18 (Sat) 03:38:39

こんにちは

>エルさん自分と同じ問題を抱えている人たちの為に
>やってみませんか?

出来ません・・。

境界例等については、専門家から学んでもらいたいと思います。
患者からの話は、あくまで参考にとどめて下さい。

先生に合わせてゆくことが出来なくなりました。
これまで助けて頂き、本当にありがとうございます、感謝しています。

失礼します。
586:トシカズ :

2013/05/17 (Fri) 22:56:15

皆さん、こんばんは

今日は若干、平年より気温低かったですが本当に過ごし易い良い季節になりましたね
どこかに出かけたくなります

563のひとのこ先生からエルさんへの境界例に関するお話読んでいて凄く興味が惹かれました
また書いてくれるみたいなので期待しています

>もしこのような社会問題を解決できれば教えは心理学を終えていることを証明できますね
ひとのこ先生のこの発言「心理学を超えている」でいいのでしょうか?
私の中ではすでに越えていると確信しています。
心の科学を学んできた私がここに来て更に成長することが出来たのですから
585:ふみお :

2013/05/17 (Fri) 22:54:32

みなさん、こんばんは。

昨日は書き込みできず、すみません(汗)

直接交流、私も是非ぜひして参加したいです。
オフ会には参加した経験がありますが、
実際に顔を見てお話しすることで、つながりがより強くなることを実感しました。
それに何より、ひとのこさんから直接教えを学べる機会は大変貴重だと思いますし。


さいさん
まだまだ新参者の私が申すのも不躾かもしれませんが、
さいさんがこの掲示板のまとめ役を担ってくださるおかげで、
なんとなく安心感を抱いております。
いつもありがとうございます。


百番さん
USTREAM利用案、素晴らしいと思います。
確か、配信者は自分の放送したものを録画して公開することも可能だったはずなので、、
いつでも見返せて、新規参加の方でも遡って視聴することができますね。


>知るとはね、成るためのものであり、一度真理になぅったら
>今までいくら考えても分からなかった事がすーと分かるようになるのです。
真理を知る、真理を得る、真理に触れる・・・などなど様々な表現を聞いてきましたが、
真理に成るという言い回しは、そのどれよりも腑に落ちました。
私も早く真理になって、軽くなって、動き出せるよう励みます。
584:ひとのこ さい:

2013/05/17 (Fri) 21:04:08

Kさんありがとう!
>お互いにひとつのものとして働いていきましょう
素直にそれだけだよね。ひとのこ冠してるのだから、
僕らは手足!!それがお役目、それがひとのこ~さ。おやすみ
583:ひとのこK :

2013/05/17 (Fri) 18:35:23

さいさんありがとう

そうですね…
役割は違えども右手でも左手でもいい。

お互いにひとつのものとして働いていきましょう

さいさんのポイ見習わなきゃね
582:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 16:06:27

皆さん今日は。


チカフジさん、実はね真理とは、知る物ではなく成る物なのです。

知るとはね、成るためのものであり、一度真理になぅったら
今までいくら考えても分からなかった事がすーと分かるようになるのです。

ここで真理に成って見ませんか?
わたしもここの皆さんも大歓迎だよ。
581:ひとのこ百番 :

2013/05/17 (Fri) 15:45:07

チカフジさん、
シツコイですが、本当に、本当に知ってほしいからあえて書きます!
(受け入れていただくことを強要はしません。。。)

引用された「 宇宙の仕組み 」は、
いわば「地球という丸い地面の仕組み」「インドとは、ジパングとは」
と本質的に同じで、それを知らない大航海時代の人に、
そんな世界があるのか!と「興味を持ってもらうため」の方便なんです。
地球上のどこを探しても宇宙の外のどこを探しても真理はありません。
書かれた人が伝えたい部分はそこではなく、引用元のホームページの
いちばん最初の最初に書いてある
 「私達は貴方がた地球人を救出に来た救世主ではありません。」
 「自分に対する「自己信頼の確立」と「意識が全てである」との重要性を伝えに来ているだけなのです。」
いいこと書いてあります、これが伝えたいことの全てです。
自己信頼ってなんだろう? 自己を、信頼? の自己ってまずなんだろう?
確立というのは定着のことかな? 意識が全て?? 意識ってなんだろう?

それこそが真理の探究です。

580:ひとのこ百番 :

2013/05/17 (Fri) 15:13:01

みなさんこんにちは。今日は仕事が休みなので久しぶりの連投です

>569 のコメントで一部言葉足らずがあったので訂正します。
 我々が捉え学んで気付けたなら、フィクションとノンフィクションの違いを差取れます。
→我々が捉え学んで気付けたなら、フィクションとノンフィクションの違いが違いでなかった事を悟れます。


チカフジさん、「エノク経」を「擁護的見地」からも見ることができて
初めてその本意や解決すべき問題点が見えてくる気がしますが、いかがでしょうか。
個我境界のこちらとあちらとを伝えて初めて真理的と呼べる気がします。


mkさん、さいさん、最近知ったのですが USTREAM(ユーストリーム)という
ネット上の生放送みたいなのがあって、誰でも無料で生放送を配信できて
視聴者はリアルタイムにコメントを書いて(ツイッターみたいに縦に順番に表示されるっぽい)
それを読み上げて番組を進めてたりできるようです!

理想形とは異なるかもしれませんが、先生と生徒という図式であれば
活用できそうだなと思いました。

NHKでも最近twitter(ツイッター)のコメントを拾ってテロップに流したり
それをアナウンサーが読んだりしていますが
これと同じことが誰でも無料でできる、という感じですかね。
よく考えるとラジオ番組中にDJがFAXを読み進めるのも同じ図式でしたね(^^;
半一方通行という感じでしょうか。
あ。
それとmkさんとKさんにはパソコンを買っていただく必要がありますね・・・・・・・。


579:ひとのこ さい:

2013/05/17 (Fri) 14:36:40

みなさん今日は。
mkさんありがとう、皆さんもそうですけど、やはりまとまりがいります。そういうことは先生にお話した上で、いずれ下から押し上げるような力がいります。

それが本当だと思います。何とか今年にはめどをつけたいですね。先生が高野山に来られた時が、いい機会であると思います。はじめは大げさにはできないでしょう。

しかし本部なり会、団体は絶対にいるものです。参加する方のためにも、文字が流れる掲示板では弱いですね。

>焦ってはいけない、でも急がなければならない

mkさんの言われるとおりです。お金の問題などはあとでもいいと思います。

一度先生ともお話したいと思います。高野山はいい機会です。先生掲示板にはひとのこの冠にふさわしい方もおられると思います。

ひとのこ、増やしたいですね。ひとのこが核となりますから。差し出がましいこと言いましてすいません。

>現代版、瞑想と教えでこの問題を解決できるかも知れないね。
今エルさんにこの人たちには何処に問題があるのかそれを教わっているところです

師が教わる、素晴らしい姿勢であると思います。先生も進化されているわけです。僕らもエルさんやみなさんに学びます。
教え有難うございました。本当に差し出がましく申し訳ありません。
578:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 14:08:49

皆さん今日は。

あーそうそう。mkさんのお金の問題も
社会問題に取り組めば寄付集めもできますね。

先ず、境界例の方を中心とし様々な問題を抱える人専用の
掲示板がほしいね。そこでエルさんに中心となって働いて
貰えるとよいね。

エルさん自分と同じ問題を抱えている人たちの為に
やってみませんか?
577:ひとのこ mk :

2013/05/17 (Fri) 13:49:38

ひとのこさん みなさん こんにちは


今日はまとまった空き時間がないような気がします。


さいさん まとめ役いつもありがとうございます。

いつも早よしろと子供のおしりを押してる私が、今朝はさいさんに押されました^^
顔を合わせることが何よりですね。ネットの中の世界を変えようとしているわけではないですからね。
こういう知恵を出すときは、思考を与えられている便利なツールとして活用したいものです。
まずは既存のスタイルを集めて、吟味して行きたいです。 いつかもしかしたらすごいオリジナルな方法が出てくるかも・・・それも必要なときに^^

真理、社会への懐疑心からよりよい世界への変換の手伝い・・・ こういったことに興味のある人が集まる場所、を入り口として設ける。
スピ系だと、「瞑想会」とか、「坐禅」、「ヨガ?」とかで活発に交流が図られているような感じです。
ひとのこさんに瞑想を直接何度かレクチャーしてもらい、その後その人の住んでる地区で「瞑想勉強会」を適度に開催するとか。

ここの人たちがたくさん会うときは「オフ会」でw その時は誘い合わせで新規さんも連れてっちゃうとか。
顔を合わせる機会が増えるのなら、小さくても本部も作っておきたいですね。 だとお金がいるかな~

>また皆さんも動けるように成るまで学ぶ事が必要です。
>出なければ動けないのです。
>軽く成らねば動けない。
ひとのこさんのこの言葉も響きます。
焦ってはいけない、でも急がなければならない。
576:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 13:23:23

皆さん今日は。


あーそうそう。さんさん。

昔、戸塚ヨットスクール事件というのがあったね。

引きこもり、非行・不登校児などの改善をヨットスクールでと言うもので、
体罰で問題が起きましたね。

現代版、瞑想と教えでこの問題を解決できるかも知れないね。
今エルさんにこの人たちには何処に問題があるのかそれを教わっているところです。

心の問題はわたしの得意分野で医者より役に立つ。

もしこのような問題を解決できればそれこそ人集めと
社会の表舞台に出ることが出来るかもしれないね。

もしこのような社会問題を解決できれば教えは
心理学を終えていることを証明できますね。

エルさんのお役目は大事なお役目だね。
もちろんそれと平行して皆さんの直接交流をはかっていくことも
大事です。mkさんの意見も良いね。
575:ヒロ :

2013/05/17 (Fri) 13:10:06

みなさん こんにちは。

チカフジさん
>今ある科学で理解できぬものを排他的なスタンスで
>否定するつもりもない。知的闘争心を何故、自分に向けて来るのかも
>理解しがたい。ただ自分は真理を探求したいだけ。真理を探求するのに
>必要なのは懐疑の立場だから・・・

長い文章は読んでませんが、科学は大切って思います。ただ、科学的であるとは、二元的であると
いうことだと思います。Aである、というと、すでにAでないものを暗示しているという意味で。
つまり、科学的とは、分別的であるということです。2つに分けていく世界ですね。細かく細かく。
神示でも力が出るには分別も大切ですが、喜びが出るには、和合ができないと・・って言ってます。
要は、チカフジさんが、嬉し嬉しの状態にあることが一番大切なことだと思います。
ラジニーシも自分に向いた道を進め、って言ってます。まず、科学的にということなら
それもいいと思います。そしてそこに嬉し嬉しがあれば・・。もし無かったら、向きを
変えてもいいと思います。人って自分の道しか進めないとも思います。

それと、ここの常連は、こまごました事実よりは、内的平安・喜びの方に関心がある方が多いので
事実関係のこまごましたことは、書かれるなら要点だけにされた方が、読みやすいですよ。
574:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 13:07:34

皆さん今日は。


さいさん、あたらしい人が来たときはしかたがない。
これも救済だよ。

誰でもここに来たときは、問題を抱えているのです。
また皆さんも動けるように成るまで学ぶ事が必要です。
出なければ動けないのです。

軽く成らねば動けない。
今はエルさんが動けるよに成る事が一番大事です。

世界を変えるきっかけがそこに在るような気がします。
我々が先ず、何に手をつけたら宵かがエルさんに在ると思います。


では、実際に世界で何をしたら宵ののかが見つかるような気がしております。
573:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 12:56:13

皆さん今日は。


チカフジさん今日は。

>否定するつもりもない。知的闘争心を何故、自分に向けて来るのかも理解しがたい。

貴方が苦しんでいるからです。
宇宙の仕組みなど同でも宵のですよ。
貴方が何を知っているかは貴方の態度が示すのです。

>知的闘争心を何故
>自分は真理を探求したいだけ。
そうですね。貴方はここに真理を探究しに来たのでしょう。
だから、わたしが教えているのです。

>真理を探求するのに必要なのは懐疑の立場だから・・・
真理の探求とはバラバラに見えるものをつなぐ事です。
何かを否定するのではなく全てを肯定することです。

宇宙の起源は一つです。なら何故にバラバラに見える教えが説かれたのか?
一つから現れたものなら一つであるはずです。
疑いとは、バラバラに見えることを疑うのです。

疑うなら、バラバラに見える自分の理解を
世界に問題があると見える自分の理解を疑いなさい。
わたしとは誰かを疑いなさい。
外に疑いを向けず、自らに疑いを向けなさい。
外に見えている物は、貴方の内側にあるからです。

わたしは、知的闘争心を向けているのではないのです。
学ばせようとしているのです。

真理を知りたいなら、わたしから、学んで見ないかね。
学びたいなら、学ぶ問いう立場をとらねば成らない。
その立場に成ってもらうために、わたしが今回お話を始めたのです。

ところで、チカフジさんは思考か?記憶か?行為か?体か?

何がチカフジさんかね。
572:ひとのこ さい:

2013/05/17 (Fri) 12:42:07

皆さん今日は

Kさんおばあちゃん子なんですね。うちでも仕事でも介護ですか。頑張ってね。Kさんね、人の目は気にしないの。

自信持って何事もやればいいと思います。先生も人の目を気にしてるということは恐れからくるものであり、自我の働きだと過去に言われてましたね。

あえていうと忙しいのにKさん頑張ってると思います。自信を持ってお互い手足で行きましょう!!

エルさんいいように変わってきてますね。始め僕どうしようかと思いました。笑 皆さんとなかよくいきましょうね!!

百番さんは読ましていただいてますが温かさがにじみ出ています。僕にないものだからいいなーと思っています。

できれば更新をもうちょいと!読者さんもからうちの人もおられると思います。でもね、自己の考えでいくべきですね。

読者さんの顔色見てたら嘘になると思います。僕もストレートに書いてダメ元、と思います。笑

顔合わせしてやはりつながるべきですね。

この板だけでしたら文字が流れていくだけのような気がします。

いいこと提案されても、文字だけ流れていいくような。

いずれ顔合わせもして先に進むようにすでに決められていると思っています。

神示=先生=開かれ、夜が明けるということです。
571:チカフジ :

2013/05/17 (Fri) 12:27:57

ワタシもモルモン時代に↓コレ見て大変衝撃を受けホントこの宗教はヤバイと想いまして
モルモン教の頭首はロックフェラーじゃないですか。それからキリスト教も調べる内に
ウソが山ほど出てきて・・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/rirateraera/8570371.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen20.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/26/news020.html




 モルモンはエノク教だったのです。「エノク書」の教える所は

 「奴隷として人間を酷使した後、十分な富が蓄積された後には必要の無くなった大部分の人間等は皆殺しにせよ。
半分神である白人の一部だけをノアの箱船に残し、他の人間等は殺害して良い。大部分の人間は殺して食べて良い家畜である。」
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-235.html←ノアの箱舟作って世界を滅ぼす
つもりだった。核施設が破壊されたからいいようなものの・・・

キリスト信者さんに、とっては申し訳ない事をしてしまいました。
どうも申し訳御座いませんでした。

570:ひとのこ百番 :

2013/05/17 (Fri) 11:43:36

自分を信じて(私というものだけは懐疑せずに?)、
どこまでも突き進むもまた良し、だと思います。
近道になるか遠回りになるかの差だけで、全ての道が神への道ですから。
おすすめはしませんが・・・といってもそれも神仏の現れなんですよね・・。

569:ひとのこ百番 :

2013/05/17 (Fri) 11:34:34

みなさんこんにちは。

今日は雲ひとつない青空です!

さいさん、いつもブログ更新ご苦労様です。
私も見習わないとと思うんですが、おおまかな計画性というかプロット?のようなものが
いまだ立たずに言葉を探しているような感じです。。。

新約聖書は作り話、という書き込みに触れて久しぶりに
思考が渦巻きました(^^;
新約聖書という記録が作り話、だとすれば
私の物語という記憶も作り話、だといえるなと。
「私はいつ記憶喪失になったのか」というパラドクスからは事実は知り得ません。
それどころか「今」すら知り得ないのです。存在が今感覚器官に触れてからずいぶん後に
記憶に照らして追認した物を「事実」と呼んでるのですから。
ノンフィクションとは真実でなくこういった事実です。
それを捉える者がどう追認するかです。
我々が捉え学んで気付けたなら、フィクションとノンフィクション
の違いを差取れます。
新約聖書に支えられている方々へのフォローになるかどうか分かりませんが。。

あと、地球を支配する者があるとすれば
五感すべてに触れる感じからすると、それはまず太陽でしょうね(^^)

顔合わせ、いいですね!
私も参加したいです。呼ばなくても来ちゃうヤツ的に登場しようかな(笑)

568:ひとのこK :

2013/05/17 (Fri) 11:22:45

師匠皆様おはようございます珍しくおはようです

エルさん
そうですねー。ほんと今が一番すごしやすいかなー
すごしやすいとそれだけで幸せですねぇ。

さいさん
お婆ちゃんなのでお母さんではないですけど、育ててくれたのはお婆ちゃんなのでお母さんです?
何が言いたいかわからなくなりました(笑)

さいさんは介護疲れありませんか?
そういった愚痴を全く聞かないので…

心が変われば態度が変わる…ですかね

それとひとつ

不毛な事をする

不毛な事をしない

僕も不毛な事はしたくない…

でも選べなかった
選択したことは全て一番よいと思ったことです。
後になって後悔する事ばかりで笑ってしまうようなことばかりでしたけど…

んーでも
さいさんまとめ役だから
それを言うのもお役目ですかね

せっかくだから載せちゃいます

さいさん一度顔合わせして意見交換しませんか?
ここで話してもいいけど、それも関係の無い方が見たら間に入りにくい…
自分の悩みの相談なんて場違いかな…

って思われないでしょうか?

さいさん
これは僕のやりたくない病からくる屁理屈でしょうか?恐れでしょうか?
自分の事は自分が一番わからないかも知れない

さいさんの目に僕はどう映りますか?

手足になれれば解放される、手足になるためにここで学んでいるつもりです。

どうぞ率直に仰ってくださいませ ませー

567:チカフジ :

2013/05/17 (Fri) 10:37:40

ワタシはひとのこサンと議論するつもりで書いたつもりはサラサラない。
早稲田の大槻教授のように今ある科学で理解できぬものを排他的なスタンスで
否定するつもりもない。知的闘争心を何故、自分に向けて来るのかも
理解しがたい。ただ自分は真理を探求したいだけ。真理を探求するのに
必要なのは懐疑の立場だから・・・



「 宇宙の仕組み 」

我々地球人の殆どにとって、宇宙はただ広いと言うことのみが分かっている。
そこには名 もない無限の銀河系や星団、ブラックホ-ル、ホワイトホ-ルなどがあり、
光年という単 位で測られる無限の空間である。宇宙の正確な大きさや形、そして、
それがどの様に始ま ったのかについては殆ど分かっていない。最新の科学では
ビッグバン理論なるものが非常 に話題になっている。しかしそれは、
宇宙を理解するためには、ほんの少しばかり手掛か りを与えてはくれるが、
殆どの人にとってはその理論すらよく分からないと言える。
また 宇宙にはある種の神の御力、あるいは創造のエネルギ-が存在し、
その様な存在の力こそ が宇宙創造に関わったであろう事については、
殆どの人が同意するであろう。地球の科学 者達が物質的宇宙に関して
論理的説明をしようと研究にいそしんでいる一方で、我々の霊 的指導者達は
創造のエネルギ-の役割について理解を深めようと試みている。
科学者と魂 の理解に努める者とが、宇宙についての見解を一致させる事は滅多にないが、究極的には 両者は共通の結論に達しようとしている。

その結論とは物質的世界と霊的世界と、どちらも宇宙を作る一部であり、そのどちらが欠 けても宇宙は存在し得ない、と言う事である。宇宙の創造プロセスについての理解を深め るために、
まずプレアデス人の科学技術を理解すると言う基本的なことから始めたい。彼 等は時間の枠外へ旅して宇宙がまさに創られるところを探検して来ただけではなく、時空 という制限を超えて、自分達(プレアデス人)よりはるかに進化した他の種族達から、「 創造」の永遠の進化という神秘について学んだのである。この情報に関する信憑性のほど は読者の皆さんに理解して頂き、判断してもらう他はない。しかし残念ながら、今のとこ ろ我々地球人にそれを判断出来るような科学力はない。我々の住む世界(宇宙)は、プレ アデス人によると「アブソル-タム」と呼ばれる卵形の「創造の広大なエネルギ-領域」 に包まれているという。およそ人知を超えたアブソル-タムと呼ばれる霊的エネルギ-に 満ちた領域には、10の49乗の数の宇宙がすっぽりと含まれている。
今のところプレア デス人は、あちこちの宇宙を旅して回ることしか出来ないが、夫々の宇宙の大きさが僅か ながら異なり、形は似ているが夫々進化レベルに差があるということを、
彼等は実際の探 検によって理解している。

プレアデス人はアブソル-タムと言うものが、それを凌駕する「創造」の力の中にあると 信じているが、アブソル-タムと創造の力との関係については、まだ何も知らない。アブ ソル-タムの霊的エネルギ-のことは創造の在り方そのものである。覚えておいて頂きた いのは、「創造」は物質的形態では存在しないと言うことである。一般的に創造は霊と呼 ばれる「高等知性体」として存在する。創造は非物質的な姿で存在する生命形態であり、 自らの広大さに含まれる全ての生命形態の霊的エネルギ-から構成されている。アブソル -タムと呼ばれる広大な「創造」の存在は、それ自身で生を営み、自然の法則として進化 し続ける存在である。進化とは即ち学習することである。ものを考えるプロセスはエネル ギ-を創りだし、創り出されたエネルギ-は論理的な一連の思考となり、その結果として 知識が生じるという順序になるのだ。知識がより複雑になると、それは経験を通して学ば れて知恵となる。そして、この経験を通じて得られた知恵こそが、霊的成長を作り出すの である。

霊的エネルギ-が進化し続けるためには物質的生命体を創造することが不可欠であり、霊 的エネルギ-によって創造された物質的生命体は、経験による学習を通じてこれもまた成 長する。つまり「創造」の霊的エネルギ-は進化を通じて自らを成長させるためには、物 質的生命体を創造することが絶対不可欠であると言うことを「知って」いるのである。こ の創造のエネルギ-が創造した物質的生命形態こそが、我々が宇宙と呼んでいるものなの である。事の発端は、アブソル-タムの創造エネルギ-が新たに物質的宇宙を創造するこ とで、自らの進化を続けようと考えた事であった。創造のエネルギ-によるこの思考は、 独自の「意識」としてある種の形になるまで絶え間なく続けられました。もしも、創造の エネルギ-によるこの小さな思考を目で見ることが出来たとしたならば、それは「卵形」 をしていることに気づくだろう。思考が意識として確実なものになる以前の段階では、こ の芽生えたばかりの小さな思考は、アブソル-タムの霊的エネルギ-が集まったプ-ル状 のものの中に、既に物質として存在している多くの宇宙と共に存在している。

この小さな思考には物質的宇宙を創造する「永遠で理想的な本質(理念)」が含まれてい る。この若い思考はアブソル-タムの広大無辺な空間の中ではノミほどの大きさもない。 アブソル-タム、即ち創造の霊的エネルギ-は、「理念」を持つことによって進化し続け ることが可能になるのであり、この営みはあらゆる生命体に課された営みである。「理念 」は自らの懐の中でまだ生の営みを始めたばかりであるため実に小さく「物質的宇宙」を 発達させていく新たな「創造を司る霊的想念」を胎動させているところである。容易に分 かり易くするために、アブソル-タムの創造エネルギ-を「創造の源」と呼び、我々が住 む宇宙を新たに創造した新しい思考を「進化の初期段階にある被造物」、あるいはシンプ ルに「創造の萌芽=ゾハ-ル」と呼ぶことにする。
566:エル :

2013/05/17 (Fri) 09:31:42

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
>この反抗する力を究極の反抗である世界を変える方に向ける事が出来たなら、
>力は確保できるはずです。

ありがとうございます。力を確保することに努めます。

ひとのこさいさん
不毛で、ごめんね(汗

過ごしやすい季節になりましたね*^^*
565:ひとのこ さい:

2013/05/17 (Fri) 08:00:08

先生 みなさんおはようございます。

大阪少し爽やかですが良い天気です。
トシカズさんがヒロさんに宛てた>今まで常識としてきたことがだんだん壊れてきますね。
本当にそのとおりですね。読んでいると常識と思っていることが覆される、箇所がありますね。
丁度先生が語られたことに僕らが あーそうなのか、とか、唖然とするときと似ています。同じですね。

最近の書き込み読ませていただいてます。ぼくの知ってること、知らないこといろいろ書き込まれていま
す。交流掲示板ですからなんでもokでしょうが、それを知って、また意見を出してどうなるのだというような、話題、テーマ、僕には少し不毛であると感じます。
ここは自由の場ですからなんでもいいとも思いますが、現実的にここでの教えを広めるための知恵も出していただきたいと思います。

僕のブログ読者の方もメールでこの掲示板を見て???ということを書かれてこられています。
それに僕は左右はされませんが、首をかしげるときがあります。
私的意見ですが、みなさんもポチだけでなく一緒に考えていただきたいと思います。
先生の教えを広めていくことが神示を世に表すことだと思います。僕も含めてみなさんも手足です。そういうことだと最近良く思います。

神示にも素直が1番ともあり、理屈、頭でっかちは下の下であると語られていますね。
やはり手足になりきれることがひとのこであるとおもいます。現実的に動けない方もおられるでしょう。それは条件、お仕事もあるし致し方ないと思います。しかし心では素直にそれを思っていただきたいと思います。
少し考えのテーマををシフトしていただきたいなーと思います。

朝からすまないことを書いているかもしれませんが少し危惧しています。

ポチおねがいします!!

564:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 07:36:05

皆さん今日は。


陽さん、ふみおさん。如何してます。
Tさんは?
563:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 07:34:29

皆さん今日は。


エルさん時間が無くなってしまった。簡単に書くよ。


>境界例の人は社会に反抗的ですが、40歳過ぎると反抗する気力がなくなって、おとなしくなると

>ワタシは「働きたいという意思はあるのだが私には働く力がないのだ。だが金銭がなくては生きてはいけない。


人は根源から湧き出す、情熱を子供の頃は遊びに使います。
この情熱を自我が働くエネルギーに変化させるのです。
だから自我が育つと働く意欲が生まれるのです。

子供には働く意欲が特別な場合を除いて現れません。
だから自我が上手くできていない境界例の人が働く力がないのは当たり前です。

境界例の人は根源からの情熱を社会に反抗する力に当てると思います。
ある年齢を超えると根源からの情熱が弱くなり反抗する気力も失われてくると考えます。

この情熱とは生の種なのです。
誰でも持っているのです。これが何処に働くかで一生懸命に遊ぶか、働くか反抗するかが分かれるのです。

境界例の人の情熱と言う力は社会への反抗に向けられるのです。
この反抗する力を究極の反抗である世界を変える方に向ける事が出来たなら、
力は確保できるはずです。
社会を自分たちの住みやすい世界に変えてしまうのは
社会に対する究極の反抗です。

全ての事物には原因が在る、だから、境界例の人に働く力が無いにも原因があり。
それを知れば、上手く力を引き出せます。
どんな事にも解決方法は必ずあるのです。

今日時間がないので大分省略して適当になりました。
また書くよ。
562:ひとのこ :

2013/05/17 (Fri) 07:09:29

皆さん今日は。


そろそろ、わたしの出番のようだね。

えーと、チカフジさんは科学経のご信者さんのようですね。
それも信仰です。

それではね、科学に付いてちょうと見てみましょうね。
先ず、定番の話です。

科学とは全てのものに原因が在ると言うことで成り立ってますね。
原因が無ければ科学にならないからね。

それでは、今の何かの現象には、原因があり、その原因にもまた原因がある。
これが原因と結果の法則だが、原因の原因と何処までたどっても
主たる原因に行き着かない。原因には原因があり、その原因にはまた原因がる。
原因と結果の法則とは始めが無いことをあらわす。
始めの原因がないのだよ。

この原因と結果の法則で宇宙の始まりを探すと、原因の無い物から宇宙が始まらないと
宇宙には始めが無いことと成る。
だから科学はビックバーンと言う空間から離れたもの、質量が空間を捻じ曲げたところから
始まりとする以外に始めを求める事が出来ないわけです。

仏教も原因と結果の法則で成り立つから、世界には始めも終わりも無いで矛盾を埋めるわけです。

もう一つ科学とは科学的に何かの手段で認識できたものを在ると見なし。
何も認識できなければ無いと見なします。
知ることが出来ないのもはそこには何も無いと見なすことはおかしなことではありませんか。
これは在るか無いかわからないと言うのが正しくはありませんか?
知ることが出来ない物は実際はあっても無いとする、
この非科学的考えが科学と呼ぶ信仰だよ。

過去に科学が認識できなかったものが次々に見つかってますね。
電気や磁力、引力、電波、原子、素粒子、数え上げたらきりが無い。

でも科学がそのような物を認識する手段が無い頃もそれは在ったのです。

科学はただ、電気を見つけ、磁力を見つけ、電波を見つけ、
その利用法を見つけただけですね。

その利用法も始めから在ったのです。
その利用法が隠れておりそれを見つけただけです。

例えば、現代の飛行機を、一万年前に何かの手段で運んだとします。
一万年前の空をも現代の飛行機はもちろん飛ぶでしょう。

一万年前にも飛行機を作る理論も飛ぶ理論も見つける事が出来なかっただけで
在ったのです。

10万年前の空をももちろん飛行機は飛ぶでしょう。
10万年前も飛行機の理論は隠れていただけで在ったのです。

もし、千年後に在るかも知れない、現代の飛行機とは異なる空を飛ぶものが
作られたとしても、その理論とは現代にも隠れて見つけられずにいるだけなのです。

科学とは隠れている理論を見つけそれを利用しているだけです。

科学が電気を生み出したのですか?
科学が磁力を生み出したのでしょうか?
科学が重力を生み出したのですか?
科学が飛行機が飛ぶ原理を生み出したのでしょうか?

科学はただ見つけただけなのです。
石油一つもまだ科学は作れないのです。

科学とは始めから在るけど隠れている物、理論を探し出しただけです。

核爆弾と言っても核始めから在ったし、理論も始めから在ったのです。
それを科学者が見つけただけなのです。

そうだね、科学とは、探検に似ている、探検して隠れている理論を発見し
それを利用しているのです。
科学は新しいものを何も生み出してはいないのです。
ただ隠れている可能性を見つけ出しているだけなのです。

科学とはね、論理的過ちは否定できる、論理とは科学だから、
科学は常に科学の過ちを否定し進化してきたわけです。

神とは論理ではない、だから科学は決して神を否定できない。
科学が出来ることは常に論理の科学の過ちを否定し
隠れている理論を見つけ出し進化する事だから。
今科学的に証明できないものを証明して行くのが科学だから、

今論理的ではないものを論理的に理解し今までの論理をひっくり返して行くのだから、
科学とは常に自分の論理を否定し見えざるものを証明して行くこととなるのです。

隠れているものを見つけ出すのが科学だから、
科学とは神を証明することと成るのです。

貴方がここに来たのも何かの縁で貴方の今生の唯一のチャンスかもしれません。
感情に流されるな。冷静に考えなさい。
ここで貴方が知れるものは、科学では決して得る事が出来ないでしょう。
永遠の命の自覚がここで得られる。

得るも得ないも貴方が決め選ぶ事です。
冷静に考えてみる事です。

ユダヤ人、フリーメイソン、宇宙人、それがどうしました。
それぞれに何を行おうと、神の作戦に乗り使われているだけです。
神はそれぞれの人に一見異なる教えを述べ、人を自由自在に使って、
神の企てを実行しているだけです。

だから、わたしには、ユダヤ人、フリーメイソン、宇宙人が何を思い何を行おうと問題が無いのです。
ただの神の駒です。

チカフジさん貴方は神への信仰を捨てたのではありません。
始めから信仰などしていないのです。

もう一度考えてごらん、これが今生での最後のチャンスかもしれない。
冷静に考えてごらん。

561:エル :

2013/05/17 (Fri) 04:06:10

先生、みなさん、おはようございます

チカフジさん
信仰を持つ持たない、それが誰の信仰の持つ持たないかが、問われることなのだと思いました。

僕の感性的には、プレアデスの人、とても好きです。
地球を支配してるのは、シリウスでしたっけ、そんな星の人じゃないかな、って思ってたりします。

チカフジさん理智の道、得意なのかな、って思いました。
僕は、理智、まったく苦手です。

もともと宗教は科学のはずだったのに、いつの間にか、狂信的な信仰のせいで、
宗教は堕落したと思います。

そんな中でヒンズー教の聖典は今読んでも、科学的な要素たくさんあるし、
仏教は、やっぱり科学でもあると思います。

期待も罰もない、恐れも報酬もない世界、何もない世界、光もなければ暗闇もない、宗教も神秘もない、
何もない、私たちの故郷、根源、無、実在は、そこから始まると思います。

根源に至り実在を生きるために、ここで、みなさん学んでます。
ぜひ、一緒に学びましょう^^

>人が真実を見抜く術です。
哲学者EOが、解脱してからの方が、たいへんなんだ~と言ってましたが、
そうなのかもしれませんね・・・・・
560:ひとのこK :

2013/05/17 (Fri) 01:44:17

師匠皆様こんばんは

エルさん

何かその問いかけ師匠みたい
はじめて来たときってどんなだったか思い出せません(笑)
ここに暫く居る皆さんの変化の速さに驚くばかりです

チカフジさん
やっぱり持ってますね〜
早速の書き込みどもです
信仰心は捨てましたか
今はそのお話して下さったことを真実として信じているのですね。

既存の宗教に対しての不信からきた言葉と受け取りました。

師匠にその不信の原因を質問なさってみてはどうでしょう?

僕は目から鱗がバラバラ落ちました(笑)

言葉とは不便なものなので、同じ神や仏と言ってもそれぞれ捉え方は自分の中に有る材料でしか判断出来ませんから、ここの皆さんがどう捉えているか一度確認してみるっていうのはどうでしょう?

ここは質問が華ですから
お願いします
559:チカフジ :

2013/05/17 (Fri) 00:51:56

エルさん

ワタシは信仰心など、とっくに捨てました。
科学は宗教のウソを見破る目であり、人が真実を見抜く術です。

アインシュタインの言葉より
「私が自然界に見るものは、不完全な理解しか得られない素晴らしい構造をしており、
思慮ある人を謙遜させるのである。これはまさに宗教的な感情であって、
神秘主義とは何の関係も無い」

神の存在とは私が真面目に受けとれない人類学の概念のようである。人間界の外に意思や
ゴールがあることが全く想像できない。…科学は道徳を犯すと責任をなすりつけられてきた。しかしそれは不当である。
人間の倫理は、人情や教育、社会のニーズや結びつきを基本とすべきで、
宗教を基本とする必要はない。もし人が死後の見返りの期待や罰の恐怖によって束縛されるなら不幸と言えるであろう」

「人々がただ罰を恐れ報酬を望むというだけで善良なら、我々は実に哀れむべき存在だ」
558:エル :

2013/05/17 (Fri) 00:36:08

先生、みなさん、こんばんは

チカフジさん
見解ありがとうございます。異性人や巨人のこと僕も存在については信じてます。
フリーメーソンについての僕の見解は、教会の中でも、良識があり優秀と思える神父が、
フリーメーソンの実体に気づき、フリーメーソン批判をはじめ、
そして、フリーメーソンを批判するためにだけ、生きてるのか?と思える状態になったりします。
それも御用かもしれませんが、個人的には、??と思います。
イエスが、結婚してた、してない、それが信仰に何か関係ありますか?
イエスは、フリーメーソンよりも弱いのですか?
僕は、フリーメーソン批判することで信仰を忘れてしまう、それこそフリーメーソンに騙されてる状態と思います。

日月神示には、イシヤ(フリーメーソン)を改心させると書かれてあり、
フリーメーソンの御用が終われば、改心するでしょう。

僕は、神示の神を信じます。

汝の敵を愛しなさい、イエスの教えです、エロヒムやアッラーのこと僕は愛しています。
敵とも思っていませんが・・。

エロヒムやアッラーが被造物に過ぎないと知っているなら、動物や植物を愛するように、
エロヒムやアッラーを私たちが愛さなければ、
エロヒムやアッラーも、いつまでたっても改心できないと思いませんか?

愛だけが改心するために必要なことではありませんか?

エロヒムやアッラーは、今、どこにいますか?

私の心の中以外に、存在するものがありますか?
557:チカフジ :

2013/05/16 (Thu) 23:38:21

ごめんなさいネ。
ジャイアントヒューマンではなく巨人の骨で検索してください。

http://www.youtube.com/watch?v=o-torfq56ds
556:チカフジ :

2013/05/16 (Thu) 22:54:32

チカフジさん
コーランの内容は明確に旧約回帰です、理由はイエスは完全であるが、
人々が理解できず、そのため、旧約的な内容を、もう一度アッラーが語ったと、
コーランの中でアッラー自ら、そのような旨で語られてるんです。
イエスが完全なのだから、キリスト教は完全な宗教のはずです。
しかし現実は、僕もカトリックで、チカフジさんもモルモンで学ばれたということですが、
完全とはいえないと思います。
ユダヤ教系の宗教から学ぶとすれば、旧約、新約、コーラン、そして、
また新約、という順序で学ぶと、キリスト教徒とイスラム教徒の和解も
できると思います。コーランはキリスト教徒が疑問に感じていることを
アッラーが説明してくれる部分も多く、面白いですよ。アッラーが何度も
何度もコーランの中で語られますが、
ユダヤ教とキリスト教とイスラム教は同じ宗教なんですよ。
では、何故、分裂してしまったのか?そのような質問にもコーランの中で
アッラーは答えてくれてるんです。

エルさんへワタシの見解を述べさせて頂きます。

聖書は真理と猛毒によって完成した書物です。
それはユダヤ教は旧約聖書とタルムードから成り立っているからです。
カトリックに反逆したマルチンルターはフリーメイソンに入会しユダヤ人の協力と共に
プロテスタント教会を建てたのですがユダヤの聖典タルムードを知って
ユダヤ人に抱いていたイメージがが180度変わってしまったのです。

ユダヤ人の野望は世界平和や人類の幸福などを達成させる目的など微塵もありません。
全世界完全支配。奴隷人類を作って全ての人間をユダヤの配下に置く事です。
マルチンルターはカトリックで友をなくし、ユダヤ人とも縁を切りー人ぼっちに
なってもイエスの教えを貫く決意をしたのです。

新約聖書は作り話です。イエスキリストは独身で境涯を送ってません。マグダラの
マリヤと結婚しユダと名を付けた子供もいました。アレキサンドリア大図書館が4世紀末に
キリスト教徒による継続的な攻撃を受けたのはイエスキリストの真実を隠蔽する
為だったのです。つまりイエスキリストを神格化させ世界宗教にしたのは世界支配が
目的だったのです。聖書の神.エロヒムやアラーは私達を作ったクリエィテブな力にみせかけ
た偽者であり私達と同じ創造に依存する被造物にしか過ぎないのです。
イエスキリストはその真実を伝えたが為に殺されてしまったと考えてます。

この大宇宙には多くの種族が住んでます。この事を彼等ユダヤ十三支族を支配する異星人は
知られたくないのです。もし真実を人類が知ったら支配計画は水の泡になるからです。私達に
好意を持つ種族と憎しみを持つ種族がおり私達は残念ながら私達の文眀を凌ぐ私達を憎む種族に支配されて
しまってるのです。そして他の異星人が、この地球に勝手に来る事を許さないらしいです。
私達がよく目にするグレイは地球を支配する者の許可を得てるのです。

私達に好意を持つ種族とはプレアデス人であリ過去に来たプレアデス人は7mから37mもあり
YouTubeでジャイアントヒューマンで検索するとプレアデス人の骨を見る事が出来ます。、
555:トシカズ :

2013/05/16 (Thu) 22:20:38

皆さん、こんばんは

ひとのこさん
>その記憶とは鏡に映る対象が持っているものです。
この一文に強く惹かれました
身体も記憶も鏡に映っている奴が持っているものなのだと更に離れて見れる感じがしました

>肉体を失ってもその分別意識は霊体という体を現すでしょう。それも身体だよ。
これには気がつきませんでした。霊体も身体なのですね
あと霊性という言葉を時々聞きますが霊性とは一体何なんでしょうか?

ヒロさん
>「働かざる者食うべからず」は悪であるぞ
そんなことまで書いてあるんですね! 神示って本当に面白いですね
今まで常識としてきたことがだんだん壊れてきますね。
少しずつ読んでますが、ますます先が気になりました

ひとのこmkさん
>この頃の私の視点や感じ方は、もがきながら少し社会を疑いだしてた状態だったので
私もここに来てから現在の社会や常識を疑い出しましたね。そしてそれが何となく心地よいです

>何かあったとき具体的な解決策を専門家に相談する以外は誰かに相談する必要性を感じないから
mkさんの中で気になることが減ってきているのですね。この文に力強さを感じました

ひとのこKさん
>仕事も介護ですし、老いについて考えさせられます
見た目が老いてくるのはやむなしですが気持ちは常に若くいたいですね
554:ひとのこ さい:

2013/05/16 (Thu) 17:30:31

Kさん
それは大変だなあ。お母さん幾つかな。まだ若いでしょ。僕とそう変わらないんではないの?僕の母は90だから目を離せないですよ。

介護の仕事だからKさんはそういうところに目を向けるのはいいね。プロだし。

僕もブログでガンの人、白血病の人、糖尿のひどい人、積極的にお話させてもらってます。

ブログでは病気されてる方とつながりやすいし、息子の件があるので気持ちも少しはわかります。

僕も66歳だからいよいよ高齢化ですね。高齢とは65歳以上らしいですね。お母さん大事にしてください!!
553:ひとのこK :

2013/05/16 (Thu) 14:49:24

師匠皆様こんにちは

エルさんへ
観る私が確立されても社会に出られないかも…

今の社会ではそうかも知れませんけど、この掲示板という社会では、今必要とされていますね。
mkさんも話してくれてますけども



師匠の常識は非常識(笑)これは前から居る方は何度も耳にしていると思います。

今普通とされている人々が病気である…

エルさん
世界の価値観が変わっていけば、そんな心配なくなるかもね

だからひとのこは世界を変えるのでしょうね。

必要なら社会が勝手に働かせるんじゃないかと。
今の「社会」と言われるものに必要とされなくても世界は必要としてるから存在して居られるんじゃないかとおもいます。

チカフジさん
書き込みありがとうですなんか…もう少しお話聴いてみたいですね。
知的な感じがビシビシします。

ふみおさん
お仕事お疲れ様です
僕も夜勤で少し空けてしまいました
また書き込みして下さいね


さいさん
ウチのばぁさんが入院してしまいました。
老衰ということでした…
仕事も介護ですし、老いについて考えさせられます。

最近気づいたことは、ウチのから、時間 空間の感覚がなくなってきてるなと…

これがズレてくると認知として目に映りますけど、そのズレに周りはイライラするんですよね…

此方の理屈、常識は全く意味をなさない…

僕はおかげさまで、イライラ少しですぐ収まるから良いですけど、怒鳴る方もいます。

高齢化社会も何かメッセージを感じますねー

552:ひとのこ タオ :

2013/05/16 (Thu) 14:33:00

ひとのこさん。みなさんこんにちは。
長野は風の気持ちいい晴天です♪子供も外で遊びたいとワーワー言っております。


止と観のご説明ありがとうございます。
何をしていても観ですね!ダンスや麻薬などで如何なる状態のときもそれを観ていること。
集中を悟りと勘違いすると、その状態を追いかけ堂々巡りになるから、その集中も観ている
必要がある。


>記憶は見られるものでしょう。
>エルさんが見る事が出来るもの、
>エルさんが知る事が出来るものの全ては対象であり、主体では在りません。

エルさんへのこちらのコメントと一緒に色々と腑に落ちた気分です。
観ている必要がある何て書きましたが、自分を落としたら実際見ていることしか出来ない。
そー感じています。

●さっき、そんな風に感じる前の出来事
自分とずっと思ってきた者に代わって体を乗っ取った気分でした。
自分を使って何でも出来るよーな、危うさを感じ、でも乗っ取った気になってる者も
やっぱり自分かなと(だって知ることが出来るから)そー考えると、なんだ見とく事
以外できないのか、、。と凄く体が軽くなった気分です。


それでも、ホントに観ているだけでいいのかな?
自由にさせておくだけでいいのかな?
と少しの疑問が湧いてきています。


本当に自分が落とせてきているのなら、自分以外のため、全体のためにの行為が
現れてくるはずなのだから、その辺を観ていれば良いのかな?
なんて軽く考えています。
551:ヒロ :

2013/05/16 (Thu) 13:35:41

こんにちは みなさん。

先生、理解しました。
まず「観る」があって、対象がなくなって、「観法」ってことですね。日頃は心を介在させずに
映画鑑賞で、「観る」を深め、身体を消していくことも、してみなさい、ってことですね。
対象を消すように、できるだけ深く行けるときは、深くいくことも大切だと感じました。
550:ひとのこ mk :

2013/05/16 (Thu) 13:13:24

ひとのこさん みなさん こんにちは



ひとのこさん

>貴方は宇宙全体と成っていて宇宙を内側に見ている。
>この時、貴方は宇宙の一切であり、このまま身体に戻ると、
>自らの内側に宇宙が入り、その宇宙にまた身体が入っている。
>内と外が全面的であり、異なるものでは無くなっている。
>これがリアルに再現されると、個の死を体験する。

>この意識の位置の変化を考えてください。
>この変化なのです。


客体が主体を知り客体として現れている。
意識の位置の変化を考えかみしめてます。

観法も根気でやっていきます。


エルさん
>意思があるなら、必ず働けるようになるはずだと、
>言われてしまうこと多いので、言えないんです。

相手はよかれと思い言っている励ましの言葉でも、噛み合わないと力を失ってしまいますもんね。
何度も言われたのですね、それだとだんだん言いづらくなる気持ち、わかります^^;

幼少の頃から、周りの子が気にもせず過ぎていく色々な成長過程を、同じようにたどっていかない我が子のことで、私自身の記憶にもそういった苦労がなく、
どうやって導いていってやったらいいのかわからず、でも本人も苦労してるし、私も不甲斐ないのでと、人によく相談していた時期がありました。
その時によく言われたんですよ「どんな子にも必ず取り柄があるはずだ」って。
良かれと思って言われているので、内心「そこは違うんだ~」 と思いながらも同意をしておきました。・・そしてそのうち人に話すことをやめました^^
私たちは今の社会のあり方を当たり前のものとして考えて、自分もそこに当てはめていますよね。
でも、ここにいると、そういったものに気付き解放されて、より自由な感覚でくつろぎ交流できていることも実感できます。
この場と皆さんに感謝してます。

この頃の私の視点や感じ方は、もがきながら少し社会を疑いだしてた状態だったので・・・ ^^; また今と違います
ちなみに、今だったら、何かあったとき具体的な解決策を専門家に相談する以外は誰かに相談する必要性を感じないから、しませんし、
子供そのものが「すごい取り柄」と漠然とでも感じられる状態です。更に、他の子も大人もみんなそうなんだ と思います。
549:ひとのこ :

2013/05/16 (Thu) 12:54:56

皆さん今日は。


>自分が消失して宇宙になる」イメージ、同じことでしょうが
>実行する方法としては、ちょっと違うので、日常では方法を統一して、

観法とは見る状態を伝える物なのです。
自分が消失して宇宙になる状態が見る物の状態です。

宇宙に浮かぶ身体を見ていると見ている宇宙が制限される。
これが個の意識状態です。

身体が宇宙に溶けて消え去ると、対象が消えるから主体に気づくのです。
これが超の意識状態で、見る対象があるのか、ないのかの異なりなのです。

自分の前に在る鏡に映る対象が自分と思い込んでいる。
この鏡を壊す必要が在ります。

鏡を壊すと、鏡に写っている自分が消え去ります。
ところがわたしが消えたと思った瞬間、鏡の中の自分が消え去ったのに
自分を見ることが出来ないのに、自分がいることに気づくのです。

この宇宙に浮かぶ身体を見ている状態が、ラマナの語る
対象に意識が向かっている状態であり、
身体が消えた状態が意識が対象に向かっていない状態です。
主体を認識している状態なのです。
要するに真蛾を実現している状態なのです。

見ることとは、この状態をおこす為に行っているのです。
ラジニーシは瞑想とは観照であり、瞑想の始まりが観照だそして終わりが
無心である。と語っていますね。瞑想の果てに起きる状態を
実感的に知っていただこうと言うものが観法です。

実感的に知れば知るほどそれがおこりやすくなるのです。
その瞬間に全てが終わる可能性すらあるのです。

理解したときが、それに成るときなのです。
成っていないのは、理解に達していないからです。
あらゆる方法でそれを理解して行く事です。
548:エル :

2013/05/16 (Thu) 11:21:18

先生、みなさん、こんにちは

>境界例の方々に、世界のお役に立てるように成って頂けたらと思うのです。
>もちろん今のままでは無理でしょう。
>だから、わたしが何か出来ないかと考えてうるのです。

先生にこのように言っていただき、とても嬉しく思ってます。
僕も、考えてるんですが、まず、「観る私」を確立することは必須条件だと思います。
境界例の場合「観る私」が確立されても社会に出られないかもしれませんが、
これまで、たくさんの境界例的な人も含めメンタル系の人と、出会い、僕が親しくなった人は、
共通する特徴として、病的な症状がでないときは、みなさん、とても癒し系です。
ヒーリング能力が高く、人の相談役になるなど、カウンセリング能力も高いです。
巷のプロのヒーラーなんかよりずっと、ヒーリング能力高いんじゃないかと思いました。
医師から、とても好かれる人も多く、メンタル系の人は、無意識にヒーリングするので、
医師に好かれる理由は、そのメンタル系の人が医師をヒーリングしちゃうからじゃないか、と、
思ったりするほどです。
何の参考にもならないかもしれませんが、メンタル系の人の長所と思うことを書いてみました。
あくまで、僕と親しくなってくれた人の場合ですが・・。

ヒロさん
神示には、そうゆうこと書かれてるんですね。とても心強いです。
今日から、僕、太りはじめたりして^^;
547:ヒロ :

2013/05/16 (Thu) 10:11:09

おはようございます。
暑い暑い日になりそう・・です。

エルさん
働かざる者食うべからず・・の話ですが、神示では「食いたい者には食わせてあげろよ。
的な感じで、「働かざる者食うべからず」は悪であるぞ、って言ってますよ。って
ことで、エルさんは、エルさんのままでいいんですよ!(笑)。

ひとのこ先生
mkさんとの問答の「観法」のお話し楽しみにしております・・。
今は生活でも「観る」を続けていますが、最近あった潜在意識の浸透するっていうことに
ついてですが、これが浸透すると、やはり夢で同じことをしている自分に出会えるって
ことでしょうか?仕事している夢や、何気ない生活の夢は見るのですが??
夢の中で「この映画を観ていよう・・・」なんて気づけたらいいな・・って思うんですが。
それか、今回mkさんに言われた「自分が消失して宇宙になる」イメージ、同じことでしょうが
実行する方法としては、ちょっと違うので、日常では方法を統一して、日々繰り返した方が
いいのでは?と思うんですが、先生いかがでしょうか?どちらから入っても、行った場所で
同じ状態になるので、好きな方から入ればいいでしょうか?後者は自分が消失することにウエイト
がまず置かれます。前者は、観ることにウエイトが置かれます。
546:ひとのこ さい:

2013/05/16 (Thu) 09:07:34

先生 みなさんおはようございます。

今日はよく晴れていますが、風があり早朝は寒いぐらいです。去年に続きデッキ生活しているからです。

11月まで2階のデッキが僕の部屋というわけで朝昼の食事もpc触るのも外ということになります。僕の部屋のガラス戸をあけたらデッキで

す。こういう生活を考えてからもう40年もかかっています。時間の余裕が要りますね。

先生の今朝のお話反芻していました。為に、書き込みだいぶずれています。そういうことなのですね。いつもながらの教えですがここが根本です。またいいお話聞けました。

もう夏が来てすぐ秋になります。先生ご都合付けられるのであれば、秋の高野山いいですね。

手ぐすね引いて待っております。笑

今年でも、来年であっても楽しみです。

お気楽なことですが僕は東北だけはあまりいってません。昔高校の時,仙山線作並山寺、仙石線矢本?石巻という電車の記憶だけ鮮明におぼえています。

今は、電車の線の呼び名も変わっているかもしれませんね。もうどこだか忘れましたが、仙台市内に高校の同級生の実家があったからです。

当時からもう50年も経っています。ゆっくりと、やっていきます。とはいえ必死です。笑

今日もポチお願いします。

哲学思想  23位
思想     4位      でした!!
545:エル :

2013/05/16 (Thu) 09:02:48

先生、みなさん、こんにちは
 
ひとのこ先生 ヒロさん ひとのこ百番さん
ご指摘、ありがとうございます。

>エルさんは見るものではないのですか?
>記憶は見られるものでしょう。

>エルさんが見る事が出来るもの、
>エルさんが知る事が出来るものの全ては対象であり、主体では在りません。

>記憶も知れるでしょう、だから記憶を話すことが出来るのでしょう。
>コメントを書いたのもエルさんではない。それも知れるから対象でしょう。
>対象をわたしと見なさず、観る者で在りなさい。
>主体で在りなさい。

>わたしは、呼びょうがないから、わたしと言うが、
>わたしの記憶は何一つ無く何一つ行為を行っていない。

>根源が主体です。根源は記憶も無ければ、行為も出来ません。
>一なるものは動けないからです。エルさん。

主体であり観るものであられるよう努めます。
本当に、いつも助けていただき感謝です。
544:ひとのこ :

2013/05/16 (Thu) 07:30:45

皆さん今日は。


百番さんとエルさんのコメントをわたしが評価してみよう。

先ず。エルさんは境界例についてわたしに、伝えようとして書いたのだろうね。
それに百番さんが、エルさんに助けのコメントを書いた。
それにエルさんが反応した。

まあこんなものだろうね。
エルさん百番さんはエルさんを楽にしてあげようとしたのだよ。


エルさん。

>ひとのこ百番さん
>出産時の記憶も胎内の記憶も前世の記憶もあり、
>生まれる前に両親を選んでいる記憶もあり、それでも受動でしょうか?
>究極的には、受動でもあるということは分ります。
>しかし体が生まれてくることに限って受動であるというならば、
>それは、自らを体と同一化している証しではないでしょうか?

>出産時の記憶も胎内の記憶も前世の記憶もあり、
>生まれる前に両親を選んでいる記憶もあり、それでも受動でしょうか?

この言葉も同化なんだよエルさん。
その記憶とは誰のものですエルさん。
その記憶とは鏡に映る対象が持っているものです。
エルさんの記憶ではないのです。

このコメントを誰が書きました。鏡に映る対象が書いたのですね。
エルさんが書いたのではないが、
さも得るさんが書いたように見える、それはねわたしが書いていると思っているからです。
これが同化なのです。

記憶をコメントを書くのを、身体をまた何かをわたしと思ったら同化だよ。
身体だけをわたしと見なさず、身体をわたしと見なしていない、意識をわたしと
見なしたら、それも身体との同化なのです。
その分別意識が身体を生み出しているからです。

肉体を失ってもその分別意識は霊体という体を現すでしょう。
それも身体だよ。
わたしと見なすから、感情が動くのですよ。

エルさんは見るものではないのですか?
記憶は見られるものでしょう。

エルさんが見る事が出来るもの、
エルさんが知る事が出来るものの全ては対象であり、主体では在りません。

記憶も知れるでしょう、だから記憶を話すことが出来るのでしょう。
コメントを書いたのもエルさんではない。それも知れるから対象でしょう。
対象をわたしと見なさず、観る者で在りなさい。
主体で在りなさい。

わたしは、呼びょうがないから、わたしと言うが、
わたしの記憶は何一つ無く何一つ行為を行っていない。

根源が主体です。根源は記憶も無ければ、行為も出来ません。
一なるものは動けないからです。エルさん。

皆さん一体皆さんのコメントはだれが考え書いています。
わたしと思ったら同化です。
543:ひとのこ :

2013/05/16 (Thu) 06:42:16

皆さん今日は。


>ダンスや太鼓、麻薬などで至る状態には意識のあるまま、気づきや覚醒が起こる
>こともあるだろーなと思いました。瞑想と同じような働きをする意味で

ダンスや太鼓、麻薬は一時的集中と言うサマタのサマディーを経験させますが。
これは悟りとは異なるのです。

ダンスを踊っている間、麻薬の効果がある間一時的に自分を忘れてしまう事が起きます。
だがねダンスを止めたら麻薬の効果が切れたら普通に戻るのです。

悟りとはね、常時なのです。
瞑想には止観があります。

このダンスなどは、止の瞑想です。これは常時に成りようがないのです。
観の瞑想だけが常時に成りえるのです。

何が異なるのかと言うと止は集中であり、集中は必ず壊れます。だから一時的だ。
観は見る物の確立であり集中ではありません。
だから観は無意識に至る事が無いのです。

トランスは手中なのです。

だからラジニーシは瞑想とは集中ではないと言ったのです。

ダンスや太鼓に夢中になる、それを強烈に冷静に見ている事が必要なのです。
見ている者が失われると集中、
見る者が確立していると、観なのです。


>シャーマンで「カタンタ!ティモール」とゆー映画を思い出したので少し。
>油田をめぐる戦争のすえ、人口の三分の一を失った東ティモールが舞台の映画です。
>精霊を信じ、シャーマンがおり、独特の宗教観を持っている民族で、
>敵兵を捕えても平和的な解決を粘り強く話し、無傷で解放することで、敵の中に内通者が大勢うまれ
>24年かけ独立を勝ち取ったそうです。

きっと宵宗教観で宵人たちだね。だがきっと悟りとは異なるだろう。
言葉が異なるからです。

>戦争が終わった後も、敵国を許す。辛かったが過去のことだ。と言い。
>目の前で家族を殺された者までも、「いつまでも悲しみは消えない、でもそれは怒りじゃない」と言い切ります。

わたしなら許すも許されるも無い、だって誰の行為です。と言うね。
わたしは人を許した事がないのです。許さなくては成らない事が起きようが無いからです。
誰が誰を許せば宵のだろうね。

止観の異なりよく覚えてください。
542:エル :

2013/05/16 (Thu) 00:51:42

先生、みなさん、こんばんは

チカフジさん
コーランの内容は明確に旧約回帰です、理由はイエスは完全であるが、
人々が理解できず、そのため、旧約的な内容を、もう一度アッラーが語ったと、
コーランの中でアッラー自ら、そのような旨で語られてるんです。
イエスが完全なのだから、キリスト教は完全な宗教のはずです。
しかし現実は、僕もカトリックで、チカフジさんもモルモンで学ばれたということですが、
完全とはいえないと思います。
ユダヤ教系の宗教から学ぶとすれば、旧約、新約、コーラン、そして、また新約、
という順序で学ぶと、キリスト教徒とイスラム教徒の和解もできると思います。
コーランはキリスト教徒が疑問に感じていることをアッラーが説明してくれる部分も多く、
面白いですよ。アッラーが何度も何度もコーランの中で語られますが、
ユダヤ教とキリスト教とイスラム教は同じ宗教なんですよ。
では、何故、分裂してしまったのか?そのような質問にもコーランの中でアッラーは答えてくれてるんです。

ひとのこタオさん
境界例の人は社会に反抗的ですが、40歳過ぎると反抗する気力がなくなって、
おとなしくなると、あるサイトで読んだことあります。
僕も、40歳過ぎて、おとなしくなりました。

ひとのこ百番さん ヒロさん
「働きたくありません、だけど、お金は下さい」
この気持ちは、宝くじ買うときの気持ちを連想してもらえると分ってもらえやすいかもと思いました。
でも、宝くじ当たっても、それを事業を起こす資金に使ったりする人もいるだろうから・・
そうゆう人は立派なんだと思います。
541:ヒロ :

2013/05/15 (Wed) 22:37:48

こんばんは、みなさん。

神示からですが、神示では、生きている状態っていうのは、肉体(物質)でありながら、かつ
霊人をも伴っている、って言っていて、自分と和合せよ、っていうのは、自分の中の8人から10人の
霊人と和合せよ、っていうことも言ってます。そして先祖が大切っても言っていて、スピリチュアル
ではよく、「あなたが救われれば先祖も救われる」って言いますけど、神示では、直で繋がっている
ように言っていて、先祖とは切っても切れない関係をうたっています。だから孤独って
頭では思っていても、実は自分の中に数人の霊人が先祖などとのかかわりの中で住んでいるっていう
事実に目を向ける必要がある、っていうことを神示は言っています。ご参考に・・・です。

チカフジさん
>人が抱く敵意感に対して敵意感で向かうなとイエスキリストは教えてますネ。
神示では、これなどは、「御用の悪」と表現しており、消えていく御用ととらえ、ひたすら調和
へ向かう道としております。うなされながら五井昌久さんの本を読んだら、彼は「世界平和の祈り」
と現象世界の物事を「消えていくもの」ととらえるよう説いてますが、これは神示の神に明け渡す「祀り」と
「御用の悪」というとらえ方と全くいっしょでした。物事を二元性で善悪でとらえた時に
悪に対しては「御用」をつけるといいんじゃないか?って思いました。悪はすべて御用である、と。
540:トシカズ :

2013/05/15 (Wed) 22:15:20

皆さん、こんばんは

ひとのこさん
>内側におこる我慢を捨ててしまえば宵のです
この言葉を読んだだけで重たいものがスッと無くなったような軽くなった感じがしました
我慢することが絶対的に正しいことだとでも感じていたのかもしれません

チカフジさん
>人が抱く敵意感に対して敵意感で向かうなとイエスキリストは教えてますネ
そうですね、どんなことでも裁くことはろくな結果を生みませんからね

ひとのこタオさん
>世界次第で人はいとも容易く変わるのだろーなと
私は今まで人が変わらないと世界は変わらないという強い思い込みがありましたね
ここの掲示板に来て世界が変わっても人は変わるのだと徐々に思えるようになりました
539:ヒロ :

2013/05/15 (Wed) 22:12:41

こんばんは みなさん。

百番さん
>ヒロさんの救いの手を待つ人のために、共に頑張りましょう
こういうキャプテンっぽい、台詞好きです。ありがとさんです。ラジャーです!
だしぶ改善してきて、食事通るようになりました。ホッ・・です。

タオさん
>神示解説、すごく分かりやすく参考にさせてもらってます
そんなこと言われると、神示で攻めまくりますよ(笑)。


チカフジさん 
よろしくです。九州は私くらいです。ここの掲示板でもよくでる、ラジニーシ(和尚)や
マハルシは私も好きでよく読んでます。最近は、日月神示にまとまってきた感があります。
神示は先生もお勧めで、時々提示させていただいています。

エルさん
>境界例の我がままを相手にしてくれるような人は、
>なかなかいません。いるとしたら、その人は、共依存です。
よくあるのがアル中夫とそれを支える妻の関係ですよね。わかりやすく言うと、支えられたい境界例
と支えたい共依存の人ってことですね。小さい頃から否定・否定で本来の自分を否定されると
本来の自分ではいけない、っていうのが定着するんでしょうね。それで「すみません」が出てくる。
でも「働きたくありません、お金ほしい」っていうのは、「働く自信がありません。でも生かすため
お金をくださいませ。」っていうニュアンスでしょうか?この自信のなさは、よからぬ自我の成長
故で、この超越が治療なんでしょうか?エルさんどう思います?

>しかし体が生まれてくることに限って受動であるというならば、
>それは、自らを体と同一化している証しではないでしょうか?
神示的にも、生まれるのは、生まれさせていただくっていう意味の受動のようですよ。
そして、まさに想念が物質と同一化するが故に、出生があり、ラマナが「身体との同一化」
から解放されることが課題と言っていた部分が、エルさんが言われる部分だと思います。
この同一化は、しようとしてしているんではなく、させられている同一化だからこそ
気づいたら生まれていた、っていう部分もあるんだと思います。どうでしょう?


538:ひとのこ百番 :

2013/05/15 (Wed) 22:07:54

みなさんこんにちは。

エルさん、
「働きたくありません、だけど、お金は下さい」
をネガティブに取ったり、オブラートに包んだりする必要があるのですか??
「働かざる者食うべからず」
と誰かが耳元で囁いているのでしょうか。

537:ふみお :

2013/05/15 (Wed) 21:44:05

みなさん、こんばんは。

本日も仕事で疲れてしまいましたので、
ポチをして寝ることにいたしますx_x

お休みなさいませ!
536:ひとのこ タオ :

2013/05/15 (Wed) 20:11:49

ひとのこさん、みなさんこんにちは。
チカフジさん初めまして。どうぞ宜しくお願いします。
興味のあることの宇宙人に反応してしまいましたw


エルさんが教えてくれた境界例。今回はじめて知った言葉でした。
でも聞けば聞くほど、分からなくもないとゆー感じ。
Kさんも当てはまるようなこと書いていましたね。

境界例の方が持つ特徴のよーなものを現代人の多くは持ち合わせているのかもしれませんね。
でも、どうしても社会と折り合いが付けられない度合いが絶対的に違うよーに思います。

ちなみに僕の兄弟に境界例かもと思う存在がおります。
今の自分がダメなのは全部誰かのせいだと思っている節があり、
両親と共依存の関係にあるよーに思います。

でも、純粋な心を持っていて、この世界に絶望しているとゆーか、
あきらめている。そんな印象です。



シャーマンや古い伝統に根差した民族のお話、楽しく読ませて頂きました。
ダンスや太鼓、麻薬などで至る状態には意識のあるまま、気づきや覚醒が起こる
こともあるだろーなと思いました。瞑想と同じような働きをする意味で。
よくスポーツ選手が体験するっていうゾーンみたいな感じで。

シャーマンで「カタンタ!ティモール」とゆー映画を思い出したので少し。
油田をめぐる戦争のすえ、人口の三分の一を失った東ティモールが舞台の映画です。
精霊を信じ、シャーマンがおり、独特の宗教観を持っている民族で、
敵兵を捕えても平和的な解決を粘り強く話し、無傷で解放することで、敵の中に内通者が大勢うまれ
24年かけ独立を勝ち取ったそうです。

戦争が終わった後も、敵国を許す。辛かったが過去のことだ。と言い。
目の前で家族を殺された者までも、「いつまでも悲しみは消えない、でもそれは怒りじゃない」と言い切ります。

小さいながらも、その土地では自然と今を精一杯楽しむことが身に付く社会があるんだろうなと思いました。


マインドコントロール以外、何があります?とひとのこさんが以前おっしゃってたのが思い出され
世界次第で人はいとも容易く変わるのだろーなと。


あと、遅ればせながらヒロさんの神示解説、すごく分かりやすく参考にさせてもらってます。
お体大変だったようですが、何はともあれ良かったですね。

また皆さんいろいろ教えて下さい。
535:チカフジ :

2013/05/15 (Wed) 19:31:43

>>イエスの言葉をよいことに平和ボケしてしまったので、
アッラーは、お怒りになり、戦えといいます。

これでは新約書聖が旧約で旧約書聖が新約の約束事になってしまいます。

>>意思があるなら、必ず働けるようになるはずだ

例えば、この考え方では不治の病にかかったとしても直そうとする意思が
あれば必ず直るはずであるという勝手な思い込みをする人とは断絶すれば
良いのです。
534:エル :

2013/05/15 (Wed) 18:17:53

先生、みなさん、こんにちは

チカフジさん
擁護的見地で見てくださって、ありがとうございます。
確かに、その方が、心地良く感じます。

>人が抱く敵意感に対して敵意感で向かうなとイエスキリストは教えてますネ。
その通りですね、そしてイエスの言葉をよいことに平和ボケしてしまったので、
アッラーは、お怒りになり、戦えといいます。

排他的見地があれば擁護的見地が必要だと思います。
バランスとってくれて、ありがとうございます。
中庸が大切だと思います。

>ワタシは「働きたいという意思はあるのだが私には
>働く力がないのだ。だが金銭がなくては生きてはいけない。」
このように発言すると、意思があるなら、必ず働けるようになるはずだと、
言われてしまうこと多いので、言えないんです。
533:チカフジ :

2013/05/15 (Wed) 16:32:51

「生まれてきて、すみません」太宰 治の言葉ですネ。

「働きたくありません、だけど、お金は下さい」
と感じ理解するのは、批判的見地から見方だと受け取れます。

ワタシは「働きたいという意思はあるのだが私には
働く力がないのだ。だが金銭がなくては生きてはいけない。」

「生まれてきて、すみません」という太宰の言葉を
これはワタシが擁護的見地の立場になって太宰の気持ちを表現してみました。

哀れみ的見地と批判的見地で人を見るかは、その人に敵意を持つか
好意を持つかによって違いが出てくるのでしょう。

人が抱く敵意感に対して敵意感で向かうなとイエスキリストは教えてますネ。
532:エル :

2013/05/15 (Wed) 16:04:49

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ百番さん
出産時の記憶も胎内の記憶も前世の記憶もあり、
生まれる前に両親を選んでいる記憶もあり、それでも受動でしょうか?
究極的には、受動でもあるということは分ります。
しかし体が生まれてくることに限って受動であるというならば、
それは、自らを体と同一化している証しではないでしょうか?

ひとのこmkさん
境界例と共依存を飛躍的に拡大解釈してみると、
共依存が神であり、境界例が神の子であり、
それは共依存が絶対であり、神の子が相対ということになると考えてみました。
共依存が共依存を見るとき境界例となり、境界例は成長するということになりますね。
こうすることで間接的を直接的にすることができると思いました。
531:ひとのこ :

2013/05/15 (Wed) 15:45:14

皆さん今日は。


>体験するものがいなくなるとは、完全に主体にのまれている体験時は客体がなく知覚しようがない、ということでよかったでしょうか。
>それとも・・・客体が自分と思っている個のまま主体にのまれると無意識なり、個の理解できない体験なりになるということでしょうか。
>つまり、根源に完全にのまれるだけの体験が「ある」だけ(無意識?)の状態では学びが止まってしまっている、と、いうことなのでしょうか。

過去の方々は例えば行為は続くがわたしが無い、瞑想が瞑想を行っているなど様々に語りました。

この状態が実際にどんな常態か体験してもらいましょう。

宇宙の真っ暗な空間に自分の身体が浮かんでいるのを見ていると創造してください。
そのとき、無限の宇宙の空間の身体が浮かんでいる一点に意識が向けられておりますね。
これが個の状態です。

真っ暗な無限の宇宙空間に身体がフワフワと浮かんでいることをリアルに思い浮かべてください。
浮かんだら、今度は身体が溶けて消えてしまうのを創造してください。

そのとき上手く行けば、宇宙を対象と見ず、自分が宇宙に成っているはずです。

ただ無限の空間だけがある。


宇宙の身体と言う一点に向けられていた、意識が開放され宇宙1杯に向けられたとき
それが超個だ。

この宇宙に浮かぶ身体を見ているときの意識の位置は宇宙を対象と見ている。
身体が消えたとき宇宙を主体と捉えている。

貴方は宇宙全体と成っていて宇宙を内側に見ている。
この時、貴方は宇宙の一切であり、このまま身体に戻ると、
自らの内側に宇宙が入り、その宇宙にまた身体が入っている。
内と外が全面的であり、異なるものでは無くなっている。
これがリアルに再現されると、個の死を体験する。

この意識の位置の変化を考えてください。
この変化なのです。


観法として、お休みのときにでもご紹介する予定です。
530:ひとのこ mk :

2013/05/15 (Wed) 13:19:40

ひとのこさん みなさん こんにちは

日差しが強いです。
昨日は今年初めて店舗の冷房をつけました^^ 初夏ですね。

今日はのんびりした気持ちで過ごしています。
ひとのこさんの回答を何回か読んでいます。
今日、座る練習をしている時は思考が文字として書き付けられるように浮かんできました。客体として現れた文字を主体が読んでいる。主体の知りたいことを客体を通して見ている。客体は客体ですが、それは主体から離れることなく、主体のものを反映している。「主は常に世界を創造している」と読んだことを思い出しました。

>神秘体験も様々です。
>体験であるうちは本物ではありません、
>体験する者がいなく成ってしまうからです。
今朝いただいた回答のこの部分が気になっています。
体験するものがいなくなるとは、完全に主体にのまれている体験時は客体がなく知覚しようがない、ということでよかったでしょうか。
それとも・・・客体が自分と思っている個のまま主体にのまれると無意識なり、個の理解できない体験なりになるということでしょうか。
つまり、根源に完全にのまれるだけの体験が「ある」だけ(無意識?)の状態では学びが止まってしまっている、と、いうことなのでしょうか。


エルさん
勉強させてもらっています。
ボーダーラインカップルの話を読んで思ったのは、
子がまだ幼い時の親子関係と変わらないのかな、ってことです。
世界を知っていこうとする子と、まだ小さく儚く見える子を守ることに努めようとする親。
これは、子が成長するにつれ、穏やかでも激しくてもおこってくる子の自立の意欲ともに解消されていくつながりですね。

成る意欲と助けようとする愛、それら根源からくるものが、間違った方向に「曲がって」しまって、表現されているカップルということだろうなと。
直接的と間接的な表現の、間接的な方なんだと思います。


今日もここへ来れてうれしいです。
みなさま、よい一日を^^
529:ひとのこ百番 :

2013/05/15 (Wed) 12:45:14

みなさんこんにちは。

エルさん、まず「生まれる」というのが受動でしか表現できない事象である
ことに着目してはどうでしょう。
528:エル :

2013/05/15 (Wed) 11:45:43

先生、みなさん、こんにちは

境界例の人が、もっとも好む言葉は、

「生まれてきて、すみません」

だと思います。

どうして、この言葉を言いたくなるんだろう、と考えてみたんですが、
それは、境界例の人の本音が、

「働きたくありません、だけど、お金は下さい」

だから、だと思いました。こんな本音、世間様が許してくれるはずもなく、
だから、「生まれてきて、すみません」って言いたくなるんだと思います。
527:エル :

2013/05/15 (Wed) 08:03:20

先生、みなさん、おはようございます

あ、先生、今書きました^^;

僕以外のタイプの境界例について書こうとしたら言葉でてこなくなって・・
僕は僕のことしか話せないのだと思いました・・。

ボーダーラインカップルについて書きます。
境界例の人は、経済的にも精神的にも自立困難なので、
自分をみてくる人を必要としますが、境界例の我がままを相手にしてくれるような人は、
なかなかいません。いるとしたら、その人は、共依存です。
境界例の人は共依存の人に依存して生きることになり、
共依存の人にとっても、境界例の人は好都合です。境界例は治らないから、いつまでも依存していられます。
そして依存し合って、破滅への道を歩むのがボーダーラインカップルです。

ボーダーラインカップルの関係が長く続くと転移しあって、
どちらが境界例で共依存だったのか分らないくらいになってきます。
ボーダーラインカップルは恋人同士ともいえず友人同士ともいえず・・
しかし2人は2人だけの世界に陶酔しています。
526:ひとのこ :

2013/05/15 (Wed) 07:31:46

皆さん今日は。


昨日はエルさんお休みだね。
525:ひとのこ :

2013/05/15 (Wed) 07:28:23

皆さん今日は。



>ひとのこさんのおっしゃるように数年続けて頭から肝に落としていったとき、どんな思いでいるんだろう。
きっと今までの道のりを思い出し、天を見上げて笑っているよ。
何て馬鹿ばかしのだとね。

ほら、今もそこにあるのだよ。
見るものが無くて如何して見ることが出来る。
鏡に映る像を見てわたしは、誰と言っている。

鏡を下に落としてごらん。ほら自分がいたじゃないかね。
鏡をに写る自分を見ていて、鏡を落としたし瞬間
鏡に写るわたしが消えたのにわたしが残っている事に気づいたとき
どう思う、笑わないかね。

鏡に映る像とはその身体だ、鏡を落とすように身体を落としてしまう。
そうすると、そこに貴方が残るのです。

見られているものは鏡だ、見ている者が貴方だろう。
今もそこに在るだろう、如何して見る者がいないで、見ることが出来ます。
自分がいて、対象が在ることが如何して分かる。
その全部が貴方の中で起きているのではないかね。
主体に気づきなさい。

だから、笑うでしょう。

>シャーマンはトランス、無意識、霊界との通信・・・


フリー辞書、ウイキペディアから転機。
シャーマニズムあるいはシャマニズム(英: Shamanism)とは、シャーマン(巫師・祈祷師)
の能力により成立している宗教や宗教現象の総称であり[1]、宗教学、民俗学、人類学(宗教人類学、文化人類学)
等々で用いられている用語・概念である[1]。巫術などと表記されることもある[1]。

シャーマンの一例。オロチョン族のシャーマンシャーマンとは
トランス状態に入って超自然的存在(霊、神霊、精霊、死霊など)
と交信する現象を起こすとされる職能・人物のことである[1]。
「シャーマン」という用語・概念は、ツングース語で呪術師の一種を指す「šaman, シャマン


基本的にシャーマンと言えば、呪術師のことなのです。
祈祷、除霊、呪い(まじない)呪い(のろい)神がかりによる、運命の決定などが主な仕事です。


>神示の狐憑きとか、幽界とかと同じかな・・
シャーマンが神がかりに成って、一切を裁くなかれと言わないから、狐か狸つきです。

>書かれた教授は素晴らしい方と今も思いますし
もしこの教授が例え間違った事を書いたとしても誰も否定されません。
ただ間違ったと言うだけです。

石を知るには、石に成らねばなりません。
水を知るには、水に成らねばなりません。

悟りを知るには、悟りに成らねば成りません。

悟らねば悟りを語れないのは当然です。
教授は教授として本を書いただそれだけです。
それをわたしは言いたかったのです。

教授の本は教授の本として読めば宵のです。
そして何かを学ぶと宵。


あーそうそう。わたしはこの教授の本を読んだ訳ではないから、
間違っていると言う分けではないよ。
シャーマンと悟りとは異なると言っただけですからね。
シャーマンが悟ったら世界のために語りだすでしょう。

神秘体験も様々です。
体験であるうちは本物ではありません、
体験する者がいなく成ってしまうからです。

また、あーそうそう。
>1歩退いて見渡すと、必死すぎる人が多い、せっかくの役割を楽しめていない人が多い」と言っていました。

せっかくの役割を楽しめていない人が多いと聞いたら、わたしなら、それは誰か?と尋ねます。
そうすると、自然に一歩下がって、もっと役割が楽しめるね。

524:ひとのこ さい:

2013/05/15 (Wed) 07:13:53

先生 皆さんおはようございます。

天気は良さそうです。

外側エゴ、内側我慢 のお話道理です。こだわりのないこころですね。有難うございます。

先生質問板のほうに少し考え、私事に関したことをお尋ねさせていただきます。もう少し考えてからですが。

よろしくお願いします。愛についてです。メールの件とは無関係です。

これから母の用事で出かけます。

ポチお願いします!!
523:ひとのこ :

2013/05/15 (Wed) 06:11:59

皆さん今日は。


>ただ我慢するだけじゃないんですね。

ヒロさん、そうです。と言うより、悟りとは我慢を捨てることなのです。
でも人が我慢を捨てると言うと、エゴの通りに生きるになりますね。

外側で何かとぶつかり、内側に我慢が必要と成ったら外側にエゴが現れるわけです。
外側で何かとぶつかり、内側におこる我慢を捨ててしまえば宵のです。
これが光明です。無明により、内側に我慢が現れていた分けです。
この我慢とは感情の動きと言っても宵ね。


>今の時代で、やれることをやりながら、進め、ってこと、理解しました。

そうだね、その通りです。
522:ひとのこ百番 :

2013/05/15 (Wed) 00:44:30

みなさんこんばんは。

チカフジさんようこそおいでくださいました。
モルモン教のおかげで我々はあなたと出会えたという事ですね。
世界のあらゆる宗教はそれぞれの立場では愛に基いています。
宗教の教義は真実性(神仏)のある側面を現していると先生は仰います。
一側面にこだわると他方が見えなくなるという事もあり得ます。
ここで我々と共に全体性を学んでいきましょう!

ヒロさん、大事に至らなくて良かったです。まずはご自愛なさってください。
そしてヒロさんの救いの手を待つ人のために、共に頑張りましょう。

横目さんも、生きておられて安心しました。
早く元気になってくださいね。


おじいさんとおばあさんが融合したような大きな姿になって
みなさんをおもいきり抱きしめたい気持ちです・・・
(オッサンじゃ気持ち悪いと思うので)
521:トシカズ :

2013/05/14 (Tue) 23:20:45

皆さん、こんばんは

エルさんのお話を読んで自身に当てはまる部分もあり、うなずいてしまいました
尾崎豊さんのエピソードをいくつか聞いたことありますが純粋すぎる人なのかなあと思いましたね
だから現在のような世界では生き辛かったのもしれません
そんな人たちこそ先に救われるべきなのでしょうかね
520:ひとのこ さい:

2013/05/14 (Tue) 21:31:40

皆さん今晩は

関東の方が増えてきて嬉しいですね。

全国にメンバーがいる必要があります。楽しみです。

横目さんどうですか?この間お会いしたときは寒かったですね。月日は早いものですね。

メニエルよくなられたらまたお会いしたいです。

みなさんおやすみなさい。これから坐りして寝ます。
519:ふみお :

2013/05/14 (Tue) 21:20:26

みなさん、こんばんは。


横目さん
ご挨拶がまだだったと思いますので・・・
ふみおと申します。よろしくお願いします^^


チカフジさん
私も関東で、東京に住んでおります。
東日本の方の数が少しずつ増えてきていますね!


さて、今日もポチをして寝ることにします。
みなさん、お休みなさいませ。
518:チカフジ :

2013/05/14 (Tue) 20:17:53

フミオさんエルさん、はじめましてヨロシクお願いします。

ひとのこさんワタシは関東は神奈川に住んでいます。

シャーマンとか、その辺のオハナシはよく解りませんが

気功・フィーリング・催眠術・宇宙人・神などについて考え調べる
ようになりました。それは昔ワタシがモルモンなどというキリスト教に
入信してしまったのが切っ掛けです。今は無縁になりましたが・・・
517:横目くじら :

2013/05/14 (Tue) 17:49:30

ひとのこさん、みなさん

こんにちは

先生、なんとか生きております(^^;)


516:ヒロ :

2013/05/14 (Tue) 14:54:18

みなさん こんにちは。

先生、mkさん、Kさん、ふみおさん、エルさん、トシカズさん、その他みなさん
お心遣いありがとうございます(涙)。

ひとのこ先生
>我々は我慢比べをしているのではありません。
>痛みを止められるなら止めるべきで、病なら治すべきです。
>大事なことは振り回されない事です。
>ヒロさん体も大事にして長生きをしてください。
>そして今生において生死を越えることです。
>それには少しでも長生きしたほうが宵です。

先生コメントありがとうござます。痛みに耐えようかどうかとしている時点で
すでに捕われの状態なんですね。「させておく」自分とは、もっと自然体なんですね。
生命は与えられたもので、それ自体に抵抗せずに、流れて、つかんでいく姿勢が大切
なんだと感じました。解脱するためには、天界の霊たちも人間になりたがるという
文章を読んだことありますが、貴重な貴重な人生なんですね。
なんかいかこういう苦痛があったのですが、終わるたびに、「学んだ」っていう
実感がいつもあるんです。
神示にも、「飛行機の時代には飛行機乗れよ」ってあり、ただ我慢するだけじゃないんですね。
今の時代で、やれることをやりながら、進め、ってこと、理解しました。
みなさんへ感謝いたします。

515:ひとのこ mk :

2013/05/14 (Tue) 11:57:56

ひとのこさん みなさん こんにちは

チカフジさん はじめまして!
エゴとか自我とか瞑想、興味が出たこの機会にどうぞこちらで勉強されてください^^
これからよろしくお願いします。


トシカズさん
>一歩退いて物事を見る余裕がほしいですね。あとどんなことでも楽しみたいですよね
そうですよね、楽しみたいです。 ここで学んでいると、どんな状態でも楽しめるんだなということはわかってきますものね。
役割も、行為も、観るわたしからならきっと楽しめます。昨日からひとのこさんが再び重点的に話をされている、個を超え根源の自覚への努力もそのまま楽しみにつながりますよね^^
ひとのこさんはお気楽に、無我夢中に、楽しんで活動をされているんですものね。

>この状態が愛が外側に境界なく流れている状態だね。
>この状態に近づく事が根源を引き寄せるのです。
>一度根源に超個に触れれば、この問題は全て解決しますが、
>この状態に至って行かねば触れられないのも事実なのです。

>超我に触れるまでは、何かしらの努力が必要です。
いっしょに頑張りましょう\(*⌒0⌒)♪


ひとのこさん
シャーマンはトランス、無意識、霊界との通信・・・
無意識の「チャネリング」とか、ってことでしょうか・・ 
神示の狐憑きとか、幽界とかと同じかな・・
本の内容を、根源に触れるような状態と捉え(捉えやすい内容に思え)読んでいましたので、正直「ちょっとだけ」残念です。
書かれた教授は素晴らしい方と今も思いますし、実際教授や本の何かがかわるというわけではないのですが。
その場で必要なことが起こっているのですから、シャーマンも必要でいたのですし、過去の異国の記録は記録までで留めておけばよいですね^^ その時の「体験」がトランスか根源までいく人が実際いたのか、これ以上考えるのはやめておきます。

少し話が戻って、わがまま(エゴ的)と、協調により自己発現・個を防衛する働き(自我的)についてです。
真理のことを、無明からくる心のゆらぎ・縁起・個と全体・根源に触れていることなどさまざまな言葉で伝えていただいて、それを最初は「自身の向上」の意欲から学びます。
頭で覚えてくると、自分で自分の状態を見て、自身で気づいて修正していこうという動きが始まり、全体の意欲への移行が必要なんだと感じるようになってそのことについても考えます・・・これを努力とすると思っているのですが、少なくとも最初のうち‐というかたぶん根源に触れるまで‐、これは自我的範囲を出ないということ、ですよね・・・、真理への協調というか。ここに穏やかな視点の移動やそれに伴う意欲や行為の変化が起こっていても。

このように考えてないと、いつか自分でできるという無意識の個の所有欲にのまれ、慢心のうち道を外れてしまいそうに感じています。
エゴが強くても、我慢も結構得意な性格なのです^^;
とにかく省みるとき正直であろうと、菩薩への努力だと言い聞かせてやっていきたいと思っています。

何か思い違いをしているようでしたら、どうかご指摘ください。

ひとのこさんのおっしゃるように数年続けて頭から肝に落としていったとき、どんな思いでいるんだろう。
514:ひとのこ さい:

2013/05/14 (Tue) 07:55:02

先生 みなさんおはようございます。

大阪晴れて暑くなりそうです。
この春は皆さん体調壊しましたね。僕も2月インフルエンザA型で10日かかりました。
>今生において生死を越えることです。
それには少しでも長生きしたほうが宵です。
これが最大の壁ですね。長生きしたいものです。あと15、20年とすると、のんびりはできません。
見方を変えると、15、20年もあるのですが。笑  今日元気でも明日はどうなるかはわかりませんね。
僕はですから既に整理して憂いの内容にしています。息子も覚悟して片付けすぎるほどかたずけていました。
整理が良すぎてもあとのものが、何かを探す時ぎゅうぎゅうず詰めでこまることがありますね。探そうとして散らかるわけです。笑

ランキング 思想  5位
      思想哲学25位  今朝です。
新しい方遠慮なく自由に書き込んでください。
僕は1日17回書き込んだことがあります。今考えると笑えます。
ブログをしているのでわかりましがランキング50位以内でもすごいことだと実感します。
僕のブログは始めから読者の共感を得るというのでなくあくまで仏教的なことなので一日80、、90アクセスが壁ですね。
はじめは30~50あればと思っていたので望外です。しかし100ぐらいがかべでしょうね。
これ以上リコメっとメールの返しあれば困る(時間的に)のも事実です。メールの方は、相変わらずイミフ目うの方がいますが、苦しくて何か言いたいのでしょうね?
勿論ひとのこ流です。しかし過激ですねー。

ではみなさん今日もいい1日を!!
513:ひとのこ :

2013/05/14 (Tue) 07:46:50

皆さん今日は。



あーそうそう。mkさんが以前にシャーマンのお話をしておりましたね。
ちょっと思いだしたので語ります。

>そして、自然と深く関わって生活していた民族には、突然、根源に触れるような「体験」をする若者がよくいたようだと書かれていました。
>体験者は即「シャーマン」のような民族を導く者になるわけでなく、恍惚ダンサーとして神がかりの状態と恍惚感を表現したり、
>シャーマンに託され、それまでの生活と体験で出会った神とうまく折り合いをつけ、民族の精神的助言者として生活していけるように教育されるのだそうです。


シャーマンとは、霊媒師に似ています。
呪適であり、真理と言うより、迷信に近い、覚醒と言うより霊性であり。

手法は、リズム、ダンス、呪文、麻薬による、トランスで、
霊界との交信を主とします。
トランスにより、交信中の記憶がなく目覚めより、眠りです。

恐山のイタコとも良く似てますね。
実はわたしの家の近くにもおります。
根源とは霊界ではありません。霊界も神界も世の中にあります。
根源とは現れの前の物で無です。
シャーマンと解脱や悟りとは全く異なるもので、
トランスを意識的に表すことが出来るとシャーマンに成れます。
トランスとは無意識状態です。

ちょっとシャーマンと言う言葉を思い出しましたので、
シャーマンとはについて書いてみました。
512:ひとのこ :

2013/05/14 (Tue) 06:56:43

皆さん今日は。

ヒロさん今日は。体は大丈夫ですか?
ヒロさんの場合がそうと言うわけでは在りませんが、

覚醒に道において、意識の状態の変化にともない、
心的病、身体的病が出る事があります。

禅宗では、これを禅病と呼びます。

この場合病院では最もらしい病名が付けられることもあります。
わたしは一度一週間ほど立ち上がることも出来ない状態に成ったこともあります。

このときは、わたしは、病と意識の関連性を感じました。
このようなことは、わたしに限らず、良く起きていることですが
きちんと病院にはかかるべきです。


>その時に「苦しい、痛い」と感じるものは、感覚器官や概念を持つ個人のもので、その時に苦しい
>と感じるのは仕方がない部分もありますが、この時に、「真理の道」という立場からは
>どうすればいいのでしょうか?たとえば、病院なら痛み止めを注射してくれ!とかなったり
>それもせず、ただ見ている、苦しんでいる自分をみているのもありかも?とも思ったりします。
>このへん「道」という立場からどう望んだらいいのでしょうか?

我々は我慢比べをしているのではありません。
痛みを止められるなら止めるべきで、病なら治すべきです。
大事なことは振り回されない事です。
ヒロさん体も大事にして長生きをしてください。

そして今生において生死を越えることです。
それには少しでも長生きしたほうが宵です。
511:ひとのこ :

2013/05/14 (Tue) 06:39:00

皆さん今日は。


Kさん、そう、宇宙には愛しか無いのです。


ただ、内側と外側が在るというだけで、憎しみがあり、闘いがあり。憎む、偽り、悪、醜が現れる。
かなしいことです。

だから内外が全面的に成らねばなりません。
510:ひとのこ :

2013/05/14 (Tue) 06:31:12

皆さん今日は。


Kさんこれは、質問版で解さんがご紹介くださったエックハルト説教集ですね。


私はもう一歩進んで、さらに難しいことを言わねばならない。この露わな本性の内に直接立とうと思う者はだれでも、
個人的なものすべてから離れていなければならない。海の彼方の人にも、身近な信頼する友人にも、
変わらぬ親切を尽くすことがなくてはならない。あなたが、まだ見たことがない人よりも、
あなた個人を大切にする限り、あなたは決して正しいとは言えず、
そのことは単純な根底をただの一瞬さえものぞき見たことがないことの証拠となる。
確かにあなたは真理を比喩によって写し絵のように見ることがあったかもしれないが、
それは決して最善のものではなかったのである。

この状態が愛が外側に境界なく流れている状態だね。
この状態に近づく事が根源を引き寄せるのです。
一度根源に超個に触れれば、この問題は全て解決しますが、
この状態に至って行かねば触れられないのも事実なのです。

内と外が全面的に感じてくることが必要です。
内と外が全面的になって来ると、自我の垣根が壊れ始め
愛は外側えと流れ出すのです。

超我に触れるまでは、何かしらの努力が必要です。
一度超我に触れると当たり前のこととなります。
自他が異なるとは思えなくなるのです。

Kさんの表現でもOKだよ。
自我は無限に愛を吸い取る穴のようです。
509:ひとのこ :

2013/05/14 (Tue) 06:12:11

皆さん今日は。


チカフジさん今日は、ひとのこです。
取りあえず、お住まいの地域はどちらでしょう?
ここに来るか方が関西地方の方がおおいので始めにお伺いしております。
先ず皆さんと気楽にお話してください。
もし疑問があれば何なりとお聞きください。
508:ひとのこ :

2013/05/14 (Tue) 06:07:34

皆さん今日は。


エルさん、有難う、また何か思いついたら教えてください。
エルさん、わたしはね、ただここでお喋りしたくてしているのではなくてね、
この世の問題を解決したいと思っているのです。
世界からはみ出している人の問題こそわたしが何とかしたい問題なのです。

エルさんがここに来たのも神の導きです。
だからここでエルさんの問題を解決しながら、何が出来るか考えます。

先ず始めにわたしが行うべき事ではと思うのです。
境界例の方々に、世界のお役に立てるように成って頂けたらと思うのです。
もちろん今のままでは無理でしょう。
だから、わたしが何か出来ないかと考えてうるのです。

エルさんのタイプしか知らないので、色々教えてください。
507:ひとのこK :

2013/05/14 (Tue) 01:40:19

突然ですが師匠の愛のお話…
今シックリ来ました

世界は愛に溢れている…
よくにしますが、今までは良い事いうなー位の感想でした。

しかし愛が自我に向かえばエゴとして現れ…

これでハッとしました。
確かに四六時中自分を愛しています。

どんなに周りに迷惑かけても、自信がなくなっても
それでももがき続けて幸せを求めています。

確かに溢れています。

出そうと頑張っていません。

唯「自分」「自我」という穴が空いていて、無限に吸い込まれているような…

この穴に蓋をすれば

同じ情熱をもって世界を愛することが出来るのでしょうか?

コメントを取り違えていましたらご指摘お願いします。




エルさん

ホント境界例の話…
他人事と思えません。
当てはまるところが多すぎて…

太宰治なんて、共感し過ぎて作品が唯の感想文に見えました(笑)
506:エル :

2013/05/14 (Tue) 00:32:40

先生、みなさん、こんばんは

河合隼雄さんが著書の中で述べていたことですが、講演会などで境界例について、
詳しく話していると、聞いている一般の人も、それなら私も境界例のように思うのですが・・
という感想を抱くようになってきます。
これは、境界例の人というのは、もともと意識の焦点が、一般の人でいうと潜在意識にあたる部分にあるからだと、
僕は、思ってます。
一般の人が瞑想をして気づく、潜在意識の部分が、境界例の人の通常の顕在意識だということです。
河合隼雄さんが鬼と人のハーフと説明して、天使と人のハーフという表現をしなかったのは、
境界例の人は、やっぱり餓鬼なんです。

たとえば僕の場合だと、小学生の頃、学校の成績が、とてもわるくて、
大人に「勉強しなくて大丈夫か?」と言われると、「僕は賢いから大丈夫だよ」
と、答えます。その意味するところは、「僕は賢いから、他のみんなみたいに学歴に頼らなくても生きていけるから大丈夫だよ」
ということです。ただ、そのとき勉強するのが嫌なだけで、そう答えるんですが、
その返事を聞いて、大人は「この子は、どこか普通の子と違って、ほんとうに賢いのかもしれない」
などと思ったりします。
大人になって、中卒だと、とても厳しい環境の仕事しかないという事実を身に沁みて感じ始めると、
大人は、みんな僕のことを、ちゃんと教育してくれなかった・・
僕が、こんなことになったのは、僕のせいじゃない、大人の社会、この社会そのものが悪いんだ、
と思います。
このことを、また話すと、そうだ、そうだ、と賛同してくれる人たちがいます。

結局、自分がないから、責任は、いつも自分以外にあります。

ごめんなさい、書きながら、自分でも嫌になってきますが・・
とにかく餓鬼なんです。
この餓鬼の見せかけの賢さに騙されて、境界例の人に期待すると、
境界例の人は、その期待に答える強さはありません。
太宰治さんや尾崎豊さんの死に方みれば分ると思います。

境界例の人が「死にたい」と思ってるのは、日常のことです。
だから、一般の人が「死にたいと思うくらい辛い苦しい」というのとは、意味が違います。
境界例の人が、死にたい、というのは、だから、それがフツーでしょ、みたいな意味であったりします。

境界例の人といっても、「観る私」がいる人とそうじゃない人では、
まるで違うと思いますが、もしも境界例の人の傍に、いつも「観る私」が、
ある人がいてくれれば、必ず境界例の人も「観る私」が確立されてきます。

もしも、僕のことが賢いように見えるなら、それは、僕の傍にいる家族が賢いからです。
いつも、傍にいてくれる人が天使のような人であれば、境界例の人も天使のようになれます。
いつも、傍にいてくれる人が鬼のようであれば、境界例の人は、いつまでも餓鬼です。
505:エル :

2013/05/13 (Mon) 23:22:34

先生、みなさん、こんばんは

ヒロさん
お身体、たいへんなんですね、胃カメラは僕は受けたことないけど、苦しいと聞いたことあります。
苦しいときの対処法で、マゾになって苦しみを快楽に変えるという方法があります。
というか、僕は身体の苦痛のとき、よく、このこと思いだしてマゾになろうとしますが、
上手くいくときもあれば、いかないときもあります。
インドのガンジーは、苦痛を快楽に変えられるようにマゾになる訓練をしていたと新聞で読んだことあります。
SMについて書かれた「SとM」という本の中で、SとMの嗜好は男女が半々のように半々いるように思われていますが、
圧倒的にMの人が多くてSの人は少ないらしいです。
人間は、もともとMの人が多くSが足りないから、神にSの役割を担ってもらっているという考察が書かれていました。

境界例については、また後で書きます。

チカフジさん、はじめまして、よろしくお願いします(^^)/
504:ふみお :

2013/05/13 (Mon) 21:56:47

みなさん、こんばんは。

ヒロさん
おかえりなさい!
でもお辛いようですね・・・。
どうぜご自愛くださいませ。

チカフジさん
はじめまして、よろしくお願いします^^
503:チカフジ :

2013/05/13 (Mon) 21:30:07

ひとのこKさん >>たまたま見つけた感じなのですか

そうですネ偶然見つけたのです。今ままでいた掲示板の主が

食い物のオハナシばかりで、つまらないのナンノって

もうコレはダミだと思いまして新天地を見つけた次第で・・・・

ひとのこKさん、ここは結構自分にとって面白そうです。ヨロシクお願いします。
502:ひとのこK :

2013/05/13 (Mon) 21:04:31

師匠皆様こんばんは

ヒロさん大丈夫
胃カメラ飲んだのですね。
僕はこないだ内視鏡やりました。

復活よかったあ

チカフジさん
はじめまして
ひとのこKです

たまたま見つけた感じなのですか

オメデトウゴサイマス(笑)

此処はひとのこ先生のひとのこ師匠の掲示板です。
しばらく居て見て下さい
質問をどんどんしてみて下さい。
どんな質問もここの皆さんは大歓迎ですから
501:ひとのこ さい:

2013/05/13 (Mon) 20:59:21

チカフジさん
交流を楽しむ場ですよ。先生と呼んでいるのは僕だけでしたが、最近先生と呼んでられるかたがいます。

ひとのこ が先生のお名前です。交流の場であり質問もOKです。

別に質問板もあります。よろしくです!!
500:チカフジ :

2013/05/13 (Mon) 20:32:28

ひとのこ さいサンとても丁寧なご挨拶アリガトウ御座います。
ここに先生が、いたなんて驚きです。ただの交流を楽しむだけの場だけでは
なかったのですネ。
499:ひとのこ さい:

2013/05/13 (Mon) 20:23:44

チカフジさんはじめまして

ひとのこ さいです。ここのまとめをさせていただいています。

嬉しいですね。ここの皆さんと共に歓迎させていただきますね。

自我とかエゴとか瞑想の話に興味あるとのこと、この掲示板の過去記事、先生の大乗の記事をぜひ読まれてくださいね。

どのような質問、疑問でも、ここで先生にお聞きになってください。先生が丁寧に答えていただけますよ。

遠慮は無用ですからね。今後とも皆さんと共によろしくです。楽しみです!!
498:チカフジ :

2013/05/13 (Mon) 20:04:52

トシカズさん、どうもアリガトウ御座います。
今後ともヨロシクお願いします。
497:トシカズ :

2013/05/13 (Mon) 19:51:06

皆さん、こんばんは

チカフジさん、はじめまして
興味をもたれたのなら是非、参加してください


ヒロさん
私も胃カメラ2度入れたことあります。復活して良かったですね


エルさん
また一段と成長されたみたいですね。私も境界例の人たちの話に興味が出てきました
いろいろ聞いてみたいですね


ひとのこmkさん
>1歩退いて見渡すと、必死すぎる人が多い、せっかくの役割を楽しめていない人が多い
いい言葉ですね
一歩退いて物事を見る余裕がほしいですね。あとどんなことでも楽しみたいですよね
496:チカフジ :

2013/05/13 (Mon) 18:52:56

皆さん、はじめましてヨロシクお願いします。
自我とかエゴとか瞑想の話が出ているので少し興味が沸きました。
話に参加しても宜しいでしょうか?
495:ひとのこ mk :

2013/05/13 (Mon) 16:30:43

ひとのこさん みなさん こんにちは

暑いくらいの陽気です。
午前中に草抜きで汗してました。


ヒロさん 大変でしたね。
水も入らないとは、苦しいですよね。これからゆっくり養生してください。
書き込み復活、うれしいです。

ひとのこさんの今日のお話から、個人と分離の概念から来る衝突と苦しみを改めて確認しました。
自身を省みてみると、相変わらずかと感じる部分もあって、
でも、少し前に話にあった、個人の成果を期待する故の意欲や行為、が確かに減少しているようだと感じます。
やるやらないの選択肢が浮かんだ時に、ま、いっか と思っておしまいにする事が増えました。
別の機会が来たとき、やろう、と思ってすることもあります。それが苦手なことでも、逃げ腰ではなく納得の気持ちでできてきます。 思考のごちゃごちゃが整頓されたぶん、思考と行為がはっきりしてきたように感じます。
そういえば、教職で多くの人に接する方と今日は世間話ができて、その方は「1歩退いて見渡すと、必死すぎる人が多い、せっかくの役割を楽しめていない人が多い」と言っていました。
そういう時代、世相か、もしかして民族性なのかな。
世のみなさんは、役を完璧にこなそうと頑張っているのでしょうが、気負いはせっかくの行為も体験として機能せず、過去に埋もれていってしまっているのでは、と思いました。
494:ひとのこ :

2013/05/13 (Mon) 16:19:08

皆さん今日は。

エルさん宜しければもっと境界例の方々のお話を
わたしに教えてくださいませんか。
493:ヒロ :

2013/05/13 (Mon) 14:06:26

みなさん こんにちは

数日、物が通らない感じで、胃カメラを受けててきました。胃炎程度で、癌はないという結果
でしたが、ここ数日、水も通らない感じで、きつい感じでしたが、癌でも、このまま治療せずに
死んでもいいかも? でも、探究でやってきた「それ」をまだ自覚してないので、これだけが
心残りだな・・なんて考えていて、ブログの「死の恐怖」「不快、不満、苦から逃げる」の
を何回もみてました。先生のコメントも結構身にしみました。

そこでまた先生に質問です。復活そうそうですが・・。
先生はブログで、個人という錯覚からいかに抜けるか?ということを述べられてますが、死にそう
に苦しいときは、個人はいないのに、ただ「ある」だけの「観る者」はいますが、その時に
「苦しい、痛い」と感じるものは、感覚器官や概念を持つ個人のもので、その時に苦しい
と感じるのは仕方がない部分もありますが、この時に、「真理の道」という立場からは
どうすればいいのでしょうか?たとえば、病院なら痛み止めを注射してくれ!とかなったり
それもせず、ただ見ている、苦しんでいる自分をみているのもありかも?とも思ったりします。
このへん「道」という立場からどう望んだらいいのでしょうか?

エルさん
お心遣いありがとうございます。エルさんの言葉自体が、エルさんが進まれているのを
私も感じます。みなさんといっしょに進みましょう・・。
492:ひとのこ :

2013/05/13 (Mon) 11:30:59

皆さん今日は。



エルさんの不安げなコメントが全く別なものに変わりましたね。

やはりブログの更新はここのコメント中心になりそうです。
出来るだけここのコメントから更新します。
百番さんありがとう。
491:ひとのこ :

2013/05/13 (Mon) 11:07:55

皆さん今日は。


やはり予定は予定道理には行かないものです。
2日前に浮かんで来ていたものが昨日と今日は全然です。


浮かんで来たものはその時にまとめて記憶にしまわないと、
後からは思い出せません。


と言うことで、次に浮かんだときに書くことにします。


今日はmkさんの以下のコメントから浮かんだことです。


>この本の前半を読んでいっているところで、エゴ、
自我の動きについて様々な説明がされていました。


エゴと自我を分けてお話してきましたが、
エゴとは何かについてまだでしたね。
内と外が在ると、
内側に愛が働き外側にエゴと言う働きが生まれます。


最も内側の愛とは真っ直ぐで、
外側にそれが向かうとエゴと成りえる。
世界には人が沢山いて全ての人が個人と
思い込んで内と外を生み出している。


これがわたしと、その他で内と外です。
内側どうしの真っ直ぐな愛は外側では互いに対立する、
これがエゴです。


内側の真っ直ぐな愛は愛を実現する為に、
その真っ直ぐさを曲げます。
それが協調性で社会性です。


この協調性、社会性とは偽り、偽善、見せ掛け、
悪と言う言葉で表現できます。
人の中の協調性や社会性がそのまま社会を生み出しますので、


この社会の在りかたを見てください。
憎む、偽り、悪、醜さが見えませんか?
一見紳士的社会がその真相を見ると、
自分勝手が、仮面をかぶったものですね。
ただの見せ掛けです。


憎む、偽り、悪、醜が愛、真、善、美と成らねばなりません。
これが神示の表現ですね。


集まりの中でも、一見内側で愛が働き、
外側でエゴと成ります。
家庭も企業も宗教も国家も同じですが、
その愛は最も内側での愛の働きが
協調性を生み出したものだから、
団体の中の愛も見せかけです。


だから、憎む、偽り、悪、醜が現れている。
だから、人の生み出している社会は醜くい。


でもねこの醜さを生み出しているのは、
愛であり愛から表れる良心なのです。
この良心とは神の心であり、仏の心なのです。


だから人はこの社会の問題を知ると良心が痛むのです。
内側と外側が分けられている事が問題なのです。


神の仏の良心が内側で働くと外側にエゴを生み出すのです。
人が個人と自分を見なすことで、内と外が生まれれ、
神の愛がそこから表れる良心が個に向かって働き、
憎む、偽り、悪、醜を生み出すのです。


人の中の愛が内側に働くのが、悪心と現れ、愛その物が持つ
心は善心であり、善心と悪心は愛から現れる。


この働きが世界の中でも働きハルマゲドンを生み出します。
ハルマゲドンとは愛と愛の戦いです。
 

我を無くすことで、愛は対象を定めず外側に向かって流れ出し、
その動きが宇宙に働く良心となるのです。
我々がわたしと個人と想っていることで内側が生まれ、
愛が内側に働き外側にエゴが生まれ出るのです。


世界を言葉で表すと、マインドの劇場それが世界だ。
490:ひとのこ さい:

2013/05/13 (Mon) 07:21:48

先生 みなさんおはようございます。

大阪穏やかです。
ブログも考えても見ないようなことがありますね。
女性読者さんで嫌いな男性が僕の友達欄に乗ってるからコメントを内緒秘密でという依頼がありました。
どうも履歴から女性の行く先々にコメント残しているみたいです。で、僕も余程でないと訪問したブログの履歴は
見ないようにしようと思いました。ネットというのも追跡、足跡残せるのでなるほどなーと勉強になりました。
さいきん1日3回だけしかPC触らないので余裕が少し出来ました。
ランキングやはり頻度が関係するのですかね?
今日もポチしてみなさんお元気に!!
489:ひとのこ百番 :

2013/05/13 (Mon) 01:19:51

みなさんこんばんは。

世界もブログランキングも相対ということでしょうね。
記事の更新頻度がおそらく、停滞ではなく相対的な後退の一因にもなっていると思います。
(これは自分自身の記事更新頻度がランキングに如実に現れて気付きました)
我々だけでなくまだ見ぬどなたかもポチってくださっている可能性が高いと思います。

レス430~460あたりのコメントも凄い記事になりそうなのですが・・・
弟子の疑問質問に対するひとのこ先生の回答、という形式の記事でも
読む人の興味をひくかもしれませんね!(どこかで読んだような形式ですが(汗))

488:エル :

2013/05/12 (Sun) 23:19:04

先生、みなさん、こんばんは

ヒロさん ひとのこTさん
お身体、大事にして下さいね。

毎日のポチと書き込み、みんなで継続しましょう。

みなさん、お休みなさい、宵夢を~*^^*
487:ふみお :

2013/05/12 (Sun) 22:59:27

みなさん、こんばんは。

本日は、交流掲示板の過去ログを読んで過ごしました。
一度にたくさんの文章を読んだせいか、頭の中がごちゃごちゃになっています~_~
ただ、どんな質問に対しても、ひとのこさんは丁寧にご回答なされていて、
自分がまだ何者なんか分かっていない人たちを助けたい、世界を変えたいという、ひとのこさんの気持ちを改めて感じることができました。

これまで私は、自分が楽になるために悟りたいと思っていました。
しかし今では少しずつですが、世界のためにできることがあるなら、それをしてみたいという気持ちに変化してきています。
486: :

2013/05/12 (Sun) 22:03:25

先生、みなさん、こんばんは。

>未来の何かの為に今を犠牲にして行くと言うことなのです。
>だから常に人は今を失い続けるわけです。

いまに生きるって意識しているつもりでも日常に流され今を失ってしまいます。
上記のお言葉で改めて何か感じ取るものがありました。
確かに、未来の為に今を犠牲にしてますね。
その未来も今という形でしか訪れない…イタチごっこですね。

今日、妻が駐車している車に車をぶつけました。
以前の僕なら「なにしとんねん!」の一言くらい言ったと思いますが、
今日は“なるようにしかならない”と直ぐに思えて文句ひとつ浮かびませんでした。
ちょっとは成長してるのかな?それとも天気が良くて気持ちよかっただけか?(笑
いずれにせよ、気持ちの良い一日でした。

ランキング、確かに気になりますね。
個人的にはブログランキングは思想・哲学に絞って良いと思いますがどうでしょう?

485:トシカズ :

2013/05/12 (Sun) 18:36:38

皆さん、こんばんは

>境界例の人がこの世界が変わるキーマンかもしれないね
>時代が変わるとき、世界はその世界と協調できない人を沢山生み出し
>その人たちが、世界を変えるキーマンと成るのです。

これを読んで何故だか凄く共感してしまいました
かつて私は人の世界、社会に適応できずただ恐怖し嫌悪していました
そんな自身を異常視し、絶望したのを覚えています
現在も決して社会に適応出来ているとは思えてませんでしたが
少しだけ救われた感じになりました


ランキング下がっているの気になりますね
毎日、ポチしてるけど他のところが急に人気でてきたのでしょうか?
484:ひとのこ mk :

2013/05/12 (Sun) 17:02:14

ひとのこさん みなさん こんにちは

今日は送迎、間は付き添い見学・・・というひたすらな待ち時間でして、今帰って来れました。
そこで起こることを見る練習、広い会場でどこに座ってもいいし連れも居なかったので、動く心、思考を観る感覚を探る練習をして^^
こればかりだと退屈かもしれないと、ここでは今更の感じがありますけど、エックハルトトール氏の本も買って持っても行きました。
「んがー」とやっていると、集中になってしまい、疲れた感じになります。気負い(慢心)の気付きにもなっていました。


この本の前半を読んでいっているところで、エゴ、自我の動きについて様々な説明がされていました。
同意できないところはなく、一人で悶々としていたときに気づいた内容そのものに思えました。結構過激な感覚も一時期あったなと思い出してました。
この、なんとなくでも気付いた、という状態では一人ではまだ苦しかったなと思います。個人の存在を疑ってませんでしたから。
本の内容はきっと真理に直接的に迫るものだろうと思います。ですが、奇跡講座とひとのこさんを考えたときも思ったのですが、ポイントを押さえて導くグルの力とは本当に絶大だと。

・・・がんばります。
483:エル :

2013/05/12 (Sun) 08:17:20

先生、みなさん、おはようございます

ひとのこ先生
詳しくお返事、ありがとうございます。

>境界例の人が自分たちを健常者と呼ぶ人たちを助けるのかも知れません。
自分たちを社会人と呼ぶ人たちが社会常識に依存するように、
境界例の人は、その社会常識に反抗することに依存しています。

結局のところ、本当の意味で助けることができるのは、やっぱり覚者だけなのです。
社会人でも境界例でも、「観る私」を確立できなければ、間接的にしかならないです。

社会人とか、そうじゃないとか関わりなく、すべての人が先生から教えを学ぶことができたなら素晴らしいと思います。
僕も、先生に協力させて下さい。

先生がブログ更新されることが、世界の救いに繋がります。
まだ予定ということですが、応援しています。
482:ひとのこ :

2013/05/12 (Sun) 07:36:11

皆さん今日は。


エルさん。境界例の人がこの世界が変わるキーマンかもしれないね。
時代が変わるとき、世界はその世界と協調できない人を沢山生み出し
その人たちが、世界を変えるキーマンと成るのです。

境界例の人が自分たちを健常者と呼ぶ人たちを助けるのかも知れません。
481:ひとのこ :

2013/05/12 (Sun) 07:17:53

皆さん今日は。


自我とエゴ、自我と社会の共通性と良心について、本日、明日かも?
まとめます。

人が社会を構成してから世界一家が生まれるまでの自我と世界の一致性と流れ
エゴとは何か?良心とは何であるのか?ブログで説きます。

これは予定です。上手く出来るか、書いて見なくてはわかりません。
だからお約束はできません。
480:ひとのこ さい:

2013/05/12 (Sun) 07:11:56

先生 みなさん おはようございます。

のんびり出来そうないいお天気です。

エルさん是非読まれたらいいと思います。

今日は親戚の人2人が来阪し打ちに泊まるので時間に余裕がありません。浄瑠璃寺に案内を頼まれているからです。

家から1時間はん見ておけばいいのですが日曜日なのでこみそうです。9体の阿弥陀仏で有名なお寺です。

皆さんも観光の折には行かれたらいいと思います。山道を少し歩かれたら岩船寺というこれも有名なお寺があり、僕が好きなところなのでそこに行くことにしました。

ふみおさんもポチありがとうです。

皆さんもポチ頼みます。ランクダウンしていますのでよろしくです!!
479:ひとのこ :

2013/05/12 (Sun) 07:10:21

皆さん今日は。


>エルさんの根源の中に在る半分が主体なのです。
>この言葉は、根源の半分は客体という意味でしょうか?

あーごめんよ。分かりづらかったね。

根源とはこの前話した、空間だけがあるなのです。
二つのものがない、この表現はね、

エルさんが、根源のエルさん。そうでないエルさん。
の根源に入ってないエルさんは鏡に映る自分の姿で
そこに主体はない、ただの画像だと言ったのです。

根源に入っているほうが本物であり、そこに主体が在ると語ったのです。
鏡に映る像を自分と思っても主体性がないのは当然なのです。

自我の中は空っぽで人はだれもいません。
主体が見つからないのが当然なのです。

>この言葉は、根源の半分は客体という意味でしょうか?
だからこの意味は、根源が主体、鏡に映るが画像が客体です。


自我の協調性とは駆け引きなのです。
協調性を表す代わりに安心を得て行くのです。
そこで我慢が必要となり、それがストレスーを生み出すのです。
駆け引きとは、引き換えにすると言うことで、未来の何かの為に
今を犠牲にして行くと言うことなのです。
だから常に人は今を失い続けるわけです。

この自我の駆け引きとは企業なのです。
自分の利益の為に働くサラリーマンが人と呼びます。

この自我の駆け引きの企業がそのまま今の企業です。
人は自我の成長に合わせて世界を生み出しているのです。

如何なる過去もその時代の自我の状態で世界が生まれているのです。
自我と世界は共通なのです。

だからね、エルさん自我が上手く作れ無ければ、自我が生み出す、
世界で上手く生きられないのが当たり前なのです。

世界で上手く生きるためには、その世界にあった一定範囲の自我が必要なのです。

その範囲から外れた者たちが、様々な社会問題を生み出すのです。

エルさんは純粋だから、不純な駆け引きの世界では上手く生きられないのですが、
エルさんの方が健康なのだから、自我を持つものは病気なのだから、
エルさんが労わって上げなければいけないのです。

助けなくては成らないのは、自分たちを健常児と呼んでる自我を持つ人たちです。

478:エル :

2013/05/11 (Sat) 23:21:10

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこさいさん
ありがとうございます。読んでみたいと思いました*^^*

みなさん、お休みなさい、宵夢を~☆
477:ふみお :

2013/05/11 (Sat) 21:40:11

みなさん、こんばんは。

エゴと自我のお話、とても勉強になりました。
これほど分かりやすい解説は、
今まで読んだり聞いたりしたことがありません。
ありがとうございます。

私もランキングのポチを日課にしますね。
476:トシカズ :

2013/05/11 (Sat) 21:19:05

皆さん、こんばんは

ひとのこ先生、回答ありがとうです

>どんなに協調性が上手く働き生活が安定していても見せかけです。
>根源的不安を持ち続けそれを見ないふりしているだけです。

この文を読んで何となく感じていたことに確信を持てました
エゴが協調性をもち成長したのが自我というのも言われてみて納得です

475:ひとのこ mk :

2013/05/11 (Sat) 20:06:27

ひとのこさん みなさん こんばんは

今日は、書こうかなーと思った事がまとまらなくて止めたり、用事も多くいったり来たりしてたり・・・

で、時間切れみたいな感じです^^;

明日も外です~、なのでこれからその準備します。明日は夕方には書き込めるよう心がけます。
おやすみなさい。
474:ひとのこ さい:

2013/05/11 (Sat) 17:18:21

現金は厳禁です。笑
473:ひとのこ さい:

2013/05/11 (Sat) 17:16:54

エルさんへ
>さいさん春樹さんの新作読まれたんですね、ネタバレ厳禁で、面白かったか?どうか聞きたいです
ネタばらしたらダメですか?笑
エルさんは読んだらいいと思います、!!僕は全作読みましたが息子と違いどうもアンチの方です。
表現の仕方が気に入らないのです。しかしそこがハルキストの好むところなのだとおもいます。
エルさんは読まれたらいいと僕は思いました!!面白いというのもハルキストとアンチでは受け取り方が違います。
内容は現金ですがエルさんは読んでください。あくまで私的です!!
472:ひとのこK :

2013/05/11 (Sat) 16:50:49

師匠皆様こんにちは

今回のエルさんへの師匠のお返事はとても身近に感じました

自我 エゴのお話のおかげでまた一段とスッキリ整理された感じです。

心を動かさない

何も思わない 無
をごっちゃにしていた所があって、
少し前のmkさんの話でもありましたが、
「こんな事を考えた自分は悪い人間だ」「想念を消してしまいたい」
と、何かを消滅させようと思うこと…これの方が無理があり、自我 エゴは人それぞれに居る段階では、真実であり更に高い段階から見たら、幻であり。

無くす事より昇華させることが大事だなと感じました

人は何も生み出していない、神仏が生み出しているものを人がなくそうとすることがエゴかなと…
今日は雨ですねー

ポチは毎日してます。
上位はどの位ポチされてるのでしょうね…

継続していきます
471:エル :

2013/05/11 (Sat) 14:41:29

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
ありがとうございます。
僕の問題の根本が何のか、分りかけてきたような気がします。
問題を明確に理解し、本当の主体に気づけるように努めます。

>エルさんの根源の中に在る半分が主体なのです。
この言葉は、根源の半分は客体という意味でしょうか?

よろしくお願いします。


ひとのこさいさん ひとのこTさん
さいさん春樹さんの新作読まれたんですね、ネタバレ厳禁で、面白かったか?どうか聞きたいです。
Tさんは、読んだかな?今は、もう春樹さん読まなくなってるのかな?
470:ひとのこ さい:

2013/05/11 (Sat) 07:57:53

先生 みなさんおはようございます。
大阪昨日から雨です。朝は本降りになっています。
ランキングみてみました。

ブログランキング   90位
哲学思想       30位
思想          7位

上位の方のブログも覗いてみましたが、なぜだろうか?何かあるのでしょうが、分からないです。
組織票のような気がしますね。
とにかくポチを継続していくことですね。

朝 昼 夕方 深夜 4回のチェックにしましたので少しずれる時もあろうかと思いますが、よろしくです。
ポチはもう習慣となっておられるでしょうが毎日ポチ係ですので書かせてもらいますね!

ところで春樹さんの新作読んでしまいましたよ!笑

469:ひとのこ :

2013/05/11 (Sat) 07:35:56

皆さん今日は。


>縁起についてよく「影響が波紋のように広がっていく」と表現します。でも、
>実際はすべてそこにあるそうなので(笑)影響どころか刹那の瞬間、見た瞬間。

mkさん、夢の中でも我々は実態を感じます。
そこに世界が在る様に感じます。
でも夢の中で本当にmkさんがいたのでしょうか?
世界が在ったのでしょうか?

現実と呼ぶこの夢は、秩序が在るだから、過去と現在に置いて矛盾が存在しない。
だから現実と呼ぶ夢には矛盾がない過去があり、一切の法則が秩序を生み出している。
では現実と呼ぶこの夢に、過去が本当に在るのだろうか。
この過去現在未来の秩序が時間と言う観念を生み出すのです。

この夢は一体誰が見ているのか。
在ると無いのこの正体を科学が見極めたとき科学は神を知るでしょう。
468:ひとのこ :

2013/05/11 (Sat) 07:17:35

皆さん今日は。


>とありますが、現在の世界で自我の強い人ほど問題ない(上手く生きれている)ように見えて、
>健常者であるほど何かしらの問題があるように見えているということでしょうか?

トシカズさん今日は。

エゴは世界で上手く生きるために自我と言う協調性を生み出します。

子供のころは協調性が非常に貧弱です。
だからエゴと呼ぶわけです。

ところがエゴをそのままに出すと、人とぶつかります。
人とぶつかれば、苦しくなります。
それでエゴは学ぶのです。上手く人と強調する方法をです。

この強調性が上手く働いている人は生活が安定し、トラブルもすくないから、
極端な問題意識を持たないのです。

自我が上手く出来上がらず、協調性に欠けると、何を行ってもトラブル続きで
多くの苦しみを体験するから、自分または世界に対する問題意識を持ちやすいです。

ですがどんなに協調性が上手く働き生活が安定していても見せかけです。
根源的不安を持ち続けそれを見ないふりしているだけです。

ヒロさん。ラジニーシは子供の頃は自我を持っていないと語っています。
ですが子供にエゴがあるのは当然ラジニーシも承知でしょう。
そうすると子供のエゴと成長して作られる自我を分けて考えていたのは明白ですね。

でもね今回は説明の為にはっきりエゴと自我を分けましたが、
エゴが協調性をもち成長したのが自我ですから、異なるものでもないのですね。
467:ひとのこ :

2013/05/11 (Sat) 06:49:26

皆さん今日は。

エルさん。エルさんの自己の混乱の言葉がSOSです。
今日はこの前の続きだけどエルさんとは?について少し語ります。

>境界例の人が助けて下さい、という場合、自我を助けて下さいと、なってしまうんですね。
>残りの半分に触れるために、これからも学ばせて下さい。

エルさん鏡を前に置いて自分を見てごらん。
エルさんが自分と見ているのは鏡に映る姿なのです。
鏡に映る自分に主体が在る訳が無いでしょう。

ですからエルさん自分には主体が無いと感じるのです。
対象を自分と思っているのです。
鏡の中に写るものを見ている者が主体なのです。

客体を主体と呼んでいるのです。
だから主体が無いと感じるのです。

エルさんの根源の中に在る半分が主体なのです。

人も同じで主体を持っていないのです。
ところがエゴが自我という協調性を身につけ、その特性を人格と呼んで
わたしと思い込んでいるだけです。
だから主体が無いと言う感覚も忘れてしまい自我をわたし主体と思っているのです。

エルさんは人格が発達してないから、主体が無いことに気づいている。
このことから見ても自我を持つ人のほうが病気ですね。

自我を持つ人にもエルさんにも主体がない空っぽです。
それは鏡に写る姿だから鏡の中に人に主体が在る訳が無いのでう。

でもね、主体が無い物など在る訳がないのです。
客体を主体と思うから客体の主体的自覚が得られる分けも無く、
主体がないように感じるのです。
主体に気づくことが必要です。
466:エル :

2013/05/11 (Sat) 03:59:32

先生、みなさん、おはようございます

ひとのこ先生
>エルさんがSOSをだいしているのごめんね。

>エルさんSOSは確かに受け取りましたよ。

先生、この言葉どうしてだろう?と思ってて、気にしなくてもいいかな?
と、思ってたんですが、僕は、とくにSOSの電波だしてるつもりなかったので・・
でも、今になって、ふと思って、かずよしさんが出してくれたのかな?って思ったりして・・

僕も妄想かな?僕の妄想だったらスルーして下さい。
465:ふみお :

2013/05/10 (Fri) 23:35:39

みなさん、こんばんは。

ひとのこさん
瞑想のコツを教えて頂きありがとうございます!
このあと瞑想をしますので早速やってみます。

みなさん、良い週末を^^
464:トシカズ :

2013/05/10 (Fri) 22:08:58

皆さん、こんばんは

今日は健康診断の結果が出たのですが体重、ウェストともに減少していました
もともと痩せているほうだったのですが野菜、果物の多い食事に変わってきたのでそうなってしまったのかなあと感じました
唯一、異常はHDLコレステロール(善玉コレステロール)の値が少し高過ぎたことでした
日々の習慣が結果として出てくるので生活改めるのはちょうど良い機会です
463:ひとのこ mk :

2013/05/10 (Fri) 15:51:24

ひとのこさん みなさん こんにちは


横目さん、こんにちは!

ヒロさん お大事にしてください。
前回私が体調を崩したとき、体と同化して考えている自分をよくよく体験できました^^;
どのようになってもならなくても、ヒロさんはここへ必ず戻っていらっしゃるだろうから。
お大事にです~。

見る、というもの、根気ですね。
今日あったことも日常なのですが、毎日のことではない、つまり慣れていない、かつ、初めてではなく前回まで心が揺れる記憶があること、を済ます事が1日を通して何度かあって、
特にその前、そこに向かうまでが落ち着かないのですね。
それに気づいて、まだまだ道半ばだなー、と思う自分まで見てなさい、ってことですよね。
起こってくる出来事、まだ揺れる心に根気よく向き合い、その度反復して、離れることを身につけていく。


雑談になりますが、
以前ちらっと読んだだけの量子論の事をまた思い出してまして。
二つの穴を開けた仕切りを通過させた素粒子を、壁のスクリーンで観測すると、どうやら波の運動をしている、粒群全体がエネルギー波のようで。
じゃあ、それぞれどちらの穴を通ったかまで観測しようとすると、壁のスクリーンには波の跡は観測されず、粒がバラバラにぶつかっている。

これから、
最初、私は世界の曖昧さを感じ、
次いで、視点を変えることで見える世界も大きく変わると漠然と思いました。
今は、より核心に近づく事が自身の在り方を変えると感じています。神示に寄せて思うのが、この測定は時の神様により近づいたのでは、と(笑) まだこれから科学は変わっていくでしょうが(笑)
縁起についてよく「影響が波紋のように広がっていく」と表現します。でも、実際はすべてそこにあるそうなので(笑)影響どころか刹那の瞬間、見た瞬間。
不動の心についても、そんな感じで。言葉にならず。
輪廻も、波のように、こだまのように、時の神様が現してくれていますね。
462:エル :

2013/05/10 (Fri) 15:47:41

先生、みなさん、こんにちは

陽さん
>>表面的には合わせてますが、違和感は昔と一緒なのでしんどくなっちゃいます。
>まったく共感します^^

昨日、こうゆうコメント書いたのですが、結局、僕は、主体性が、もともと、ほとんどなくて、
だから、いつも、誰かに合わせて生きるしかありません。

それで、どうせ誰かに合わせるなら、ひとのこ先生に合わせようと思いました。
たとえ、はじめは、表面的であっても、毎日、先生に合わせていたら、
いずれ、それが潜在意識深くに浸透していく、僕も、いつか先生の境地に辿りつくだろうと思っています。

うまく合わせられなくて的外してることも多々あると思いますが(笑

理智が苦手な僕にとって、それしか方法がないと思ってます。
でも、理智も大切だから、真理については先生が、心理についてはヒロさんに助けてきてもらってます。

僕は、悪人と出会えば、すぐに悪人に染まり、善人と出会えば、発病します。

これまでの人生で、よく刑務者にも入らず、精神科に入院もせずにいられたのは、
ひきこもったからだと思います。

善悪を超越した、ひとのこ先生にだけ合わせれば、善悪を超越できます。

461:エル :

2013/05/10 (Fri) 14:34:12

先生、みなさん、こんにちは

>心が不動であり、物事を考えて行為出来ると、わたしの行為と言う感覚が失われるのです。
>機能する心が動かしていると言うことです。

>考えることも心を動かさずにおこなれるようになるとこれもわたしの物ではなくなるのです。
>心の動きはわたしの動きと感じるのです。

先生、今日のお話、とても勉強になりました。
僕は、考えることをやめてしまって、直感的に動いていればいい・・
みたいに思っている感じがありました。
だから僕は、いつも誰かの言動に一喜一憂して、振り回せれてるように感じるのだと思いました。
動かない心から、しっかり考えられるように鍛えてゆきたいと思いました。
460:ひとのこ :

2013/05/10 (Fri) 13:12:53

皆さん今日は。


ヒロさん。動かずに動けと言うと人はどうしたら宵のか検討もつかなくなるね。
だが心を動かさずに、またはもう一歩踏み込んで感情の動きを止めて

行為を行えと言うと何となくわかりる。仏教の言葉はそこが優れているのです。
だからわたしは仏教の言葉を使うのだが、仏教の言葉はわかりやすいから神秘性に
欠けるのです。そうすると皆さんの興味が薄れるので時と場合により言葉を変えているのです。
神秘で皆さんを引き付け仏教の言葉でどうなれば宵のかを教えるのです。

理解できる言葉ほど神秘性を失い。
理解できない言葉ほど神秘性を持つが理解が出来ない。
ラマナやラジニーシの言葉に仏教より皆さんが引き付けられるのはこれが原因だ。

簡単な言葉であって、しかも神秘的それが理想です。
もっとも深いことを簡単な言葉で表現できるとそれができる。

>真我はいつもそこにあり、意識であり、静寂であり、観る者なんですよね・・
そう言っている貴方をも見てなさい。
この言葉はわたしは誰か?と同じ効力を持つのです。
見ている常に見ていることを忘れないとは、常にわたしは誰かと問い続けているのと
同じなのです。わたしは誰か?は客観的視点に見る位置に気づかせ
マインドをショートさせるのです。

そう言っている貴方をも見てなさい。
ほらショートしないか?

見ると言う質を深め行くと何時か客観的な視点に立ってしまい同化が切れマインドがショートする。
これはラマナのわたしは誰かと同じ働きを示すのです。
見る者であり、常時だからわたしは誰かの想念を超えるのです。
その時が動きの停止です。

こころが静かになればなるほど、見ることが出来てきてショートが起きやすい。
459:ヒロ :

2013/05/10 (Fri) 11:59:41

みなさん おはようございます。

ひとのこ先生
「動かずに動く」いつも教えていただいていることに行きつきますが、これを行為者がいない行為
を日々浸透させる日々です。
若干体調不良でもあり、いい機会ですから、この体を「観て」いたいと思います。体調不良
でも、真我はいつもそこにあり、意識であり、静寂であり、観る者なんですよね・・。
458:ひとのこ :

2013/05/10 (Fri) 07:32:22

皆さん今日は。

ふみおさん、瞑想のアドバイスです。

浮かんでくるものを放置上手く出来るためには。
少し距離を置いてわたしの思いとか考えとかから離れる事です。
これがコツです。
457:ひとのこ さい:

2013/05/10 (Fri) 07:28:49

先生 みなさんおはようございます。

大阪晴れています。
>心が不動になると、何物にも影響を受けず、在るがままに在る物と成るのです。
そうなると、悲しみがあっても、心は不動でありわたしが、悲しいがないになるのです。

感情は自我であり、あたかもスクリーンを見ているという表現はこのことを言われていたわけですね、

心が動かないところを見つけろということと、同じです。

わかり易い教えありがとうございました。

今日母を眼科に連れて行きます。定期の予約ですが昼を過ぎてしまうので、ブログもupしました。

しかし先生ブログは楽な気持ちでかけますが、メールの質問は、答え書くのは真剣になります。

活字が残るというのは、神経使いますね。時間もかかります。

例の件ですが、人の子流でお返事しましたが、訳の全くわからない、全く意味不明のへんじがかえってきました。

こちらの問いには自我が抵抗して触れようとしません。しばらく静観です。

ではみなさん今日もいい1日を!

ポチお願いします!

456:ひとのこ :

2013/05/10 (Fri) 07:24:29

皆さん今日は。


ただ今、質問版で、かえもんさんに回答しました。

生きて今したか、横目さん。
あまり欠席続くと、こんど電話催促するよ。
455:横目くじら :

2013/05/10 (Fri) 07:22:11

ひとのこさん、みなさん、おはよございます。

ご無沙汰しております。

なんとか生きております。

ありがとうございます!
454:ひとのこ :

2013/05/10 (Fri) 06:14:55

皆さん今日は。

>わたしの行為とは心の動きから現れているのではないのです。
>怒ることも笑う事も思考から行われているのです。

>この文章がよくわかりません。上の心の動きとは、「私」という個人を伴った心の動きではない
>という意味でしょうか? それと、下の思考というのは、「考える」思考(ラジニーシのマインド)
>という意味ではなく、機能的な直の反応という意味ととらえていいのでしょうか?

これはあえて仏教の表現で語ったので疑問が出たのでしょう。
台風の中心と真我と不動の心と無心は同じことを表すのです。
不動の心とは心が動かない状態で無心と同じ意味です。

心が無い無心、不動で心の活動が止まった心とは、意識であるのです。
仏教とは心の状態で表しているのです。

>わたしの行為とは心の動きから現れているのではないのです。
ここの説明いくよ。
ラジニーシも人は反応で動き、覚者は考えて動くと語っているね。

人がわたしの行為と感じるのはね、
心の動きと行為が連動しているからなのです。

外況により、心が動き、その心に従って行為が表れる。
この心が動くとわたしの行為という感覚が現れるのです。

心が不動であり、物事を考えて行為出来ると、わたしの行為と言う感覚が失われるのです。
機能する心が動かしていると言うことです。

>という意味でしょうか? それと、下の思考というのは、「考える」思考(ラジニーシのマインド)
>という意味ではなく、機能的な直の反応という意味ととらえていいのでしょうか?

考えることも心を動かさずにおこなれるようになるとこれもわたしの物ではなくなるのです。
心の動きはわたしの動きと感じるのです。

これが動かず動くと言うことです。
ラジニーシは動けないところを先ず見つけて、それから決して動かずに動くコツを見つけろと
語りましたね。同じ事です。

>ここでの、不動の心とは、考えたり感じたりする中から「私」が消え去っているので、見る位置
>というか、立っている位置が、いつも言われる無であり、すべてであるという位置ととらえて
>いいのでしょうか?

これは説明したね、不動の心とは真我ですね。
心とは真我から表れている、真我が我々だね、だから心の動きはわたしの動きと感じるのです。
動けないところを見つけろとは真我を見つけろと台風の中心を見つけろと、
心が不動になった状態を見つけろと言っているのです。

意識が動くと心となりこれが分別意識であり、
心が不動になると意識となるのです。
心と真我異なるものではないのです。

心が不動になると、何物にも影響を受けず、在るがままに在る物と成るのです。
そうなると、悲しみがあっても、心は不動でありわたしが、悲しいがないになるのです。

如何でしょう。
453:ふみお :

2013/05/09 (Thu) 22:11:27

みなさん、こんばんは。

今夜は少し自分のことを書きたいと思います。
昨日から朝晩2回各20分、座禅を始めました。
2年ほど前にもやっていた時期があったのですが、
1つの思いに長い時間囚われ、それがなくなっても、また別の思いに・・・
といった感じで、うまくできないことが嫌になって、すぐにやめてしまいました。
しかし、この2日間は、次々に様々な思いがわき上がってくる点は変わらないものの、
すぐにどこかに消えていってしまいます。
この2年で多少は変化してるようで、よかったです。
ただ、それに慢心せず、ただただ座ることを続けていきたいと思います。

ではでは、みなさん、お休みなさいませ!
452:トシカズ :

2013/05/09 (Thu) 19:42:50

皆さん、こんばんは

444のエルさんへのコメントで
>健常者ほど恐れが出て上手く生きれない世界なのです。だから人は自我と言う病気にかかるのです

とありますが、現在の世界で自我の強い人ほど問題ない(上手く生きれている)ように見えて、
健常者であるほど何かしらの問題があるように見えているということでしょうか?
451:ひとのこ さい:

2013/05/09 (Thu) 18:53:08

みなさん今晩は


ヒロさん、ゆっくりとコーヒーブレイクにさそってみんなと仲良くしていきます。
まずはつながりからですね!


僕の新しい友達は自己で仏教のブログされていますが。皆さん穏やかで、囚われがきつい方はいません。
ですからたのしいのです。


メールにおみせしたいような返信がきました。UPできないですが!笑
この方もゆっくり、ひとのこ流でいきます。

みなさん体調気をつけてくださいね!!
450:エル :

2013/05/09 (Thu) 15:20:50

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
今日も、また優先していただき恐縮です。ありがとうございます。
>健常者はエルさんです。自我とは病気そのものであり、人が病気なのです。
>先ず健常者はエルさんだと理解してください。
はい、子供の頃から、内心では、ずっー、と、そう思っています。
ですが、孤独のうちに、それを思っていても、理解したことにはならないのです。
それを、理解してくれる人が現れて、それを言葉にして僕に伝えてくれて、
はじめて、僕は理解できるようになります。
だから僕は、グルを必要とするのです。だから僕には先生が必要なのです。
時々、僕のことを、そのように、言ってくれる人も、これまでにもいましたが、
根源に触れていない人に、そう言われても、僕は理解できないのです。
だから、僕は、今日はじめて、内心思っていたことを素直に理解しても宵のだろう、と思ってます。

>きっと神がわたしに解決して見なさいとエルさんをここえ連れて来たのでしょう。
先日のmkさんへのお返事と類似になりますが、先生が、この掲示板を運営しつづけてくれる限り、すでに解決してくれてます。

>わたしは裏切ることが出来ないから安心しなさい、エルさん。
はい、神が裏切ることは決してありません。安心しています。

>エルさんは根源に触れる状態に至っていないのに半分触れている
>そこが問題だ。
はい、たいへんな問題です・・。残りの半分に触れるために、これからも学ばせて下さい。

>慢心の無い者においては愛欲と怒りと愚かさの本性がそのまま
>解脱なのです
かずよしさんが僕に伝えようとしてくれてたことと同じと解釈しました。
先生にお礼の言葉を述べると同時に、かずよしさんにもお礼申します、ありがとうございます。

陽さん
>思春期の頃から、いつか皆のようになれる!大人になったらなれる!もっと歳を重ねればなれる!
>そう思って生きてきましたが、結局、13歳のあの頃とたいして変わってないんですよ。
>表面的には合わせてますが、違和感は昔と一緒なのでしんどくなっちゃいます。
まったく共感します^^
449: :

2013/05/09 (Thu) 12:43:24

先生、みなさん、こんにちは。

今日のエルさんへのコメント、

一般的には自我とエゴは同じものとされてますが、そういった役割の違いがあるのですね。
自分の協調性の無さや、弱いと言われる理由がよくわかりスッキリしました。
エルさんにも感謝します。ありがとう。

思春期の頃から、いつか皆のようになれる!大人になったらなれる!もっと歳を重ねればなれる!
そう思って生きてきましたが、結局、13歳のあの頃とたいして変わってないんですよ。
表面的には合わせてますが、違和感は昔と一緒なのでしんどくなっちゃいます。

でも結局は個という存在認識がそうさせる訳ですよね。
全体意識が腹に入るまで、違和感を感じさせておけばいい。
ぼちぼち頑張ります。

取りとめのない話、失礼しました。
448:ヒロ :

2013/05/09 (Thu) 11:34:53

おはようございます。

ひとのこ先生
お時間が大丈夫の時で解答結構ですよ。無理されないでください。

今回のエゴと自我は、普通は用語としては同じで使いますので、ここではあえてエゴと自我
を分けてみた、そして前者は人に必要なもので、後者は生後くっつく余計なものというふうに
理解し、読ませてもらいました。ラジニーシはいっしょに使っているので、言葉の微妙な
違いを受け取らねば危ういと思いました。だから、ここでのエゴは自分らしさという点で
続いてOKという意味ですね・・。

さいさん
仏教者の方の型にはまった感じ・・よくわかります。これこそ神示で、「宗教者」について
なかなか難しい、って言っている部分ですね。さいさんのコーヒーブレークでブレーク
させてあげてください。ブレークスルーですよ!
447:ひとのこ mk :

2013/05/09 (Thu) 10:39:24

ひとのこさん みなさん こんにちは

エゴと自我と。
エゴそのものをなんとかしようとするのではなく(自我の作成と内戦)、エゴが必要だと思い込むだけの恐れが必要ないことを知っていく。
今朝は呆然としています。  こんなにクリアで当たり前のことだったのに、私って、なんか、わかってなかった。いやいや、ここまで書いてあるのはほかではなかったぞ、と。

以前、教育が話題に上がった時、ひとのこさんから「現在は反抗期(自己発現)は正しい成長の一過程とされているが、世界一家の世では必要がなくおこらない」とあり、そのときはなんとなく納得できてもまだよくわからないような感覚で、疑問が言葉にできない状況でした。
「これがやってみたい」「いやあなたはきっとできないよ」というまわり(自我)の働きかけに、エゴが反応する機会もなくなりますね。
失敗やそれに対する自我の追い打ちなどがなく、恐れが大きくならなければ、エゴと自我との内戦が始まることもないですし。


最初に漠然とした感覚で使った歩み寄るという言葉、対面で近づくことではなく、同じ方向を向いて手をつなぐこと、のイメージが出来上がりました。
目的を同じにする私たちがみんな歩み寄って手をつなげば、輪になる。そこで一歩ずつ進めば、みんな中心に近づいていきますね。
ひとのこさんの言葉は、個の私たちが手をつないでいるところの、空間そのもののような気がします。
昨日の回答を繰り返し読むたび、ひとのこさんの心、映し出すスクリーンは、個人の視点と言うものを超え、境界を持たないんだと感じます。


今日も日差しがさわやかです。
はるひねさん、お元気ですか?
446:ひとのこ さい:

2013/05/09 (Thu) 07:47:37

先生 みなさんおはようございます。

大阪穏やかです。うまいコーヒー飲んでいます。
今日は、珍しく何も浮かんできません。でものんびりしています。
今日ぐらいからPCに向かう時間を決めてみます。こどものゲームとおなじです。
ブログも落ち着き、さらに、どうしていこうか考えているところです。
みなさんの書き込み読み進化されておられるなーと感心します。
小さな連帯が、世界の連帯になるようにしたいものです。
ブログでも例えば仏教のブログをされておられる方と今5、6人の見えないネットワークができつつあります。
むしろできあがっているともいえます。気楽にブログされてる方ばかりです。しかし気楽の裏には、知識が蓄積されています。
そういう連帯感は大事にしたいと思います。また、随分と離れたところにいる感アリです。うまく言えないですが、
仏教されてるブログんみなさんは、こういうふうに、すべきというところがあります。
僕には今そういうことがありません。先生に何か違うところに、連れて来ていただいたと思います。
去年まで原始仏教のガチガチでしたから。今は穏やかでいい感じです。
皆さんの書き込みを読ませていただいてたら、書き込みの文体まで変わってこられていますね。笑 先生の跡をついていくと変わるものですね。
なんでも力みがないのがいいなーと思います。ですからブログでも力みのある仏教のブログには近づきません。
今日もみなさんお元気で!!
ポチしていきましょう!!

445:ひとのこ :

2013/05/09 (Thu) 07:37:33

皆さん今日は。

ヒロさん明日ね。
444:ひとのこ :

2013/05/09 (Thu) 07:36:24

皆さん今日は。


今日はねエルさん優先で行きます。
ヒロさん、時間が余ったら回答します。
エルさんがSOSをだいしているのごめんね。

エルさんSOSは確かに受け取りましたよ。
わたしなら、この問題を解決できると思うよ。
既にちょっとネットで学んだ事と、エルさんの説明で解決を難しくしている
ループを見つけました。

今の医者では、境界例を上手く解決出来たとしても、今度は病気を与えてしまうね。

エルさんは根源に触れる状態に至っていないのに半分触れている
そこが問題だ。

先ず一つ考え方を変えてくれ。
健常者はエルさんです。自我とは病気そのものであり、人が病気なのです。
先ず健常者はエルさんだと理解してください。

きっと神がわたしに解決して見なさいとエルさんをここえ連れて来たのでしょう。
まず。何が問題なのか客観的に理解してください。

>なんか、書きながら思ったんだけど、境界例だから・・ってこともないですね・・。
そうだよ。人は自我で隠しているだけで実は変わりありません。
境界例の人は自我が弱い分極端に現れるだけです。

>境界例の人は、自我が弱いので、弱いために守らなければという執着が強くなって、結局、自我が強くなるというか、我がままな行動が多くなり、
>その我がままが、自我のない、あるがまま、ということと同意だろう、という勘違いが起こったりします。

ここをちょっと説明するよ。
ここは自我とエゴを分けて考えましょう、でないと混乱するね。

自我とはエゴを隠す働きをするのです。
世界で上手く生き上手く苦しまず、恐れを忘れるために、平常心を保つために、
表面上エゴの働きを我慢して隠し人と上手く接しょうとする働きが自我なのです。
だから自我が育つと大人と言われるのです。

エゴとは、恐れを無くすために、平常心を保つために思いの通りの動きをすることです。

だからエゴとは素直、自我とはずるいと言ってよいのです。

子供は誰しも自我が無く、素直だからエゴ適なのです。
この素直が上手く働くとあまりエゴを出さない子供にもなりえるのですがね。

>結局、自我が強くなるというか、我がままな行動が多くなり。
これでこの問題が解決したね。
自我が働いていない状態でエゴがでやすい。

自我が弱い人ほど表面的にエゴが出る。
自我は自分の都合の良い状態内ではエゴを隠す働きをするのです
ずるいが自我です。大人とも言う。

根本の問題。
覚醒のメカニズムとは、このようなものです。

子供は人と上手く接して安定した平常心を保とうとしてエゴを我慢して隠す働きをする
自我を構成します。それでも平常心を保つことは難しく、
何かしらの苦を体験し、苦を消し去り平常心を保つために何かしらの教えに惹かれます。
この苦からの解脱に成功したものとは、実は何も恐れる事などないのだと理解しただけなのです。

その恐れのもがき自体が苦であったのです。
恐れが無くなると苦がなくなる。

エルさん如何でしょう。
境界例の人の問題が分かりましたか?

自我が弱いから傷つきやすいと思っているから、エゴが強く働き、
自我を持った人より傷つきやすいのです。

そのはげしい恐れが問題が無いと頃に問題を生み出すのです。
だから社会生活が難しくし、
人を巻き込んで苦しみに沈むのです。

境界例の人の状態と、わたしの状態は間逆です。
わたしは一切を恐れないから、心は不動になっている。傷つかない。

恐れが強いエゴを生み出し、そのエゴが様々な問題を生み出し
だからまた恐れる。これがループです。

境界例の人ははげしい恐れが心をはげしく傷つけているのです。
もっと詳しく説明できますが時間もないので、おおよその事を書きました。
今日は時間切れです。また書きます。

わたしは裏切ることが出来ないから安心しなさい、エルさん。
健常者ほど恐れが出て上手く生きれない世界なのです。
だから人は自我と言う病気にかかるのです。
だから変えたいのです。エルさんも協力してください。

エルさんこの維摩経も読んでください。
-------------------------------------------------------

維摩詰がその病気見舞いに来た菩薩や声聞たちと問答をかわしている。

そのとき天女が天の花を菩薩や声聞にふりかけた。
すると菩薩たちにふりかかった花は地に落ちたが
大声聞にふりかかった花はそこにくっついて地に落ちない

大声聞たちは神通力をふりしぼって花を振り落とそうとするが落ちない。
そこで天女が長老に言った(大徳よこの花を振りをとして何になるのですか)

長老が答える(これらの花は出家の身に相応しくないから振り払うのです)

天女が言う(大徳よそのようなことを言ってはなりません。
何故かと言えば、この花は法にかなって物です。その理由は
この花のほうでは思慮し分別したりしていないのに
長老こそが思慮し分別しているのです。
大徳よ出家して善説の法と律との中にありながら思慮し分別するなら
それこそ法にかなわないことです。)・・・・・・

天女(大徳よ御覧なさい思慮や分別を離れていればこそ
菩薩の身体には付着しないのです。・・・・・・・・
生死輪廻の恐怖におののく人には色や声や香りや味や触れ合うこと
(五欲)がそのすきにつけ入ってくることでしょう。
もし形成された諸存在への煩悩に対する恐れを去った人なら
その人に対して色や声や香りや味や触れ合うこと(五欲)が
何をなしうるでしょうか。
愛着によって薫じつけられた習慣をいまだ断ち切れない人には
花が付着しますが、それを断っている人の体には付着しません
・・・・・・・・)

長老が問う(愛欲と怒りと愚かさを離れるからこそ解脱が
あるのではないですか。)

天女が答える(愛欲と怒りと愚かさを離れて解脱すると言うのは
慢心のある者に対して説かれたのです。
慢心の無い者においては愛欲と怒りと愚かさの本性がそのまま
解脱なのです)

-------------------------------------------------------

443:ひとのこK :

2013/05/09 (Thu) 01:02:05

エルさん詳しく教えて頂いてありがとうございます

確かに僕にも当てはまる部分が沢山あります。

今まで仕事も沢山変えたし、長続きしなかったなぁ

芸術家や職人に憧れたりもしました

自分が何だかわからなくて、自分のアイデンティティをとっかえひっかえ付けては外し…

いつもしっくり来ないと感じていました。

そういえば仕事が片付かない人も、自分の行動を一日中メモして客観的に見ると変わっていくそうです。元々今の時代の働き方は動物としての人間にはストレスで、ストレスの回避を無意識に行っているだけのようです。仕事を後回しにする癖は性格ではないと書いてあったのが印象的でした。
それを客観視することで改善出来ると、読んだことがあります。

師匠のように真理からではない説明でしたけど、脳の神経の話など興味深かったです。

自己同化から離れる

これがやはり鍵になっていました。

442:エル :

2013/05/09 (Thu) 01:00:15

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこmkさん
>体と心から離れることを「体得」する、って、表現がおかしいですね^^
昨夜、僕も「身に就くと」という言葉使ったとき同じこと思いました。
言葉とは、そもそも自我のためにあるので仕方ないですよね^^;

ひとのこさいさん
>同じ境遇の連帯感みたいなものですか。
同じ境遇の人との時間って、大切だな、って思います。
近いうち、メンタル系の友人に会う予定あるんですが、楽しい時間になればいいな、って思ってます。

ヒロさん
そうですね、境界例って子供で、だから天真爛漫、純粋な雰囲気もあって、好かれるときは、とても人から好かれます。
AC(アダルトチルドレン)と共通してること多いと思います。ACって機能不全家族の中で育った人のことを言いますが、
ACだから、境界例になるのか、境界例だから、私はACだと思うのか?
など、考え始めてしまいましたが、もう、境界例のことからもACのことからも離れる決意しました。
心理面で、モヤモヤしてたこと書いて、それをヒロさんに解説してもらって、
なんだか、とってもスッキリしてきた気持ちです。
ヒロさん、ありがとう!

ふみおさん
目的地は、みんな同じですね!
余裕のあるときは雑談楽しみましょうね^^

トシカズさん
>「無依なる真の人」
読んできました。素晴らしい記事ですね。経典読んでる気持ちになりました。
って、先生の言葉は、いつも経典ですね。今日のmkさんへのお返事も好きです。

先生と、質問版やメール、ブログ等でお話されてる方々、
よかったら、こちらにも遊びに来て下さいね^^

それでは、深夜ですね。お休みなさい、宵夢を~☆
441:トシカズ :

2013/05/08 (Wed) 22:50:17

皆さん、こんばんは

今日は「無依なる真の人」の記事を読んでいると

この宇宙の一切はこの主体だけで出来上がっている。宇宙は実は主体しかないのである
宇宙に客体は存在していない。

という所が凄く印象に残りました
身体や記憶、思いなども錯覚から生まれているのだと少し理解が深まったように感じました
440:ふみお :

2013/05/08 (Wed) 21:03:50

みなさん、こんばんは。


エルさん
>この先生一人と話すという感覚が身に就くと、個我がないということの理解が深まると思います。
>個我に話しかけることをやめてしまうんです。常に根源にだけ、先生一人にだけ話すんです。
なるほど、納得です。至るまでの過程はちがうかもしれませんが、目的地は同じですもんね。
そこで手を取り合える時を楽しみにしております^^
439:ヒロ :

2013/05/08 (Wed) 20:37:32

みなさん こんばんは。

ひとのこ先生、質問です。
>わたしの行為とは心の動きから現れているのではないのです。
>怒ることも笑う事も思考から行われているのです。
この文章がよくわかりません。上の心の動きとは、「私」という個人を伴った心の動きではない
という意味でしょうか? それと、下の思考というのは、「考える」思考(ラジニーシのマインド)
という意味ではなく、機能的な直の反応という意味ととらえていいのでしょうか?

>裁かずはっきり物事の良し悪しを語るには、不動の心が必要なのです。
ここでの、不動の心とは、考えたり感じたりする中から「私」が消え去っているので、見る位置
というか、立っている位置が、いつも言われる無であり、すべてであるという位置ととらえて
いいのでしょうか?

エルさん
>界例の人は、自我が弱いので、弱いために守らなければという執着が強くなって、
>結局、自我が強くなるというか、我がままな行動が多くなり、
これって子供の成長過程そのもので、親が子育てが難しいとかいうのに似てますね。人は極端
から極端に動くという特徴を示してますね。子供は弱いと感じるので、自我を強くしにかかる。
そこで親が甘いだけなら、その自我が強いまま・・・ってことで。ここでも中道が難しいわけですね。
おびえたままか、殿様みたいになるか、その極端性がまさに、自我の特徴で、エルさんが言われる
ように、自我そのものの解決が根本なんだろうと感じました。
438:ひとのこ さい:

2013/05/08 (Wed) 20:21:23

先生 皆さん今晩は、

今日僕のブログ友達 かえもん さんが質問板に来てくれました。仏教のお話では一番の仲良しでご自分の仏教に関したブログを2011年初めからされています。

岡山備前市近くの方です。ブログは かえもん6 さんでされています。掲示板にもお見えになるかもしれませんがよろしくです。

先生が言われるように、子供を亡くした人(僕もですが、)、時間がお薬ですね。聞いてあげるのがお薬です。でも同じ立場なので同情はお互いありませんでした。

その悲しみの深さは、亡くしたものしかわからないと言えます。たまにご主人さんとも3人でお茶することになりました。

僕の元気な顔でも見て救われると言われたので、あ〜、わかって欲しいんだな、分かってくれるからうれしいんだなと思いました。

同じ境遇の連帯感みたいなものですか。

mkさんへのお話いっぱいいいお話ありました。

ありがとうございます。

437:エル :

2013/05/08 (Wed) 19:21:04

訂正

×境界例の人は、自我が弱いです。自我が弱いから、社会で生きてゆくために自我を強くしなければという、
悪循環が起こり、

○境界例の人は、自我が弱いので、弱いために守らなければという執着が強くなって、結局、自我が強くなるというか、我がままな行動が多くなり、
その我がままが、自我のない、あるがまま、ということと同意だろう、という勘違いが起こったりします。
436:ひとのこ mk :

2013/05/08 (Wed) 16:37:24


ひとのこさん 回答ありがとうございます。

繰り返すことでそのようになっていくのですね。
体得という言葉が浮かびました。 体と心から離れることを「体得」する、って、表現がおかしいですね^^

自らを省みつつ、周りの変化をみていく。
変化はこの自分が変わることで加速されていく。
この世界はひとつなんですね。
435:エル :

2013/05/08 (Wed) 16:09:59

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこKさん
>凄く人気がある人ばっかり…
あ、分りやすいように有名人の名前書いたので・・(汗
境界例の人は、何をやっても続かないと言われてます。
仕事が続かず、なので男性は結婚できないし、女性は結婚できるけど、
その結婚生活が続かない、社会生活することにギブアップして、病院へ行ったら、
これが、また通院も続かない・・。
ドクターショッピングという通院先をコロコロ代えてしまうので、
医師からしてみても、もう相手にしてられない、って感じでしょうね。
唯一、向いてる仕事と言われるてるのが芸術家ですが、
もともと競争率の、すごい激しい職種のうえに
村上春樹さん曰く、今の時代は自殺するような弱い人間にプロとしての小説家にはなれません。

僕が、境界例について知ったのは31歳のときで、あるサイトで唯一境界例を克服する方法が書かれてました。
それは、医師と患者の二役を自分でこなし、自分で自分を客観的に知ること、それが出来るようになった人は、
境界例を克服できると書かれてて・・。
つまり、ここで学んでる「観る私」ですよね。
境界例の人を助けることが出来る人は、覚者だけです。
もちろん、助けてもらう方も、助けて下さいという気持ちが必要です。

境界例の人は、自我が弱いです。自我が弱いから、社会で生きてゆくために自我を強くしなければという、
悪循環が起こり、そのため、素直に助けて下さいと、言えない状態になってることが多いのだと思います。
境界例の人が助けて下さい、という場合、自我を助けて下さいと、なってしまうんですね。

なんか、書きながら思ったんだけど、境界例だから・・ってこともないですね・・。
434:ひとのこ :

2013/05/08 (Wed) 11:40:59

皆さん今日は。


>体験もこんな感じかな?って。
>衝撃が大きいと心が揺さぶられた状態が続くけど、時間とともに揺れは小さくなり、自然にまた静かに響くほかの体験を見つけ出す。

>でも、耳鳴りになってしまっておさまらない・・・動揺したまま苦しい、って時、なぜ? が始まるんですよね。

>ひとのこさんには、このこだまはあるのでしょうか、
>もしあっても、普段の音も聞こえてるってことなのでしょうか、

わたしは、心と体が離れているのです。
体験と心が離れているのです。

わたしの中にかなしみが在っても、かなしいが無いのです。
わたしの中に怒りが在っても怒りがないのです。

こら何時までもここで何をしていると言っても心は静かなままなのです。
汝裁く無かれと強烈な言葉を語っても心は平常なのです。
人の悲しみが内側に押し寄せ悲しみで一杯に成っても悲しいがないのです。

わたしの行為とは心の動きから現れているのではないのです。
怒ることも笑う事も思考から行われているのです。

これは今朝のコメントに繋がります。
裁かず、変化を促すこと。
心に裁きがあり怒りがあると変化を促す駄目なものは駄目と言えないのです。
言うと心が動き裁きに成るからです。

裁かずはっきり物事の良し悪しを語るには、不動の心が必要なのです。
強烈な事を言うほど、心が乱れるのです。
だから裁かずにいようと思うと人に何かを指摘する事がむずかしくなるのです。

ところが心と行為が切り離されてくると行為が心を乱さなくなってくるのです。
だから駄目だと言えるように成ってくるのです。

相手を怒ることが必要な場合、怒ってもわたしが怒っているがないのです。
相手の悲しみが押し寄せ悲しみで一杯になってもわたしが悲しんでいるがないのです。

ですから心にわずかな波も立たないのです。
心は常に静かなままなのです。

>ひとのこさんには、このこだまはあるのでしょうか、
映画が終わったらスクリーンにはもとの白さに戻ります。
わたしの体験とはこの様なもので、まるで心に影響を与えない。
こだまだけではなく、始めから動揺が起きないのです。
だからこだまも起きません。

暗闇で明かりを付けると暗闇は後を残さず消え去ります。
この様な状態です。

映画のスクリーンはどんな映画が写っていても静かなままでしょう

鏡のように静かな水に何が映りこんでも、写るものが変わっても、写るものが無くなっても
水は動かない、静かなままでしょう。この様な状態です。

心が不動になって来ると、心と行為が切り離れてゆくのです。

この状態を表現して行為は外側で置き続けるがわたしは静かなままと語るわけです。
どうでしょうかmkさん質問の回答理解できましたか?

mkさんも出来事に心が動かなくなって来るとこうなり始めます。
少しずつ行為と心が切り離されてきます。
少しずつ変化して行きます。
わたしの方法は確実です、数年待ちなさい。

この道は、職人と同じ経過で進みます。
だからすぐには出来ない。

3年もたてば心と行為はだいぶ離れ、絶対安心の境地に至ってきます。
5年もたてば、悲しいが在ってもわたしの悲しみは無くなります。
心が乱れてわたしの悲しみと感じるのです。
心が不動になるほど、わたしのが消えてしまうのです。

わたしの心は在るがままに在るだけであり何ごとにも影響を受けないのです。
わたしの心はと言うよりわたしはと言ってほうが正解だね。
もう心とも呼べない何かで無い物これがわたしであり貴方だ。mkさん。
433:ひとのこ mk :

2013/05/08 (Wed) 10:53:23

ひとのこさん みなさん こんにちは

今日も暑くも寒くもなく、爽やか~ で日差しも風も私にちょうどよい^^ です。



今朝は体験について考えていました。

生活してると、時々は大きな音を聞く「バーン!」
あまりの衝撃に、頭の中でしばらくこだまする「バーン、バーン・・・」、普段聞こえる生活の音がそれにかき消されて聞こえにくい。 でも時間とともに頭の中のこだまは薄れていく。
そのあいだは居心地は悪い感じがするけど、収まるまでじっとするなりして待つ。

体験もこんな感じかな?って。
衝撃が大きいと心が揺さぶられた状態が続くけど、時間とともに揺れは小さくなり、自然にまた静かに響くほかの体験を見つけ出す。

でも、耳鳴りになってしまっておさまらない・・・動揺したまま苦しい、って時、なぜ? が始まるんですよね。

ひとのこさんには、このこだまはあるのでしょうか、
もしあっても、普段の音も聞こえてるってことなのでしょうか、

以前教えてもらった、花を花の美しさとしてそのまま感じているから、花が体にくっつかない。執着のない状態、悟り・・・

すみません、話が飛んじゃって。 このあたりを立体的に認識したいなぁ、と今考えています。
432:ひとのこK :

2013/05/08 (Wed) 09:18:22

師匠皆さまおはようございます昨日は寝落ちしてしまいました

エルさんお返事遅くなってごめんなさい

太宰治、尾崎豊、マイケル…
えー
凄く人気がある人ばっかり…
近くの人にとってはいつも騒動を起こして、迷惑な感じかもしれませんけど、社会的にはとても影響を与えた方々ですねー

エルさん有難う
mkさんも有難うございます百人力…僕もそう思っています。書かなかったけど…mkさんが書いてくれました
ありがとうです
ヒロさん
怒ってはいません(笑)
そして一瞬、「そんなこと書いたっけ」と焦りました

仕事行きます
431:ヒロ :

2013/05/08 (Wed) 07:55:40

みなさん おはようございます。
九州よい天気続いております。

ひとのこ先生
>過去を裁かず変化を促す事が必要です。
これこそ、芸術ですよね。言葉・間・表情・動作すべてが絡まっておりなす、芸術と思います。
人と面しながら、自分も鍛えてもらっているって感じですね。言葉だけが独り歩きしている
ビジネス書などありますが、私は真理の学びが一番、この点でも力があると思いました。
自分が変化しないと、人への対応も変化しないものだと感じたんです。

>望まれなければ教えも語らないほうが良い。
これもよく感じます。望んでいるか望んでいないかをこちらが感じるためにも、自らの感知力が
大切って感じます。でも、かたっていなくても、その場にいるだけで、相手の表情が変わることも
ありますし、言葉とは伝える一手段でしかないとも感じます。存在そのものの力というのも
最近よく感じます。
日常生活に直結したさいさんからの話題が、また学びとなりました。

430:ひとのこ :

2013/05/08 (Wed) 07:35:54

皆さん今日は。


>世の中、特にお母さんは、それにしがみついてる方が多いですね。
さいさん、それは当然だし、しょうがない、時間を待つしかありません。

望まれなければ教えも語らず、
お話だけ聞いてあげることです。
429:ひとのこ :

2013/05/08 (Wed) 07:27:47

皆さん今日は。


今日の一言。

変化するものを、認めるのはとてもむずかしいです。
認めるとこのままで良しとなりがちで、
変化を促そうとすると、認められないとなりがちです。

変化するものは、常に未完成なわけです。
世界も人も変化するものは反省し過去を生かして行く事で変化が可能です。
変化すること事態を認めることが必要なわけです。

人に世界に変化を促すには、駄目なものは駄目と言わねば成りません。
自分の変化を促すためには、振り返り、反省し、正して行くことが必要です。
過去を正してより良くなりえるからです。

この正すと言うことが、裁きに成っては成らないわけです。
より良くなって行く変化であり、より良くない以前の状態があって
次の状態がありえます。この理解をちょっと間違えると、
裁くか、変化しないか、
動くか動かないかに成ってしまいます。

過去を裁かず変化を促す事が必要です。
勝手にさせておくと言うのも役に立ちます。

今日は時間が在りませんので、この辺で。
428:ひとのこ さい:

2013/05/08 (Wed) 06:49:49

先生みなさんおはようございます。

先生論争、質問にのらず、僕が質問したらだんまりです。1日2回の定期便が沈黙しています。やはり質問されたことがないのでしょうね。

様子を見ます。

今日は母の病院です。ペースメーカー入れてるので定期検診です。おおきな病院は10分の診察に予約があっても午前中がつぶれます。

昨日は息子の友のお母さんのうちで遅くなりました。お父さんは仕事があるしokですがお母さんは家にこもってるので落ち込んでいます。

人が一人いなくなることであと残させた人の人生までおかしくなります。同情は同じ立場なのでしなかったです。無常とかのお話を少ししても心底にあらずでした

僕は取り戻すのに2ヶ月でしたが、世の中、特にお母さんは、それにしがみついてる方が多いですね。

大阪少し寒いですがいいお天気です。

ポチお願いします!!
427:エル :

2013/05/08 (Wed) 00:16:44

先生、みなさん、こんばんは

ヒロさん
めちゃめちゃプレッシャーかけるの上手ですね(笑

ふみおさん
僕は僕で根源に歩み寄るから、ふみおさんも根源へと歩み寄って、そしてお互い歩み寄れますね^^
そして、根源とは、ひとのこ先生でもあります。根源の代理者として、ひとのこ先生はあられるからです。
ですから、ひとのこ先生に歩み寄ることが、根源に歩み寄ることです。
なので、先日にも書いたように、今、ここで、みなさんと話しているようで、
僕が、話しているのは、やっぱり、先生一人です。
この先生一人と話すという感覚が身に就くと、個我がないということの理解が深まると思います。
個我に話しかけることをやめてしまうんです。常に根源にだけ、先生一人にだけ話すんです。


トシカズさん
>「意識が個人という意識から全体という意識に変わるだけ」
端的で、分りやすいですね、ありがとうございます。
426:トシカズ :

2013/05/07 (Tue) 22:39:23

皆さん、こんばんは

今日、ブログ記事を読み直していたら「意識が個人という意識から全体という意識に変わるだけ」
という部分が妙に印象に残りました
自我が消えていけばやがてそうなるのでしょうね
自我となっているものをもうしばらく眺めていようと思いました
425:ふみお :

2013/05/07 (Tue) 22:14:04

みなさん、こんばんは。


mkさん
>質問が出てこない感覚わかります。そんなときは、ひとのこさんの発言で響く所を復唱して感じたことをまとめ発言する、で学びが進むと思います^^
なるほど、それなら私でもできそうです!
是非ぜひ実践してみたいと思います。ありがとうございます。


ヒロさん
>神示もあれば、鬼に金棒! でも、真理の理解は、神示は
>象徴としてしか書いてないので、ここでいっぱい質問した方が早いですよ。
神示の内容のほとんどは、今の私にはチンプンカンプンです(汗)
ただ、分からずとお、まず一度読み切ろうという気持ちでいますので、
質問は2周目以降からにしたいと思います!


陽さん
>今は、最低限の事の理解を“深める”って方向で学びたいと思っています。
>僕は詰め込んでも理解が出来ないので(笑
私も詰め込みは得意ではありません(笑)
陽さんにならって、理解を深めるスタンスで行きたいと思います。


トシカズさん
>ここに来た時点が来るべき時期だったということでしょうね
きっとそうなんでしょうね。いえ、そうに違いありません!


ひとのこさん
>その一切が消え去った境地が完全平等の境地なのです。
>思考や知識の彼方にあるだから平等なのだよ。
私の中にあった「知識をつけなければならない」という思いは、もうすっかりどこかに行ってしまったようです。
その境地までどれ程かかるか検討もつきませんが、今回のことで1歩くらいは近づくことができていたら嬉しいです。


エルさん
差し支えなければ、私もエルさんに歩み寄らせてください!
424:ヒロ :

2013/05/07 (Tue) 18:39:36

こんばんは。

エルさん
最後まで残りえるのは、本物だけかもしれません。エルさんが進んでくれることが
まさに、それかもしれません。エルさん、がんばれ!でも「努力させておく」ですよ(笑)。
423:エル :

2013/05/07 (Tue) 18:10:55

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
ありがとうございます。

ひとのこKさん
境界例、または、ボーダーライン
病院で診断名になると「境界性人格障害」になると思いますが、境界例は、病気ではなく性格というか、そうゆう人格です。
歴史上の有名人で、境界例と言われてる人に、太宰治さん、尾崎豊さん、マイケル・ジャクソンさん等がいます。
精神科医の人たちも、境界例について見解は様々です。
大きく分けると3通りあるかな?と思ったので書いてみます。

境界例?そんなの性格の問題でしょ、好きに勝手に生きればいいんだよ。

境界例、もしも、あなたの傍に、そうゆう人がいたら、縁を切って下さい。境界例とは他人を巻き込んで不幸にしてしまいます。
最悪、巻き込まれて自殺される方まであるのです。決して、境界例の人と親しくなってはいけません。

境界例、それは人を困らせることで人を鍛えるために生まれてくるのです。(河合隼雄さん)

このようにプロの方でも、意見ばらばらで、僕も上手く説明できません。

ひとのこmkさん
境界例について調べてくれたんですね、優しさに感謝です。
>交流に必要な地点まで歩み寄る必要がありますね。
根源に近づく努力をしてくれること、それで歩み寄ってくれてることになります。
だから、ここの、みなさんは、すでに歩み寄ってくれてます。
僕が、健常者の人たちの中に混じって、もう1月以上いられるなんて、すごいことなんです。
このことが、すでに歩み寄ってくれてる証拠です。
422:ひとのこ さい:

2013/05/07 (Tue) 15:37:32

ひとのこ 百番さん。

>如何なる問いもそれが苦しみです。
>だから愛を持って接してね。

笑!もちろんだいじょうぶですよ!!

しかしいい勉強になりますよ。

釈尊は罵詈雑言を黙って沈黙で通されたとよんだことがあります。相手が静まってから教えをされたと読んだことがあります。

心配しないでください。!!

421:ひとのこ百番 :

2013/05/07 (Tue) 15:17:58

連投すみません。

さいさん、
>狂信、罵詈雑言なんでもいらっしゃいです笑
>こういう人には答えたらダメですね。
この言葉がすごく気になってしまい・・・
質問者がたとえ文句だけを言う者であってもいかなる理由があろうとも
我々の同志であり、解決するときはお互いに学びあうときですよね。
ですのでどうか、先生の仰るように接していただけるよう、願っています。
>如何なる問いもそれが苦しみです。
>だから愛を持って接してね。

420:ひとのこ百番 :

2013/05/07 (Tue) 13:45:54

みなさんこんにちは。
レッツダイブ、流行でいうと「いつやるの、今でしょ!?」です(笑)

先生、さいさん、ありがとうございます。
間接と直接の導きの違いという言葉が浮かんで理解できました。
質問を分析して答えを用意するのではなく、質問の湧く原因に気付いていただく
ためにお応えしていくのが大事で、より直接的ということですね。

419:ひとのこ さい:

2013/05/07 (Tue) 13:35:38

mkさんありがとうです。
今日行く方は、僕と同じ悲しみを持っています。僕はいつもいうように悲しみはありません。

しかし同じ立場なのでお話しやすいです。同じですので同情も無用ですから。

僕の元気な姿を見せるだけでもちがうとおもいます。

ありがとうございました。!!応援背負っていきますね!!
418:ひとのこ mk :

2013/05/07 (Tue) 13:27:09

さいさん

聞くという、受けるという、学びに行かれるのですね。
応援しています。
417:ひとのこ mk :

2013/05/07 (Tue) 13:17:56

ひとのこさん みなさん こんにちは


エルさん
境界例というのを調べてみました。といっても詳しそうな一ページだけです。
あらわれ方は多様ということでしたので、エルさんがこのうちのどれかに自分のことだと感じるのだろうなと思いながら読みました。
間違いないのはひとのこさんの402の回答であり、それこそ境地からもたらされるものですので、私が思うことをお気楽に書きますけどお気楽に読んでください。

>僕は、境界例であっても健常者の人と上手く関係を築きたい、そうゆう思いでここで書き込んできました。
>なので、境界例的な自分は、隠しておきたい、そうゆう思いでした。
エルさんが自分とそのまわりになにか大きな違いを感じ、交流するにそのままでは困難さがあり、努力が必要である・・・と 感じていらっしゃるんですね。
それでしたら、まわりも必要な努力をし、交流に必要な地点まで歩み寄る必要がありますね。
エルさんだけが努力をするのではなく。 ここはそういう場所であるべきなんだと思っています。
かずよしさんは、努力をするつもりがなかった。その点をひとのこさんは気づき指摘したのであって、反応や感性(?)を否定したのではないです。
もし、遠慮をし、発言の内容にためらい、とされているのなら、その必要はないと思います、という私の意見を検討してみてください。
遠慮は自分で居心地を悪くします。そして、今のこの世界は少数派が遠慮をするような仕組みになっています。
私は、エルさんがこの掲示板に参加しているということが、大乗の人集めという目的において百人力になっていると感じています。

何にしても、私たちは唯一の根源から現れていて、体、心の個性を超えたところの本質を共有している、という教えの元で共に学ばせてください。



ヒロさん レッツダイブは百番さん発信です^^ 私がすごく気に入って何度も使っています。
ひとのこの道は知識を得るものではなく、ひとのこになるものですから。
私は ダイブダイブ! って自分で言い聞かせてないと、まだちょっとだけ恐かったりします。
416:ヒロ :

2013/05/07 (Tue) 13:04:27

みなさん こんにちは。

ひとのこ先生
>なぜ?が邪魔をしているのです。
>今には愛しかない、なぜ?が今を失わせるのです。
>それを伝える事が愛を伝える事です。

言われる通りです。先生のさいさんへの回答は、「愛と苦しみ」という問答より
さらに深く根源へ入ったもので、問答が惹起すること自体を見つめたものと理解しました。
愛の定義を教えるより、苦しみを取って、そのままある愛を伝えることが、正答
ということで理解しました。 でも言葉の世界で生きているので、やはり「愛」
の言葉は紛らわしいです(笑)。神示でも「苦の花咲かせ」ってあるので、やはり
人間しかできないんですね、この「苦」も。タクワンも石乗せた方がうまいぞ、って
もありましたね。苦の話のことじゃなかったかもしれませんが。
415:ひとのこ さい:

2013/05/07 (Tue) 13:01:55

みなさん 今日は。

百番さん、ヒロさん考えて下さりありがとう。

先生>なぜ?が在ると、関係性の中に根差している愛になり。
   なぜ?が消えると神の愛になるのです
  >なぜ?が消え去ったら一切の苦は消え去るのです。
   なぜ?が消え去った境地は、愛しかない、喜びしかない境地なのです
  >愛とは定義するものではない、愛とはかんじるものです。
   一切の定義を止めることが出来ると愛が感じられるのです。
   その為にわたしは定義しているのです

逆説の教えわかりやすいでした。ありがとうございました。

>今には愛しかない、なぜ?が今を失わせるのです。
 それを伝える事が愛を伝える事です

わかりました。本当に世の中いろいろなひとがいますね。役に立つようしていきます。

これから息子の病友(2月亡くなった)のお母さんが悲痛のあまりあらぬことを言ってるのでお話に行きます。

そう云うお話に行くことも 進んで行くようにしています。

みなさん考えていただきありがとうございました。
414:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 12:21:49

皆さん今日は。


木や石にはなぜ?が無い、だから苦しみが在りえないのです。
なぜ?は人にだけあるのです。

このなぜ?は神にも無いのです。
人だけの境地です。だから人にだけ苦しみがありえ
だから人には神にでも至る事の出来ない妙なる境地が在るのです。

天界に生まれても解脱はありえない。
人として生まれなければ解脱は在りえないといわれるのです。
なぜ?があるから苦があり解脱がありえるのです。

どんな苦しみかは関係ないのです。百番さん
なぜ?からしか苦しみが現れないからです。
なぜ?が消え去ったら一切の苦は消え去るのです。

なぜ?が消え去った境地は、愛しかない、喜びしかない境地なのです。
413:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 12:11:23

皆さん今日は。



>神の愛とかいう、愛だけ、とか
>いう愛と、我々の世界でよく使われる「愛」つまり関係性の中に根差している愛があって
>ごちゃごしゃに使われているのが現状で、ラジニーシの本でも(訳本ですが)、彼でさえ
>そのまま使っているので、

ヒロさん、その問いが消えると全てが愛に包まれるのです。
なぜ?が邪魔をしているのです。
今には愛しかない、なぜ?が今を失わせるのです。
それを伝える事が愛を伝える事です。

愛とは定義するものではない、愛とはかんじるものです。
一切の定義を止めることが出来ると愛が感じられるのです。
その為にわたしは定義しているのです。

なぜ?が在ると、関係性の中に根差している愛になり。
なぜ?が消えると神の愛になるのです。
412:ひとのこ百番 :

2013/05/07 (Tue) 12:06:32

みなさんこんにちは。
私もヒロさんと同じように感じました。そのかたにとっての、愛、苦、とはどういう事か。
そして一番苦しいのは質問しているかたですね。

出産する母親の苦を思うと、苦ですら愛の現れのひとつだと
すなおに思えます。
411:ヒロ :

2013/05/07 (Tue) 11:20:13

みなさん こんにちは。

さいさん
>愛が苦に変わる原因とは何かを説明しなさい
ラジニーシをまた出してしまいますが、この「愛」っていう表現は神の愛とかいう、愛だけ、とか
いう愛と、我々の世界でよく使われる「愛」つまり関係性の中に根差している愛があって
ごちゃごしゃに使われているのが現状で、ラジニーシの本でも(訳本ですが)、彼でさえ
そのまま使っているので、読む方がわかっていないと、わからなくなるんです。
だから、「愛」の話題の時って、その人がどう「愛」を捉えているかがわからないと
話もできない、って私は思うんですよね。紛らわしい言葉です。でもすばらしい言葉です(笑)。
410:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 11:17:02

皆さん今日は。


さいさん、おぼえておいてね。
人の苦しみとは、問いが苦しみなのです。

さいさんに、向けられる如何なる問いもそれが苦しみです。
だから愛を持って接してね。
409:ヒロ :

2013/05/07 (Tue) 11:09:50

こんにちは。みなさん。

朝の文章Kよしさん、とKさん混じっててすみません。Kさん。
イニシャルトークのつもりが、紛らわしくなってしまいました。
Kさん 怒らないで・・。
408:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 08:20:46

皆さん今日は。

神の愛とは、全体に平等に与えられると言っても、
神とは全体の永遠の立場で愛を注ぐから

局部的には一時的には苦しいことも起き得るのです。
だから人にはなぜ?が現れえるのです。

良く日が当たり、すくすく成長する木もあればそうでない木も在るのです。
それは全体の永遠の立場で愛が働くからです。
それが平等と言うものなのです。
そうでないと、働きが現れないのです。

なぜ?なのかを知れば、なぜ?が消え去るのです。
407:ひとのこ さい:

2013/05/07 (Tue) 07:49:23

先生
>なぜ?、が愛が苦に変わりえる理由だね

アハハです!!

狂信、罵詈雑言なんでもいらっしゃいです笑
気長くなぜですか?で聞いてみます。そうしてなぜ?、が愛が苦に変わりえる理由とみちびきます。
そのうち冷静になってくるでしょうね。こういう人には答えたらダメですね。こちらから聞いたほうがいいです。
ありがとうございました。
406:ヒロ :

2013/05/07 (Tue) 07:23:16

おはようございます。みなさん。
各人各様、お元気そうでなによりです。

Kよし(笑)さんの「悪人から救われていきます。悪人正機です。」
って言った言葉、自分なりに思ったので・・。悪人は、苦しいが故に、自我を必死に全面に
出さないと生きていけない。そして自分なりの観点を主張する。それがために、逆に
その囚われを自覚せざるをえない。したがって、その観点を捨てないと生きていけない。
したがって、悪人から救われる。Kさんの言葉、こう解釈してみました。
Kさんが自分が言われた言葉を、理解されたら、自分で勝手に次元上昇でしょうね。



405:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 06:51:44

皆さん今日は。


ところで、さいさんは愛が苦に変わる原因とは何かを説明しなさいと、
その方に、問い詰められて困っているようですね。

わたしなら、ほらこの問いが愛が苦に変わる原因ですと答えるね。

なぜ?、が愛が苦に変わりえる理由だね。

なぜ?のない行き方が解脱の生き方だが、人にはなぜ?が必要です。
だからわたしは、なぜ?を語っているのだが、

なぜ?のない生き方をして頂くために、なぜ?かを語っているのです。
なぜ?と思うなと言っても人には無理だからです。

なぜ?と思うなと言って思わないでいられるなら、苦しみは成立せず、
人に苦が在る以上、思うなと言っても思えないと言うことだからです。
だから、わたしは思うなでは無く、思えないようにさせようとしている分けです。

みなさんのなぜ?と言う疑問に答えて行くとなぜ?がどんどん消えて行く。
終いには世界に曼荼羅が見えなぜ?を喪失するのです。

だから、わたしは、あらゆる疑問にお答えします。
404:ひとのこ さい:

2013/05/07 (Tue) 06:31:04

先生 みなさんおはようございます。

大阪風があり少し寒く曇っています。

たしかに枝の部分でお話するよりなぜ?という根源に触れていく方法しかないですね。
自我が言いたいだけ言って疲れ、相手がなぜだろうか?と自己を振り返るのを待ちます。

>わたしと異なる者を消し去って行くと、何も残らない。
その一切が消え去った境地が完全平等の境地なのです。
思考や知識の彼方にあるだから平等なのだよ

ありがとうございます。

新しい方がこられるのが楽しいですね、みなさんといつも歓迎したいと思います。

今日もぽちお願いします。1位の方が1位を続けることができるのは何かあるのでしょうね。

順位を見ると思います。僕はアナログだからわかりません。

403:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 04:58:32

皆さん今日は。


ここ数日、ブログのコメントと質問版にコメント頂いております。

昨日は大空さんと言うラマナの教えを広げる活動を為さっている方からも
メール頂きました。きっとTさんが知っている人では在りませんか?

あーそうそう。
大空さんには以下のコメント送りました。

今日は、大空さん。
こちらこそ始めまして、ひとのこです。

わたしと呼ぶ世界は、この自らである世界を地上の楽園に変えようとしております。
どれも、これもが、わたしだからだそうです。

もし宜しければこれからも遊びに来てくださいね。
大空さんのブログも拝見しますね。
402:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 03:52:13

皆さん今日は。


エルさん。今日は。境界例がどのような状態であろうと、
その境界例である者とは誰であるのか?

身体と心が如何なる状態であろうと、それは誰で在るのか、の
その理解の先に完全平等の境地が在るののだよ。
身体と心に左右されないその境地はあらゆる物が平等に持っている境地なのだよ。

身体と心をわたしと思うと不平等となり、
そこから離れると完全平等と成る。

ふみおさん、陽さん、この境地とは知識とは誰のものか?の先に在り知識にも左右されないのだよ。
だから大丈夫だ。全く完全に平等に在るのです。


最低限の知識とは、わたしとは誰で在るのか?これが最低限の知識です。
これでもない、これでもない、また、これでもない、は、最低限の知識を補足するもの
にすぎないのだよ。わたしと異なる者を消し去って行くと、何も残らない。

その一切が消え去った境地が完全平等の境地なのです。
思考や知識の彼方にあるだから平等なのだよ。
401:ひとのこ :

2013/05/07 (Tue) 03:14:36

皆さん今日は。


さいさん、
どんなに正しいことを言っていたとしても、論争の情熱とはね。
無明から現れている。だから、言っていることがどちらが正しいかを追求するより、
何故それをするのかの根源を知らせるほうが簡単なのです。

どんなに正しいことを語っても論争はその根源において間違っているのです。
それを上手く理解させてあげることです。

自らの行為を振り返り反省し生かして行くことが道だから、
それを伝える事が出来たら道を伝えた事と成るのです。
教えとは道にならねば意味はないね。
だから教えよりすばらしいことを伝えた事と成るのです。

どちらの見解が正しいかより、何故それをするのかのほうが問題なのです。

正にTさんと、わたしの問答とは、その根源である、
何故それをするのかだったでしょう。
それにTさんは気づいた、実に素晴らしい。

そこがTさんの素晴らしさです。
あーそうそう。慢心が現れないように、
全体の一部のTさんと言う個性の素晴らしさです。

わたしの問答とは常にそこに気づいてもらう物なのです。
行為の根源に隠れるエゴに気づいてもらうそれが問答です。

わたしの教えとは、正に日常の行為の影に隠れる
エゴに気づいてもらうでしょう。
それに気づいてもらったら、次はではエゴとは何ですか?
と言う話になり、エゴを消滅させるのです。

それは無明からの情熱だと気づいてもらうことなのです。
それに気づけば光明からの情熱に変化して行くのです。

全体がそうなった世界が世界一家だね。
400:ひとのこ T :

2013/05/07 (Tue) 00:15:35

みなさん、お声かけをいただきましてありがとうございます。

何もない私ながら日常生活は淡々と過ごしています。

おやすみなさい。
399:ひとのこK :

2013/05/07 (Tue) 00:12:29

師匠皆様こんばんは

明日も早いのでもうすぐ寝ますけど少し

エルさん
エルさんは此処に来て随分と印象が変わりました。始めは意見の交換は出来ないかな…と思っていましたけど、僕の知らない事を沢山知っていて、初めて聞くことばかりでです。


境界例?初耳でした

エルさん良かったら境界例についてもう少し教えて下さい



僕達が目指しているのは真の解放だと思うのですが

死んでも輪廻を繰り返し、結局は歩き続けて疲れ果てているのを、とどまり休みなさいと教えて貰っているのだと、僕は思っていましたよ。

エルさん、無理はしなくていいと思う。
今のまま本当に安らげるならお休みなさいエルさん

僕はどこにも逃げ場が無くなって此処にたどり着いた。

生きるのも死ぬのも怖い時があった。

まだ怖いから此処に居ます

エルさんはどこか行く宛があるなら、羨ましいな。
398:トシカズ :

2013/05/07 (Tue) 00:10:47

皆さん、こんばんは

ヒロさん
実は最近、日月神示よりブログ記事の読み直しを優先しております
ブログ記事を用紙に印刷して家や仕事の空き時間などに読んだりしています
何度も読んでいると気に止まる場所が違い少しずつ理解が進んでいるのかなと感じています

ひとのこさいさん
メールでの質問大変そうですが相手のためを思って頑張ってください

ふみおさん
ここに来た時点が来るべき時期だったということでしょうね
私は何となく来るべくしてここに来たのだなあと感じております

ひとのこmkさん
私の書き込み参考になって良かったです
ただふっと思ったことを書いているだけですけどね

陽さん
遊ぶことに関して子供のスタミナは無尽蔵ですね

397: :

2013/05/06 (Mon) 23:42:44

先生、みなさん、こんばんは。
ご無沙汰しちゃってすいません。
ここ数日は子供との時間を第一にしておりました。
いやぁ、楽しいけど疲れますね。全身筋肉痛です。

ふみおさん
僕も知識ほとんど無いですよ。
ここに来るまでに読んだのは、ブッダ入門みたいなのとエックハルトトールのニューアースだけ
みたいな状態でした。
何を質問すればいいかわからないとかめっちゃ良くわかります。
僕なんて真理の事じゃなく、妻とのどろどろした内輪モメの相談してましたから(>_<)

今は、最低限の事の理解を“深める”って方向で学びたいと思っています。
僕は詰め込んでも理解が出来ないので(笑

ヒロさん
同期とか言われるとプレッシャーなんですけど~~(笑

Tさん
Tさんが今どんな状態にあられるのか想像もできません。
無責任かもしれませんが、頑張ってくださいね。応援してます。

タオさん、お久しぶりです!

横目さん、体調どないですか?
部屋は片付きましたか?(笑
また書き込んでくださいね。

それでは、おやすみなさい。
396:エル :

2013/05/06 (Mon) 23:13:13

先生、みなさん、こんばんは

かずよしさん
境界例かな?僕は自分のこと境界例だろうな?と思ってます。
病院でそう言われたわけじゃないけど、境界例の人に貴方、境界例です、と
精神科の医師も、なかなか言いませんので・・。

心理学者の河合隼雄さんの著書「境界例」の中で、境界例の人とは、
鬼と人のハーフだという説明してました。はじめから、半分は霊界に存在してる、ってことですね。
天使じゃなくて、鬼だから、ちょっと残念ですね。

境界例の人が、なぜ、この世に生まれてくるのか、その著書に書かれてますが、
その目的を、ここで、かずよしさんは果たそうとしてくれたんだと思いました。

僕は、境界例であっても健常者の人と上手く関係を築きたい、そうゆう思いでここで書き込んできました。
なので、境界例的な自分は、隠しておきたい、そうゆう思いでした。

かずよしさん、お疲れ様でした、お休みなさい。

僕も、そろそろ、お休みかもしれません。


ヒロさん
ありがとうございます。ヒロさんの解説、やっぱり分りやすいです。


みなさん、お休みなさい、宵夢を~☆
395:ひとのこ さい:

2013/05/06 (Mon) 21:57:28

Tさん

そうですよ、離れたらダメですよ!!
おやすみねー、Tさん!!
394:ヒロ :

2013/05/06 (Mon) 21:37:44

みなさん こんばんは。

mkさん
レッツダイブ・・・まさにそうですね。これ響きいいです・・。

ふみおさん
>自分が何を理解していないのかを理解できていないという有り様です。
>そういったことを考えてるうちに、時期尚早という言葉が浮かんできました。
いろいろ考えている「自分」を越えるため、というより、ふみおさんの中でうごめくマインドを
ショートさせるために、ふみおさんの身魂がどんどん引っ張ってるんでしょうから・・。

先生にどんどん自分なりに質問しているうちに、自分の中で前へ進んでいきますよ。どこかで
「あ!そうか!」なってきますよ。神示もあれば、鬼に金棒! でも、真理の理解は、神示は
象徴としてしか書いてないので、ここでいっぱい質問した方が早いですよ。
393:ひとのこ さい:

2013/05/06 (Mon) 21:23:36

先生

すいません質問版、道 ありがとうございます。実はノートに付けていました。

よく読みました。相手の自我が疲れるまで持久戦で相手の出方を見てゆきます。

消して挑発には乗りません。

しかしこちらから 何をしているのですか? 何をしたいのですか?は、いい方法ですね。

逆に質問する、わかりました。無視するより相手さんのためにもお役にたてそうです。



392:ひとのこ さい:

2013/05/06 (Mon) 21:10:36

mkさんどうもありがとうです!!

しかしmkさん、随分と最近読みやすくなりましたよ!!笑
391:ひとのこ mk :

2013/05/06 (Mon) 20:48:53

ひとのこさん みなさん こんばんは


タオさん 以前の私の発言を覚えていてくださってうれしいです。
よく自分で忘れちゃってるんですよ~ 繰り返し発言をすることも多いのかもしれない(自分では忘れている^^;)ですね。

でも・・・私たちって、信じるといって、決意して、願って・・・ 癖なのか、凡に留まるんですよね、おかしなものですよね。
それでも信じていきなさいとおっしゃるひとのこさんの、今日の発言にもあった「直接的」教え、道、というのが際立ってきますね。
日本には神様を信じると言う意思を持つことすら、なんというか、あり得ないような感覚の人が多いような。
その中で先人はいろいろな道を示し後進に伝えようとしている(スピリチュアル)でしょうね。そして私たちは信が先のひとのこさんの所に来た。
その経緯、それからくるひとのこさんにならおうという決断、なにがどうさせたのか。もうすべてが縁起であり、mkの個人的なものはないな、って思います。今後も「努力をさせておく」っていうのがいちばんしっくりきます。


Kさん
何ともならないと感じてしまうときの、心のもがきの感覚を思い出しました^^
個人として生きている時で、自身のよかれと思える行動や成果が選択できない状況に追い込まれていくと、動く気力が無くなるんですよね、それも。
これが行き切って自分 が死ぬと、全体に触れる感覚が現れるんでしょう、 が、これは、途中もがいて自死すら選択しかねない、難しい道なんでしょうね。
それに、そんな体験の後も、情熱の根源を見失い、再び個人的情熱に頼るかも・・・
私は何を書いてるんでしょう?^^; Kさんとひとのこさんのやりとりからこんなことを考えていました。



今日でカレンダーの連休も終わりですね。明日あたりにはふみおさん、陽さん、いらっしゃるかな♪
って、今リロードしたら、ふみおさんいらっしゃってた。ここでの学びのコツはレッツダイブですよ~
質問が出てこない感覚わかります。そんなときは、ひとのこさんの発言で響く所を復唱して感じたことをまとめ発言する、で学びが進むと思います^^
さいさんやトシカズさんにならいました。
390:ふみお :

2013/05/06 (Mon) 20:25:02

みなさん、こんばんは。

ここ数日書き込みをサボってしまいました。
実は、自分がここへ来たのは時期尚早だったのではないかと悩んでおりました。
皆さんと違って、私は真理や悟りなどに関する知識をほとんど持っていません。
また、理解していない点を質問したいなと思うものの、
自分が何を理解していないのかを理解できていないという有り様です。
そういったことを考えてるうちに、時期尚早という言葉が浮かんできました。

しかし、その件をメールにてひとのこさんに相談しましたら、
「そんなことは気にしなくて大丈夫」というお言葉を頂きました。
そのお陰で今のままで良いんだなと考えを改め、
また掲示板に書き込みをしようという気持ちになりました。

そういったわけで、皆さん、改めてよろしくお願いします!


ヒロさん
神示は、日月の巻まで読みました。
本を読むのは遅いで、読了にはまだまだ時間がかかりそうです(汗)
389:ヒロ :

2013/05/06 (Mon) 15:48:08

みなさん こんにちは。

昨日のごたごた、何事も学びですね・・。

エルさん
>常識をバカにする人に常識を超えることはできないんだよ
この言葉、ラジニーシの事が浮かびます。彼は自我(マインド)の障害を口酸っぱくして述べてるので
そればかり主張しているようで、人間が生まれて成長していく中で、つくる常識、これも自我ですが
これも否定しているのかと思ってたこともありました。しかしある本で、社会の中で生きるには
これも過程として必要である、って言ってます。つまり無意識にせよ自我を作ってしまう段階
そして次の段階、って区別してました。二元の世に生まれたんだから、当然といえば当然だと
思いました。自我(常識)が生まれてできなかったら、たぶん入院しているでしょうから(笑)。
自我って、生きる中で、自分の中に二元性を作り出すことでしょうから・・。常にyes noクイズを
繰り返すことですからね。

Tさん
なんでも、気が向かれたら、手が動くままに書かせてあげてください。

みふもさん、トシカズさん、同期の陽さんも・・
お元気ですか・・。神示読み終わりましたか?別に催促しているわけではないですよ・・。
388:ひとのこ T :

2013/05/06 (Mon) 08:48:21

みなさん、おはようございます。

ひとのこ様

ご教示ありがとうございます。

>どんな状態でもこの道から決して離れてはならない。
>何が何でも、ここには来ていなさい。

はい。ありがとうございます。
387:ひとのこ さい:

2013/05/06 (Mon) 08:27:28

先生 みなさんおはようございます。
>苦労もうれしうれし、苦もうれしうれし
苦労も苦も喜びとしなさい。
何からでも学ぶことでうれしいが成立する
>意見が一致するだけが学びではないのです
そうですね、相手と思わずサイと見ることで学べるのでしょうね!
呪い殺すとか天罰とか書かれたときも対処を学んでいきます。
そういう方にも問われたら答えますが、その答えでまた怒りが増幅するのです。
僕にしてみると怒りの理由も見いだせないのです。怒りの連鎖です。一歩間違うと信じることも自己が正しい正しいとなるのでしょうね。
朝からありがとうございました。

読者でなくブログをすると見えないところも見えて、学べます。メールの公開は、僕は大丈夫ですがあまりお勧め、そういう部分ではできませんが,良い方と意見交換できて楽しい部分も多々あり続けます。

大阪今日もいい天気です。

ポチお願いします。皆さんも調子回復してくださいね!!もうそろそろOKでしょうか?
386:ひとのこK :

2013/05/06 (Mon) 07:33:16

皆さんおはようございます

今日は仕事です

師匠お返事ありがとうございます

「元気になった」や「調子が良い」と感じる時って、何というかズレを感じていて、頭では「こっちに行こう」と思っていても、感覚的に喜びを感じるのは違うというか…
それが同じ生命力でも無明からか光明からかで違うからなんですね。

ギャップを凄く感じるようになっていたので、お話聞いてスッキリしました。

師匠のお話聞いて頭は光明寄りで考えているのに、嬉しいと感じているポイントがエゴに残っていて混乱しているのだと気づきました。

スイマセン仕事行きまーす
385:ひとのこ :

2013/05/06 (Mon) 06:30:41

皆さん今日は。



さいさん、問われれば、答えるより仕方がない。

その問答が、論争と成ってきた時、相手の目的は自分の欲求を満足させる為に行われている事になる。
それに乗って論争すると、今度はこちらも欲求を晴らすための行為と成る。

だからね、論争に乗っては成りません。
一番良い方法はね。

この様な人はわたしは正しいことを行っていると思い込んでいる場合がおおいのです。
だから論争に乗らずに、貴方は何をしているのか?または何をしたいのか?と聞くことです。
何か答えたら、それに対してそれは如何して?と何処までも問い続けると
最後には、エゴに到着します。

最後には理由が無くなるのです。
エゴの特徴とは意味のないことを行う事だからたどると理由が無いところに到着するのです。

わたしの行為は欲求を晴らす為の行為だと上手く気づかせて上げれたら、
その瞬間にしつこい論争を止めます。

正しいことを行っているつもりが、真実は自分の為であったと気づかせてあげる事ができれば
お役に立てたと言うものです。教えより大きなことを教えてあげたことと成る。
それが道です。

自分の行為を正して行くことそれが道です。

相手の感情を逆立てしないように上手く出来るように常に学んでください。
意味のない論争とはエゴにより行われるものです。
そうやってエゴを学びなさい、さいさん。

相手もまたさいさんです。さいさんが、互いに学んでいるのです。
論争を仕掛けてくる人もまた論争で学びに来ているのです。
意見が一致するだけが学びではないのです。
さいさんがてこずる相手ほど、深い学びが得られる。
苦労を嫌ったら進歩がない。
だからうれし、うれしと成りなさい。

苦労もうれしうれし、苦もうれしうれし
苦労も苦も喜びとしなさい。

何からでも学ぶことでうれしいが成立する。
384:ひとのこ :

2013/05/06 (Mon) 05:08:08

皆さん今日は。

あーそうそう。

Kさん死んで生きる生き方とはその時代と場所で沢山ある。
全てを捨てて、自分を優先せず、生きるのも死んで生きるです。
この場合家も家族も捨てることが必要です。

またラマナ、ラジニーシのように、自分の教えを受け入れる事が出来る人に
道を示して一生を終えるのも死んで生きるです。

また、自分を優先せず、世界の何かしらの問題に生涯取り組むのも死んで生きるです。


また、自分を優先せず、世界をもっと住みやすい世界に変えようと生きる事も死んで生きるです。


また、地上に生まれた天国で自他の区別無くあらゆる物を求めて生きるのも死んで生きるです。


無明から現れる、個人の成果と責任で現れる個人的情熱を自他の区別がないところで働かせる
ことが、死んで生きると言うことです。

人の情熱とは無明から錯覚から幻想から現れ。
悟りの人は光明から真実から情熱が現れるのです。

わたしが4年間持ち続けている、何が何でも世界一家を生み出そうと言うこの情熱は
光明から現れているのです。

わたしは世界一家が命と引き換えでも構わないのです。
これが死んで生きるでしょう。
わたしは神に世界一家のために命を差し出せと言われたら喜びます。
それで全てが終りわたしの努力も終わるのだからうれしい。

仏とは悲願を立ててこの世に残り続けます。
この悲願が情熱で生命の種となり、生を持続させます。

人は無明から現れる個人的情熱が完全に消え去ると死を迎えます。
だから仏は悲願をたて、全体の情熱を生み出し生を持続させるのです。
この世に世界一家が救済の船が生まれるとこの悲願が成就する。
だからうれしい。

お釈迦様が成道なさった時、このまま涅槃に入ろうと考えなさったと言われております。
その時梵天が現れ、どうか法を説いてください、
法を説いていただかないと、この世は滅びますと説得され、
法を説こうと決心なさった、これが生の種である全体のための情熱を生み出し
この世に留まることが出来たのです。

この時梵天である神は法を説かねば世界が滅びると言ったことに成っています。
お釈迦様に神が本当にそう言ったか、今では知る手段がありませんが。

これは真実です。
ラジニーシも時々現れる目覚めた存在がこの世界を少しづつ、高めてゆくと語りました。
人とは捨てておくと滅びるように出来ているのです。
常に道が逆に見えるからです。
繁栄ではなく、滅びに向かうのです。

だから死んで生きる事が出来るように成った人は誰しもその為に自分が出来る何かを
行うのです。この目覚めた存在たちの努力も世界一家で終焉する。
だから命と引き換えにしてもらえるなら、うれいしい。
思い残すこともそれで終わるから助かる。

皆さんも同じだと想うよ。人は心配事を消し去るために
何かしらの努力をしているのでしょう。
またその為の輪廻ですね。
生自体がその為にある。

世界一家が出来れば心配ごとが消えさり、
死ぬとき思い残す事は無くなるはずです。
それなら死と引き換えでも良しでしょう。
その為に生きているのだから。

表面的なものも、内面と関係性を持つだから外部的にはまげられる動きも認められている。
このまげれれる、動きは悪であり、絶えず浄化する事で弥勒する事で、
動きが現れる、進歩する事で悪はその存在が許されている。
進歩が善と悪を生かすのです。悪を常に浄化する事で、歓喜する。
人も世界も、うれし、うれしと成れねば成らない。

>普段の仕事も必要のないものはないと思うし、間接的、直接的とあるにせよ全ての物事に意味がある。
物事に意味があるのは、浄化し歓喜するからです。
このままで宵は悪を悪と変えてしますのです。

悪は常に浄化してその存在が認められるのです。
変化するものの宿命とは変化であり浄化であり進化であり進歩なのです。
このままで良しが本当の悪なのです。
悪とは常に浄化されることで悪では無くなるからです。

どうです。Kさん。
383:エル :

2013/05/06 (Mon) 05:00:08

ひとのこ先生

何度も繰り返し読んでます。直接的、間接的の意味が、これまで漠然としか分ってなくて・・。
ありがとうございます。

僕は、これまで、ずっと間接的教えだけで生きてきたのですね。
それを、ここで直接的教えに変えてゆくために学んでるんですね。

本の中で、無条件の愛という言葉が出てくると、心理学的に考えて絶対無理と思ってたけど、
直接的とは、無条件の愛といってもいいくらいに感じました。
真理や覚醒とは、やっぱり、無条件の愛と理解していいですよね?
382:ひとのこ :

2013/05/06 (Mon) 03:42:22

皆さん今日は。


>普段の仕事も必要のないものはないと思うし、間接的、直接的とあるにせよ全ての物事に意味がある。

死んで生きるとは直接的教えで生きると言うことです。
死んで生きるとは、自他の区別無く生きると言うことです。
ラマナは人のために何したいと言う人に、自分から家族へ
家族から他人へと愛が広がって行くまで待てとなだめました。

その広がる愛をわたしは直接生み出させようとしていると言うわけです。
キリスト教も大乗も同じです。

他より自分を大事にしないこれがわたしの死です。
だから死んで生きた人は誰しも人の為に何かを成し続けたのです。

>生命力…この湧き上がる衝動のような物を生命力と感じているのでしょうか?
無から現れる欲求、この情熱が生命力です。
だが人のこの情熱は、欲求は無明による個人の欲望で生まれている。
だからわたしが個人の成果を取り去ると、個の情熱は冷めて来るのです。

個人の成果が無いなら、個人の情熱は冷めて当然です。
この情熱が全体の中で働き始めると、わたしの死であり、死んで生きるです。
これが溢れる愛です。

この愛がラマナが家族から世界へ愛を広げる為に動くまで待てと言った愛です。

>死んで生きると見たとき、わからなくなるときがあります。
如何して分からなくなるのか教えましょう。
死んで生きるとは、この様に自分の為に何をどうすれば宵のか考えない事なのに、
自分の為に死んで生きるとはどういうことか考えているからです。

おもしろいでしょう。Kさん
覚醒の道はね、自分のことを中心に考えると分からなくなると言う特徴を持ちます。
何故かと言うとね自分のことを忘れるのが覚醒だからです。

お役に立てましたか?Kさん。
もしまだ分からなかったらわたしに質問しなさい。
381:エル :

2013/05/06 (Mon) 03:23:17

先生、みなさん、おはようございます

「常識をバカにする人に常識を超えることはできないんだよ」

テレビで誰かが、そう言ってて、僕は、この言葉で改心しました。


ひとのこKさん
お帰りなさい。今夜の書き込み、なんか好きです。感想を上手く表現できなくて、ごめんなさい。
380:ひとのこ さい:

2013/05/06 (Mon) 01:13:05

先生今晩は
孫達と楽しんで遅くなりました。
読者のメールの件、僕は過激なのには強いですが、狂信的な人には何を言っても無駄なので今後問答しません。
全く世の中考えられない人いますが、かわいそうに思います。思い込みにのめりそれに振り回されています。哀れです。
邪の念を放たれますが、ポイです。笑
しかしこの世の中の暗い部分を学べます。
どうも有難うございました。
379:ひとのこK :

2013/05/05 (Sun) 22:51:41

師匠皆様こんばんは

旅先から戻ってきました

Tさんへの師匠の書き込み、よく読ませて頂きます。

いつも僕はTさんへのお話が一番気になります。
Tさんがどうこうではなくて、Tさんへのお話がいつもとても心に響くからです。


世界の為に
全体の為に何をすればよいか…
神の入れ物となって神仏の働きをするとはどういうことか…

普段の仕事も必要のないものはないと思うし、間接的、直接的とあるにせよ全ての物事に意味がある。

「今」を認め「求め」を鎮めて満足し、中心に止まる…


思えば驚く程、楽に生きれるようになりました。

頭の中のブツブツも少なくなって、鬱々と生活しなくてすんでいる…

周りとの付き合いなんて、殆どなかったのですが此方で学ぶ内にやたらと出掛けたり呼ばれることが増えました。
面倒で避けていたのが、避ける必要が無くなって明るくなったからかもしれません。

しかし、何もとらわれず認めていくと、時として生命力が無くなっていくような、もがき苦しんでいるときの方が生命力を感じるというか…

数年前に、「このままホームレスか何かになって野垂れ死んでもいいから、全て投げ出してしまいたい」と、真冬に裸足で仕事も投げ出して150円だけ持って一晩歩きました。
生きる力が湧かない…
現実をキープする力がもう有りませんでした。

でもその、家を飛び出した瞬間、とても解放的な何ともいえない幸せを感じました。

死んで生きる…


生命力…この湧き上がる衝動のような物を生命力と感じているのでしょうか?
生命力はとても大事な物だと思っていたし、世間的にもそう考えられていると思うのですが、死んで生きると見たとき、わからなくなるときがあります。

あー何だか何が書きたいかわからなくなってきました


皆さんごめんなさい
378:はるひね:

2013/05/05 (Sun) 22:51:18

かずよし さん
ありがとう
377:かずよし :

2013/05/05 (Sun) 20:51:56

ありがとう。
376:かずよし :

2013/05/05 (Sun) 20:37:31

みなさん、さようなら。
375:かずよし :

2013/05/05 (Sun) 20:33:38

ヒロさんへ


>「大人だもん」と、僕も子供っぽく書いたりしてみましたが、内なる子供を無視しても、
反抗期は終わらないし、でも、大人でいたいという僕の気持ちの現れです。


僕も似たようなものですよ。今だってまだ怖いですし。
ヒロさんの考える大人は、ヒロさんが成りたい理想バリバリの大人で
ヒロさんではありません。偽物を追わないでください。

前田敦子ちゃんって、「女優」に成りたいとい言って、うそぶいているように見えませんか?
僕の勘違いかな。勘違いかも。


「内なる子供」っていうのは、自分が否定したい自分の才能、性格、出生、罪、今までの経歴等。。

それをどうにか変えなければいけないと思うのではなくて、
むしろそういう欠点こそが自分だと思って、
それをむしろ積極的に表現する努力から始めるんです。

僕だってまだ怖いから普段は隠していますし。
特に苦手意識のある両親の前では隠してしまいますね。
もうほとんど地蔵ですよ。
ネットではなんとか努力できます。

僕、子供の頃は少しは優等生だったんですよ。
たぶん誰かの期待に答えようと頑張ったんだろうな。


エルさんは今のままの自分で、何ができますか?


僕はネットで暴れるのが精一杯です。
外に出ても、人見知りの子供のように、
こんにちはとうなづくのが精一杯のこともあります。


今の自分の精一杯を頑張ればいいんですよ。頑張りすぎても、頑張らな過ぎてもいけません。
それを見極められるようになるのも自己観察です。
世界の中で自分の中道を歩いてください。
世界のことは世界に背負ってもらってください。
エルさんの至らない部分、僕も少しですけど一緒に受け持ってるんですよ。
僕の足りない部分、僕の手に入れられないものを、エルさんが受け持ってくれています。
どうもありがとうエルさん。

これは僕の考え方ですけど、エルさんなりの世界の見かたを見つけてみてくださいね。

僕は、ローラちゃんとか、指原莉乃ちゃんが好きですね。
だって彼女たちバカなのを隠さないでしょ?それが演技だとしても。

最近女の子の好みが変わってきたな。でも若い子が好きです。
でも大人の女性もいいな。

男の性は神そのものの現れではないですか?
374:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 20:31:03

皆さん今日は。

さいさんは読者のメールに苦労しているようだね。
それが学びと成る。
373:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 20:26:05

皆さん今日は。


ひろさん、かずよしさんに何を言っても無駄です。
かずよしさんには受け入れる気が無いからです。
放置していると、皆さんの邪魔になるし、あたらしい方がここに参加しずらくなるので、
この辺で退場願おうと思います。
気持ちを改めれば別ですが。

今までのようなかずよしさんの書き込みが在れば削除します。

しばらく、わたしが放って置いたのはみなさんに学んでいただくためです。
このように成らないように自分の中を見つめ忘れないように。
非常に極端な見本でしたが、こんなに極端でなくても、
人はこのように俺俺となりやすいから気をつけることです。
かずよしさんの状態が悟りなら人は悟らないほうが良いです。

ですから受が大事です。
受とは無心であり、五体投地です。
372:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 19:47:20

皆さん今日は。


>先生が根源に触れた後にどのように生きてこられたのですか?
>ここははっきりさせなければなりません。

貴方はここで誰のために、何をしています。
それが答えです。


>これを書かせているのは本当に私なのだろうか?と思った。

その通りだ、貴方ではない、それが分かれば馬鹿げたことを止めるだろう。
もういい加減にして、皆さんの邪魔にならない程度にしておきなさい。
でないと、わたしは追い出さねば成らなくなる。
371:ひとのこ タオ :

2013/05/05 (Sun) 19:28:16

みなさんこんばんは。
ひとのこさんよく分かりました。

mkさん
〉私がここにきてすぐ強く意識した内容です。

信じることに向き合っているmkさんよく印象にのこっています♪
僕もやっと信じることに真剣に向き合いはじめました。

もーホント、ここの常識を当たりまえのこととしたいですねw
370:かずよし :

2013/05/05 (Sun) 18:54:52

先生は根源にふれて、自我が天に召されてしまわれましたが、
僕は自我が残っています。
自我があっても、なくても、今ここで目覚めることができるということですか?

先生が根源に触れた後にどのように生きてこられたのですか?
ここははっきりさせなければなりません。

一体、ここは智の道なのでしょうか? 愛の道なのでしょうか?

全く皆さんは悟っていないふりをしていらっしゃる! 上等の役者だ。
369:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 17:58:05

皆さん今日は。


タオさん今日は。

この状態は死ぬ事でも解決できず、生きるも死ぬも無理と言う状態まで
進みえます。だから魂の暗い夜とも言われます。

だからね、出来れば皆さんにはこの状態を回避していただきたいのです。

>自我を完全に殺すための死んだように生きる期間とは、
>世界の為に動き褒美を受けながら進む場合も現れてくるのでしょうか?

俺が俺がが、上手く世界に置き換えられ、個欲を全体欲に
置き換える事が出来れば回避が可能とです。


だから全体の幸せの中に個の幸せがあると全体の幸せをエゴに喜びと
させることが必要です。

俺が俺がが何処までもで続くと、わたしは我を折り、改心させねば成らなくなる。
そうすると、Tさんの状態に至るのです。
改心が降参です。

わたしと問答していたのは、Tさんでは無い。
わたしはTさんを表に出す為にエゴと問答していたのです。
魂の暗い夜が上手く明けたらTさんが現れる。
368:ひとのこ mk :

2013/05/05 (Sun) 17:56:45

ひとのこさん みなさん こんにちは


>mkさん誰でも根源に触れた事があり、今でも触れている。
>触れてない人などいないのだよ。
>この根源である一如が我々の故郷であり、実は今でも我々はそこにいる。
そうでした。凡はそこに黒い布がかぶさってしまっていて見えていない状態、でした。


>ところで他の皆さんは神を仏を信じれるように成って来てますか?
>イエス、お釈迦様、ラマナ、ラジニーシそれを何と呼ぶかは
>異なるかもしれません、が誰もがその存在を信じている。

>人ほど信じていると言いながら信じてない行為を行います。
>それに触れると誰もが信じる。
>だが信じなければ触れられない。

>神が在るから信じるのでは在りません。
>神は信じるから在るのです。

私がここに来てすぐに強く意識した内容です。
ここにまた戻ってきました。信を肝に・・・、そう思います。
この世界で見えるもの、個として考えてきた自分、これらをまるまる疑いに放り込んだとしても、絶対への信もいっしょに放り出してはいけない、むしろ見むきもしなかったものだから探して見つけて大事に持っていないといけない。そんな気持ちです。



Tさん  応援しています^^ ( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ


かずよしさんは 詩作の意欲が湧き上がってきちいるんですね~ すごいです。
叱られたらやめるべきか とか、 怒るお母さんが嫌いとあったので、ひとのこさんに厳しく叱られたい、でも恐いと思っているのかな? と考えていました。
かずよしさんの詩作は内側から湧き出る衝動をストレートに表現している感じですね。なのでその内容から来る印象ほど混乱はされていないんだろうと思います^^
ひとのこさんは違うことを「違う」とはっきりおっしゃっても、怒ることはないですよ^^
367:ヒロ :

2013/05/05 (Sun) 17:31:04

みなさん こんにちは。

かずよしさん
>光を経験するのが先か、闇を経験するのが先か。
神示、日の出の巻き13にお言葉ありました。響いたら甘受してみてください。
「斜めや横から戴くと、光だけ影さすのざぞ。影させば闇となるのざぞ。」
「真上に真っ直ぐに(○に・)に向かえば影はあれど、影ないのざぞ。闇はないのざぞ。」
神示の表現もなかなかって思いませんか?
366:エル :

2013/05/05 (Sun) 17:13:45

先生、みなさん、こんにちは

>またケンカしてくださいね。

かずよしさんがケンカしたい相手って、僕じゃなくて、ひとのこ先生じゃないですか?
僕は、ここで、みなさんと雑談もするけど、雑談を目的に書き込みしてるんじゃないんです。
雑談でも何でもいいから、書き込んでると、僕がおかしくなったときに、
先生が、それを指摘してくれるからです。
だから、僕が、ここで話している相手は、先生一人なんです。
僕が、ここで書き込んでる理由を誤解されてるように感じたので書きました。
365:ひとのこ タオ :

2013/05/05 (Sun) 16:42:58

みなさんこんにちは。

ひとのこさん動力のお話ありがとうございます。
それぞれの状態で歩む道をここまで具体的に話して頂けるのは本当に道しるべになります。

自我を完全に殺すための死んだように生きる期間とは、世界の為に動き褒美を受けながら進む場合も現れてくるのでしょうか?
364:ヒロ :

2013/05/05 (Sun) 16:33:12

こんにちは、みなさん。

連投です。
かずよしさん
>気がつくと以前よりももっと悪い状況にはまり愚か者の、悪人になってしまうというのは
>あることだとは思いますが、探求のレールを歩く人はもっとその現実を突き付けられるのでは
>ないでしょうか?神がそのような状況に人を置かれるからです。
>悪人から救われていきます。悪人正機です。

親鸞聖人が言ったんでしたっけ?イエスの十字架の隣の人もそうでしたっけ?かずよしさんの
意図されることは、私もわかります。結局、そういうあらゆること含め、すべては神の、存在の
手の内なんでしょうね。「私」を消失させるゲームかもしれませんね・・。


363:ヒロ :

2013/05/05 (Sun) 16:25:18

こんにちは。

かずよしさん
お元気そうですね。一時妄想も沈静化モードで、ちゃんと読みましたよ。

>世界と世界の中の自分を認めることで、全体の中の個が確立されるんです。
>欠点を含めてこその自分です。
>長所が陽で、短所が陰です。両方合わせて不完全な完全。

かずよしさんの世界とはなんですか?世界の中の個の確立ってなんですか? 
欠点とは誰が欠点と認識しているんですか? 長所・短所の認識は誰がしてるんですか?
両方合わせて、「不完全」っていうのがわからないんですが、神示的に言うと「両方
合わせて、調和」になり、御用の悪の御用は終わり、次行くぞ、ってなります。ただ神示
は陰陽合一は横の調和で、神人の縦の調和も説き、それで立体って言ってます。
またどんどん学んでいきましょうね。
362:かずよし :

2013/05/05 (Sun) 14:36:08

みなさん、こんにちは。いい天気ですね。

結構、冷静になってきました。

真面目な話ですけど、一時的に詩作的な才能が開花してきていると思うんですよ。
ですから僕を通して語られたことを、1つの詩として受け取ってください。
ほとんど妄想の様なものですが、明け渡した後でのインスピレーションを書き残したものです。

予言でもありません。
これからはちゃんと話すことができます。 

クンダリーニってやつが活性化しちゃったみたいです。腹が痛いって言ってましたよね?
あれって前触れだったんですね。気づかなかった。
暑さと寒さを繰り返しています。感情もガラスのように震えています。



>エルさん

僕の中のインナーチャイルドが泣いているのが分かります。
閉じていたハートが開いて、また閉じてと、胸が苦しい。

それは僕がバクタで、エルさんがギャーナということですか?
天生、僕の遊び相手。遊んでくれてありがとう。

ちょっとおかしかったのは事実です。
僕がエルさんの言葉に傷つかなかったと思いますか?
僕は子供のように深く傷付きやすくなっています。
私は怒り、悲しみます。嫉妬します。
他人の痛みを自分の痛みのように感じるようになってきています。
その痛みを感じ受け止めます。

またケンカしてくださいね。



>ひとのこKさん

僕はAKBのCDを買って投票するようなファンではないんですよ。
横山由依がタイプなのは本当です。
AKB48は世界の雛型です。


>ヒロさん

>ここの方々は、平均苦悩度はむちゃくちゃ低いですよ。

それはわかってます。わかって認めることができたから前へ進めたんです。
完全な人は誰もいない。
世界と世界の中の自分を認めることで、全体の中の個が確立されるんです。
欠点を含めてこその自分です。
長所が陽で、短所が陰です。両方合わせて不完全な完全。
大抵の人は短所をなくした方がうまくいくと思い込んでいます。
もったいないことですよね。
光を経験するのが先か、闇を経験するのが先か。
自分を改善しようとして、何かしらの探求を始めたものの、
気がつくと以前よりももっと悪い状況にはまり愚か者の、悪人になってしまうというのは
あることだとは思いますが、探求のレールを歩く人はもっとその現実を突き付けられるのでは
ないでしょうか?神がそのような状況に人を置かれるからです。
悪人から救われていきます。悪人正機です。



>>316 >トシカズさん

>誰も責めてないのに凄く責められているように感じてしまう逃れようのないイメージでした

かずよしさんも「~しなければならない」「~であるべきだ」とか強く思ってしまうタイプなのでしょうか?


私があの時したのは神を前にした契約です。それは重かった。
誰も責めてない(笑)その通りですね。
私はまだ若造です。 いろいろ学ばせてくださいね。


>>ヒロさん

>ここで、自分捨てたってあるのに、「やるだけのことをやる決意」って
誰がやるんですか?自分捨てたのと真反対ですけど?普通、自分捨てたら、「なすがまま」って
表現しそうだけど・・。

自分を捨てるための自分は当然、残っています。
自由意志など本来なく、すべては運命のままになされて気づき、
行為者が抜け落ちます。
そのあとにおこることは「なすがまま」です。
361:ひとのこ さい:

2013/05/05 (Sun) 14:32:28

 エルさん
ありがとうね。僕はタフですからだいじょうぶです。

でもね身の上相談ならかわいいけどね、随分と過激なのものも来るようになったよ。笑

エルさんにはファンタジックな面もあるからいつも読ませてもらって楽しいです!!
360:エル :

2013/05/05 (Sun) 13:56:46

先生、みなさん、こんにちは

家に誰もいなくて、今日は一人、とても静かです。

ひとのこさいさん
>どういうわけか身の上相談も多いです。笑
世界中、カウンセラー不足ですね。心療内科に通院してみて、いつも、そう思ってました。
カウンセラーの仕事には、10代の頃憧れたりしました。
僕の場合は、転移の症状が酷くでるので、役にたちません。
話聞いてるうちに僕の方が精神病みます・・。
さいさん、お身体には無理ないようにして下さいね。
お孫さん、来られるのですね。
今日、子供の日ですね。
359:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 12:44:00

皆さん今日は。


>もう降参です。
>エネルギーの目盛りがゼロになっているのを眺めています。


そうか、Tさん、この言葉を聞きたかった。
この言葉を聞く為に、わたしは駄目だしを続けてきたのだ。

個人的欲望と言うエネルギーで始まった覚醒と言う山登りも山の中腹に差し掛かって
個人的な欲望が消えてきて進む原動力が失われてくる。

もし、日常においても、自分に与えられているTと言うお役目を果たすだけと成ってきた時、
個人の欲望が極端に無くなっている状態でその状態で生きることを生きるしかばねと表現できる。

この状態が魂の暗い夜と呼ばれる。

個人の欲望に変わる、あたらしい、エネルギーが必要だ。
神の願いを自分の願いとして、あたらしい動力と成すことが必要だ。

ラマナは個欲が無くなっても全体欲は残ると言った。
人のエネルギーは欲望だ。
個欲が消えて行けば、当然

>エネルギーの目盛りがゼロになっているのを眺めています。

こうなる。
わたしは師がいないので長いことその状態で生きていました。

わたしが皆さんの個人の成果を奪って行くから、個欲のが成立しなくなって来る。
個人の成果があって個欲が働くからです。
わたしの所に来るのでさえ意味が失われてくるだろう。
そのままここにも来なくなり、また日常に巻きこまれて行く場合も出てくる。
だから何が何でもここに来ていなさい。

個欲が無くなって来ると、全体の為、神の為に働くこと自体、難しく感じるものです。
それは個欲が動力であった証なのです。

その状態は新しき夜明け前の暗闇だ。
夜明け前は暗闇と決まっている。

Tさんの中にあたらしい小さな光が生まれてくる必要がある。

あたらしい小さな光が内側に生まれそれを動力として世界の為に働き始め、
三年から五年で残っている個欲が完全に全体欲に置き換わる。
その時が神と出会う時です。

個欲に変わるあたらしい動力が動き出すまでゆっくりすごしていなさい。
何か出来ると感じるで、何かしたいと感じるまで。ゆっくりすごしなさい。
ここを超えて行かねば何処にも行けない。
この暗闇を出来るだけ早く乗り越えてほしい。頑張れTさん。

あたらしいその動力が動き出せば全体の為に動くことがとても自然な事となってくる。
完全に自然に成るのは、数年先だがね。

どんな状態でもこの道から決して離れてはならない。
何が何でも、ここには来ていなさい。

358:ひとのこ T :

2013/05/05 (Sun) 10:09:44

ひとのこ様

お声かけをいただき、ありがとうございます。

私の探究は、錯覚と慢心をもって一応の終結をみました。

もう降参です。

エネルギーの目盛りがゼロになっているのを眺めています。

したがって、このようなコメントを綴るのも私にとっては無意味なのですが、先生にお声がけいただきながら、黙っているのも恩知らずなので。

私は「やれることはやった」と納得し、その結果が錯覚と慢心であったことに失笑しつつ、すがすがしい気持ちで完全に自分を見捨てています。
357:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 09:19:00

皆さん今日は。


その通りだね。タオさん。

ところで他の皆さんは神を仏を信じれるように成って来てますか?
イエス、お釈迦様、ラマナ、ラジニーシそれを何と呼ぶかは
異なるかもしれません、が誰もがその存在を信じている。

人ほど信じていると言いながら信じてない行為を行います。
それに触れると誰もが信じる。
だが信じなければ触れられない。

神が在るから信じるのでは在りません。
神は信じるから在るのです。

神は様々なことを人に望みます。
それは宗教と言う教えの中で語られております。
その神の意思に皆が従ったら、世界一家と成るわけです。

今回Tさんとお話いていてまだ神を信じるに至っていないと感じました。
神の意思に従う事に理由が必要だからです。
自然だとか自然でないとかどうでも良い。
そう出来ると自然になるのです。

神がそう言うからそうするでは駄目ですか?Tさん。
アホとはそう言うことです。

個として動くわたしと呼ぶものは、ハンドルを握っているようで、実は握ってはいません。
頭に成りたがっているようで、実はそうではありません。
常に主に従うだけです。

わたしが生きている、わたしが行っているなど思っては成りません。
主だけが在り、個は手足です。

世界の為に何か行う事に抵抗が在る人とお話していると、
決まってわたし、わたしで在り、主が主と考えられていないことに気づきます。
神が主として受け入れられていないのです。
神と言う言葉は使うが、徒に成っていないと感じます。

わたしも、実は昔は仏教の理論は信じるが仏は信じれないと言う状態が
長く続きました。

でもね、実は仏を信じれるように成るまでは理論も信じることが出来て
いなかったと、今は理解しています。だから成功しなかったのです。
だから根源に触れるには信が必要なのです。

だから根源に触れた人は誰しも宗教的になるのです。
また宗教的に成って来て始めて根源に近づいているとも言えます。
わたし、わたしを止め、五体投地になることです。

糸の切れた凧ではまだわたし、わたしだ、神の徒になってない。
次々と語る、わたしの状態などどうでも良いではないか。
そのようにわたしを、投げ出すと本当の状態が生まれるのだよ。
わたしの状態の為にわたしを投げ出すことは決して出来ないのだよ。

投げ出すとは、神の徒になることだよ。
個を自分と思いなすことをやめることそれが捨てると言うことです。

わたし、わたしである限り、無理なんだ。Tさん。

人は根源に神に触れなくてならない、常時触れて入れたら完成だ。
だが神に触れるには、わたしを投げ出さねば触れる事かなわないのです。

わたしの状態を投げ出して、その状態が現れるのだよ。
わたしの為のわたしの状態である限り無理だ。
わたしを捨ててそれになる。

凡は聖とはわたしなど始めからいないのだから、
わたしを投げ出せと言う意味なのだよ。
死んで生きることが必要です。

わたしが、自分の状態など考えては駄目だと言うとね。
今度は自分悟りのために自分のことを考えないようにする。
だから自分勝手な生き方になる。

だから今度はわたしは根源に触れなければ成らないよと
言わねば成らなくなる。

そうするとまたわたしの悟りとなる可能性があるね。
そうしたらまたわたしは、自分のことを考えているようでは
駄目だと言わねばならない。

この堂々巡りを何度繰り返せばよい。
356:ひとのこ さい:

2013/05/05 (Sun) 07:52:14

先生 みなさんおはようございます。

大阪今日もいいお天気です。

今日は子供の日ですね。昔僕らの頃は 端午の節句 と日常の言葉として使いました。

昨日から初孫6ヶ月が来ています。もう赤ちゃん時代を脱しつつあります。これから余計な鎧をつけていくのでしょう。

またそれも無ければ、生きていけないだろうし。大人になれば日本には住まないと思うので日本の文化だけは触れさせておこうとおもいます。

最近ブログは打つスピードが少し早くなったとはいえまだまだなので、1時間~2時間かかります。

コメントの返しもそこそこかかりますし、なんといってもメールでの質問に答えるのに1人で1時間近くかかる時もあります。

これは真剣勝負です。ブログは気楽です。ブログの友達も開設者で宗教されてる方、現役僧侶の方、神秘思想のブログの方、様々ですが、みなさん、考えを持たれているのでお付き合い的に今はなります。

まあいろいろ質問される方大変になってきました。時間的にです。どういうわけか身の上相談も多いです。笑

今日は孫がきてるので、楽しみな1日となりそうです。

皆さんもお子さんおられる方もおられるでしょうね。楽しくお過ごしください。

エルさんの1番乗りにはびっくりだね。深夜1時前のポチにはまいったします。

今日もポチお願いします!!
355:ひとのこ タオ :

2013/05/05 (Sun) 07:05:16

みなさんおはようございます。

ひとのこさん
〉その思いを使って個を全体の一部として使います。

はい、ひとのこさんも集まる方もみんな神の手足であって、間接的、直接的と状態は違えど神の意思により行動している。

責任と成果は神のものであり、それは神の手足である僕らのもののよーでもあるが、手足に僕などと個人意識はないので手足に責任をとれとは、おかしな話。

神と離れたところで個とゆー意識を持つから重荷になる。
神の手足だと知ると、この世界は神の愛であふれているよーに感じます。実はすでに天国だった。。

しかし、昨夜の闇があるから今日の朝日を喜べます。
この世に悪があるから善とすることを喜べる。
354:ひとのこ :

2013/05/05 (Sun) 05:03:02

皆さん今日は。


>全体しか無いの理解から全体のため
>に動くとは、逆に言えば、起こる全
>ての問題の責任は自分にもあると
>ゆーことでいいのでしょうか? 全体意識を持たずこー考えてしまう

個とは動くのは誰です。全体は個に思いを表し、その思いを使って
個を全体の一部として使います。

>全体意識を持たずこー考えてしまう
>と重荷になりそうですが
その重荷を降ろせば降ろすほど、大きな動きができてくるのです。

神の意思に沿った行動しか人は取れません。
そうするとその責任と成果は神のものですね。


>目に写る星の中には世界を天国に
>した文明がいくつもあって愛にあふ
>れた日々をおくってるんだろなーと

わたしもそう思うよ。
353:エル :

2013/05/05 (Sun) 00:54:42

先生、みなさん、こんばんは

ヒロさん
ありがとうございます。いつも観る私はいるので、大丈夫です。
でも、モヤモヤってした感じはあって、そんなときヒロさんの解説読むと、スッキリします。
今も、PC開いてよかったって思いました。

ランキング、ポチしてきました。
352:ひとのこ タオ :

2013/05/04 (Sat) 23:39:09

ひとのこさん、みなさんこんばん
は。

〉全てを認め世界を立体的に理解していく。
〉どれかではなく、どちらも繋いで
理解する。 こちらを読んでから座ったところ、
なんだか外に出て星を見たくなった
ので、夜空を見上げながら全体に意
識を広げてみました。なかなか楽し
めました♪ なんとなーく、僕らは宇宙に浮いて
るんだなぁなんて感じながら、きっ
と目に写る星の中には世界を天国に
した文明がいくつもあって愛にあふ
れた日々をおくってるんだろなーと
想像してしまった。。 あとKさんの行動にうつさなければ
とゆーのを読んで思ったのですが、
全体しか無いの理解から全体のため
に動くとは、逆に言えば、起こる全
ての問題の責任は自分にもあると
ゆーことでいいのでしょうか? 全体意識を持たずこー考えてしまう
と重荷になりそうですが、行動に移
す場合の理由としては分かりやすい
と思いました。
351:ヒロ :

2013/05/04 (Sat) 23:27:04

みなさん こんばんは。
今日は遅めの登場でした。ぎりぎりセーフ。

エルさん
>僕の中にあるインナーチャイルドの反抗的な部分が刺激されたからだと思います。
私は心理学と真理学は同じ線上にあると思っているんですが。真理は心理学も含むって。
インナーチャイルドって、癒されていない内の子供ですよね。普段意識されていないっていう
意味では、ラジニーシはそういう表現はしてないですが、無意識下の抑圧って感じで表現してました。
そして、あまりに大きいと、人はカタルシス(浄化)として、何らかの表現をしてしまう・・。
自分でもわかっていて、社会的に容認される方法なら問題ないですが、真理はそこから先へ行こうと
するんだと思うんです。そこで、ここで学んだ「観る」ことが関係すると思うんです。
ラジニーシも怒るなら、怒れ、しかしすべてに気づいていなさい、って言ってます。気づきを
絶対に失わずに、表現する。ただ、因果で、自分に巡ってこない方法が賢いっても言ってますが。
苦しむなら、苦しんでいる今に気づいている、ってことだと思います。苦しんでいるのは自我で
気づいているのは、一者ってことだと思います。

かずよしさん
ここでカタルシスもOKかもしれませんが、そういう自分に気付いた上での表現なら
すばらしいでしょう。書いている自分にしっかり気づいていてください。 
ラジニーシは、西洋の心理学が精神分析を繰り返して、一人の患者に数年を要する状況に
比較して、日本の禅だったか精神科だったか?日本のすばらしさを語っていました。
日本では、分析はしない、ただ、食事などの最低限の事以外は、一人にしておく、ただそれだけ。
そして3-4週間もすると、別人になって帰ってくる。って言ってました。
分析は分析するものとされる者で関係性を作り出すとともに、過去を振り返るという点で
一度は理解という意味でいいかもしれませんが、何回しても、マインドレベルは越えておらず
結果として、真理に沿った道(治療)が根本的治療になるんだと思います。
350:エル :

2013/05/04 (Sat) 22:45:13

先生、みなさん、こんばんは

頭の中空っぽ的な感覚のときは、気をつけた方がいいですね。
夜になって、虚無感に包まれてきてる感じです。

かずよしさんの書き込み読ませてもらって、辛い気持ちになりました。
僕の中にあるインナーチャイルドの反抗的な部分が刺激されたからだと思います。
でも、それを書かずにいられなかった、かずよしさんは、もっと辛くて苦しいのだと思います。

そうゆう、内なる子供の苦しみも共有して、ここでお互い癒されることになればいいですね。
インナーチャイルドを見守り育てるために、大人の視点で話すことが、とても大切だと思います。

「大人だもん」と、僕も子供っぽく書いたりしてみましたが、内なる子供を無視しても、
反抗期は終わらないし、でも、大人でいたいという僕の気持ちの現れです。

内なる子供については、そうですね、やっぱり純真な部分は残した方がいいでしょうね。
僕は、そう思います。

ここは真理を学ぶ場ですが、心理学な話になってしまいましたね。すみません。

ひとのこ先生から、真理の教えを学びましょう。

それでは、みなさん、お休みなさい、まだ早いかな?宵夢を~☆
349:トシカズ :

2013/05/04 (Sat) 22:33:09

皆さん、こんばんは

Kさん旅行とはうらやましいですね
温泉で英気を養って人集めに頑張って下さい

うちの両親は先日、台湾旅行から帰ってきました
マンゴーの美味しいお菓子を買ってきてくれたのでペロリと食べてしまいました
現地の人は親日の方が多かったみたいでいろいろ親切にしてくれたそうです
3.11の地震でも義捐金多く送ってくれた国なので私もそのうち行ってみたいですね
348:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 19:32:35

皆さん今日は。


Kさん、その通りです。
行動に現れ理解できたと言えます。

自分が世界なのだから世界の事を考え行動して行くことです。
347:ひとのこK :

2013/05/04 (Sat) 19:28:01

かずよしさんの連投前に書き込みをしたようです…

かずよしさん
変だと言っているかずよしさんがいるなら変でないかずよしさんがいるって事ですよね?

僕も心の声を全て話していけば、大して変わらないかもしれません。


師匠
わかりやすく説明頂きありがとうございます。

しかし行動 態度に顕れなければ、「わかりやすい」と言っているだけでわかってはいないのでしょうね。

どう行動していけばよいのか?

人集めに励むことが先ず第一でしょうか?
346:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 19:20:23

皆さん今日は。


かずよしさんとTさんの反応は似ているね。
わたしが何か言うと次には違う状態を示してくる。
同じところからこの反応が現れると思うね。
これをTさんは自覚できているかな。

ただTさんがわたしの言葉を次々に武器にするから
一見非常に高度に見えるのですがね。


ああ言えばこう言う何処かで聞いたな。
似ている。アホになれないのです。
345:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 19:01:50

皆さん今日は。

かずよしさんはひどい苦しみの中に在るようですね。
質問が在ったら何なりと。
344:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 18:59:25

皆さん今日は。


Kさん全てを認め世界を立体的に理解して行くのです。
どれかではなく、どちらもと繋いで理解する。これがトータルです。
そうすると、内側の分離と、内と外の分離が和合され全面的に成る。

これが完成すると、世界の一切がわたしの中に入り。
また、わたしが世界の一切に入ると言う入我我入の状態に至るのです。

内と外が全面的に成る。
この状態が主客が溶け合った観照です。
観照が瞑想です。

目の前の個に世界が見える様になり、
わたしが世界の一切となるのです。
だから個が消え去る。

わたしイコール一切となるのです。

観照に成るまで全面的に理解を深めて行くのです。
外側の世界の理解が内側を作るから、世界に曼荼羅を見るのです。
これが内と外のわたしの和合でまた内側のわたしの分離の和合です。
343:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 18:28:46

みなさん今日は。


そうかmkさんこの、この根源は、こころの奥深く喜びが湧き出ずるところにの境界線の向こうの彼岸です。
あらゆる物がそこに在り、しかも一つの物に成っている、一如これが根源です。
ハイとイイエが分かれてない。

この根源に常時わたしが消え去った状態が完成です。
完全なるエゴの消滅です。

この彼岸、根源にはエゴが存在できない、二つのものが存在できないからです。
だが一つの物だから個の無い完全な我とも言われ、真我とも呼ばれます。

この一如に一時的に飲み込まれるために禅や瞑想があり。
それが常時になると完成です。


mkさん誰でも根源に触れた事があり、今でも触れている。
触れてない人などいないのだよ。
この根源である一如が我々の故郷であり、実は今でも我々はそこにいる。


そこにいないと思っているのは皆さんの記憶だけです。
だから悟ったものは誰しも、わたしは何をしていたのだろうと言うのです。
342:エル :

2013/05/04 (Sat) 18:09:58


遊び方にも、いろいろあるのだと思いました。

真面目なふりして遊んでる人

遊んでるふりして真面目な人

僕は、真面目なふりして行こうかと・・。

だって、大人だもん
341:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:26:32

俺、完璧に変ですよね? ごめんなさい。
340:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:12:17

これから、じっくりみなさんの書き込みを読みます。
339:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:09:51

あー、すっきりした。

どんどん妄想が湧いてきてしまいます。だんだん落ち着いてくるのかな?
みなさん何かアドヴァイスをください。
338:ひとのこK :

2013/05/04 (Sat) 17:09:06

師匠皆さんこんにちは
今会社の方々と旅行にきてます。
温泉良かったな
さいさんに良いところ教えて貰おうかなー

かずよしさんお返事遅くなってごめんなさい

でも、タオさんやヒロさん、エルさんが先に書いて下さったみたいですね。
師匠のお返事もありましたしね

因みに一緒に旅行に来ている同僚はSKEが好きだそうですよ

僕はわかりません。ごめんなさいね

自分と自分の和合…そうか。

平面と立体

次元が違うんですね。

次元上昇って一時期騒がれてましたけど、空中に浮かび上がってとか、ナントカ色々言われていましたけど、そういう意味では次元上昇ですね。
夕御飯に行ってきます
337:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:04:28

今宵の映画はアセンション宇宙進化のお話。
叙述詩、ノアの箱舟のリメイク版。

どこぞの者は早くしないと乗り遅れると狂言を言うが、
私たちはすでにその船に乗っていると気づけば良いだけだ。

この船はあまりに大きすぎるため、一人残らず救済できるというほどの代物。
大船に乗ったつもりでいなさい。

分からないことはそこにいる古老に聞きなさい。
古老は良い良いと肯くばかりだ。

さぁ、今宵も晩餐を始めよう。

誰かまだ寝ている子たちを起こして来ておいで。
隠れんぼしているのはどの子たちだい?

マミー、今夜はシチューですか?いっぱいスパイスを効かせてくださいね。
ほらちゃんと手を洗ってきたの? ピーマンを食べなきゃだめじゃない。
336:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:03:03

叱られたら止めた方が良いのですか? 止めない方が良いのですか?

Tさん、僕が大人になれるようにちゃんと叱ってください。


ウチにお母さんはいないんですか?
お母さん、お母さん!
すぐに叱るから僕はお母さんなんて嫌いです。
335:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:01:51

お兄さん、お姉さんたちが手をつないでいてくださらないと僕は迷子になってしまします。

考えているのは僕ではありません、天生に違いない、天生に違いない。


僕はみんなと遊ぶための僕を残しています。

お兄ちゃん、お姉ちゃん、僕は海賊王だぞ。
エルちゃん、僕と一緒に遊んでよ。

みんな僕と海賊王にならないか?
334:かずよし :

2013/05/04 (Sat) 17:00:51

みなさん、こんにちは。荒らしです。


僕が目にする世界は大きすぎて、一人で背負うことができません。
皆さん一緒に背負ってくれませんか?
僕はあなた一人に背負わせません。

僕が先生から受ける愛は大きすぎて、一人で受け取りきれないので
どうぞみなさん一緒に受け取ってください。

どうぞためらわずに孤独な僕を救ってください。
333:エル :

2013/05/04 (Sat) 13:24:45

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
お陰様です。いつも、ありがとうございます、感謝です。

今日は頭の中、空っぽ的感覚です。
読書できそうです。神示読みます。
332:ひとのこ mk :

2013/05/04 (Sat) 13:17:25

ひとのこさん みなさん こんにちは

今日はとても爽やかな陽気で、そこそこ忙しいながらも落ち着いた気持ちで仕事をしています。

すっきりして質問が出てこないので、今日は雑談を。


ある方から本を紹介してもらって読んでいます。
神話(宗教)から民話、寓話、民族の生活、を研究していた教授の本です。
神の起源や象徴的な話というのは、時代と場所を超えて共通点があり、相違点は生活スタイルの違いが影響していると。
そして、自然と深く関わって生活していた民族には、突然、根源に触れるような「体験」をする若者がよくいたようだと書かれていました。
体験者は即「シャーマン」のような民族を導く者になるわけでなく、恍惚ダンサーとして神がかりの状態と恍惚感を表現したり、
シャーマンに託され、それまでの生活と体験で出会った神とうまく折り合いをつけ、民族の精神的助言者として生活していけるように教育されるのだそうです。

この本を紹介してくれた人も、子供の頃に体験が突然やってきたそうです^^
ネットで知り合って、文字でやりとりしています。それだけでも、とっても自然体な印象をうける方です。
次々と楽しいことを探して楽しむというよりは、日常と、おこる出来事と、あたりまえに心底楽しんでいる感じです。
お気楽でほっとすると表現した人もいました。

もちろんここを紹介しています。読みにいらっしゃってるはずです。
331:ひとのこ さい:

2013/05/04 (Sat) 12:07:50

先生

エンジン付きですね。久々にこの言葉きけました!

>外鏡に振り回されなくなればなるほど見ることが出来てきて、
見ることが出来るように成って来るほど外鏡に振り回されなくなってくる

いつもの逆説的な語りが心地よいです。
これ、肝心ですね。

補足有難うございました。
330:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 09:20:12

皆さん今日は。


さいさん補足です。

これの最も大事な意味はね、思考とわたしを切り離して眺めて見て見ることに
意味があります。人は如何しても自分の考えと思考を捉え離れられないからです。

苦しみとはただの、思考にすぎないと体感的に理解できれば上出来です。

それが理解できると、必要なとき以外は思考を隣に置くように
自動でなってきます。

そうするとね。見るという質がこれも自然に現れてくるのです。
巻き込まれると見る質を失うからです。
外鏡に振り回されなくなればなるほど見ることが出来てくるのです。

外鏡に振り回されなくなればなるほど見ることが出来てきて、
見ることが出来るように成って来るほど外鏡に振り回されなくなってくる。

これは車の両輪のようなものなのです。
ラジニーシは見ることを教えたが
わたしは積極的に外鏡に振り回されない心の生み出し方も
教えるのです。両面から進むほうが早く進むからです。

これはね、風任せの船とエンジン付きの船位の差が出るのです。

329:ひとのこ さい:

2013/05/04 (Sat) 09:03:59

先生 みなさんおはようございます。

三連休、お天気良さそうですね。大阪もいいお天気です。

先生メールでのご回答ありがとうございました。みなさんこれは秘密などではないのです。

秘密などありえませんし。今日の質問は坐り、瞑想に関することでした。最近は超越観法のお話が多いので自己観法との関連についてでした。

明確に回答いただけましたので記しておきます。

僕の質問に対する先生のお答えの全文です。

さいさん今日は。

どちらも紹介して宵よ。
人により気に入る方があると思う。

>横に置く自己観法は坐りの時
>日常24時間は超越観法  そういう紹介でいいのでしょうか。

指定しなくても宵よ。
超越観法は一時的につよい効果がある場合があります。だからあまり普段はあいません。

横に置く自己観法の補足ばんが超越観法なのです。
置くと言うことが上手く理解できないときに役に立ちます。
だから別々と考えないほうがよいでしょう。

ですから、横に置く自己観法だけでその状態がつかめる人は無理に超越観法を行わなくてよいです

ということです、きっとこのお答えがみなさんの役に立つと思います。

ここでは初めてこられた方もおられるので、混乱させても行けないと思い掲示板ではなく、メールで質問させていただいたのです。

僕の気にかかって点でした。よく読まれて理解してもらえればと思います。

先生にお断りもなく全文載せさせていただきました。ありがとうございました。

さあ、今日も1日書き込みが楽しみです。

ポチしてからブログを書いていきます。ポチお願いします!!


328:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 08:36:45

皆さん今日は。


>神示でも、「まずは自分と自分が和合することぞ。それが第一」

これだけ簡単に書いておこう。

人の理解がハイかイイエだから人の心は分離している。
半分を切り捨て半分を生かしている、自分が二つに分かれているのです。

この分離の和合が自分と自分が和合だ。
全面的に成る事、トータルに成ることです。

内側の善悪の心も切り捨てず、トータルにすることです。
ハイかイイエが平面的であり、トータルが全面的であり、
全面的が立体だ全面的が自分と自分が和合だ。

内と外、善と悪全ての極がトータルに成ることそれが和合だ。

トータルはラジニーシの言葉で、わたしは両極性と呼びます。
トータルと両極性同じ意味だね。

トータルとは、両極性とは、相反する極が
一人の中で矛盾せず、共に働く状態を言うのです。
陰と陽が共に働く、それがトータルであり、両極性だ。
どちらかと言う理解を止めなければならない。
327:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 07:48:24

皆さん今日は。


わたしは今日から三連休ですのでまた後で何か書きます。

ところでエルさんも変わってきましたね。
凄く楽なところに立ってます。
326:ひとのこ :

2013/05/04 (Sat) 07:34:40

皆さん今日は。

>僕が手にした悟りはあまりにも大きすぎて背負いきれないので、
>どなた代わりに背負って頂けませんか?

では軽くしてやろうね。

それはね、悟りの体験では無いから楽に成りなさい。


>あの日、あれがどういうことなのか私には判断できないし、
>よくおぼえてもいないのですけれど、私という意識が抜け落ちました。

>どれくらい時間が経ったのか分かりませんけれど、
>再び“私”という意識が浮かび上がってきました。
>ほとんど同時に「これは悟りなのかな?」という想いが沸きました。
>それを悟りだと判断して、
>すぐに「私は悟った」とかすかに想いました。

>その時から「悟った私」を所有し始めました。

悟りとはね、超個に個が飲み込まれわたしが消えると言う体験だ。
おもしろいことにね、一度超個に飲み込まれると、
個をわたしとは思わなく成るのだよ。

かずよしさんの話しはね例えるとこんな事だよ。

右手が個人と思い込んでいて、突然わたしと言う感覚が消えたのです。
これが悟りかと思ったらわたしに戻ってしまった。

この右手の視点は右手の中に留まるのです。
わたしと言う意識を持った右手、
突然わたしと言う意識が抜け落ちた右手どちらも視点が右手上に留まっている。

超個の視点が無いのだ。
この超個の視点に一度立つと、二度と個をわたしと騙されることがない。
例えわたしと言う感覚が残っていても、それを信じないのだよ。

わたしと言う意識を持つ、わたし、わたしと言う意識が抜けをちた、わたし。
どちらもわたし上にいるのです。超越が無いのだよ。

超越が無いから、かずよしさんは、それを私と呼ぶのです。

悟りの体験とは、悟ったものが消えてしまうと言う体験なのです。
悟りを所有するにも所有するものが消えてしまうのです。
悟りの体験をしたものは、二度と個をわたしとは認めないのです。
だから悟ったものがいないのだ。

悟りとは誰にも所有できないものなのです。それは無理なのだ。
上手く出来ている。

だから安心しなさい。それは悟りの体験ではない。

では何が駄目なのだろう。
かずよしさんがわたしを、わたしと見なすことが駄目なのだよ。
でもねそれをわたしと見なして語らないと今度は成果が受け取れないな。
自分のために離す価値がなくなるね。

>誰かの為でなく、自分の為に語っています。
わたしをわたしと見なさないと、自分の為に語ることがだんだん減ってゆくのです。
話すことで受け取れることがだんだん減ってゆくから自分の為に離す価値が無くなってゆくのです。

かずよしさんが何といおうとそれは貴方ではない。
全体の一部が全体の指示で動いているだけでだ。
だから貴方自身が受け取れる成果など無いのだよ。

きっと神がわたしに、かずよしさんから、責任と成果の全てを奪い神に引き渡せと言っているのかも
知れないね。わたしと話していれば、重荷を全てを奪い取り軽く楽にしてあげるよ。
325:ひとのこ百番 :

2013/05/03 (Fri) 22:50:50

みなさんこんばんは。
タオさんおひさ。元気でなによりです!

悟り体験話で盛り上がってきましたね!

エゴは悟り体験をも自分のモノにしようと躍起になります。
しかし手に入るモノは単なる記憶ばかりですね。
ですから誰もが「いま」私が消え去る方法を実践されるわけです。

憧れや渇望はひとまずスクリーンの向こうに置いて、淡々と気付き続けましょう!

324:ヒロ :

2013/05/03 (Fri) 20:48:46

こんばんは。みなさん。

かずよしさん
>僕が手にした悟りはあまりにも大きすぎて背負いきれないので
悟りとは、そんなに苦しいものなのでしょうか?悟りが苦しいなら下されたら
どうでしょうか?まずは苦しいものから離れた方が・・。
323:かずよし :

2013/05/03 (Fri) 19:58:36

僕が手にした悟りはあまりにも大きすぎて背負いきれないので、
どなた代わりに背負って頂けませんか?
322:はるひね:

2013/05/03 (Fri) 19:10:38

ひとのこ タオ さん
はじめまして。

ひとのこ mk さん
ありがとうございます^^

>悟りの経験が悟りを遠ざけてしまいます。
私は悟りの体験をしたわけではありませんが、
2年前、内面が広々とした静寂になり、まさに水滴を一滴落とせば波紋とともに
響き渡るような果てしない静寂でした。
仕事をしていても、人と話をしていても静寂でした。

私にとっては、そのような静寂は初めての体験だったので、
かずよし さん のおっしゃるように
その体験を自分の体験にしようとしてしまい、
ついには、実在さえ自分のものとするドラマを無意識のうちに描こうとしてしまいました。
結果、ジレンマに陥り、苛立ちや不平不満で埋め尽くされてしまったことがあります。

悟りの体験ともなれば、尚のことと思います。
321:エル :

2013/05/03 (Fri) 18:04:53

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこさいさん ひとのこタオさん ひとのこmkさん
お返事ありがとうございます。とても参考になり学ばせてもらってます。

かずよしさん
体験を分かち合ってくれたこと感謝です。
かずよしさんの体験、バーナデット・ロバーツさんの著書「自己喪失の体験」という本の中で語られる、
彼女の体験と同じように感じました。もちろん、この体験だけで自己喪失できるわけじゃありません。
哲学者EOの教え借りますが、たとえ、どのような高尚な悟りの経験であっても、
過ぎ去れば、過去であり、それは、もう悟りではありません。
それに囚われてしまうと、悟りから、どんどん遠ざかってしまいます。
悟りの経験が悟りを遠ざけてしまいます。
320:ひとのこ mk :

2013/05/03 (Fri) 14:05:19

ひとのこさん みなさん こんにちは

習うより慣れろ、反復反復~、癖になるまで、自然にできるようになるまで。ですね。


エルさん^^
私mkは抜きん出てなにかできたり、はできないひとのこです。のび太くんです。

でも、ここで学んでいると思うのが、そもそも誰も何も持っていないはずなのです。 誰もが全てであるということでもあります。
全である宇宙から振り分けられる「適材適所」の役をこなすのを見ているだけということになるはずです。
それは個我が決めてやることではないはずです。役の所有なんてばかばかしい話です。でも、お役をやるかやらないは自分で決心する必要はある。

白状しますと、「私はできない」と思うことでほっとすることもよくあります。
気負っているんです。やろうとしてできなかったら自分がもっと貶められると思っているためです。←何か持ってると思ってるのです、何かわからなくても。不必要な責任感です。
ひとのこさんはよくおっしゃいますね^^「それをしているのは誰ですか」


はるひねさん
やわらかい文章がとても素敵です^^


かずよしさん
とても面白い表現を使われますね^^


タオさんお久しぶりです~
319:ヒロ :

2013/05/03 (Fri) 13:53:21

こんにちは。みなさん。

かずよしさん
ハイテンションOKです。
>なぜなら、あの日、ただ自分を捨てて、
>これからの生涯、どのような世界、瞬間が来ようとも、やれるだけのことを全部やってやる。
>と決意をしただけだからです。
経過はわかるんですが、ここで、自分捨てたってあるのに、「やるだけのことをやる決意」って
誰がやるんですか?自分捨てたのと真反対ですけど?普通、自分捨てたら、「なすがまま」って
表現しそうだけど・・。それこと一瞥あったら「神のなすがまま」みたいに・・。

かずよしさんの一瞥は私も体験してみたい、って思いますがこ、ここの方々は、平均苦悩度はむちゃくちゃ
低いですよ。それはおそらく、ここが理智の道で、着実だからだと思います。ラジニーシもよく
僧侶や霊能力でパワー見せる人が一番悟るのが難しいって書いていたと思いますが、前者は自分こそが
聖の極みと思っているが故であり、後者は自分陶酔だと思うんですよね。それで周りに美女軍団作ったり(笑)
それこそ映画になりそうなドラマに・・。神示にも、宗教指導者が難しい感じの表現ありましたよ。
ラジニーシ自身も覚醒が常時となるまでは、数年かかったっていわれていて、カルマというか
潜在意識の掃除が完成していなかったらしいです。ラマナ流ではヴァーサナ(心の潜在的傾向)
になると思いますが、このへん先生との問答で自分を攻めていかれたら(笑)どうですか?
かずよしさんがパワーがあるのと、ブレが大きいのはわかります・・。ぜひここでの学びで内面の
整理整頓をされたらいいですよ。

ひとのこ先生
>人は立体的理解が出来ないのです。
>有るか無いかの理解になるのです。

方便が終わったとは、「教え」から「道」に入ったぞ、ってことだったんですね。了解です。


318:ひとのこ タオ :

2013/05/03 (Fri) 13:43:58

ひとのこさん、みなさんこんにちは。

かずよしさん、はるひねさん初めましてタオといいます。

みなさん個性的でいいなぁと読ませて頂いてます。

エルさん
〉もう、劣等感止めます。さいさんの言葉借りるとポイします

進もうとされている姿勢見習いたいと思います♪

僕も劣等感にかなり感情を操られてきたタイプです。よーやく、なんだタダの記憶だったかと理解したし、そーゆー感情を持ったおかげで直接的な教えと巡りあうことも出来たのかと。

全てを認めざるおえないといった感じですよ~。


かずよしさん
〉怖くて構わない?と思っています。怖がりなのを変えることはできませんから。

僕も恐ろしく怖がりです。。
でも、ここに来て、怖がっている時ほど自分(エゴ)を強く持っている状態なんだと分かりました。

自分を強く持つと同時に他者も強く現れるよーに思います。この両者が消えてしまったらどんなに気楽だろーって思うでしょw

ひとのこさんが説いてらっしゃるのはそんな安楽な世界ですよー。

自分の養ってきた価値観に反するものを認めるのはなかなか難しいですよね。。

でも、それらを手放して、良いも悪いも楽しめたら苦しみはどっかいっちゃいます♪


ちなみに、僕はGwもお仕事中。長野は陽気がイイですが、職場の日照時間が短く、もう影ってきました。。みなさん良い連休を~。
317:トシカズ :

2013/05/03 (Fri) 13:31:22

皆さん、こんにちは

>問題はねその心理療法士の先生も暗示にかかっていると言うことなのです。その暗示を解き放つのが教えと言う物なのです。

ひとのこ先生のおっしゃる通りだと感じました
うまく言えませんが心理療法士の先生方も何かに捉われているような不自由な生き方をしてるようにその当時、感じました


316:トシカズ :

2013/05/03 (Fri) 13:20:46

皆さん、こんばんは

かずよしさん
>僕はその約束を何度も何度も破っています。そのことで良く自分を責めているかもしれません

かつて私も同じようなことを繰り前していました。
誰も責めてないのに凄く責められているように感じてしまう逃れようのないイメージでした

かずよしさんも「~しなければならない」「~であるべきだ」とか強く思ってしまうタイプなのでしょうか?
315:ひとのこ さい:

2013/05/03 (Fri) 12:59:48

エルさん
>、僕が変われば、家族や友人が変わり、
その人たちは、社会に接して生活してるわけだから、僕も何か貢献できるのだと、
素直に思うようになりました。

そうだね、いいことだと思います。先生のよくだされる、ヒンズーの教えとかぶりました。
314:かずよし :

2013/05/03 (Fri) 12:13:16


AKBの指原莉乃ちゃんは菩提心を秘めていると思います。
でもタイプなのは横山由依ちゃんです。
313:かずよし :

2013/05/03 (Fri) 12:08:18

「悟りを知っている自分」と「知らない他者」
という分離をより深めるために精神世界と追い求め、
孤独癖のある私は、ますます孤独になっていきました。

僕は今日も「悟り」を所有している自分に陶酔します。
「悟った私」を懐にしまい、「見てアタシってキレイでしょ?」と
お姫様気分に浸って酔います。

裸の殺人犯の猪木はチャイナドレスで女装をして、捕まることを怖れ、
逃げ回り、地獄で苦しむ子供たちを見殺しにしています。
その血を吐き苦しんでいる少女は私です。

地獄で苦しんでいる人がいたら、飛び込んでいけるだけの
愛と勇気はどこにあるのか探しています。

私は今日もまた自分と他人を欺いています。

先生、叱るなら叱ってください。ペラペラしゃべりすぎました。
312:かずよし :

2013/05/03 (Fri) 12:05:57

話の続きです。

あの日、あれがどういうことなのか私には判断できないし、
よくおぼえてもいないのですけれど、私という意識が抜け落ちました。

どれくらい時間が経ったのか分かりませんけれど、
再び“私”という意識が浮かび上がってきました。
ほとんど同時に「これは悟りなのかな?」という想いが沸きました。
それを悟りだと判断して、
すぐに「私は悟った」とかすかに想いました。

その時から「悟った私」を所有し始めました。
そして再び身体に引き戻されました。


何が起こったのか、何が変わったのか良く分かりませんでしたけれど、
これからは良くなって行くだろうと妙な自信を持ちました。
しかし現実にうまく対応できない自分が残っていることに
気づくのに時間は掛かりませんでした。

起きたことを話せる相手がいないか、知人、親友、家族、
あらゆる人を見渡しましたが見当がつきませんでした。
僕はどちらかといえば社会とうまくコミュニケーションをとれるタイプの人間ではなかったし、
地に足をついてうまく生きられるタイプの人間ではなかったので、
平然と世の中で生きている人達もあのような体験をしているのだけれど、
口に出さないだけだとよく考えましたし、今でもそうなのではないかと考えます。

なぜなら、あの日、ただ自分を捨てて、
これからの生涯、どのような世界、瞬間が来ようとも、やれるだけのことを全部やってやる。
と決意をしただけだからです。

僕はその約束を何度も何度も破っています。
そのことで良く自分を責めているかもしれません
約束を守れない自分に苦しくて、他者と関わることを避けているのかもしれません。
311:かずよし :

2013/05/03 (Fri) 12:01:02

>あと、ストーカーの話がでましたが、神示でも、「まずは自分と自分が和合することぞ。それが第一。」
ってありますので、Kさんも言われている「観る位置」(足元ってもいえますが)から
どうでしょうか?


いいえ、まだ早いです。ここからが勝負です。

誰かの為でなく、自分の為に語っています。
310:かずよし :

2013/05/03 (Fri) 11:59:25

ボンジュール、皆様


ヒロさん

勘違いでしたか?おかしいな。
日月神示の話ですね。OKです。記憶しました。
気になってる神示があるので、今度また質問させてください。


ひとのこKさん

すぐにヒーリングを感じたんですけど、
昨夜から今朝にかけてまた少し不調でした。。
運動もせず、籠もり過ぎて体にきました。

お心遣いありがとうございます。


>もしくは怖さを楽しめるのかなぁ?

怖くて構わない?と思っています。怖がりなのを変えることはできませんから。
でも僕は行動、コミュニケーション、表現をすることが苦手なんです。
これは問題だと思っています。


ひとのこ先生

僕は日常の生活をしながら、考えごとをしています。
ここで紹介される瞑想を参考にしてみます。
309:エル :

2013/05/03 (Fri) 11:47:15

先生、みなさん、こんにちは

僕が社会的ひきこもりであることについて、劣等感のようなものを感じていましたが、
もう、劣等感止めます。さいさんの言葉借りるとポイします。

その劣等感が、あったために、世界を変えるとか言われても、具体的には僕には何もできない、
そう感じてきましたが・・。

たとえ、ひきこもりのままだったとしても、僕が変われば、家族や友人が変わり、
その人たちは、社会に接して生活してるわけだから、僕も何か貢献できるのだと、
素直に思うようになりました。

ここでの学び、ほんとうに有難いです。いつも感謝し、神を賛美します。
308:エル :

2013/05/03 (Fri) 10:18:51

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこmkさん
先生からのお返事もあるかも?と思っていましたが、
mkさんからのお返事で、完璧な答えだったのだと思います。
>「希望を持たない希望、その努力」を私は行っていきたいと思うので、それだと人生はどうすることもできると言えると思います^^
了解しました。ありがとうございます*^^*
307:ひとのこ さい:

2013/05/03 (Fri) 09:20:05

先生有難うございます。

映画を見てるように努めています。努めていますが、本当のところで、自然に見れるようにしたいです。

見るものは何も考えずただ映画を見ているだけですね。そうすると夢の中にいるような感じです。

それで何度も夢の実感?がありました。お笑いください、そのようなものです。

坐りは言い訳せずに相変わらずです。ですが楽しもうとしています。
306:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 08:42:50

皆さん今日は。

映画を見ているように見ていることが瞑想ですよ。さいさん。
305:ひとのこ さい:

2013/05/03 (Fri) 08:35:46

先生 皆さんおはようございます。

大阪晴れていて暖かくなりそうです。

瞑想について有難うございました。

>こここのひとのこは、生きる事全てが瞑想です。
日常の生活をしながら、心はサマディーです。
このサマディーの深さは個々異なります。

どちらにしても全てを瞑想として生きているのです

答えそのものですね。初めての方、一般の方は瞑想は何かをすることである、または無になろうとすることである。

なろうとするのも行うことですね。座ることが瞑想と思われています。ですからここにおける瞑想は何か違うな、と思われると思います。

学びはその理解のためにあるわけですね。日常の24時間の瞑想は自我をなくしていき、個というものはないのだという理解の実践です。

やはり学び理解できてこの実践が生きてくるわけですね。初めての方はある程度理解が必要で、学んでいただきたいと思いました。

朝から生意気申しました。276番の先生の教え、癖のお話、皆さんにも僕にも分かりやすく再読されたらいいとおもいます。

繋がりがまず大事です。先生も1日1行でも、と話されています。

身体の調子が悪い方は、やむおえないですが、学んでいるものとしては、師の趣旨はよく理解していただきたいと思います。

忙しいとか、傍観しておくという考え、言い訳に過ぎず、自我の都合のいい解釈だと思います。

一行書き込む5分間を作る意思の問題と思います。いい解釈をしていただきたいです。

これもお役目なのですが、僕としては個を通り越した提言と考えています。

よろしくご理解ください。もちろん強制などではありません。そうではないかなーと思った次第です。

ポチもお願いします。

あー、いま掲示板見ましたら、先生も書かれていますね。

先輩として言わせていただきました。笑

304:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 07:50:21

皆さん今日は。

先輩かたがた、教えてあげられることは教えてあげてくださいね。
今日はこれまで。
303:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 07:47:38

皆さん今日は。


Tさんまだ、アホに成れないのかね。
アホと成って理屈捨ててやればよいのだよ。

間違っていても、誰か損をしますか?
我々は何か失うものを持っているかね。
302:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 07:44:25

皆さん今日は。

>神示では「もはや方便の時代は終わったぞ。」って書いているので、どういう意味か?

ヒロさん、忘れていた、言葉も教えも方便だとわたしは言いました。
神示でもヒロさんが紹介したように語られております。

これはね、今までの教えとは、平面的なのです。
立体の一部を限定して平面的に説かれているのです。

どの教えを見ても限定的に一面だけを説いているのです。

ところが実際は真理とは立体的なのです。

裏と表を始めから同時に説いたら分けが分からなくなるのです。
説かれた異なるように見える教えをつなぎ合わせてゆくと立体になり、
本来の真理の姿になるのです。

一つのことが複数の表し方を持っているのが真理なのです。
一つとも言え、一つでないとも言え二つとも言えまた二つでないとも言えるのです。
有るとも無いとも言えてしまうのです。
これでは分けが分からないから、限定して平面的に説かれているのです。

人は立体的理解が出来ないのです。
有るか無いかの理解になるのです。
どちらもと理解できないのです。
だから片方ずつ平面的に理解するのです。
だから方便と成るのです。

教えだけでは無く人の理解とは全てどちらかの極端になるのです。
この理解が凸凹を生み出すのです。

人は行うか行わないしかない。
行いながら行わないがないのです。
301:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 06:32:12

皆さん今日は。


>ここのみなさんは観想とか、集中の瞑想はもうされていないんですか?

かずよしさん、こここのひとのこは、生きる事全てが瞑想です。
日常の生活をしながら、心はサマディーです。
このサマディーの深さは個々異なります。

どちらにしても全てを瞑想として生きているのです。
300:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 06:27:26

皆さん今日は。


>催眠はかけるよりも解くほうが効果が絶大だと心理療法士の先生が言っていました

トシカズさん問題はねその心理療法士の先生も暗示にかかっていると言うことなのです。
その暗示を解き放つのが教えと言う物なのです。
299:ひとのこ :

2013/05/03 (Fri) 06:22:15

皆さん今日は。


mkさん潜在意識とはmkさんの意識上に現れない意識です。
詳しくは唯識で説かれております。
取りあえず、意識できない意識と思っていれば良いです。
その奥深くでは、個人すら分かれてないのです。

298:ひとのこ さい:

2013/05/03 (Fri) 00:20:25

みなさん 今晩は

外出してまして、今帰りました。

新しい方が書き込んで下さり、嬉しいですね。

Kさん(ブログではKだんですが)、同じように、僕は初めての方に仏教の初歩と心を、読者を小学生に見立てて授業しています。

その授業では、先生をしています。ですからブログのコメントなどでよく先生と言われます。

この掲示板では皆さんと同じです。先生はただ一人です。さいさん先生はやめてください。笑

新しい方が誤解されますし、さいさん先生が一人歩きしても困ります。ただここでは最年長だからまとめ役をしているにすぎません。

Kさん、でもいつもありがとうです。

Kさんから振られたので、坐りについては過去記事に僕もお話させていただいてますのでお読みください。

とにかく毎日続けることです。疲れた時も遅くなった時も言い訳を考えずにです。言い訳するのは、

自我ですから。眠たいときや疲れた時の方が坐りはいい坐りができると先生が言われています。

とにかく自己で決めたことは続けることです。

僕のブログで3-3 身近な仏教 坐りと静けさのトライ 2013、3、29

      3-8 外堀を埋める  坐りと瞑想    2013、4、6

でもお話しています。

Kさん気を悪くしないでね!僕のブログとKさんのブログではさいさん先生OKですから。笑

今日は遅くなりました。坐って寝ます。みなさんおやすみなさい!!
297:トシカズ :

2013/05/02 (Thu) 22:47:44

皆さん、こんばんは

今日は徳島でも5月なのに肌寒かったです
GW中も朝は気温が低いらしいのでお出かけの方は気をつけてください

Tさんからも学ぶことも多いので挨拶だけでもいいのでちょくちょく顔出してほしいですね

潜在意識は別名、記憶の倉庫と呼ばれていると本で読んだのを思い出しました
知識としての記憶、動作としての記憶だったと思います
催眠療法では潜在意識に直接はたらきかけ無意識下にある原因を顕在化させるという方法を使っていましたね
催眠はかけるよりも解くほうが効果が絶大だと心理療法士の先生が言っていました
なぜなら私たちはすでに催眠にかかっているからです
常識や当たり前といった強烈な催眠に
296:ひとのこK :

2013/05/02 (Thu) 22:43:34

かずよしさんお返事ありがとうです

家族が怖い…(笑)
うちの家族も僕は怖かった

だから暮らしてる…
そうですか〜
理由がわかっていて気にしてないと言うことですね…

もしくは怖さを楽しめるのかなぁ?

観想とか瞑想は…僕は詳しくないので師匠とかさいさん先生に聞いてみてください

お腹大丈夫ですか〜

295:ひとのこ T :

2013/05/02 (Thu) 21:01:51

みなさん、こんばんは。

この度はお騒がせいたしました。

いや、この度も、というべきでしょうかね(苦笑)。

現在は完全に糸の切れた凧みたいです。

完全に無防備で、手ごたえが消滅した感じです。

何の感情も湧いてきません。

この凧がどこに墜落するのか分かりませんが、糸が切れてるので制御不能みたいな感じです。

風まかせ、神まかせ?

みなさんのきちんとギアの入った言葉を、茫然と見ています。


いずれ墜落地点のご報告をいたします(笑)。


ありがとうございます。
294:はるひね:

2013/05/02 (Thu) 20:22:45

ヒロさん、フォローありがとうございます。

私も自分の感受性、結構好きです。
293:ヒロ :

2013/05/02 (Thu) 18:49:21

こんにちは。

はるひねさん
全然OKですよ!せっかくですからラジニーシの話しを。男性は男性原理である陽の部分を、
女性は陰の部分をもっているようですが、彼は各人各様で、男性でも陰の部分の多い方もいるって
言ってます。さらに彼は個体としてそれが足り立つには陰陽のバランスがとれてないと不可能
って言っていて、彼はエーテル体という肉体の内側の身体が、男性では陰(女性)で、女性では
陽(男性)って言っていて、それがバランスをとっているって言っています。だから日本で
よく「奥さんの手のひらに乗せられた旦那」ってのは納得いくわけです(笑)。でも各人各様
で、全然問題ないんですよ。感性全面出しの問答、お願いします。

さらに実は神示にもこれがあるんです! 「男の魂は女、女の魂は男。」って。ラジニーシの話し
知ってたんで、妙にここ読んだ時納得したんです。さすが、神示やるじゃん!って思いました。
292:はるひね:

2013/05/02 (Thu) 18:29:25

ヒロ さんへも
紛らわしくてゴメンナサイ^^

以前にも、女性っぽい感性してると言われたことあります。
(外見はゴツイですが^^)
それとは逆に、頭で考え過ぎることもあります。

でも、一番しっくり胸に入ってくるのは おっしゃるような愛の道のようです。
(「愛の道」なのか「自己陶酔」なのか疑わしい時もありますが、最近^^)
291:はるひね:

2013/05/02 (Thu) 18:17:29

かずよし さん
ひとのこ mk さん
ひとのこK さん

はじめまして。

ひとのこ mk さん
私は50代の男です。紛らわしくてゴメンナサイ^^
自分が感じてる感じをなるべくストレートに書くようにすると、
こんな感じになってしまうことがあります。
290:ヒロ :

2013/05/02 (Thu) 17:45:20

こんにちは。みなさん。

かずよしさん
>ヒロさんの日記の読者です。視力は順調に回復されていますか?
人違いです(笑)。どこにもあるネームでして、「ただそれだけ」(ボブさんの本)です。

先生への恐れわかります。せっかくですから神示からちょっと。
「間違った心で信心すれば、信心せんより、もう一つ厳しくえらいことが満ち始め、満つるようなるぞ。」
(海の巻1)
自我(マインド)の水平次元の話から垂直次元へ苦悩を通して入場した者は、すでに海に
碇をつけられ、海底へ投げ込まれたも同然・・みたいですね(笑)。脅してすみません。
あと、ストーカーの話がでましたが、神示でも、「まずは自分と自分が和合することぞ。それが第一。」
ってありますので、Kさんも言われている「観る位置」(足元ってもいえますが)から
どうでしょうか?

はるひねさん
ここは理智の道がベースですが、先生は愛の道もひっくるめて言われるので、感性や直感など
お得意の女性ならではの問答展開期待してます!
289:かずよし :

2013/05/02 (Thu) 16:39:57

ひとのこKさん、どうもありがとう。

>例えば映画を見ていて、主人公が何かしているのを、怖くて仕方がないと感じますか?

何から何までではないですけど、怖くてできないことがあります。
特に家族が怖いですね。親が怖いですね。
だから親と暮らしているんだと思います。


>ここの昔からの方々はそこから「自分」を見ているように心掛けています。

ここのみなさんは観想とか、集中の瞑想はもうされていないんですか?


>ヒロさん

ヒロさんの日記の読者です。視力は順調に回復されていますか?


書き込みすぎました。
今日はこれぐらいにしておきます。
288:ひとのこK :

2013/05/02 (Thu) 14:45:00

師匠皆様こんにちは

はるひねさんはじめまして
ひとのこKと申します。ようこそ掲示板へ

これから宜しくお願いします

不二は晴れたり日本晴れ…
そうか日本晴れ…
何通りも読める。

師匠ありがとうございます

師匠のコメント、指針としてとしてシンプルでわかりやすかったです。
現実に起きている事の全てが許容範囲ですね。
また枠が広がりましたただ方向が間違うと回り道になるから教えて頂いていると言うことですね。

かずよしさんへ

例えば映画を見ていて、主人公が何かしているのを、怖くて仕方がないと感じますか?

私達の人生は映画です。
映画なら色々あった方が面白い。
ホラー映画好きなんて怖けりゃ怖いほどいい(笑)
ここの昔からの方々はそこから「自分」を見ているように心掛けています。
ひとのことついている方々は皆さんそうです。

だから今回のTさんへのお話のように、誰かが悪いとはならず、その行為自体を吟味するとなります。

ところで、ご自分の経験をお話して下さってありがとうです

287:かずよし :

2013/05/02 (Thu) 14:39:35

さいさん、 
ゆっくり読めば、十分わかります。
ありがとうございます。
また何かあればご質問します。
286:ひとのこ さい:

2013/05/02 (Thu) 14:09:55

かずよしさん今日は
ひとのこファミリーネームの方がたくさんいらっしゃられますけど、
どうしてですか?

あと人集めとかお役目を与えられている方達がいらっしゃいますけれど、
役割はどのように決められていったんですか?
自発的にやられていることでしょうか

これについて皆さんを代表してお答えします。

まず ひとのことは 人間 とは 覚者 とは  以下に先生の記事よりUPします。

(人間)
感覚器官が指し示す感覚に従いわたしが行為していると
疑いを持たない者を人間と呼ぶ。
人間は条件によって心の動きが左右されており、それが苦しみの原因である。
心が主、人間は奴隷である。



(人の子)
感覚器官が指し示す個人という感覚は残るものの全体だけが存在し
わたしという個人もわたしが行う行為も実は存在してはいないと
理解している者を人の子と呼ぶ。
人の子は条件によりわずかに心が動くものの全体しか存在しない
と言う理解が心を静める。仏教的に言えば菩薩である。



(覚者)
感覚器官が指し示す個人という感覚自体を消滅させた者を悟りになったもの
光明を得た者、覚者、神、仏等と呼ぶ
このような存在は、もはやこの世のものではない真如(tathā)から来るもの、
如来と言える。
この様な存在はどの様な行為を行っても心の動きの原因となる、わたしを持っておらず、
心は完全に停止している。

難しいでしょうか? まずこれを理解してくださいね。もし難しければ、初めての人のために僕もブログをしています。先生のブログ大乗右端にひとのこさいのブログがあります。

僕の3月8日 第二回目 ひとのことは? がありますので見てください。

先生からのお薦めと、今は自主申告により先生が認められたときに、ひとのこ を名乗ることが出来ます。

人集めはこの掲示板を盛り上げるため、大きくは先生の教えを広め、世界を救うために、あくまでも自主的に、主にひとのこの皆さんがしています。

また何なりとお聞きください。





285:はるひね:

2013/05/02 (Thu) 14:05:34

トシカズ さん、はじめまして。

ひとのこ T さん、こんにちは。
Tさんのブログではegoizumojpです。
ブログへの お返事、ありがとうございました。

ひとのこ さん、回答ありがとうございます。
思ったまま質問してしまったため、漠然とした質問になってしまいましたが、
とても解りやすい回答をいただき、ありがとうごじます。

読んだ後、
「あ~早く飲み込まれたい」「どんな今も喜んで受け入れたい」という思いと裏腹に、
今の自分が消えてしまうことに対する自己憐憫の微かな悲しい思いが湧いてきます。

どちらの想いも、Tさんのブログで書いてるところの「青空に浮かぶ雲」なのかなとも思うのですが、
だとしたら、いったい この雲達は何処から湧き上がってくるんだろう?と疑問が湧き、
やっぱり、「個としての自分が居る」という観念からかな~。

「あ!もしかしたら私はすっご~~~く「私」を手放したくないのかも!」
「実はフリをしてやり過ごし、アワヨクバ個の私のまま根源に触れようと願ってるかも!」

などとシリアスな雲で埋め尽くされてたところ
ひとのこ さん の、繰り返し行うことで癖になってる話で、
「個の私」をシリアスに捉えていたことに気づかされました。

「個の意識」も「全体の意識」も繰り返すことで身につく癖と同じという観点は新鮮でした。
囚われていた注意を すごく自由にさせてもらえました。
ありがというございます。
284:ひとのこ mk :

2013/05/02 (Thu) 14:04:27

ひとのこさん みなさん こんにちは

はるひねさん はじめまして
はるひねさんもしかして、女性ですか? 文調からそうかなって。 私は30代女子です。
ここの女性人口が少ないことがちょっと気になっていたんです。以前の掲示板には書き込みいらっしゃったので心配はしていませんけど。
根源に触れる努力は、根源を意識する機会を多く持つことからだと思います。雑多な日常の合間にこの掲示板にマメにいらっしゃることがそのことにつながるとおもいます^^
どうぞこれからもよろしくお願いします。


百番さん 私のコメントにフォローありがとうございますT‐T
そうそう、そういうふうに書きたいんです。って思って読みました。私の作文能力は、もう、orz
もちろん私ができるところでがんばっていきますが、このようにスマートに補足していただけると大変ありがたいです。

でもこれからも気負わずお気楽に発言していくつもりです。自身に与えられている役割を知る努力も真剣にしていきます。

ひとのこさんとTさん、さいさんのやりとりから、そのことを改めて学ばせてもらいました。
正に師と兄弟子のやりとりです。ありがたやありがたや。
気負わないからできるはっきりとした内容でした。気負いやは自分が何か所有しようとするところからあらわれるのだから。



以前、根源意識と分別意識、全体と個の意識について教えてもらいました、
今日書かれていた潜在意識というのは、無意識の部分ということだと思うのですが、分別も知らず持っているというので、根源と分別の混じりあった部分と考えていてよいのでしょうか。それともまるっと分別意識のことでしょうか。


エルさん
その民間療法の先生のおっしゃる「いい人」という人ばかりの世界に変えましょう、というのがひとのこさんのおっしゃる大乗の世界への活動のことだと思います。苦しみから満足の世界へ。
私たちはすでに救われているという意味では、人生はどうすることもできないという言い方でもいいかもしれません。
それでも、ひとのこさんのおっしゃる「希望を持たない希望、その努力」を私は行っていきたいと思うので、それだと人生はどうすることもできると言えると思います^^
283:かずよし :

2013/05/02 (Thu) 13:49:52

ストーカー人間は、付きまとっている相手と交際していると空想して、
そのための努力をしていますけど、現実は交際などしていません。

ストーカーがそれに気づいて自分は思い違いをしていた、
最初から付き合ってなんていなかったと認めることを
人は奇跡だ!超常的な出来事と見なしますか?

だから何かが変わるというよりかは、自分の視点をまったく変えてしまうことなんです。

ストーカー人間である僕はエルさんに語ることを自分で読み、学び直しています。
今日も見事にストーカーをやってのけています。
282:かずよし :

2013/05/02 (Thu) 13:38:51

エルさん、ふみおさんへ

一瞥の話の続きです。

瞑想はあまりしていませんでしたけど、
仕事をしている最中も瞑想しているつもりでやっていました。
なんだか色んなことを試していた思い出があります。

あと努力が通用しないと知る時まで、痛々しいほどの努力をしていました。
夢破れて、絶望する瞬間を迎えるために努力してきました。

でもそれって、若い人なら誰だってそうですよね?
夢を持って、努力をした人しか、挫折を経験することはできません。
281:かずよし :

2013/05/02 (Thu) 13:36:31

みなさんにご質問があります。

ひとのこファミリーネームの方がたくさんいらっしゃられますけど、
どうしてですか?

あと人集めとかお役目を与えられている方達がいらっしゃいますけれど、
役割はどのように決められていったんですか?
自発的にやられていることでしょうか?


ひとのこ先生

僕はなんだか先生が恐ろしいです。先生に嘘つくのが怖い。

僕は人の為に奉仕をするのが怖い。人の為に働くのが怖い。
280:かずよし :

2013/05/02 (Thu) 13:34:56

こんにちも、夢のようです。

はるひね先生はじめまして。 僕も新しく来た人です。

>>ヒロさん、

掲示板の少しづつ過去読んでみてます。
ためになる話多いです。ラマナのamazonレビューから来た人が多いのですね。
吾は確か、ボブセイラーアダムソンのレビューから来ました。
ボブさんの本を買おうか迷っています。
279:ヒロ :

2013/05/02 (Thu) 11:49:56

間違い訂正です。
>仏教でもそれに体操するものがあったと思いますが
もちろん「対応」です。すみません。
278:ヒロ :

2013/05/02 (Thu) 11:48:10

みなさん こんにちは。

GW残り、晴れそうです。木々が喜んでいる感じです。

ひとのこ先生
>繰り返して繰り返しているとそれがわたしから離れて自然に動き出すのです。
>それが瞑想が瞑想を行っている、マントラがマントラを唱えている。と成るのです。
潜在意識の話、仏教でもアラヤ識のもっと外側の意識に相当する意識でしたか? ヨガでも
ヤマ・ニヤマで「やっていけない事と積極的にやること」が言われており、仏教でもそれに体操
するものがあったと思いますが、日々実践の成果は、この潜在意識レベルの成果に繋がるのか?
って感じました。神示でも「そんなすぐにはできんぞ。気を引き締めてやってくれ。」みたいに
書いてあるのがありますが、ひとつひとつなんですね。まさに、富士山登りです。

277:エル :

2013/05/02 (Thu) 10:52:12

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生、質問です。

僕は、精神世界用語でいう、いわゆるサイキックスポンジの症状が強くあって、
そのため、人の多い場所に行くことができません。
スピ系の本で、それに対処するテクニックが、いろいろ紹介されてあることがありますが、
どれも、まったく役にたちませんでした。
唯一、ヒントになったのは、ベンジャミン・クレームという人の本の中で、
「同情しすぎ」という言葉があって、僕は、自分の共依存症的な性格に問題があると思いました。

先生に教えてもらった、動けない位置から動くことによって、
この問題にも対処しようと考えているのですが、それ以外にも何か助言あれば教えてください。

また、以前書いた、僕のことを脳の外側が発育していない、と言った民間療法の先生の助言に
「貴方の人生は、貴方にはどうすることもできない、よい人といれば、貴方の人生はよくなり、わるい人といれば貴方の人生はわるくなる、それだけです」
と、言われ、僕自身も、僕の過去を振り返り、その言葉に納得しました。

この民間療法の先生が言われたことを、僕は、そっくり、そのまま信じていてよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。


ひとのこ先生、今日の先生の教え、とても分りやすく感じました。ありがとうございます。
276:ひとのこ :

2013/05/02 (Thu) 07:30:14

皆さん今日は。


あーそうそう。一つ書いておくよ。

人はの自然はエゴの中で生きる事です。
右足が個として生きることが人の自然です。
個と言う意識が人の意識だから当然です。

ところがね、全体を意識して生きていると今度はそれが自然に成る。
これはね癖なのです。

癖になるとそれが自然に成ってくるのです。
個として考え個として生きることが我々の最も古い癖なのです。


わるいことを始めて行うときは、抵抗がある。
ところが何回も何回も行っているうちに自然に行えるようになる。


これはね、われわれが持っている特長なのです。
繰り返し繰り返し反復することで自然に出来るようになる。

これはスポーツでも学びでも同じです。
生き方考え方意識も同じなのです。

個として考え個として生きていれば、個であることが自然に成るのです。
逆に全体として考え全体として生きる癖をつけると、それが自然になる。
これはね癖なのです。


お釈迦様はわるいことは次に行わないようにし、
良いことは繰り返し行いなさいと言いました。


これはね癖なのです。
我々の最も古い癖が個と言う意識なのです。


瞑想もマントラも読経もこの癖を利用した悟りの原理なのです。
繰り返して繰り返しているとそれがわたしから離れて自然に動き出すのです。
それが瞑想が瞑想を行っている、マントラがマントラを唱えている。と成るのです。

これ何かと言うとね、潜在意識がそれを行っているのです。。
これを癖と呼ぶのです。

繰り返し反復する事で潜在意識がそれを行い始めるのです。
だからわたしが行っていると言う感覚が消え去るのです。

表面の意識を動かさず潜在意識で動くのです。
日月神示をあらわした、お筆先もこの一種です。

無意識レベルで体を使うのです。
275:ひとのこ さい:

2013/05/02 (Thu) 07:29:47

先生 皆さんおはようございます。

大阪晴れていますが肌寒いです。

>不二は晴れたし二本晴れ。

先生の今回のことについてのコメントにより完全に元どうりとなりました。

全てめでたしです。ご心配おかけしました。

Tさんは今後また,核づくり一緒に考えてください。

今回のことはみなさんにご心配かけたことと思います。

もともと、個人というものはありません。となれば、個人的ということもありません。

これで、信頼も深まったと考えていますのでご安心ください。Tさんよろしくです。

先生ありがとうございます。

新しい方がここに入ってこられましたね。嬉しいことですね。新しい方もゆっくりでいいですから

先輩の皆さんと共に学んでください。

先生は今年は、本気です と言われています。皆さんと共に手足となり、核づくりを考えていきましょう。


>不二は晴れたし二本晴れ。

先生うまくかけられましたね。

まさにその通りとなりました。  めでたしです。

ポチしてくださいね!!

274:ひとのこ :

2013/05/02 (Thu) 06:48:41

皆さん今日は。


ヒロさんは、本当に歩く神示と成りそうだね。
273:ひとのこ :

2013/05/02 (Thu) 06:45:52

皆さん今日は。


>Tさんと先生の問答を読ませていただきました。
>問いと答えはふたつで問答、弟子と師匠ではじめて問答であわせて素晴らしいですが、
>自己を見つめてさらに言葉に起こせるんだから問い自体も素晴らしいです。
>先生の視座を垣間見た気がします。

Tさんの慢心の件があったでしょう、百番さんだからね、
今後は、慢心の元をつもうと思うのです。
Tさんでもこうなるのです。あたらしい人なら重くなるからつみます。

今回のTさんの問いはわたしがちょっかいに、ちょっかいを出して
Tさんに出させたのです。苦労しました。勿論、問いの内容はTさんが
自己を見つめてさらに言葉に起こした。
だがだよ。神がそれをさせたのです。

Tさんの問いもわたしのちょっかいも、回答もです。
だから成果も責任も神のものです。

不二は晴れたし二本晴れ。
272:ひとのこ :

2013/05/02 (Thu) 06:16:29

皆さん今日は。


はるひねさん、ようこそ。


>どうしたら根源に触れることができるでしょうか?

はるひねさんが、自他の区別無くどんな今でも、今を喜んで生きる事が出来るようになれば、
根源は根源から貴方に近づき貴方を飲み込むでしょう。
条件がそろうと、根源から近づいてきますので探すことはありません。。

それが出来るように学びましょう。
今日始めてなのであっさり書きました。
質問があ在れば何なりと。
271:ひとのこ :

2013/05/02 (Thu) 05:57:53

皆さん今日は。


mkさんその通りです。

主がいなければ徒は存在せず、徒がいなければ、主が存在しない。
これはね神と人の関係も同じなのです。

>主はもちろん大事だけど、従がなければ主になりえない。
>だけどなににもやもやしていたのか。
>で、相手に自我を見れば(自身に自我を認めれば)、どんな役でも主と従の関係は難しいんだって気づきました。
>逆に、相手に自我を見なければ(自分の自我を認めなければ)、どんな態度状態の人に対しても、必要だと感じれば喜ん
>で従うだろうって。

わたしも以前は全てまっ平らにすべきだと思っていた時も有るのです。
それならこの世界を粉々に壊す必要が出てきます。
そうなったらどうなるか、考えたら、バラバラになる。

人がいくら地球上にいてもね、全く数の力を発揮できず、
我々が豊かになれないのです。

主にも徒にも個我が無ければ何の問題もおきません。
互いに互いの事を考えればいい。
270:エル :

2013/05/02 (Thu) 00:29:02

先生、みなさん、こんばんは

人生はゲーム、心はダンス♪

こんな時間に、こんな言葉書きたくなる自分が可笑しくも思ったりしますが・・。

ヒロさん
「天明、阿呆になれ」の解説、僕はまだ読んでないですが、とても分りやすくて、それに面白かったです^^

トシカズさん
富士山はデカいですね。僕は高速道路のパーキングから見た記憶あります。

ひとのこTさん
忙しかったんですね、お仕事お疲れ様です。質問版もブログの方も、また楽しみにしています^^

みなさん、宵夢を~☆
269:ひとのこ T :

2013/05/01 (Wed) 22:19:01

みなさん、こんばんは。

今日はとても忙しくたった今帰宅しました。

質問掲示板の内容をシェアしていただき、ありがとうございます。

私は右手と左手のたとえで「あ」と感じました。

「無意識層」という言葉に捉われていたのでした。

じっくり咀嚼したいのですが、今日はムリそうです。




はるひねさん、

初めまして・・・・・ではないのですよね?(笑)

ハンドルネームが違うのでどなたか分かりませんが、ようこそいらっしゃいませ。

質問はドンドンなさった方いいと思いますよ。

これからもよろしくお願いしますね。


あー、もうこんな時間・・・・。

今からマイブログのコメントにお返事を書いて、明日の仕事の準備をしまーす。
268:トシカズ :

2013/05/01 (Wed) 22:01:20

皆さん、こんばんは

初めまして、はるひねさん
私もひとのこTさんのブログでも学ばせてもらってます

ヒロさんの神示話を聞いていると先を読みたくなりますね
もっと神示関連の書き込みしてもらえると嬉しく思います
富士山は新幹線から何度か見たことあります。別格の偉大さを感じる山ですね

ひとのこさんとTさんの問答読ませていただきました
まだ個人意識があるのがよくわかりました



267:はるひね:

2013/05/01 (Wed) 21:45:32

ひとのこ さい さん
エル さん
ヒロ さん
ふみお さん
ひとのこ百番 さん

はじめまして。
266:ヒロ :

2013/05/01 (Wed) 21:30:53

こんばんは。

ふみおさん
>もちろん、世間一般でいう阿呆とは定義が違うのでしょうけども。
たぶん、これも方便だと思います。先生も「言葉はすべて方便」とかいわれていたかと思いますが
Aである、と表現すると、Aでないものを暗に含めた上で、二元を前提としてAを語るわけです。
だから、対している人に何を投げかけるか、ってことになるので、妙な言い方ですが、年中あほみたいに
して何も考えていないような人に、同じ言葉は神は投げないだろう、ってことになります。
ただ、神示では「もはや方便の時代は終わったぞ。」って書いているので、どういう意味か?
って思ったりしますが。
265:ひとのこ百番 :

2013/05/01 (Wed) 21:23:01

みなさんこんにちは。

はるひねさん、ようこそいらっしゃいました!
お仲間が増えて嬉しいです。我々も共に学ばせていただきます。

なんだかんだでT先輩に導かれてお集まりの方が多いですよね。
私も頑張らないと・・・

mkさん。暴君おやじ(笑) 外見は同じでも全然違いますね。
家庭から考えると視座が家庭規模になって、その全体の役割バランスが見える
という事ですね。
つまり主と従の同じ別の側面が見えるのは、主と従とを超越した視座だという事でしょうね。
264:ヒロ :

2013/05/01 (Wed) 21:05:26

こんばんは。

神示読んでて、富士は日本晴れが、よく出てくるので。
「富士山、世界文化遺産登録 ばんざい!」ってことです。
別に大きな意味はないですが・・。なんとなく、うれしくて。
若いころ一度きり登ったのみですが・・。頂上が悟りなら、みなさんで登りたいものです。
263:ふみお :

2013/05/01 (Wed) 20:54:33

みなさん、こんばんは。

かずよしさん
一瞥のお話、ありがとうございます。
私はそういった経験をまったくしたことがないので興味津々です。


はるひねさん
はじめまして、よろしくお願いします!
最近は新しい方がどんどん来てくださって、
掲示板賑やかになり良いですね。


ヒロさん
「天命、阿保になれ」、私もその部分を読みました。
それでなるほど阿保になれば良いのかと妙に納得してしまいました。
もちろん、世間一般でいう阿呆とは定義が違うのでしょうけども。
262:ヒロ :

2013/05/01 (Wed) 19:15:40

こんばんは。

はるひねさん
はじめまして。先生と問答されて、学んでくださいね。

かずよしさん
ラーマクリシュナですか・・。私、ヨガもちょっとやっているのでインド系好きです。
神示の中で、岡本天明に「天明、阿呆になれ。」って神が言ってますが、ラーマクリシュナ
は、周りから見たら、そんな感じの自我木端微塵状態の方ですからね。でもラマナと彼は
路線は違いますね・・。頂上はいっしょでしょうが。
ラマナはここの掲示板でも結構出ましたよ。真我探究ってことで。
261:エル :

2013/05/01 (Wed) 15:20:30

先生、みなさん、こんにちは

はるひねさん
はじめまして、エルです。よろしくお願いします(^^)/

かずよしさん
読んでるはずなのに読んでいませんでした。ありがとうございます!

>Tさんが個と言う気持ちを捨てて生きれば自然に全体のために生きるのです。
>そうなったら、如何したら世界を救えるのか自然に考えるのです。
>そうすれば神示を受け入れます。
>可能性があるなら何でも行おうとするからです。
260:ひとのこ さい:

2013/05/01 (Wed) 15:15:04

はるひねさん

初めまして。ひとのこ さいです。

よく来ていただけましたね。歓迎いたします。

ゆっくりと掲示板ぼ過去ログなど見ながら学んでいきましょう。

みなさんとまず繋がっていきましょう。

Tさんありがとうです!!
259:かずよし :

2013/05/01 (Wed) 14:12:57

質問板を読んで、どうして僕が神示が何かを知らないのか答えありました。

感謝。


>Tさんが個と言う気持ちを捨てて生きれば自然に全体のために生きるのです。
そうなったら、如何したら世界を救えるのか自然に考えるのです。
そうすれば神示を受け入れます。
可能性があるなら何でも行おうとするからです。
258:はるひね:

2013/05/01 (Wed) 14:07:03

こんにちは、はじめまして。
話の途中で唐突に割り込むような書き込みになってしまいゴメンナサイ。

ひとのこTさんのブログから こちらを紹介され
掲示板の新しい部分だけ拝見させていただきました。

そこで、またまた唐突な質問で申し訳ないのですが、
ひとのこさんのおっしゃってる根源なるものに
とっても、とっても、とっても触れてみたいのですが
どうしたら根源に触れることができるでしょうか?

初めての挨拶から、いきなり質問してスミマセンが、
どうしても触れてみたいのです。
よろしくお願いします。
257:ひとのこ mk :

2013/05/01 (Wed) 13:15:52

ひとのこさん みなさん こんにちは

個人のうしろの世界を見る、自我との同一化や、自分のことが気になる状態から離れることにもなりますね。

昨日まで「役」について考えていました。
昨日の書き込みの後もコメントを読み続けて、思考がクリアになりました^^

主はもちろん大事だけど、従がなければ主になりえない。
だけどなににもやもやしていたのか。
で、相手に自我を見れば(自身に自我を認めれば)、どんな役でも主と従の関係は難しいんだって気づきました。
逆に、相手に自我を見なければ(自分の自我を認めなければ)、どんな態度状態の人に対しても、必要だと感じれば喜んで従うだろうって。
個人の後ろの全体に対して持っている「役」に対して従うのだから。
だから、例えばの家族で、家では常にのんべで家事育児興味ない暴君おやじが居たとして、でもその人に家族の柱としての役を家族が見たのなら、家族は支えるという意図で従うのでしょう。
でも、暴君おやじに従うのではなく、暴君おやじが家庭に果たす役を支えるために従う。外見はいっしょに見えても違う。
いつものようにうまく表現できません。

個人と世界の救済の話を読むことができてうれしく思います。
256:かずよし :

2013/05/01 (Wed) 12:55:26

先生、こんにちは。こんにちは。
みなさん、はじめまして。Tさん、はじめまして。


>ここまでたどり着いてほとんどの人はここの境地の安楽さにここで
山登りを止めてしまうのです。

へえ~、それは何だか心配な話のように聞こえますね。
今の僕にはわかりません、その山の中腹まで行ってみて確かめようと思います。


>物質的欲望にふける人には、全ての人が何でも手に入れられる世にすればよい。
社会の不安に悩む人へは、世界一家が出来れば地上は楽園となる。


僕はマーフィーの「ほしいものは何でもイメージすれば手に入る」を
真に受けて、時々お祈りします。「富」「富」「本とお菓子を買うお金をください!!」


>例えば二つのボタンだあり、一つのボタンは困っている個人を助け
もう一つのボタンは沢山の人を助けるとし、
一回だけボタンを押す事が出来、どちらのボタンか選べと言われたら
迷わず、沢山の人を助けるボタンを押すよと言う意味です。


究極の選択ってやつですね。
お話を理解できました。
でも、そもそも「神示」がなんなのか知らないんです。


>この自我とは個人など存在しなかったと理解する事で消え去ります。


それなら...自我は神の働きの一部?ですから、別に消えなくても、良いのにと思うのですけれど。

あと何で自分の自我しか知らないのですか? 他人の自我が見えません。 他人が何考えているのかわかりません。 本当に、他人は他人で何か考えているんですか?


腹痛て..
255:かずよし :

2013/05/01 (Wed) 12:23:20

みなさん、今日は、夢のようです。

>>240

はい。状況が変わることを期待する努力をやめた時が、明け渡した時です。
面前の景色の背後というか、人生そのものを巨大な化け物のように感じましたね。
「存在」を感じて圧倒される瞬間でした。

一瞥は明け渡した時に起こる副産物でした。

当時は、ラーマクリシュナやラマナ・マハルシにマジで恋しちゃってたので、

この身体と心が私ではないのなら「私とは何?」
「神をみせてください」「信仰心をお与えください」

言葉を心の中でつぶやいて、問答していました。
瞑想とかはしてなかった。やっても5分~10分程度。
一日中働いていましたし、職場の仕事をこなすのに必死でした。

今は働けていませんけど。

ここでの交流、バイブレーションがすごいね。これがサットサンの力...
254:エル :

2013/05/01 (Wed) 11:03:48

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
とても詳しい説明、本当にありがとうございます。
質問版でのTさんへの解答、かずよしさんへの解答も合わせて読み、
より深く理解しようと努めます。

個の背後にある世界というものを見る力、集中力を養う必要があると思いました。

個に囚われる限り、言葉にも囚われつづけ理解が進まないのだと思いました。

>エルさんわたしのコメントをちゃんと読めばわかるから心配要らないよ。
ありがとうございます。もう心配しません*^^*

ひとのこTさん
先生との問答、本当にありがとうございます。

Tさんもハルキストだったんですね*^^*
253:ひとのこ百番 :

2013/05/01 (Wed) 10:33:32

みなさんこんにちは。

Tさんと先生の問答を読ませていただきました。
問いと答えはふたつで問答、弟子と師匠ではじめて問答であわせて素晴らしいですが、
自己を見つめてさらに言葉に起こせるんだから問い自体も素晴らしいです。
先生の視座を垣間見た気がします。
先生と呼ぶのももう違和感が(笑) 根源意識のメッセージとしか読めない・・
火事から救う「私」も私というコア(自我)ではなく全体性の思考から行動が起こり
他人も全体性の部分とみえるのはごく自然なことなんですね。
他を生かすことがその気づきの道標であると理解しました。

252:ひとのこ さい:

2013/05/01 (Wed) 09:10:38

先生

先日のメールでの問答を楽しむとの件、今日の質問板を読みわかりました。

明らかに先生は問答を楽しんでられる。受ける側はそうもいかない場合があるでしょうが。

なにかつかめました。先生と弟子だけの関係だけでなくなんでも楽しむ心ですね。
251:ヒロ :

2013/05/01 (Wed) 09:02:58

おはようございます。
再投です。

Tさん
今、先生からのコメントみました。実は、神示には、戦時中に神示をどう広めるかについて
「岡本天明」にいった言葉やその周囲に言った言葉がありますが、これまでの宗教のような人集め
ではないですよ。教会は作るな、とか、教えではなくて道だよ、とか、口先で集めたものはすぐに去る、とか
心から心へ肚から肚へ、とか、因縁身魂を見分けてくれ、とかいろいろ言っているので、きっと
Tさんが、「「どう動くか?」っていう疑問には、神示こどが適切ではないか?って感じます。
ちゃんと仕事しろ、とか、夫婦愛が基本だぞ、とか世話焼き神示ですよ(笑)。
250:ヒロ :

2013/05/01 (Wed) 08:16:24

みなさん おはようございます。
こちらは天気よさそうです。

Tさん
>日月神示は安直な論理的理解を峻拒する深遠さがあり、普通の本のようには読めません。
ある面そうでしょうが、ここで基礎編を学ばれてますので、全然大丈夫ですよ。そして神示は
8通りに読めるってなっていて、私が思うだけでも、「聖典」「予言書」「心霊解説書」「人生指南書」
「愛など感覚面からの解説書」「智など論理面からの解説書」などとらえ方は幅広いです。すべてが
わからなくても、入ってくるべき部分は入ってくると思うんですよ。私も神様の名前は入ってきません(笑)。
私は神示の中のいくつかの文言が、これまで読んだ本の点と点を繋げてくれた感じでもあります。
神示は、ひたすら平面から立体にしようとしているようです。気がむいた頃にどうぞ。
249:ひとのこ さい:

2013/05/01 (Wed) 08:00:56

先生 みなさんおはようございます。

大阪いい天気です。

Tさんへの質問板、反芻咀嚼して昨日読ませていただきましたが、より平易な、掲示板でのエルさん、かずよしさんへの回答で

はっきりしました。個の後ろに世界を見ていくことが結局は、個も救うことになるわけです。この見方ができないといくら救済を考えても

実現できません。僕もそういう見方を身に付けて進みます。

>欲望をあおる訳です。
これは実際に嘘ではない、だが欲望をあおっているのは確かだね。
全ての人に幸せがおとづれるようにと思って欲望をあおる事の何処わるい。

善なる考え方だけでは実現できないということですね。欲望を煽ることは悪と思われがちだが、

表だけ見ないで裏も大事、方便 ということです。それが智慧というように思いました。

ところで先生、ブログも独り言でなくなりコメントもかなり来るようになりました。

機根の有りそうな方ともメールでやりとりもしています。コメント欄で内緒でのコメントでメールしてくれるように依頼

しています。読者のみなさんは既に先生の(悪い言い方ですが)出先機関であることも分かっておられる方ばかりだと理解しています。

関心のない方も読んでられるでしょう。

さてそこからです。

今は待ちの体勢で、メールで理解してもらうしかできないので限界があります。

何かいい方法がないか、または理解してもらえるよう、積極的な記事にしていこうか考えています。

結局は自己の判断なのでしょうが、何かないでしょうか。もうすぐ2ヶ月になります。その間おっしゃったとおり、批評もされておられません。

何かありましたら掲示板かメールをに、時間のあるときにご指導願えますか?ないときはこのまま続けていきます。

待ちの体勢で行きます。

今日は質問版の回答を易しく解説されたこと、ありがとうございました。

体調悪い方、良くしてください。

ポチお願いします!!

248:ひとのこ :

2013/05/01 (Wed) 07:53:44

皆さん今日は。


ただ今質問版でTさんへ回答しました。
今日調子がでません。

思いついてからだいぶ時間が経過した後に書いたからだと思います。
今日は時間です。

今日はエルさんのコメントを説明のために取り上げましたが、
皆さんへの回答です。
247:ひとのこ :

2013/05/01 (Wed) 06:49:56

みなさん今日は。


かずよしさん今日は。そうだね、あたらしい人にはむずかしいね。

>神々にでも成ったようで大変楽な場所です。
一部の人を除いてはそこに満足し、そこから先に進もうとせず、生涯をそこで終わるのです。
どうしてなのか、それはそこが安楽だからです。

まずこの説明を簡単に。

覚醒の道は良く山登りに例えられます。
その山の中腹に非情に安楽となる、場所があるのです。
場所と言っても意識の境地なのです。

まるで神々にでも成ったような晴れ晴れした境地があるのです。
ここまでたどり着いてほとんどの人はここの境地の安楽さにここで
山登りを止めてしまうのです。


>わたしはね、神示を実現するために、目の前の人を犠牲にすることが
必要ならためらわず、犠牲にするのだよ。
わたしはね目の前の人の後ろに世界を見ているのです。

次はこれだね。
例えば二つのボタンだあり、一つのボタンは困っている個人を助け
もう一つのボタンは沢山の人を助けるとし、
一回だけボタンを押す事が出来、どちらのボタンか選べと言われたら

迷わず、沢山の人を助けるボタンを押すよと言う意味です。


>Tさんが自我の存在を認める限り、それが同化だから
自我を捨てることなど出来はしないのだよ。
またこれを教えると武器に使いそうだね。

次はこれだね。
個人が存在しない以上自我など本来存在しないのです。
我々は感覚器官から得られる印象で個人がいると思いなし
思いなすことで自我が生まれております。

この自我とは個人など存在しなかったと理解する事で消え去ります。
自我を認めると言うことは、個人がいると認める事で
個人がいると認めたらそれが自我を生み出すのだから
認めるなら無くならないよと言ったのです。

まだ分からないことがあったら、質問を。
246:ひとのこ :

2013/05/01 (Wed) 06:30:14

みなさん今日は。


さて、今回の質問版でのTさんへの回答を読んでの皆さんの
反応で皆さんの状態が丸出しでね。

問題だと強く感じた人ほど、つよい個人意識の中にいて、
素晴らしいと思った人は全体意識に近づいています。

皆さんに同時にコメントします。

>しかし、先生の言葉が一人歩きするようなことがあり誤解されれば、非常に危険だとも思いました。
>目的のためには手段を選ばない、というような印象を受けるからです。

これはエルさんのコメントです。
例えば、通りすがりの家がふと見ると、燃えさかっていてその家が火事だと気づきました。
良く家の中に目を凝らして見ると、その家の中で子供たちが火事に気づかず。
遊びに夢中に成っていました。
これは大変だと思って、大声で火事だ家事だと子供たちに呼びかけているが、
子供立ちは遊びに夢中でその声に気づきません。

全く気づかないので、火事だと叫ぶのを止めて、ほーら、おいしいお菓子があるよと叫んで見たら
子供立ちはその声に気づいてお菓子頂戴と出てきたのです。

お菓子があるとは、嘘であり、そんな物などどこにもないがこれは間違った事かね。

わたしが欲望でも恐怖でも何でも使えるものは使いなさいとは人助けのためなのです。

みなさんは嘘は駄目と言ってこの子供たちを見捨てますか?

まさにこの社会で今生きている人は燃えている家にいるのと同じなのです。
ところがね、様々なことに夢中で、家が燃えていると気づいてないのです。

わたしがね、苦しみを逃れる方法がある貴方立ちは故郷に辿り付くべきだと
大声で叫んでもこの夢中に成っている人たちの耳には届かないのです。

だから。
幸せを探すのに夢中な人へは、個のし合わせは全体の幸せの中に花開くのだよ。
物質的欲望にふける人には、全ての人が何でも手に入れられる世にすればよい。
社会の不安に悩む人へは、世界一家が出来れば地上は楽園となる。

と欲望をあおる訳です。
これは実際に嘘ではない、だが欲望をあおっているのは確かだね。
全ての人に幸せがおとづれるようにと思って欲望をあおる事の何処わるい。

例えばエルさん。火事の家にいたのが、エルさんだとするよ。
嘘をつかれても、欲望をあおられても、助けてほしくはないかね。

もしその火事に気づいた人が、わたしは欲望をあおったり、嘘をつくのは嫌ですと思い。
エルさんが助からなかったら、エルさんはどうでしょう?

力を求めている人にここに力があるよと言いその力を得る事には力を求めて無い人になっている。
それが悟りと言うもので、どんな欲望からこの道に入っても、道の途中でその欲望を失うのが
悟りの道なのです。だから問題が無い。

教えと言う物さえ方便なのです。
人を救うために考えられられた方便です。

>しかし、先生の言葉が一人歩きするようなことがあり誤解されれば、非常に危険だとも思いました。
エルさんわたしのコメントをちゃんと読めばわかるから心配要らないよ。

もしみなさんが神を信じているなら、神が与えたどんな瞬間も喜べるはずだ。
245:ふみお :

2013/04/30 (Tue) 22:40:37

みなさん、こんばんは。

今日は仕事で疲れてしまったので、
ご挨拶だけさせて頂きます(汗)
ひとのこさんとTさんの問答、
時間があるときにじっくり拝読したいと思います!

ではでは、おやすみなさいませ。
244:ひとのこK :

2013/04/30 (Tue) 22:33:24

夜勤明けのKです

皆さんの書き込みを咀嚼したいのですけど、夜勤明けはいつも頭が働かないので、また明日にします

皆さんごめんなさい
お休みなさい
243:ひとのこ さい:

2013/04/30 (Tue) 21:17:23

Tさん

元気そうでよかったです、笑

Tさんが >このことはきっと善い結果につながるでしょう

有難うを言います。!!よろしく一緒に人集めたのみますね!!

ブログも更新お願いします。僕も読者さんですからね!!

国境の南は僕の若い頃にかぶるんですよ。Tさんも罪作り!!

大阪は日本の中心ではないのかー。認識改めねば!百済観音さんの近くから車で学校ですか?朝混むでしょ。

僕は京都の疎開地で生まれ大学卒業まで東京、そして今大阪。どこが地元かわかりません。

あまり語られないから大阪人とばかり思ってましたよ。

僕もまずかったら遠慮なく辛口してください。兄弟弟子だと思ってますから。

人集めの智慧出してください。お願いします。

先生かなり今年は本気です。まず核となる手足が僕も含めてそこそこいります。

だからブログでも力を入れて紹介しています。が、ネットの限界もあるでしょう。継続して待ちということです。

とにかくみんなで人を集めましょう。ひとのこが増えて行ってもらいたいですね。

質問板ばかりでなく書き込みお願いします。

今日はありがとう!!

242:ひとのこ T :

2013/04/30 (Tue) 20:01:35

みなさん、こんばんは。

ヒロさん、
>すばらしい問答、学ばせてもらいました。また神示が前進って感じです。
素晴らしいのは先生のご回答でしょう。
私は愚直に問うのみです。
今回は完全に分かるまでお尋ねしようと思っています。
ヒロさんは緻密な論理を粘り強く咀嚼できる方ですね。
私は感覚でざっくりというタイプなので、いつも感心しています。

さいさん、
今回は本当に善いお役目を引き受けてくださり、ありがとうございます!
このことはきっと善い結果につながるでしょう。
ちなみに私もかつてはかなりディープなハルキストでした。
国境の南、太陽の西には胸が張り裂ける思いをしました。(罪な人生を送ったということですかね)
それはそうと、さいさん、私は大阪人ではありませんよ。
私の感覚では大阪は日本の中の外国です(爆)。
善良な日本人が常識的についていける文化ではありませんね(笑)。
私はさいさんがお好きなお寺(百済観音像が有名な)のある県に住んでいます。

かずよしさん、
もしかしてご挨拶がまだでしたか?
初めまして。よろしくお願いします。
ラジニーシは私も胡散臭いと感じて避けていましたが、ひとのこ様がかつて学ばれた人物なので最近、虚心坦懐に学んでいます。
結論からいうとラジニーシは学ぶ価値があると思います。
日月神示は安直な論理的理解を峻拒する深遠さがあり、普通の本のようには読めません。
また先生に叱られるかもしれませんが、私は今のところ敬して遠ざけています。
しかし、かずよしさんは興味がおありなら読まれたらいいでしょう。







241:エル :

2013/04/30 (Tue) 18:28:58

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこ先生
先生の言葉は、漠然とかもしれませんが分るように思います。
しかし、先生の言葉が一人歩きするようなことがあり誤解されれば、非常に危険だとも思いました。
それで、すこし不安を感じることがあります。
目的のためには手段を選ばない、というような印象を受けるからです。

かずよしさん
ありがとうございます。
>戦場を戦場のままに、空手で生きること覚悟する瞬間がありました。

先生が、僕に書いてくれた決断と、かずよしさんが書いてくれた覚悟は、
究極的には、同じことなのだろうと解釈しました。
僕には、まだ、できていないと思いました。

ぜひ、かずよしさんのためにも、僕のためにも、みんなのためにも、
体験を分かち合ってください。よろしくお願いします。
240:ヒロ :

2013/04/30 (Tue) 17:58:16

こんにちは、みなさん。

かずよしさん
どんどん語ってください。全然OKですよ。

今回は一瞥時の概略の話ですね。戦場を「私という自我のもがき状態」って解釈して
読ませてもらいましたが? 努力してしたものではないが、「明け渡し」
がきっかけになられたんですね。

先生のコメントがわからない部分は、先生からコメントいただけると思うので
、そこから入ってみたらどうでしょうか?疑問がきっかけになると思いますので。
239:かずよし :

2013/04/30 (Tue) 17:18:50

みなさん、ボク個人の体験談を期待していますけれど、
話すのが正解なのかな?
僕は、自分が迷ってる状態で、語って大丈夫なのかな。

わからないですけど、
僕の為にも自分のことをここで少しづつ話させてください。

エルさんが
>>232で戦場っておっしゃられているの、
僕も戦場の様に思いました。
人生とは神との戦いであるというよりは、
戦場こそが神そのもので、私そのものだと認めた瞬間、
今まで持っていた武器を捨てて、
戦場を戦場のままに、空手で生きること覚悟する瞬間がありました。

明け渡そうと努力して、明け渡したのではなくて、
明け渡しの決意が自然と心の底から起こりました。
238:かずよし :

2013/04/30 (Tue) 16:47:32

>神々にでも成ったようで大変楽な場所です。
一部の人を除いてはそこに満足し、そこから先に進もうとせず、生涯をそこで終わるのです。
どうしてなのか、それはそこが安楽だからです。

>わたしはね、神示を実現するために、目の前の人を犠牲にすることが
必要ならためらわず、犠牲にするのだよ。
わたしはね目の前の人の後ろに世界を見ているのです。

>Tさんが自我の存在を認める限り、それが同化だから
自我を捨てることなど出来はしないのだよ。
またこれを教えると武器に使いそうだね。


おっしゃられてることが、わからないのですけれど、
どうしたものか。
237:かずよし :

2013/04/30 (Tue) 16:02:01

ひふみ神示とか、OSHOの話が出てきて、おっ!って、なります。

どちらも喰わず嫌いですけど、興味あります。
サンニャーシンの人と関わってた時期があるから思い入れがあって。
当時はOSHOの胡散臭さに拒絶反応を示していましたけど、
今なら受け入れなれるかもしれません。


みなさん、やっぱり読書家ですか?
さいさんの、「本読みやめた」の発言にシンクロです。

本を読むのって、時間とエネルギーが要りますね。
僕も結構読みます。読みたい本もいろいろあって、
でも、読まなきゃと思うと、読むのがしんどかったりするんですよ。

ヴェータンタ・アドヴァイタ系の本もメッチャたくさん、出版されてるじゃないですか?
ニサルガ・ダッタ・マハラジの本とか王道なのに読んだことないんですよ。
値段も高いし、分厚いから、読みたくないんですよ。

時々、これ以上本を読む必要あるのかなって?思ったりします。
本を頼りにするのではなくて、自分で考えて現実に対処する方が楽だし、早いのかなって。

でも、やっぱり本を読むことが理解の助けになることってありますから。
ほどほどに読書できたらいいんですけど。
236:ひとのこ mk :

2013/04/30 (Tue) 15:37:05

ひとのこさん みなさん こんにちは

今日は質問板も含めて、たくさんのコメントから学ばせてもらっています。
発言したいと思う内容の言葉は浮かんできません。いえ、正直もやもやしています(苦しくはないです)
学ぶために内面を言葉にする努力をする方がいいのかどうかも、わかりません。
根源に触れていない私が何を発言しても・・・と思ったりしてます。


もやもやの一つに、
雅子さまのかかえていらっしゃる閉塞感があります。
私には、今の日本の抱えているものを、代表としてあらわしていらっしゃるように見えます。
我よしの立場にはなれないことによって、公開で苦を背負っている。
見方によっては「立場と役」とか、「自我と葛藤」とかの切り口もあるのでしょうが・・・。(私はそうは思えない)
235:ヒロ :

2013/04/30 (Tue) 13:37:38

こんにちは。みなさん。

Tさん
すばらしい問答、学ばせてもらいました。また神示が前進って感じです。
対応箇所は探せませんが(笑)。

ひとのこ先生
今回の問答、まさに裏の裏ですね。私という行為者がいないのなら、ヒロがしている一切の中
にも、神があり、それが世界なんですね。対象の悪の中の「御用の悪」に気づくっていうのは
わかっていましたが、個我がないなら、一見悪い私の感情や行為自体も、悪ではなく、「善と御用の悪」
しかないんですね。
>人が困っていいる時でも喜べる悪の中にその秘密があるのだよ。
それは、ヒロに現れるすべても含めて、あらゆることに一切を含め世界として観てるんですね。

>相手に言葉を使うときは、その後ろに世界を未定なさいと言うことです。
>それにより言葉の表現が微妙に変わってくるのです。
>個の後ろに世界を見ず個に接すると、世界のためにならない表現も現れるのです。

ありがとうございます。これが悟っていない我々でも、今まで「観る」ことを続けている
成果が、ここに結実するんですね。神示でも、「全部わかってないからできない、っていうのは
屁理屈」ってありましたしね。私が以前、先生は二本足歩行で、我々は松葉付け歩行、何も知らない
人などは片足、って表現しましたが、神側に片足つけて進む勇気ですね。神示でも「神示読むと
勇気でるぞ」ってあります。

>その為なら相手の欲望でも何でも利用して宵のです。
これは、神側に意識がないと言えません。現象世界では見分けがつかなくなりますね。神示が
必要な理由も○に・を入れるという、見えない変化で、霊主体従ですから。平面から立体になるためですから。

自分的には、父親が昔日本人的で、一見男尊女卑的な部分があって、その点でそれが私自身にも引き継がれ
、これが障害になっているのか?って思った時期もありました。でも、父親は親戚からも慕われてて
結構いいやつなのに、って感じてました。
しかし神示を学び、深くいくと、当時の私が自我バリバリであったことは疑いないのですが
現象的なことよりは、世界をどうみているのか?が大切で、当時の私のサムライの中にも、
神が隠れてたんだ、って思いました。昔の侍の忠誠の精神の中にも、同じなんですね。さらに
自我がない時は、縦横がその順序で展開するんですからね。

また飛びますが、そうなると、昨今の靖国参拝で、個人で参拝するのにとやかく言うマスゴミ
はたまりません。戦犯以外にたくさんの英霊がいるのにです。個我を捨てて尽くした人々へは
当然と感じます。諸外国とエゴの問答で利用されている日本が痛々しいとともに、神示の進行が
進むのか?ってちょっと感じました。

私がよくみるブログで、最近2回くらい神示と関連してそうなことあるんで、よかったら見てください。
http://deeksha777.blog88.fc2.com/



234: :

2013/04/30 (Tue) 13:19:55

先生、みなさん、こんにちは。

戦争の場合、壊死した部分が兵士ばかりであれば納得もしやすいのでしょうが、
分別を超越した人選なので民間人も含まれ非情に見えてしまうのでしょうね。
自然災害や事故であればなおさらです。

しかしそう考えると、犠牲を嘆き悲しむばかりでなく、そのあとに“感謝”という思いも沸いてきます。
これもまた非情だと誤解されそうですが…。
感謝して良いんですよね?
233:ひとのこ :

2013/04/30 (Tue) 09:22:58

みなさん今日は。


エルさん一見個を大事にせず、全体を考えることは非情に見えますが、
実はそれが神の愛なのです。

全体の存続なくして、この存続も無いからです。

例えば我々の体の一部が壊死したなら、壊死した部分を削除するね。
それは全体としての体を守るためだね、
それと神は同じ決断をしなくては成らないのです。
他の部分を全体を守るために。
全体のためで無ければ個のためにも成らないのです。
232:エル :

2013/04/30 (Tue) 09:08:56

先生、みなさん、こんにちは

先生、質問版読みました。
確かに神は、個を大事にしません。なので、個とは人生とは神との戦いである、と感じることあります。
個を大事にしてくれないので、大事にしてくれ、と神にむかって叫ぶのです。
そして、つかの間癒しを神は与えてくれますが、それは過ぎてゆき、個は、やはり取り残されたままです。
そんな神に腹がたって、戦います。

結果どうなるのか、必ず負けます、でも、戦ってしまいます。
負けると分って戦い、そして、ついに喜んで白旗をたてるとき来れば、それが悟りなのでしょうか?

道とは、戦いであり戦場だと思いました。
それは、人の心の内面深くで行われる静かな戦いです。
静かだからといって、まだ、そこに本当の平和はないのです。
戦いが終わるまで・・。


今日は雨、ポチ完了しました。
231:ひとのこ さい:

2013/04/30 (Tue) 08:51:41

先生 みなさんおはようございます。

大阪今は雨が本降りです。
ブログのリコメもけっつこう時間掛かり今日は遅くなりました。
500コメントありますが、真面目さのゆえにリコメしているので、実質その半分です。
最近増えだしました。先生のご苦労が分かります。

今日までブログもまいにちupしています。2日に1回でも同じのような気もしますが、
継続は力なりを信じて書いています。

ところで春樹さんの新作読まれたらかたがおられたら、読めばいいか、教えてください。

質問板ゆっくり反芻しながら読ませていただいてます。わたし は厄介であると思うことがそもそも私に力をあたえてしまうのかもしれませんね

。もう5月でしょ、いつでもいいですから、一度は先生を囲ませていただき皆さんとお話したいものですね。

ポチお願いします!またかと思う人はいないでしょうが、お願いします。

最近の僕のご挨拶となっています!!
230:ひとのこ :

2013/04/30 (Tue) 00:42:36

皆さん今日は。


ただ今質問版のTさんの質問に回答しました。
Tさん、また他の皆さんも自分のことと考えて読んでください。
229:エル :

2013/04/30 (Tue) 00:01:46

先生、みなさん、こんばんは

ふみおさん トシカズさん
気楽に気長にゆきましょう~^^

ひとのこmkさん
ワンちゃん可愛いですね^^

みなさん、お休みなさい、宵夢を~☆
228:ひとのこ さい:

2013/04/29 (Mon) 23:30:14

先生

>根源に触れる前は何を語ってもそれを語っているのは自我と呼ばれるものです。
だから根源に一度は触れなければ成りません。

そこまでいかないと自我がなくならないのですね。
自我の消滅が悟りとすると、当然根源に触れるわけですね。
逆に言うと根源に一度は触れないと自我は消滅できないことですね。

ありがとうございました。

皆さんお休みなさい。
227:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 22:55:46

みなさん今日は。


皆さん、お釈迦様は人は非我成るものを自我と思いなしていると語りましたね。
お釈迦様には、誰の中にも自我が見てとれなかった訳です。

わたしにも皆さんの中に自我が見えないが
それを言えるのは根源に触れてからです。

根源に触れる前は何を語ってもそれを語っているのは自我と呼ばれるものです。
だから根源に一度は触れなければ成りません。

そして根源に触れる前にこの言葉を語ってもそれは自我として働くものが言っているのです。
「お釈迦様は人は非我成るものを自我と思いなしていると語りましたね。」
根源に触れた後に非我成るものを自我と見なさない位置に意識が移動し、
この言葉の本来の意味が分かります。
226:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 22:39:24

みなさん今日は。


Tさん明日の日中に質問版へは回答するね。
225:ひとのこ T :

2013/04/29 (Mon) 22:27:31

みなさん、こんばんは。

ひとのこ様

たくさんのご教示ありがとうございます。

さいさんの勧めてくださった方法にしたがって、久しぶりに質問掲示板に質問を書かせていただきました。

長いこと質問掲示板に篭もっていて、ずいぶん経ってからこちらに参加させていただき、再びまた質問掲示板に戻る、というのも我ながら呆れる話ですが(笑)。

224:トシカズ :

2013/04/29 (Mon) 22:16:00

皆さん、こんばんは

初めまして、かずよしさん
ここで質問しながら学んでいくと成長できると思います
私もまだまだ苦しみの最中ですが理解を深めている最中でもあります

ここ数日、以前感じていた対人恐怖のような感覚が再び起こり塞ぎ込んでいました
少し症状はマシになりましたがまだ気づいてないことがあるのかスッキリしません
成長を促されているようにも感じてます
223:ふみお :

2013/04/29 (Mon) 21:45:19

みなさん、こんばんは。


ヒロさん
実はまだ神示はまだ1周目で、ようやく天つ巻の終わりまで来たところです。
ひとのこさんに加えて、ヒロさんのように解説できるほど読み込まれている方がいらっしゃると、心強く感じます!


さいさん
>ふみおさん、かずよしさん、やはり人間の性というのでしょうか、新しい方のことを知りたいとみなさんも思われていると思います。
自分のことを話すのはあまり得意ではありませんが、徐々にお話しできればなと思います。


エルさん
散歩のスタイルに共感して頂ける方がいて嬉しいです^^
私もそういった感動を求めているのかもしれません。


mkさん
都心だと、私も地図なしでは迷ってしまう自信があります(笑)
222:ひとのこ mk :

2013/04/29 (Mon) 20:51:16

ひとのこさん みなさん こんばんはーー

記憶力の極端に低いわたしは、今日のさいさんの居住リストを改めてフムフムと見させてもらいました。
ふみおさん、東京というと数年前に仕事で行った六本木ヒルズのイメージなんです。あそこで迷ったら私だったら泣きそうだな、って、東京都全てがあのようなビル街ではないですもんね^^;
エルさん、神戸もさらに前に仕事で。おしゃれな女子がいっぱい歩いてました^^ 私もおしゃれして散歩したい(笑)

今日はとっても混んでる公園に出掛けて来ました。
暖かく、日差しは暑いくらいで。人は確かに一杯でも、場所が広いので、賑やかにゆったりとなんとか過ごせている感じでした。
普段は土日仕事の自営なので、時々はこういう賑やかな催し場所に出てきたいんです。
大衆と違う動きを普段しているという自覚があるので、混ざることは何となくいいことのように思います。気楽になるというか。
ワンちゃんにもいっぱい会いました。楽しそうでした^^
221:ひとのこ百番 :

2013/04/29 (Mon) 20:26:01

みなさんこんにちは。

かずよしさん、ようこそいらっしゃいました!
ここのみんなが色々これまでの経緯を催促しちゃいますが
気負わず焦らず、ぼちぼちお気楽に書いていってくださいね。
もちろん伏せ字も全然OKです!今はそういう時だということで。
私も言葉の端々から学ばせていただきます。

先生、突然のご指摘ありがとうございます(^^;
こちらは相変わらず毎日興味深く拝見はしておりますが、
じつは、体調不良や多忙な仕事などと自分で理由をつけながら、
瞑想の時間がもてていません。
自前ブログもなかなかで、読んでいただいて
ひとのこ素質に気づいてもらう(自然と剥けるというか(笑))
には微妙にアプローチが違う気がしていて、、、、
これから書きながら軌道補正していけるかな、という所です。
"早寝早起き"から頑張ります・・
220:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 19:18:18

みなさん今日は。

ヒロさんの考えは外れていません。
その内にもっと分かるようになる。
219:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 18:57:40

みなさん今日は。

あそうそう。Tさんに言うことを一つ忘れていた。

>真我の自覚を得ることで、世界の役に立つなら、自我が死に絶えることを恐れずに受け入れる意思はあるつもりです。
130番のコメントだね。

>自我が死に絶えることを恐れずに受け入れる意思はあるつもりです。

この言葉が、Tさんには、神仏が見えておらず、世界に曼荼羅が見えてない証だ。
自我が死に絶える事を恐れない、目覚めた存在はそれを自我とは見ないのだよ。
だから自我が消え去るのです。

Tさんは神仏しかいないと語りながら、自分の自我を認めている。だから自我が消え去らないのだよ。
あらゆる所にそれが現れている。

自我とは、始めから自我など無かったのだ、錯覚だったのだと世界に曼荼羅を築き上げたとき。
消滅するのです。

わたしには世界の誰にも自我を持っている人が見えないのだよ。
それが自我だと身体と同化して自我としての働きが現れるのです。

だからね、この世に自我など始めから無かったのだと心から理解して
同化が消え去り、自我として働いているものが消え去るのです。


Tさんの状態はね、わたしから学んだ知識を自我として働くものが武器として利用している
状態だ。自我と呼ばれる働きをしめすものが、このままで宵のだと言っているのだ。

自我としての働きを終わらせるために神仏しかいないと言っているのを、
自我がとしての働きがあって宵のだと成っているのだよ。

Tさんの言葉のあらゆる所にその過ちが現れているのです。
同化しながら同化とみなしていないと語るのだよ。

この世に自我の存在を認める事は目覚めたらありえないのです。
Tさんの自我と呼ばれる働きにすら、わたしには神仏の動きに見える。
だがわたしは駄目なものは駄目と言うのです。
これを駄目と言わはければ、間違いに気づかないのです。

この世に神仏しかいないと語りながら自我の存在を認める人は何処かおかしいと
思わないか?

自我など無かったと知って、自我が消えて完成ですね。

わたしから見ると明らかに幼稚な自我と呼ばれるものの手段だが
それに気づかないかTさん。

自我と呼ばれる物は、人がそれを自我だと思いなす。
要するに身体と同化するから自我としての働きが生まれるのだよ。

Tさんは行為する物をわたしと見なしていないと言うが
それなら、何故
>自我が死に絶えることを恐れずに受け入れる意思はあるつもりです。
こんなことを言うのだ。これは身体を自分と見なしているものの
言葉なのだよ。これは幼稚な自我と呼ばれる物の生き残りの手段だ。

自我がなど始めからないのに在ると見なし、
それを知識でよしとする。

凡は聖とは我を消し去るもので、根源に触れる物だ
我良しでは無いのだよ。
それを上手く誤解して我良しとする幼稚な手段だ。

Tさんが自我の存在を認める限り、それが同化だから
自我を捨てることなど出来はしないのだよ。
またこれを教えると武器に使いそうだね。

でも大丈夫だ、根源に触れていない以上その言葉は
矛盾になる。

根源に触れることが悟りです。
これをいらないとすると、自我と呼ばれるものの罠にはまるよ。

みなさんも間違わないように、根源に触れることは
絶対に必要です。そこで始めて自我と呼ばれる物が生滅する。
始めから神仏だとの言葉を上手く誤解して我良しにならないことです。

あーそうそう、Tさんラジニーシが24時間真我の自覚を有したのは
だいぶ後からだと思うが、教えを説き始めたときは、既に瞑想では根源に
触れてはいたのです。
218:ヒロ :

2013/04/29 (Mon) 18:31:01

みなさん こんばんは。

再投です。
先生、205のコメントの件であれば、わかりました。
今回の「秘密」の神示の引用はちょっとポイント、ズレ?ましたか? ただ神が入った身魂
を使っていくので、人間的立場では、苦がやってきますね。そこで、「苦を楽しめ」ってあるので
理解とともに、「苦の花さかせ」っていう部分は前述のようですが。
217:ヒロ :

2013/04/29 (Mon) 18:20:05

こんばんは。

ひとのこ先生
>神示の善人ほど苦しむと悪にある秘密を最近わたしが触れていますが、
すみません。掲示板の中では、見つけれません・・でした。
神示では、「海の巻き14」にありますが? 立て直しに使う身魂は「神様」の入ったものを
使うことと、本来の陽陰の光(マコト)をたぶらかしている悪(自我)から引き上げるために
善人ほど苦しみがやってきやすい、ってことだと思います。
ただ、各所で「苦の花咲かせよ。」ってあり、その後実がなるよ、って言ってます。

そのうち「歩く神示」って言われそうですね(笑)。鉛筆で要所引いているからいいですが、
見たっていうのはわかるのですが、場所探すのに、アナログで、昭和って感じです(笑)。
神示は、「死んでも勉強」みたいに書いてあるのもあり、いやはや神様ありがたや、って感じです。
216:エル :

2013/04/29 (Mon) 15:34:19

追伸

ひとのこ先生
今日の先生の空間についての解説は、どの言葉も貴重で何度も読み返しています。

>人は一度はここに触れなければなりません。
>ここが我々の故郷なのです。

>エルさんこの空間はこの領域は、本当に特殊です。
>全ての物が在ると言うのに、決してぶっからないのです。
>交差しないのです。この相対の世界で始めてものは十字するのです。

真に感謝です!
215:ひとのこ さい:

2013/04/29 (Mon) 14:57:36

エルさん

あーそうそうそうです。

SHさんが抜けておりましたね。申し訳ありません、。是非とも書き込み連投されて皆さんにも印象づけてください、笑

実はね、まとめもさせていただいているので、掲示板の秘密のノート作ったのです。

プライバシーもあるでしょうから、アウトラインのみですが、笑

今後メンバー増えて行くと僕の頭ではそろそろ混同が始まりますので!!

エルさん科学も楽しいね。しかしやはり先生は価格で到達できないとコルノ先を解説されているよねー。

今日の空間のおはなしエルさんも僕も納得だよね。仏教は科学であるとよく言われてるけど、先生は超えてるね。


ヒロさんごめんなさい。筑紫平野の一角とは北九州、北部九州とは違うんですね。難しいなー笑

ノート訂正しておきます!!

Kだんそろそろpc要るよね。笑 でも無理しないでね!タイムラグあってもみんな読んでくれるよ。

パクパクマークですぐわかるし!!

SHさん、ふみおさん、かずよしさん無理がないなら書き込んでくださいね!!

先生のブログランキングUPのポチもお願いしますね!!
214:ひとのこK :

2013/04/29 (Mon) 14:51:53

今日はこれから夜勤です


師匠のお返事見ていると、ボヤ〜っとした心の何かがメガネかけたようにハッキリ見える

快 不快で何となく感じているけどモヤモヤわからないものがいきなりパっと現れてくる感じ…

とても快です(笑)

師匠ありがとうございます

213:エル :

2013/04/29 (Mon) 13:57:11

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
>空間だけが存在する。とは動けない位置の領域です。
非常に重要で貴重な言葉、ありがとうございます。
体や心を頼りにして、僕が社会と接すると、医師の診断通り双極性躁鬱病、または乖離障害が、
発病すると感じています。それを発病させないために、睡眠リズム障害となり、社会的ひきこもりになっていると思っています。
今後も動けない位置を頼りにします。

>空間とは主体的感覚であり、実際の空間とは異なります。
>一切が消えたところに、存在の自覚だけがあるのです。
>それが空間と言う感覚となるのです。

>要するにね、空間だけがあると言ったら、一つのものしかないから絶対を表現しているのです。

ありがとうございます。空間の認識の仕方について改めます。

ひとのこさいさん
科学の話、面白いです。僕も科学の話も好きで、ケーブルテレビで、よく宇宙の仕組についての
ドキュメンタリー番組をやってて、見ることあるんですが、見てるときは面白い、って思うんですが、
何故か、すぐに内容忘れてしまいます。
忘れてしまうので、再放送も、また楽しめるという利点もあるんですが(笑
小学校の理科の授業の頃から、そうで・・なので学校の成績については、・・・・・・・
科学の話も、また教えて下さい。仏教と科学は、言葉が違うけど、似てるというか同じというか、
仏教は科学だよな、って感じます。

ヒロさん
エネルギーについて神示からの引用ありがとうございます。
神示、あまり読み進められない状態つづいているので、本当にありがたいです。
>エネルギーがあり、それ自体が物質と呼ばれているような。でも中は空なんですよね(笑)。
了解です!

ふみおさん
わかりますー!知らない道に入ってゆくときワクワクしますね。
ほんとに迷って後悔する危険もあるけど、思わぬ景色に突然めぐり合ったときの感動は大きいです♪

ひとのこKさん
携帯からだけだと、何かと不便だと思います。みなさん事情は分ってくれていると思います。
堂々と、どんどん書き込んでOKだと思います!

さいさん、SHさんが、僕と同じく神戸ですよー☆
212:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 10:14:09

みなさん今日は。

あそうそう。ヒロさん、神示の善人ほど苦しむと
悪にある秘密を最近わたしが触れていますが、
見つけましたか?
211:ヒロ :

2013/04/29 (Mon) 10:07:10

おはようございます。

ひとのこ先生
>そのままに受け取るには、知識が必要なのです。
正に、ここでの教えが基礎になって受けてとれると感じてます。車の両輪みたいです。

さいさん
私、北部九州って書きましたが、北九州ではなく、筑後平野のとある一角です・・。ネット上
でもあるんで、このへんまででご勘弁を。また集いでもあったときに・・いろいろと。

エルさん
>見る、という行為があるということは、見る、そのものがエネルギーを必要とするため、
>どれほど繊細で微妙なものであれ、それは物質だと思いました。
>エネルギーは静止しつづけることは不可能だと思うので、動いてしまうことによって、
>時間は発生すると思いました。

神示に、エネルギーや物質を示唆する文章ありますよ。「念とは力であるぞ。」(春の巻48)
「キから力生まれるのであるぞ。」(夏の巻き14)「区別すると力でるぞ。」(月光の巻き7)
あと、火と水から土ができる・・・ってどこかにあります。力をエネルギーーってとらえ、土を
物質ってとらえると、神示では火と水が、陽陰的内容(火から水への順序はあるようですが)も
考慮すると、区別の中からエネルギーが生まれ、それが物質につながっているという意味では
さいさんの物理の公式にぴったりですよ。電子と原子でしたか?中心と周囲でまわっているもも
の中に、エネルギーがあり、それ自体が物質と呼ばれているような。でも中は空なんですよね(笑)。
ここでも3ステップで、ひふみですよ。平面から立体ですよ!


210:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 09:54:13

みなさん今日は。


>空間だけが存在する状態を確認するためには、見る者の存在が必要であり、
>見る、という行為があるということは、見る、そのものがエネルギーを必要とするため、
>どれほど繊細で微妙なものであれ、それは物質だと思いました。
>エネルギーは静止しつづけることは不可能だと思うので、動いてしまうことによって、
>時間は発生すると思いました

空間だけが存在する。とは動けない位置の領域です。
よくこの領域は空間だけが存在すると表現されますが、
それはある特徴を限定して表現されるものです。

実はこの領域にはあらゆる物が、全ての物が存在しております。
ですが全てが交わりません。
それはあらゆる物が一つと成っているからです。
過去と未来も一つと成っているのです。
二つのものが、二つに分かれていないのです。

あらゆる物が一つと成っているから交差することが無いのです。

ですから、この領域では、我々は、水に溺れず、火に焼かれません。

さて。

>空間だけが存在する状態を確認するためには、見る者の存在が必要であり、
ここには見るものも見られるものも存在しておりません。
見るものと、見られるものが一つとなりだから空間と表現するのです。

空間とは主体的感覚であり、実際の空間とは異なります。
一切が消えたところに、存在の自覚だけがあるのです。
それが空間と言う感覚となるのです。

>見る、という行為があるということは、見る、そのものがエネルギーを必要とするため、
ですからそこには見ると言う行為が成り立ちません。
在ると言う感覚だけがあるのです。

>どれほど繊細で微妙なものであれ、それは物質だと思いました。
唯一の物質と言えるかもしれませんが、
見るのと見られるものの二つが無いから、物質とも成りえないのです。

>時間は発生すると思いました
未来と過去が一つとなっているから時間が発生できないのです。
距離と言うものすらない無限の空間です。

要するにね、空間だけがあると言ったら、一つのものしかないから絶対を表現しているのです。

本来は一つのものに全ての物が含まれているのです。
だから絶対に交差せずぶつからないから。

そこでは、水に溺れず、火に焼かれないのです。

人は一度はここに触れなければなりません。
ここが我々の故郷なのです。

エルさんこの空間はこの領域は、本当に特殊です。
全ての物が在ると言うのに、決してぶっからないのです。
交差しないのです。この相対の世界で始めてものは十字するのです。
209:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 09:03:12

みなさん今日は。


あそうそう、ヒロさん、神示をね、そのままに受け取るには、
知識が必要なのです。
208:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 08:38:44

みなさん今日は。


百番さん、同じ本を何度も何度も読んでごらん。
興味が薄れ終いには飽きて来るのが普通です。

百番さんが自分の興味のためにここに来ているなら当然でしょう。
楽に成ってくればなおさらです。

特にわたしは、皆さんの悟りに対して特別な思いを消し去ることを
言うからなおさらでしょうね。

207:ひとのこ さい:

2013/04/29 (Mon) 08:33:13

先生 みなさん おはようございます。

大阪も今日までは天気が良さそうです。

僕は5時前には起きて一度外に出ますが、今年は早朝は結構寒いです。先生や、mkさん タオさんのところからしたら暖かいとなるのでしょうね。

先生お叱りもなく安堵しました。皆さんと共によろしくご指導ください。

ふみおさん、かずよしさん、やはり人間の性というのでしょうか、新しい方のことを知りたいとみなさんも思われていると思います。

もちろん僕もです。ですから毎日書き込んでいただきたいと思います。それにより理解し合うこともできると考えます。

関東にも集まってこられていますね。大阪が多かったのでいいですね。やはり日本の首都があるのですからいずれは、関東が多くなりますね。

北海道の方もいずれこられるのでしょうね。

北九州にヒロさん、
四国阿南にトシカズさん 
淡路に陽さん 
福知山に百番さん 
神戸にエルさん 
大阪に横目さん Tさん 僕 
岐阜にmkさん 
長野にタオさん
神奈川にかずよしさん 
東京にふみおさん 
埼玉にKさん そうして最後ですが、
仙台 先生

こうして見ると各地に散らばり先が楽しみですね。

最近お見えでないですが、沖縄の774さん 関東のぽんさん またお便りほしいところですね。

新しい方のためにもみなさんのお住まいの地域をupしてみました。

本当にアウトラインだけでも知りたいのが人間ですね。思い浮かべ、思うことができないとこの掲示板も文字で埋まるだけですから。

知りたいというのも自我ですね。まとめをさせて頂いてますとそれがきついです。笑

今日もポチです。ランクも上には上があります。皆さんの力で、目のつくベスト3には行きたいですね。当面は。

もちろん1位めざしていきましょう。

この間書かせてもらいました、いい智慧の提案、みなさん難しいでしょうが考えておいてください。

206:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 08:14:20

みなさん今日は。


かずよしさん始めまして。

>悩みが多い日々で、困っています。
悩みとはね、人生を深刻に受け取っていることから生まれでます。
実はこの世とは、神の遊びみたいなものです。

神仏しかいない、全体しかない、全ては一つなどの様々な理解で、
人生の深刻さを少しずつ取り去ると、苦しみが消えて行きます。

ここで少しづつお話しましょう。
205:ひとのこ :

2013/04/29 (Mon) 07:23:16

みなさん今日は。


>さいさんは「大事なもの」を抱えすぎではありませんか?
Tさん貴方こそ大事なことを忘れておりませんか?

Tさんは今まだ山の中腹にいるのです。
諸々の理解で、一見苦しみから逃れているように見えます。
そこれはね一見解放に見えます。

神々にでも成ったようで大変楽な場所です。
一部の人を除いてはそこに満足し、そこから先に進もうとせず、生涯をそこで終わるのです。
どうしてなのか、それはそこが安楽だからです。

この段階では表面意識の苦は落ち着くが、無意識レベルの苦は無くならない。
まだ不十分なのです。
だから感謝するのはまだ早いのではないか。

楽には成っているが、喜びに届いていないのです。
まだわたしはTさんに中腹までの道しか説いていないのです。
そこでTさんは満足している。だからわたしは問題意識をほじくるわけです。

そこがまだ中腹に過ぎないことを伝えるために。
Tさんはまだ自分で悟ったのではなく学んだことを語っているに過ぎないでしょう。


ところで今回のさいさんは、ここのまとめ役としてきちんと働いています。
何の問題もありません。


コメントを見るとTさんは善人だから、目の前の人しか見えてないようですね。
Tさんは人集めをしているのではありませんか?
でもそうは見えませんね。

わたしはね、目の前の人を犠牲にしてもその後ろの世界の為に働きます。
神もそうしているようにです。

神はね、超えられる手練しか与えないと言っても、
個には乗越えられない死もあたえるのです。
それはね世界が乗越えるのです。

世界の為に全体の為にが神の働きです。
振り返って反省してみなさい。

わたしはね、神示を実現するために、目の前の人を犠牲にすることが
必要ならためらわず、犠牲にするのだよ。
わたしはね目の前の人の後ろに世界を見ているのです。

善人にそれが出来るか。
善人は目の前の人の為に世界を犠牲にするのです。

わたしは世界のためなら自らすら犠牲にするのをためらわない。
それも遊びみたいにね。

このことを頭に入れて、さいさんから指摘されたコメント見てごらん。
間違ってはいないが、だからこそ。
自分が大事、目の前の人が大事のコメントだね。

人を集めるためなら間違いなさい。
世界が救われればその人も救われるから問題ない。
神示にも書いてあるだろう、正直だけではだめだと。

個を大事にすれば、世界が救われず。
世界を大事にすれば、個は救われる。

現世的幸せの論理と同じだ。
個を大事にすれば個が幸せにならないのだよ。
世界を大事にすれば全ての個が救われる。
だから神とは全体を常に考えるのです。

だから個にとっては不幸もおきえるのですね。
でもそうしなければ、全ての人は救われない。

でも善人は自分が大事で恐ろしくてそれが出来ないのだよ。
悪人ほど先に救われるべきだとそう言えば誰か言ったね。
その通りだね。

善人で在ろうとする者には恐ろしくて出来ないな。

さいさん、さいさんは、ヒロさんの言うように、まとめ役として
成すべきことを成せばよい。
今回のようなこともさいさんのお役目です。
さいさん大丈夫です。ネットだけではらちがあかないから
今年は動くから安心しなさい。
204:ヒロ :

2013/04/29 (Mon) 01:20:37

こんばんは。

ふみおさん
極め之巻12に「学や智や理で説くと、その鬼に囚われる。そのままに伝えてくだされよ。」って
ありましたよ。身魂磨きが完全でないで凹凸ある間は、鏡もちゃんと映らないと心して、そのまま
受け取り、そのまま伝えるのが筋でしょうね。もちろん私もですが。
最近先生は仏教の「大円鏡智」の話しもされましたしね。
203:ひとのこK :

2013/04/28 (Sun) 23:11:27

師匠皆様こんばんは

さいさん心配かけてごみんなさい
職場の絡みと変則シフトで掲示板のレスについて行けてない時があります

かずよしさんはじめまして
ひとのこKと申します
神奈川ですかー
遊びに行けるなー(笑)

一瞥があったのですか
僕も聞きたいです

良かったら教えて下さいませー

Tさん掲示板ではお久しぶりですブログにはお邪魔してます(笑)


タオさんもブログはじめたら遊びに行けるのになぁ


携帯だと皆さんの書き込みを見ながら書けないので、何回か読んで覚えてから思い出してコメントしていて、話ズレてるかもと少しビビりながら書いてるので(笑)、レスが早くなってきて、前よりコメントしてませんが、皆さんの書き込み拝見させて頂いてます

いつもありがとうございます。
202:ひとのこ さい:

2013/04/28 (Sun) 20:42:35

みなさん今晩は。
エルさん
僕はエネルギーとか科学のお話も好きです。
>エネルギーは静止しつづけることは不可能だと思うので、動いてしまうことによって、
時間は発生すると思いました。
一般論については、本とかで読んだことあるかもしれないけど、あまり分らなくて、
感じたままに考察してます

質量を持った物体は静止していてもエネルギーを持っている。E=mc2これは静止エネルギーという

ものです。エネルギーは質量×光速度の2乗 という有名な式で物質には膨大なエネルギーがありそれを利用したものが原子力ですね。

今度ゆっくり話し合いましょう!笑 時間については相対と絶対ということがすぐ頭に浮かびました。

息子は超超超でした。おやじと違い、イケメンで有名でした。僕らからするとイケメンという言葉いい感じしませんねー笑

今人気の 色彩を持たない、なんたらいうのはどうしようかなーです。全て読んでいますがハルキストではないので。

国境線の南とか言うのも軽くてよかったです。僕とシンクロしましたよ。

ヒロさん
>言葉や文章など、本心と関係ないとこでひっかかること、今後もありえますから・・。
こういう文章でさえ、思ったら即書いて、解決したら即流す

重大に受け止め、肝に銘じます。ありがとう。

しかし今月はどうしたんでしょうね。

横目さん、mkさん Kさん 陽さん 調子戻してください!!

手足は頑丈さもこれから必要ですね 笑

201:ふみお :

2013/04/28 (Sun) 20:30:57

みなさん、こんばんは。

ヒロさん
神示を読み込んでいらっしゃるヒロさんの解説、とても勉強になります!
自分の思うように受け取る・・・そのようにしてみますね。


かずよしさん
はじめまして、よろしくお願いします。
私もかずよしさんの覚醒のお話を是非お聞きしたいです。


mkさん、エルさん
私も散歩するの好きです。
知ってる道から知らない道に入って、迷うんじゃないかと思いつつ歩くのが特に楽しいです(笑)
200:エル :

2013/04/28 (Sun) 18:23:30

先生、みなさん、こんにちは

かずよしさん
はじめまして、エルです。よろしくお願いします(^^)/
すでに学んでこられてるんですね。迷惑なんて気にせず書き込んで下さいね。

ヒロさん
偉そうだなんて、とんでもないです。いつも、ありがとうです!
お返事ちょっと遅くなりました。
ヒロさん指摘してくれたように、動いていないことに気づいている、ことから離れてしまってきているように思いました。
しっかり気づいていられたら、ネットと読書の両立も可能かもしれないと思ったりします。
今のところ、まだ出来そうにないんですが・・
精神科の医療現場については、ラジニーシさんの言われるとおりだと僕も思います。

雑談として三位一体について、その後思ったこと書いてみます。
空間だけが存在する状態を確認するためには、見る者の存在が必要であり、
見る、という行為があるということは、見る、そのものがエネルギーを必要とするため、
どれほど繊細で微妙なものであれ、それは物質だと思いました。
エネルギーは静止しつづけることは不可能だと思うので、動いてしまうことによって、
時間は発生すると思いました。
一般論については、本とかで読んだことあるかもしれないけど、あまり分らなくて、
感じたままに考察してます。

ひとのこさいさん
村上春樹さん読まれてるんですね。
息子さんが超ハルキストだったんですね。ハルキストは素敵な人が多いな、って印象もってます。

ひとのこmkさん
お散歩気持ちいいですね。僕も散歩好きです。

一日一回にしようと決めた初日から3回目の書き込みですね。
「今日から禁煙するね」って言った5分後に「タバコ買いに行ってくるね」って出かけてしまう奴なので・・。
199:ヒロ :

2013/04/28 (Sun) 17:39:54

みなさん こんにちは。

エルさん
自分らしく進んでくださいね。いつでも、歓迎ですよ! 偉そうですみません(笑)。

さいさん
リーダーとして言われたいこと、どんどんお書きください・・。 問題になるのは
言葉や文章など、本心と関係ないとこでひっかかること、今後もありえますから・・。
こういう文章でさえ、思ったら即書いて、解決したら即流す・・・、さいさんの「手と頭に
させておいて」ください(笑)。

mkさん
>神示の解説がありがたやありがたや。
自分でも書かせてもらうことで学んでおります・・。ありがたやありがたや。

かずよしさん
はじめまして。いっしょに学びましょう。
ところで、一瞥の体験、どんなんだったかお聞かせいただければ・・って思ってしまいます。
あと、迷惑かけるなんて気になさらずに、思いはどんどん書いてください。誹謗中傷じゃないなら
自分はこう思う・・なんてなんでもどうぞ。みんなの学びにもなりますんで。



198:ひとのこ mk :

2013/04/28 (Sun) 16:06:11

ひとのこさん みなさん こんにちは

かずよしさん はじめまして。
苦しいようで、どうぞここでなんとかしていってください^^
慈悲の心配はなくて大丈夫です~ ここのみなさんは慈悲深いですよ^^ 


今日はとっても天気がよかったので、久しぶりに日の出ているうちに休憩をもらって散歩してきました。
ぼやっと歩くのが気持ちよかったです。結局仕事の電話で戻されましたけど、充分でした。

陽さん、第2派に備えて、陽さんもしっかり栄養とってください。
私もしばらくは食べることを「義務」にすえてがんばります。

ヒロさんの神示の解説がありがたやありがたや。

今日もお気楽にがんばります。
197:ひとのこ さい:

2013/04/28 (Sun) 15:40:40

かずよしさん

神奈川ですか。僕も日吉というところで2年間学生生活しました

探求が生きがい、長くされてきたわけですね。

ここの皆さんと一緒に繋がり学んでいきましょうね。

楽な気持ちになりたいですね。書き込み、常連になってください。
196:かずよし :

2013/04/28 (Sun) 14:12:57

神奈川に住んでいます。

終着点? なんだか、ちょっとさみしい。
結局好きなんです。苦しいと言いながら、探求が生きがいなんです。

ストレス貯まってますし、心は感情の嵐なので、
どこまで慈悲深くなれるかわかりませんけど、
みなさんに迷惑をお掛けしないよう気をつけます。

こちらこそ、よろしくお願いします。
195:ひとのこ さい:

2013/04/28 (Sun) 13:57:35

かずよしさん ようこそです。ひとのこさいといいます。

>彷徨っているうちにこちらの掲示板に辿り着きました

ここが終着点になるといいですね!!

みなさん歓迎されますよ!!どちらにお住まいかはお聞かせください!!
194:ひとのこ さい:

2013/04/28 (Sun) 13:53:32

エルさん
沈黙をやぶっていただけましたね。ありがとうです。
みなさん、また普段通りお願いします。
ダンスダンスダンス、村上作品でも僕の点数高いです。僕はカフカ、ねじまき鳥あたりが好きです。
むすこが超ハルキストでしたので全てのの全て読んでいます。あまりよくないのもあれだけ作品あれば、ありますね。
そうしたものにでもハルキストは高得点です。

本読みやめたと言いましたが気楽な小説は読んでいます。
今は 開高健さんのものを読み返しています。

一行でもつながりですから、できればお願いしたいです。

エルさんも書きたいときに書いてくださいね!!
193:かずよし :

2013/04/28 (Sun) 13:52:08

はじめまして。

あるブログで「道」を学んでいましたが、一通り学びを終えて、
そのネットグルさんと波長が合わなく感じ、
彷徨っているうちにこちらの掲示板に辿り着きました。

気軽に参加できたらと思っています。

最初の一瞥、覚醒から、かれこれ5年近く経っています。
それ以来、自在境を保てずに、自我、自我、自我の生活、
悩みが多い日々で、困っています。
ドン詰まりの生活です。

まあ今のままで大丈夫なんだろう、でも、どうすりゃいいんだ、って感じですね。
192:エル :

2013/04/28 (Sun) 13:35:52

先生、みなさん、こんにちは

神経の状態がふだん通りになるまで、ここ来るの一日一回にしようと思ったんだけど、
さっそく気になって来ちゃいました。。

お気楽に~^^

先生の書き込みから、「ダンスダンスダンス」村上春樹さんの小説のタイトル思いだしました。
村上春樹さんの小説を読むと霊感が身につくとアメリカで噂になってると新聞で読んだことあります。
あ、僕、ハルキストかもしれません。村上春樹さんの小説は全部読んでます。
先日、アマゾン行ったとき、今月、村上春樹さんの新刊出るとか!
今の状態だと、まず読めませんが、文庫になってから読もうかな~
191:ひとのこ さい:

2013/04/28 (Sun) 12:06:37

Tさん
>不毛な論争はもちろん止しましょう
もちろんこれで終了です。
190:ひとのこ T :

2013/04/28 (Sun) 11:50:30

みなさん、こんにちは。

先ほどさいさんのコメントを見て、驚いています。

さいさん、私は自分のブログで誰のコメントも削除したことはありませんよ。
どんな悪意あるコメントでも消すつもりはありません。
まして、さいさんのコメントを削除するなんて・・・・・ありえない事です。
原因は分かりませんが、おそらく私かさいさんのパソコン音痴が理由でしょう(笑)。

2と3の私のブログ内のコメントについては、ただ思うままを書いたのですが・・・・。
私が「大乗」ブログについて言及する時は、いつも大きな感謝と信頼がベースになっていますが、そうは読めませんでしたか?

不毛な論争はもちろん止しましょう(笑)。

ただ私はさいさんの真面目さがちょっと心配です。

さいさんは「大事なもの」を抱えすぎではありませんか?
189:ひとのこ さい:

2013/04/28 (Sun) 09:45:10

先生 みなさんおはようございます。
大阪穏やかで行楽地もいいお天気でしょうね。
今日もお仕事の方、他日ゆっくりお休みください。

ふみおさん書き込みありがとう。既に掲示板に来られる前に学んでられたのですね。
先生の教えは神示の教えでもあります。ひとのこめざして頑張りましょうね。

陽さん、耳栓あるいはヘッドホンはいらないと思います。僕は雑音、車の音にきずきますが、苦になりません。
音は音がするだけです。それにより自我が 思い を出すものだと思えば気にならなくなると思いますが。
気分転換にせっかくいいところにおられるのですから、竿でもたまに持たれたらいかがですか。
してはいけないというのも囚われだと僕も思えるようになりましたよ。

エルさんはおはようだけでも、好きな時に好きなことを書いてくださいね。

ヒロさんその日その日で神示のコメントいいですね。
僕はそれにより教え、語られていることを再確認できます。
実はことしはじめぐらいですか、僕が神示ばかりみなさんに購入されたらどうですか、と言いすぎまして先生よりお叱り受けたことだあるのですよ。笑
2冊組で価格もたかいですからね。、

百番さんは進まれましたね、直球いい感じですね。学ばせていただいてます。

Kさんはお互い知りすぎているからパスします。笑

横目さんだいぶよくなりましたか?体調いい時にまたお願いします。横目さんのコメントには味があり他人には持てない味ですね。

タオさんもお願いします。もう雪もすっかり融けたでしょうね。こもらないでくださいね。笑

トシカズさんは、よく考えてられますね。みなさんのブログのコメントで感心させられます。

mkさんはまず体調ですね。お互い真面目同士ほぐしていきましょうね。笑

最後になりましたが今日はTさんにかんがえていただきたいことがあります。

あくまで私的ですが 大乗のブログと掲示板にとり今後大事であると思うのでのであえて書きます。

1 先日Tさんのブログに初コメントさせていただきましたが即 削除されていました。

  僕の感情は動きませんが、不可解です。

2Tさんのコメント欄に

 >ひとのこ大学生さん、毎度どうもです。
それはつまり「大乗」ブログの交流掲示板に関心が薄れてきたということですか?
仮にそうだとしても問題はないと思いますよ。
ひとのこ大学生さんは、思うように動けばいいのです。
交流掲示板にはいつでも戻れるでしょうから。(2013、4、18のTさんのリコメです)

こういう発言は先輩として逆を教えているのと同じです。
問題がないとは思わないで下さい。後輩には激励するのが先輩と思います。2013、4、18

3>たとえ「大乗」ブログそのものがなくなっても、エルさんの「安心」は揺るがないのですよ。

「大乗」はそれを学ばせてもらう場でもありますよ (2013、4、27リコメです。)

なくなっても という言い方は、仮定の話としても容認できません。

読まれている方がいるのです。 TさんのブログのTさんの 場 なのは承知しています。

しかし軽いノリで大乗と掲示板についてのお話はTさんのためにも控えてください。

以上です。提婆達多という悪い見本もあります。考えてください。

釈尊も論争はするなという教えです。

Tさんディベート上手ですが僕は釈尊に学びます。今後この問題には触れません。

沈黙を選びます。

ただ考えられて、初心に戻ってもらいたいだけです。

一人歩きはいけません。

ここで僕の考えを書いておきます。

誰が先頭を着るなど問題でありません。掲示板だけまとめをさせていただいてるだけです。

あと意識としてはみなさんの先輩ということだけです。

本当はお気楽にも行きたい部分もあります。

しかし神示と先生の教えを実現させるためにも手足でありお役目です。

僕はこれから手足で満足であり、誰が先頭をきろうと従って助けます。

Tさんにもきついことを書きましたが、悟りということにも酔わないでほしいと思います。

今が大事であり強力な核を作らねばなりません。個のことは後回しです。

みなさんこれは揉め事ではありません。大事なことです。

みなさんも核となるようお考え下さい。

先生はいろいろ気づかれてTさんにも注意をされています。

そのこともみなさんご承知ください。

Tさんは凹むことなく普通に書き込みお願いします。

難しいことでしょうが乗り越えてください。

朝から偉そうに申し訳ありませんでした。

集い、団体のためには必要なことだったのです。

さあ、遅れましたがポチします。みなさんもお願いいたします。






188:エル :

2013/04/28 (Sun) 07:55:58

先生、みなさん、おはようございます

ひとのこ先生 みなさん 
了解しました。ありがとうございます!

活字がふつうに読めるようになるまで、ネット(ここ)に来る時間減らそうと思います。
電磁波等が神経に悪影響するので・・。

なので、今日は、短文で失礼します^^;
187:ひとのこ :

2013/04/28 (Sun) 07:49:41

みなさん今日は。


今日は時間が在りませんが大事なことを少し。

わたしが教えることは、真面目でもなく、不真面目でもない。
努力でも無ければ、無努力でもない。
では一体何なのでしょう。

人助けをこういうと善人には受け入れがたいかも知れませんが。
わたしが教えているのは、踊りであり、ダンス、遊びなのです。

無我夢中の遊びには、一見、真剣、真面目、努力と同じように働く物があるが、
病である、深刻が無いのです。

人はね、深刻さを消し去ると、全てが遊びと成るのです。

我々の本性は喜びです。
その喜びが如何して失われているのでしょう。

それはね、深刻のせいなのです。
186:ひとのこ :

2013/04/28 (Sun) 07:13:34

みなさん今日は。


エルさん。わたしは百番さんの意見に賛成です。

エルさんも含めて、わたし達がエルさんの様な方が住みやすいを作ればいい。

そしてね、エルさん。もっと楽であったら如何ですか?
賢者視点や教えると言う視点に立っていたら疲れるでしょう。
肩の力を抜いて、楽な立場でお話したらどうです。

光明と、直接自覚と言う悟りがあるが、
光明とは人に説くときに役に立つが、
説かれる教えとは直接自覚に導くものであり。

直接自覚と言う悟りに達すれば、自らの問題は解決します。
直接自覚に自我は関係ありません。
自我をわざわざ一度育てる必要はありません。

エルさんはこのままここにいてください。
語る立場をもっと楽な立場に置いたらもっと楽に成るとおもいます。
185: :

2013/04/27 (Sat) 23:50:06

先生、みなさん、こんばんは。

>奥さんのきつい言葉を聞いても、遊び心のまま、そこ言葉を楽しむのだよ。
>それが出来るまで理解を深めるのです。

3歩進んで2歩下がるって感じですが、進んでる実感はあります。
楽しめるにはまだまだですが、それが世界の為であると信じ精進します。

さいさん
ウチは築80年くらいの古民家で、違う部屋でも音が筒抜けなんですよ(^_^;)
瞑想する時も妻の電話の声で集中できない事もあります(耳栓しちゃいますが…)
それはそうと、耳栓して瞑想しても良いんですかね?


息子がまた風邪を貰ってきました。
もうすぐ僕にもうつるのでしょうか?
やっと治ったとこなのに…。

mkさん、しっかり栄養摂ってくださいね。
184:ヒロ :

2013/04/27 (Sat) 23:08:53

こんばんは。みなさん。

ふみおさん
日月神示は、私が思うに、書き方は、「素直」だと思います。たぶん、文章をそのまま受け入れれば
それでいいと思うんです。ただ、洗濯の度合いに応じて受け取る内容が違う、ってあるので、微妙ですね(笑)。
私は神様の数々の名前はわからないので、洗濯や身魂磨き系の文章しかチェックできてません。
神示でいう役員にはなれませんね(笑)。
でも、神示には、「見える世界が、あなただよ」って書いてあったり、「神の最後の一歩は、悪の中に隠している。」
などあるので、和合なんでしょうね。でも、「小乗の道から、大乗に通じる」ってもあり、まずは身の周りのこと
からでいいと解釈しているんです・・。
183:ふみお :

2013/04/27 (Sat) 20:14:41

みなさん、こんばんは。


さいさん
>ふみおさんも頑張ってください。常連さんとして。
はい、頑張ります! というか、頑張ることをさせてておきます・・・でしょうか(笑)


ヒロさん
>「健全」っていう表現自体が、ラジニーシに言わせると、
>社会から擦りこまれた自分を束縛している価値観そのものであるわけです。
以前私には「こうしなきゃいけない、ああしなきゃいけない」という強い思いがありました。
そうやって「健全」に生きようと努力していたのですが、ある日そんなことをするのに疲れてしまいました。
それで「真理」や「悟り」といったスピリチアルな方面に救いを求めはじめて、
徐々にですが心身ともに楽になってきました。

長くなってしまいましたが、ヒロさんの書き込みで、
以前の自分はそういった社会に擦りこまれた価値観に振り回されていたんだなと、気づくことができました。
まだまだ落とし切れていない価値観が残っているのは確実ですが(笑)


本日、神示・富士の巻・第十三帖にある一文がとても興味深いなと思いました。
『読めば読むほど身魂磨かれるぞ、と申しても、仕事をよそにしてはならんぞ。』
うまく説明できませんが、「精神世界について学ぶのも重要だが、
現実(だと思っている)世界で行う仕事も同じくらい重要だ」という意味ではないかと、私は解釈しました。
「人は極端から極端へ動く」というラジニーシの言葉を以前ヒロさんが引用しておられましたが、
それは精神世界と現実世界にも当てはまるのではないかと思いました。
私は、仕事なんかしないでずっとスピリチアルな本を読んでいたいななどとよく考えます。
しかし、もし上の解釈が合っていれば、それはあまり良くないことのようですね(汗)
182:ひとのこ mk :

2013/04/27 (Sat) 19:02:55

ひとのこさん みなさん こんにちは


真面目すぎは心当たりありまくりでした(笑)
今このダルいもがんばりすぎたためかもね、って思ったりもします。

Kさんありがとうです。
優しさが身にしみてます。でてきちゃったもんはもう出しとくしかない。すべて受け入れます。がんばりません(笑)


エルさん
突然の発言にみえましたけど、私はヒントをもらっています。そうか、動かない、動けない、その理由に近づいてる、って。


ひとのこさんから体を大切にするように言われてますけど、どうも食欲が戻らないのが気になってます^^;
意識と体って、単純なんだけど複雑なような・・・ 見守るしかないんですね。
181:ヒロ :

2013/04/27 (Sat) 18:57:29

こんにちは。

エルさん
>自我を少しでも健全な状態に発育させてから、悟りに興味を持つべきではないか?とも思います。

ラジニーシの話あるんで、書いておきますね。精神分析のフロイトについて、たくさんの患者を分析し、夢から
潜在意識の内容を解釈して、社会的に適応するよう導いていたフロイトが、弟子から「精神分析しましょうか?」
って言われた時に、必死に抵抗したらしいです。彼は自我が潜在意識に渦巻いているのを自分で理解していて
それが暴かれるのが怖かったんです。ラジニーシも「精神科医が精神患者を治療しているが、ただ社会的に適応できている
自我を持っている者が、そうでない者を診ているだけ。自我を落とした者が導いているのではない。」
って言ってます。
そして、ここでエルさんが「健全な自我」っていう、「健全」っていう表現自体が、ラジニーシに言わせると、
社会から擦りこまれた自分を束縛している価値観そのものであるわけです。健全を自己定義すると、健全でないもの
を暗黙に、認めているということになります。神示的に言うと、「和する」ことだと思うんです。
そのためには、和する対象が見えないといけないと思うので、そういう意味でも、ここでの
理智の道は大切って感じるんですよ。犯人像がわからなければ名警部も台無しってとこです。

ラジニーシは「眠り」について「眠りが訪れるのは、あなたというものがいなくなり、努力が止んだ時だ。」
って言ってます。また競争馬タイプと亀タイプの話し(本来は人のタイプの話しですが)もあり、自分の状態
にあった事をしなさい、って言ってます。つまり、競走馬状態の時に、無理して「眠らなければならない」っていうのが
ナンセンスってことです。

神示でも、「喜び」が基本ですから、その時に喜びより苦悩が生まれていたら「違う」ってことじゃないかと。(神示で
それをわかった上で実践する、「苦を楽とせよ」とはまた別の意味でですが・・・)
最近のここでの表現にすると「体に眠らせておく。」「本読ませておく。」「ネットさせておく。」
となるでしょうね。しかし、それは体のことで、基本は「観る者」を失わないこと、ってことだと思います。
ただ病院行けば、薬はもらえるので、それが楽なら、それもいいでしょうが、「観る者」が失われたら、
「理智の道」はお預けになりそうな気がしますけど。

ラジニーシに精神科医の話しや、眠りの話しがでてくるんで、書いてみました。
180:ひとのこ百番 :

2013/04/27 (Sat) 12:57:54

みなさんこんにちは。

エルさん、「そういうもんです」よ。
どこの誰が脳のどの部分を使ってようが、どうでもいい話です。
いわゆる"健常者"と呼ばれる人が生活しやすい社会にありますが、
そこで特に生活しにくくなければそれでいいし、
あえて人間(個人)を考えるときはもっと「全オレ」的になっていいと思います。
「客観的に不快な話だときめている」賢者視点はなくていいと思います。
179:ヒロ :

2013/04/27 (Sat) 12:57:40

こんにちは。みなさん。
天気いいです!

エルさん
>三位一体についての考察ということで、空間だけが存在する状態というのを、
>まったく考えていませんでした。僕には、分らないですが、もしも空間だけだと、
>どうなるんだろう?
時々、書籍では「ただ在る」状態の表現として「空間」って書いてあるのもあるので、そう書いただけです
距離がある所には時間があるので、4次元とかいいますね。一般論的には2つはセットだと思います。

三位一体の話、時空の話、善悪の話、キリスト教的解釈の話がこんがらがっている感じです。ここで言う
善悪とは、神示での善悪とは、形式ではなくて、「我善し」であってここでの自我やマインドのことで
、「祀りに反対する者」なので真理を歩まぬ者っていうことだと思います。あまり過去にとらわれずに
せっかく神示との縁があるんですから、「神示読め」ってあるので、読みながらつかみとっていかれたら
どうでしょうか?
一度先生の喝で、動けなくなりかけてたマインドが、また動きたくなってきてるんだと感じました。
「さびしい」時って、なにかで解決したくなるんですが、動きそのものがマインドの性質らしくて
、ここでの「観る」という態度そのものは、特に人に迷惑かけるものではないので、続けていかれたら
どうでしょうか? 
178:ひとのこ さい:

2013/04/27 (Sat) 11:26:22

先生
>ほらさんさん、それが真面目でかたいのです
そうします!!笑
言ってる尻からですね! 

ところで先生は暦どうりお休みでしょうか。

もしそうであればゆっくりお休みください!!




177:エル :

2013/04/27 (Sat) 10:44:14

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
ご指摘、ありがとうございます。
はい、かみ合いませんでした。突然何か言ってしまうのは、よくあります。
今回のような会話だけでなく、具体的に、たとえば1月に今は9月だと言ってしまうような、
こともあります。それで誰かに指摘されるまで気づかなかったりします。
そのため、仕事すると致命的なミスで人命に関わるような、危険なミスを犯してしまったこともあります。

社会にずっと出られていない状態が続いていますが、通院も止めてしまっています。
医師の診断では、睡眠障害の原因が、潜在的に僕は、双極性躁鬱病であるということです。
また、ある民間療法の先生によると、僕の脳の状態が外側の方まで発育しておらず、
内側の方の脳だけで動いていてるということです。

そもそも、悟りとは自我を消滅させることと理解していますが、
脳が、まともに発育していないということは、自我が健全に発育していないということだと思います。
このような状態の者が「悟り」に興味を持つことよりも、自我を少しでも健全な状態に発育させてから、
悟りに興味を持つべきではないか?とも思います。

また、活字があまり読めなくなっていることについて、経験的にネットをやめれば、また読めるようになることは分っています。
神経に障害があるのだと思います。

社会に出られることを最優先と考え、治療行為を再開するべきでしょうか?
治療行為をするならば、医師からネットはしないようにと言われると思います。
先生のご意見、あれば聞かせて下さい。

不快なこと長々と書いて、すみません。
ですが、僕の状態を少しでも詳しく知ってもらったうえで、
先生のご意見は聞いてから考えてみたいと思いました。

甘えていることを書いているようでしたら、本当に申し訳なく思います。

ヒロさん
ありがとうございます。
三位一体についての考察ということで、空間だけが存在する状態というのを、
まったく考えていませんでした。僕には、分らないですが、もしも空間だけだと、
どうなるんだろう?
176:ひとのこ :

2013/04/27 (Sat) 07:57:14

みなさん今日は。


>肩の力を抜いてと思うこと自体なくしていかねばなりませんね。
ほらさんさん、それが真面目でかたいのです。

>肩の力を抜いてと思うこと自体なくしていかねばなりませんね。
これを無くさねば成らないのです。これが病から現れるのです。
どうしてそう難しく考えます。この事を肩の力を抜きなさいと
言ったのですよ。
これが力が入っていると言うことなのです。

お腹が減った、駄目だお腹が減ったなんて考えたら駄目だ
そんなこと考える必要が何処にあります。

お気楽にと言えば、お気楽にも考えては駄目です。
それも無くさなくてはなりません。と考える必要が何処にあるのです。
これが病です。
なんでそう恐れます。

>肩の力を抜いてと思うこと自体なくしていかねばなりませんね。
こう考える事も駄目ではないか、
それを駄目だと考える事もまた駄目ではないか。
またこう考える事はまた駄目ではないか。
これではきりが無くなる。


難しく考える必要が無いのです、そうします、で宵のです。

175:ひとのこ さい:

2013/04/27 (Sat) 07:46:15

先生

>日月神示にも皆気づかぬ病にかかっていると語られておりますね。
ですから霊主体徒に成るまで、頭を低くしておくのです

病。気づかぬ病です。



>苦を苦と感じなく成るだけでは不十分なのです。
 感謝に変わらねば成らないのです。
 感謝こそが喜びですね。

 とにかくねさいさん、肩の力を抜いて、全てを楽しむのです。

肩の力を抜いてと思うこと自体なくしていかねばなりませんね。

有難うございました。
174:ひとのこ :

2013/04/27 (Sat) 07:41:08

みなさん今日は。


ヒロさん。良く神示読めておりますね。
今までの学びが役に立ってますね。
良く本を読んできているからね。

仏教とキリスト教と対立的な仏教では駄目だと言うことですね。
そもそも、仏教とは何でしょう。キリスト教とはなんでしょう。
愛と真です。一つの教えの、愛の教えと真の教えです。

キリストが説いたからキリスト教と呼ばれ、
仏が説いたから仏教と呼ばれるだけですね。

ヒロさんは、神示のすばらしさを理解できます。
大変すばらしいと思います。
173:ひとのこ さい:

2013/04/27 (Sat) 07:39:00

先生 皆さんおはようございます。

先生昨日、一昨日は有難うございました。

エルさん久しぶりのポチ出ましたね。

ブログ読んでいただけありがとう。内容はともかくもその時その時下書きなしですから、かえって気楽です。

ただUPしたあと次の日取り上げるテーマだけ決めています。資料は3冊のみです。

最近コメント、メールも増えてリコメが大変です。メールは身の上相談員みたいなときもあります。笑

音読ですか。そのように教えられていましたね。僕の場合、音読するとかえって気が散りますのでできていないです。

神はお聞きになられるのでしょうが。エルさんを見習わなくてはいけないですかね?やはり!!

お仏壇などで真言、(光明真言等)は声を出すことにより、入り込めますが。

ふみおさんも頑張ってください。常連さんとして。

陽さんは音読されているのですね。奥様いない時だけというのがいいですねー!

mkさんはpc関係強いですね。ネットはやはり限界あるのでしょうね僕らの意図的には。また教えてくださいね。

ヒロさん随分と本読みされたのでしょうね。神示に入り込むことは先生の教えを学ぶことと、イコールですから

僕もそうしています。

トシカズさん、コメントいつもありがとうです!みんなのブログのコメントも読ませてもらっていますよ!

今日から連休の方も多いのでしょうね。僕はみなさんお休みの時は外に出ません。笑楽しまれてください。

Kさんは仕事柄お休み残念でしょうね!お仕事も頑張ってください。

みなさん、体調もどられましたか?

書き込む余裕を作られて一言でもお願いします!!

ポチもお願いしますね!!

大阪もエルさん言われるように朝方は毎日肌寒いです!!




172:ヒロ :

2013/04/27 (Sat) 07:17:43

おはようございます。

ニュースで宮崎の青島で初心者向けサーフィンセンターができたらしく、事始めに、神事が行われていました。
そのあと、サーフィンされていたんですが、神事とサーフィン、まさに日本らしいと感じました。日本人らしく
しめるところは、しめるんだ、サーフィンでも、って思い、秩序は保つが、形式にはとらわれない日本のよさを
みました。神示でも、「内面」が大切って言ってます。でも、ちゃんとカタも大切って言ってます。

エルさん
時間と空間・・・存在という非二元で使われる空間という意味では空間だけで存在できるのかもしれませんが
一般には、空間が存在した瞬間、時間も存在すると思うんですが?距離があるところにはすでに
時間が存在すると思うんですが?逆に距離が全くないところには時間がないってことですが。
どうでしょう?

ポチ完了です!
171:ひとのこ :

2013/04/27 (Sat) 07:14:30

みなさん今日は。


エルさんのコメント。
>努力をさせておく、と、言っても、もう努力はできないと思います。
>当然、がんばることもできないと思います。


mkさんのコメント。
>体調の回復と同時に動いていますよ^^ 


この二人のお話はおもしろいね。
全くかみ合っていないね。

わたしもmkさんは体調の回復と同時に動くと思ったけど、
エルさんは如何して動けないと思ったのでしょうね。
エルさんは突然と何か言うね。
170:ひとのこ :

2013/04/27 (Sat) 07:07:07

みなさん今日は。


>病です。分かります。大きなヒントをいただけました。
>指摘されないとわからないのが、もう病です。

さいさん、この病は、さいさん一人が掛かっているのではないのです。
全ての人がこの病に掛かっているのです。

それも、霊主体徒に成るまで、この病が完全に完治することはありません。
ですから、さいさんもこれで治ったと思わないでください。

日月神示にも皆気づかぬ病にかかっていると語られておりますね。
ですから霊主体徒に成るまで、頭を低くしておくのです。

如何して深刻さが現れるかと言うと身体をわたしと思っているからですね。
この深刻さが消えると、全てが遊びとなり、全てが楽しみとなり、全てが踊りとなり、
心は喜びとなり、生み出されるものの全てが芸術となるのです。

苦しみが現れなくなり、楽に成るのでは不十分なのです。
喜びに成らねばなりません。

苦を苦と感じなく成るだけでは不十分なのです。
感謝に変わらねば成らないのです。
感謝こそが喜びですね。

とにかくねさいさん、肩の力を抜いて、全てを楽しむのです。


陽さん。奥さんのきつい言葉を聞いても、遊び心のまま、そこ言葉を楽しむのだよ。
それが出来るまで理解を深めるのです。

169:エル :

2013/04/27 (Sat) 06:06:17

先生、みなさん、おはようございます

何も考えないことと・・、
自我の思考を消滅させて、全体の思考から動けるようになることとの違いを、
見極めなければならない、と考えるようになりました。

ひとのこさいさん
それにしても、毎日のブログ更新、すごい!って思います。
なかなか真似できる人いないと思います。内容も毎日充実してますし!
読める活字の量に限りがあって、読めてない日もあって、失礼もしてるんですが・・
ここの掲示板と神示読むことを優先しています。

朝は、まだ肌寒いですね。
今日も、もちろんポチしました。
みんなも忘れないでね。

みなさん、宵一日を!
168:エル :

2013/04/27 (Sat) 02:17:47

先生、みなさん、こんばんは

陽さん ふみおさん
やっぱり、周囲に人がいると音読はできませんよね・・。
声出して読むと神様との親近感が増すような気がします*^^*
167:ひとのこK :

2013/04/26 (Fri) 22:43:38

mkさんお返事ありがとうです

心身は感覚器官で反応してるだけ
がわかっても、熱湯風呂に突き落とされたら、リアクション芸人じゃなくてもリアクションします、多分(笑)

体調が悪くてダルくても、這ってでも真理への学びの姿勢は崩さないぞ。
がmkさんなので全く心配はしてません

ダルいなぁ
面倒くさいや

がホントならこの書き込みは無いはずですから…
そのまま見たらそういう事じゃないでしょうか
縁起 全一 感覚器官の智慧を知って、不退転になる であって、

ダルいと少しでもおもっちゃいけないって思った所で浮かんでくるものはどうにもならず、そこで自分の力で考えてるんだからそんな事思っちゃいけないと思うと苦しくなると思うんです。

心の段階によっては火もまた涼しにも成る事もあるとはおもいますけど、それはその時でいいのではないかと…
166:ふみお :

2013/04/26 (Fri) 22:17:01

みなさん、こんばんは。


さいさんへ対しての、ひとのこさんからの愛の鞭で、
私も少しすっきりしたように感じます。
少なくとも、わたしを消すをことを気楽にはやっていなかったと思います。
気づかせていただき、ありがとうございます。


エルさん
日月神示は、電車の中で黙読するのがほとんどですね。
休みの日くらいは音読をしてみます!
165: :

2013/04/26 (Fri) 21:33:51

先生、みなさん、こんばんは。

さいさんへの先生のお言葉、永久保存ですね。
僕まで軽くなりました。僕はもう少し真剣な方が良いのかもしれませんが(笑
先生、さいさん、ありがとうございます。

エルさん
>みんなも声出して読んでるのかな?
妻が留守の時は声に出してますが、居る時は黙読です。
でも声に出した方が読みやすい気がしますね。
164:エル :

2013/04/26 (Fri) 17:03:12

先生、みなさん、こんにちは

神示六九
>読むたびごとに神が気つけるように声出して読めば、読むだけお蔭あるのぞ。

ということで声出して読むことにしました^^
みんなも声出して読んでるのかな?
163:ひとのこ さい:

2013/04/26 (Fri) 16:59:01

先生
お忙しいのにありがとうございます。

>瞑想も遊びにして静かさを楽しめばいい。
>真剣さ真面目さと言う病を与えていたのはさいさんだからです。
わたしが消えさると、遊びが現れる

病です。分かります。大きなヒントをいただけました。

指摘されないとわからないのが、もう病です。

入りこんでいました。思い込みでした。

楽しむことを覚えます。

元来不器用なのです。のめりこむほうです。息子にも時折言われました。

今日は僕にとって、最高のヒントをいただけました。

有難うございました。解き放てるようにしていきます。

皆さんにもご心配?かけました。笑

さあまた新たに、頑張らず頑張ります。

いい日となりました。
162:ひとのこ :

2013/04/26 (Fri) 15:38:50

みなさん今日は。


>最近はそういうことに意識もしていないのでありません。
何もしないとは意識するもしないもほっておくことです。
意識しないなら、意識しないことを行ってます。

さいさんはねまじめすぎで、真剣すぎです。
遊び心を持ち全てを楽しむことです。

この真面目さ真剣さが人の病です。
お気楽にでは足りないようですね、瞑想も遊びにして
静かさを楽しめばいい。

もしさいさんが何もしないが分かると、
心と身体は全てを遊びとするのです。
真剣さ真面目さと言う病を与えていたのはさいさんだからです。
わたしが消えさると、遊びが現れる。
161:ひとのこ さい:

2013/04/26 (Fri) 14:27:41

ヒロさん

そうですね、愛のムチです。

僕は受けすぎています!!笑

ヒロさんはしかし熱血漢ですね。

行間に現れています。笑 かつて僕も行間に現れていました。笑

神示が必須のものとなりましたね。
160:ヒロ :

2013/04/26 (Fri) 13:58:13

みなさん こんにちは。

さいさん
ひとのこ先生から、愛の鞭がありましたね(笑)。理智でさらに上昇ですね・・。
神示・・・読むほどすごいです。これは。そして日本人にあってますね。なぜ、日本なのか?がわかる気がします。
春夏秋冬や、行間を読むなど、二元性で割り切れないことを理解できる国民性が神示には必要な気がします。
神示では「理屈はだめだが、理は大切」ってなってますし。この神示でいうところの悪が隠れる悪を理解し
抱き合わせて、超越するには、「大和魂」で、大きく和することが究極なんですね! ほんとすごいっす。
祀りせよ、真が通るでまつり、神にまつわりつく、神のみっていう世界。ここでの話に常に繋がります。
合掌です。
159:ひとのこ さい:

2013/04/26 (Fri) 12:41:15

mkさん今日は。

ネットは便利なものだとおもいます。

今、僕のブログには70人ぐらい読者がおられます。僕は大乗、そして掲示板をブログで紹介させていただいています。

即効性はわからないですが」ここにお連れできるように待ちの体勢です。来られた方もいらっしゃいます。

ですから今やっているブログ我お役目の1つと思い努力して待っている状態です。

神は、元の元の神直々の教えですし、日本という限定されたものでなく世界のものであるとおもいます。

しかし僕は発祥は日本であり、先生は岩戸開き(これが最終であるとも教えられています)のために

、世界の救済のため、悟られた方であると信じています。そして岩戸を開けられ進まれているのだと思ってています。

本来日本人が持っている国民性は見る面によっても違うでしょうが、すばらしいものだとおもいます。

神道も仏教とともに僕は肌に合います。ともに対象を持たず、自然が神ですから。宇宙にあるものは全て神と思っています。

mkさん体の調子悪いのに書き込みありがとうです。また教えてください皆さんと共に神示を学びましょう。神示の教えはひとのこ先生の教えなのですから。
158:ひとのこ mk :

2013/04/26 (Fri) 11:44:35

ひとのこさん みなさん こんにちは

エルさん
霊魂の暗夜というのがあるのですか。よく知らなくて。
体調の回復と同時に動いていますよ^^ 辛いことはないです、ありがとうございます。
そうですね、今回で、動かない場所を見つけるヒントが得られたらいいなと思っています。
今の私はどうやら努力がたくさんいるみたいです。見てみて思いました。

Kさん
今思うのは、自我のダダなんでしょうか、
縁起も、全一も、本当の私も、あと、心身は感覚器官で反応しているだけとか、ここでもう何度も納得の話を聞いて、そのうえで信念を持っていたはずなのに、
あぁぁ、もうだるいぃぃ、 となる瞬間が突然来るとは(笑)
そんな時でも這ってでもここには来てたのですが。

あ、私は大丈夫です^^; こういう書き込みってあまりしないほうがいいですよね。すみませんでした。

さいさん
そうですね、ネットだと個人で文字だけの集まりだから、体の場所はばらばらのままですし。
個人ではここで学ぶままの状態でまわりに接し、影響、波を起こして行くことができるのでしょう。
集団になればもっと。
ところで、神示は国民性でもって世界に影響と変化を起こしていく意図なのでしょうか。
日本は、神道が(この書き方でいいのかわからない無学ですみません)発祥したところですが、その感覚が強いのでしょうか…?
157:エル :

2013/04/26 (Fri) 09:19:47

先生、みなさん、こんにちは

三位一体について書いてみます。
あるキリスト教の学校で教えられたことある人から、ある神学では、神は「ある」悪は「ない」
と定義されていると聞き、キリスト教では神は、父と子と聖霊の三位一体ですから、
この「ある」と三位一体を併せて考えてみると、三位一体は、宇宙の全てであると理解して、
宇宙を3つに分けると、それは、空間と物質と時間であると思いました。

空間は、宇宙に遍く存在し、また私たちの体の中も空間だらけです。これを天の父と見ました。
物質は、すべて子(キリスト)であり、目に見えるものは、すべてキリストと見ました。
肉眼で見えなくても、空気や電波、オーラのようなものも存在が確認できるものは、キリストと見ました。
どこからが、空間で、どこからが、物質なのかを確認することは正確に判断することは難しい、
または、できないかもしれないと思いました。

空間の中を物質が動くことで時間が発生すると見ました。宇宙空間の中を星が動くから時間が発生すると見ました。
しかし時間は常に「今」しか存在せず、従って、今という時間を聖霊と見て、今ではない時間に悪霊は現れると見ました。

空間と物質に「悪」は存在せず、ただ時間という中に悪はありますが、過去や未来は幻でありますので、
この説明で、三位一体が神であり同時に、神は「ある」悪は「ない」という定義も説明できていると考えました。

このように三位一体について考えたのが16年くらい前で、
それ以降、空間を意識して見るという習慣が身につきました。
空間を天の父と認識しましたから、物質も時間も空間に従うと考えたからです。

その後も、三位一体については、いろいろ考察しましたが、これが僕が最初に考察した、
三位一体の認識の仕方でした。
156:ひとのこ さい:

2013/04/26 (Fri) 08:33:19

先生みなさんおはようございます。
大阪穏やかです。
>わたしが言う行わないは。行う、行わないの、行わないではありません。
行うと、行わないを、超越したところの行わないです。
裏返してまた裏返すということではなく、宇宙が行い、行わない。個を超越ということなのでしょうね。

>何も恐れず、成功しなければ分析をし何に問題があるのか考え修正し
問題を解決するように成ってほしいです。
何も恐れないとはそういうことです
>意識して状態を分析して考えてよいのです

僕は実は分析好きなのでかえって分析からはなれていましたよ。笑
もう少しほぐします。有難うございました。

では先生、分析なのですが、坐りにおいて

以前は何か違う、感覚例えば溶け込む、浮遊感があるときがありましたが、最近はそういうことに意識もしていないのでありません。

坐り終えたら、時間が早く過ぎた、時間がないところにいたのかなとだけ思います。そう云うふうにただ坐っています。疑問の余地もなくです。

僕はこれで続けますが何か修正、指摘していただけると嬉しいです。分析して良いのです、から今思いました。

疑問がある ないも超えて疑問を持つべきなのでしょうか。おかしな言い方ですが。

今日もみなさんポチお願いいたします。

ブログにおいても大乗、掲示板紹介させていただいてますが、ネットではそれが精一杯です。

何かいい知恵ないかなーといつも考えてはいるのですが。

みなさんも一緒に考えていきましょうね!!





155:ひとのこ :

2013/04/26 (Fri) 07:03:53

みなさん今日は。


>それと日常に取り込むには、意識はしないほうがいいのでしょうか。?
それが誰かと言うことが問題です。

>増上慢だけ気をつけていますが、何も恐れはありません。
気をつけるのは良いが誰が気をつけています。
それをわすれないことです。

さいさん一つだけこの意味を書いておきます。

>それと日常に取り込むには、意識はしないほうがいいのでしょうか。?
「それが誰かと言うことが問題です。」

この意味は、それを考えているのは神仏なのだから、
意識はしないほうがいいのでしょうか。?など宵とかわるいとか判断せず、
意識して状態を分析して考えてよいのです。
問題を覆い隠して解決しますか。

>増上慢だけ気をつけていますが、何も恐れはありません。
「気をつけるのは良いが誰が気をつけています。それをわすれないことです。」
気を付けているのは神仏です。さいさんではない。
154:ひとのこ :

2013/04/26 (Fri) 06:45:13

みなさん今日は。


さいさんもう少し書くことがありますが、今日は時間切れです。
ヒロさん大体ヒロさんの予想道理です。
詳しくは明日書きます。
153:ひとのこ :

2013/04/26 (Fri) 06:38:35

みなさん今日は。


>今は余計なことを考えず少しでも読者の方のお役に立てればと、思います。
読者の方にお役に立つためにはさんも進まねばなりません。

どうしてここに来てこういう事を聞くのでしょう。

今まで何度かさいさん、瞑想の状態はどうでしょう。と聞くと決まって
何もしてません。どんな状態か意識いてません。意識しては駄目です。と答えます。

どうして状態を分析して、何処に問題があるのかを考えるのを恐れます。

>気づくものだけいるようにします。行為があるだけで意識は不要です。
気づくものだけにしなさいとわたしは言ってないのです。
あれは駄目これは駄目が束縛です。
宵だのわるいだのと判断をやめて自由にさせて置くのです。
それが見ていると何もしないと言うことです。


行う。は極端です。
行わない。はもう一方の極端です。

わたしが言う行わないは。行う、行わないの、行わないではありません。
行うと、行わないを、超越したところの行わないです。

何も恐れず、成功しなければ分析をし何に問題があるのか考え修正し
問題を解決するように成ってほしいです。

何も恐れないとはそういうことです。

そんなに硬く成らないで、楽に成ってほしいのです。

さんさん如何ですと聞いたら、そうですね、こうこうです。と普通に言える様に
成っていてほしい。


わたしと問答することを楽しんでください。
152:トシカズ :

2013/04/25 (Thu) 22:49:37

皆さん、こんばんは

最近、苦と対決の場が何度かあり、逃げたいという思いと冷静に眺めている何かを感じることがあります
前なら苦しみや恐怖のみだったのに、7:3くらいの割合で苦しみと冷静な何かが混ざっているような
不思議な感じを体験しています

勝手に湧き上がる思考に対しても、私とは別ものだという感じを少しだけですが感じているみたいです
思考は思考のもの、思考が思考しているという感覚なのでしょうか。自分でもまだよくつかめません

地に足が着いてないような、安定してないような感覚を現在感じています
151:ひとのこK :

2013/04/25 (Thu) 21:17:08

mkさんへ

僕もいつも体と心で引っ張り引っ張られしてますよ

お腹空かなきゃご飯食べたいと思わないし、かと言ってショックな事があって食欲なくなっちゃったり…

痒かったら掻きます。
ホントは痒くないんだぁー…
とは頑張ってません

全部がひとつのものだけどバラバラに感じる。

全部がひとつだけでも

バラバラ
だけでもなくて

全部がひとつであってバラバラ。


そのまま考えています。
神と人

人の心と物質的肉体

レベルは違えども、お互い関わりあっていていいんじゃないかって思うんです

長文失礼しました。
150:ふみお :

2013/04/25 (Thu) 21:14:15

みなさん、こんばんは。

今日は仕事で疲れたので早く休もうと思います。
みなさん、お休みなさいませ!
149:ひとのこ さい:

2013/04/25 (Thu) 20:28:34

先生

おっしゃることよくわかります。

気づくものだけいるようにします。行為があるだけで意識は不要です。

>努力はあるが、わたしの努力ではないと言うところまで行くことです。

普段努力しているということも考えていません。

おっしゃることの意味わかりました。

別の言葉でいえば、おこがましいですが、はじめから鳥だ の自覚ということですね。

ありがとうございました。

ブログの方も最近独り言でなくなり、コメントも多くなってきました。

今は余計なことを考えず少しでも読者の方のお役に立てればと、思います。

効果のほどはわかりませんがまず、今に全力を尽くしています。

しかし世の中がかなり分かりました。どうしていけばいいのかと考えています。

焦りは禁物ですが考えます。
148:ひとのこ :

2013/04/25 (Thu) 16:06:55

みなさん今日は。


>それと日常に取り込むには、意識はしないほうがいいのでしょうか。?
それが誰かと言うことが問題です。

>増上慢だけ気をつけていますが、何も恐れはありません。
気をつけるのは良いが誰が気をつけています。
それをわすれないことです。

努力はあるが、わたしの努力ではないと言うところまで行くことです。

147:エル :

2013/04/25 (Thu) 14:01:01

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこmkさん
「霊魂の暗夜」突入という気がします。
心や体という動くところを見るのは、もう止めた方がいいと思います。
努力をさせておく、と、言っても、もう努力はできないと思います。
当然、がんばることもできないと思います。

先生から、前に僕がもらったコツ伝授そのままですが、
絶対に動かないところからしか、もう動けないと思います。

僕みたいに無職だと、この状態でも気楽ですが、
mkさんの場合、仕事とか家事とか学校の用事とか、いろいろ、本当にたいへんだと思います。

僕が書いてること、間違ってたら、当然、先生から訂正があると思います。
146:ひとのこ mk :

2013/04/25 (Thu) 11:18:03

ひとのこさん みなさん こんにちは

今日もみなさんの書き込みやりとりから学ばせてもらっています。

約一週間体調不良が続いて、体に心と感情がひっぱられるような感じでぼんやりもやもやしてました^^
それをみている、努力、というか、努力をさせておく、んですね、というのを努めていました。
ただ、だぁるくなっちゃうんですね^^; 「もうええわぁぁぁ」って。もういいにしてもどうにもならないのですが(笑)

まだ、自分がある、自我を考えている、それを自覚した一週間です。
がんばりまーす。
145:エル :

2013/04/25 (Thu) 11:13:41

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生 ひとのこKさん
先生のTさんへのお返事と、Kさんからの助言を読み、
「悟り」への興味が、とても前向きにスーパー復活しました。
ここで、みなさんと「悟り」へと歩むことが楽しくてしかたありません。

関西地方よい、お天気です^^
144:ヒロ :

2013/04/25 (Thu) 09:45:38

みなさん おはようございます。
余裕あって今書いてます。

SHさん 
瞑想されているんですね。準備が整っておられますね。24時間瞑想は私もまだまだ・・ですが
カタから入るは、神示でも言っていますので、学びましょう・・。

トシカズさん
>いろんな本も読んでいるようで博識なんですね。私とは逆ですね
全然違いますよ。求めていた証拠っていう程度です。数々の本は私を助けてくれた数々です。そのため
思いっきり分野は偏ったんですが、今ではそれでさえ「させておく」気持ちです。自分らしく
あるがまま・・・に進んでます。でも、当初はラジニーシなども本一冊読んだら、合掌してましたもんね。
ありがたい!って。ここといっしょで、読後、体が軽くなってたからですね。あら懐かしや、です。

先生また神示でお騒がせします。
神示では、キリスト教より仏教を次の段階ととらえ、さらに、仏教でも今はいかん、って言ってます。
その仏と神の差とは、特に神示でいう意味とはなんでしょうか?私としては、先生が言われる、仏教も
「手段である」ことや「法輪」で逆を説くことと関係するのか?と思ったりしたんですが。
神示ではキリストは「愛」に、「仏教」は「智」に相当し、両方を合わせて超えることを神示では
言っているのか?または、キリストにしろ仏教にしろ形骸化したため、それがいかんと言っているのか?
そのへんどうなんでしょう。少なくともカタから入るが、カタを越えて行けということはわかるんですが。

九州はあたたかくなっていきそうです。
143:ひとのこ さい:

2013/04/25 (Thu) 07:39:10

先生 皆さんおはようございます。

先生、言葉とはむずかしいです。

恐れずに言うなら深刻さはなく、かつ学びはきっちりしています。

なにもせず坐るということも意識せずすわっています。

>座って何もせず、いれるのなら、その瞬間に
瞑想は瞑想と成り、さいさんは個人を超越するのです

そのことを意識してはだめでしょうね。だからただ坐っています。

普段はそういうことを考えないです。今、それでも何か行っているか自問しています。でも思いつかないだけに???です。

それと日常に取り込むには、意識はしないほうがいいのでしょうか。?

台風の目の如くと先生がおしゃることが、少しわかってきています。できてきたということでなく感覚的にわかるという意味です。

増上慢だけ気をつけていますが、何も恐れはありません。

真面目なのでしょうが、先生に、真面目すぎると叱られてから、真面目を出さないように気をつけています。


生意気もうしてすいません。

今日ランキング見ると

スピリチュアル  64位

哲学しそう    19位

思想       2位でした。

思想については1位とかなりひらいています。

しかし毎日の積み重ねですね!!

皆さんポチお願いします!!

今日も大阪天気が良さそうです。

陽さんブライアン メイ いけてますね。

先生もおっしゃっていたように皆さん一言、一行でも書きこんでくださいね。

お願いします!!

142:ひとのこ :

2013/04/25 (Thu) 07:10:49

みなさん今日は。


>「自分の救いのためにぜひとも!」という感じの強い「求め」は全くありません。
>真我の自覚を得ることで、世界の役に立つなら、自我が死に絶えることを恐れずに受け入れる意思はあるつもりです。

>世界の役に立つなら、
Tさんが世界でしょう。

>自我が死に絶えることを恐れずに受け入れる
Tさん自我と言うものが何処にあります。
わたしは誰の中にも自我を見たことがありません。
もちろんTさんの中にも自我など始めからありません。
それが分かると自我が消えさるのです。
みなさんが自我だと思うから自我として働くのです。

自我なの始めから無い、それが凡は聖ですね。

自我と見えるものが、消え去るまで理解することが必要です。

人は如何してここにいます。
悟るためだね、それが神の意思であり、個人の悟りなどありませんね。
Tさんの悟りは世界の悟りです。

わたしの語ることは一つ間違えると、悟りの努力を捨てさせてしまうが、
実はわたしは悟らせる為に言っているのです。

そのために人は生まれるのです。
141:ひとのこK :

2013/04/25 (Thu) 07:02:21

師匠皆様おはようございます

仕事前にちょっと

エルさん
お返事ありがとうございます

今はドンドン話しますけど、それは自信がついたというより、「恐れ」が今日の師匠の言われる「個人」にくっついたものだ…と意識し始めたからです。

一番の変化の元はそこでした。

んじゃ仕事行きます
140:ひとのこ :

2013/04/25 (Thu) 06:41:42

みなさん今日は。


>僕だけ退歩が顕著のようです。笑

さいさん、さいさんは瞑想では何もしていないと言います。
もしさいさんが座って何もせず、いれるのなら、その瞬間に
瞑想は瞑想と成り、さいさんは個人を超越するのです。

ですからね、まだ何かを行っているのです。
おれを認め、行わないことを学べば、

>僕だけ退歩が顕著のようです。笑
この言葉を言わなくて済むのです。

さいさん学ぶことも恐れて駄目だよ。
見るものに成るとは努力を失うことでは無いのです。
努力から深刻さを取り去ることです。
139:ひとのこ :

2013/04/25 (Thu) 06:29:12

みなさん今日は。


エルさん、わたしの当初の予想道理ここは関西の人だらけです。

SHさん。

>日々どのような意識状態で過ごすか?
>どのような瞑想方法がいいか・・・・。これらを探っていきたいと思います。

どのような意識状態で過ごすか考えるより、
それを言っているのは誰なのか考えたほうが良いです。
そうすると、良い意識状態に成るのです。


>どのような瞑想方法がいいか・・・・。これらを探っていきたいと思います。

どうやったら瞑想を行わず、ただ座っていることが出来るか考えたほうが良いです。
ただ在ることそれが瞑想です。

意識状態と瞑想これで解決しましたね。


>自分は最近もの凄く気分の良い日ともの凄く気分の悪い日が
>交差してます。全て外側の出来事です。

外側の出来事なら、如何して、自分はと考えます。
その自分はが無くなれば、気分の良い日と悪い日が無くなります。


>全て外側の出来事です。といっても自分にとってはやはり大事な外側なんですけどね。
これがラジニーシが言う、深刻と言う病気の原因です。
この深刻を気楽か、ユニークに置き換えねばなりません。

どうやったら、深刻を気楽か、ユニーク置き換えられるのかここで学びましょう。

SHさんが深刻に成れば成るほど外側は上手く行きません。
苦しく成る一方です。

お気楽であればあるほど、外側はうまい具合に行きだします。

この宇宙の一切はね、バラバラであって、バラバラで無い、
一見はバラバラだが、互いに影響を与えあい、全体として動いているのです。
宇宙に個人と言えるものは無いのです。

宇宙に個人がいて、自由意志で動いていると見えるから、深刻に成りえるのです。
宇宙と言うものの見方を変えて行くことが深刻と言う病を治してくれます。
ゆっくに学びましょう。
138:エル :

2013/04/25 (Thu) 03:45:36

先生、みなさん、おはようございます

SHさん
>今日はもの凄く良い気分でした。気分が良すぎて瞑想する気になれないぐらい・・・。
気分良くなられて嬉しいです。すべては一つだから、SHさんの気分の良さは、僕の気分の良さでもあります。
ここの掲示板は、まるで魔法の掲示板のように感じています。
魔法という言葉は不適切かもしれませんが、とにかく何でもいいから書き込んでいたら、
自然と学びが進み、理解が増し、ラクになり、いずれ至福へと導かれるだろうと思っています。

僕も、まだここに来て一月ちょっとですが、ずいぶん変化を感じています。

あ、神戸なんですね!僕もです。ここ関西の人とても多いです*^^*
137:SH :

2013/04/25 (Thu) 00:52:33

みなさんありがとうございます。色んな解答をいただけて感激しています。
ひとのこさん俺は神戸からです。あなたの書いてること本当素晴らしい。
みなさんも素晴らしい。こういう掲示板があるなんてうれしい限りです。「みなさん」と要約してすいません。

心の速度を落とす。今日仕事前にひとのこさんの文章を読みました。なるほど・・・・目から鱗でした。
一時間後ぐらいに突然気持ちが軽くなりました。理由はわかりませんが軽くなったのです。
自分は最近もの凄く気分の良い日ともの凄く気分の悪い日が
交差してます。全て外側の出来事です。といっても自分にとってはやはり大事な外側なんですけどね。
今日はもの凄く良い気分でした。気分が良すぎて瞑想する気になれないぐらい・・・。
日々どのような意識状態で過ごすか?ということと、どのような瞑想方法がいいか・・・・。
これらを探っていきたいと思います。

みなさんありがとう 今後ともよろしくお願いします。
136:エル :

2013/04/25 (Thu) 00:22:57

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこKさん
>前は自分が偉そうに話したら後が自信がなくて怖いので、言わないでおく事が多かった。
あー、分ります。できれば、何も話したくないなー、と今でも、まだ、よく思います。
言った後、オロオロして落ち着かなくなります。僕も、ここで積極的に書き込み学んで、
克服しようと思いました。Kさん、ありがとうございます。
135:ひとのこK :

2013/04/24 (Wed) 23:49:15

師匠皆様こんばんは

師匠
そうでした…。
師匠はその時考えているのでしたね
ホントにびっくりですがそういやそうでした。
僕もどこだったかわからないので文脈を説明出来ません。すいません

Tさんの今はそんな感じなのですね

そうかーちょうど体験についての話もありましたけど、至福が広がるっていうのはどんな感じなのでしょう

僕は想像するしかありません。


さいさん
そうですね
気づけば随分変わってるかもしれません。皆さんも…

僕は一番変わったなーと思うのは、ここで教わったことを誰にでも、「あっあの話が合うな」
と思った時にすぐに話せるようになったことです
前は自分が偉そうに話したら後が自信がなくて怖いので、言わないでおく事が多かった。

それがなくなりました
134:トシカズ :

2013/04/24 (Wed) 21:46:05

皆さん、こんばんは

SHさん
はじめまして、私もまだまだ理解することがあるので一緒に学んでいきましょう


ヒロさん
ひとのこ先生に褒められてなんて立派に成長し続けているのですね。うらやましいです
いろんな本も読んでいるようで博識なんですね。私とは逆ですね
「努力をさせておくのです」という表現私も気に入ったので早速使い始めます

ブログ記事「唯我独尊」のところを読み返していると
心は内と外の条件で刻々と変化しているが心の変化も、思考も、思いも何かを縁として起きているだけで
私たちが動かしているものではない
人である限り思いは自由にならない

という所を読んで、心という現象は私と無関係に起こっているのだなと少し理解を深めることが出来ました
133:ふみお :

2013/04/24 (Wed) 21:19:59

みなさん、こんばんは。

陽さん
陽さんも同じルートをお通りになったとは!
レビューを書いてくださったTさんに感謝感謝です!
購入なさった書籍については・・・"それを読む時"はこれから来るんでしょうね、きっと・・・!


SHさん
私もこちらの掲示板に参加したばかりです。
よろしくお願いします!


ひとのこさん
>ですが、体験を重視しすぎると、体験を超えた体験の前の体験を重視してしまい、
>そこに止まってしまうのです。
>わたしが消え去るところまで進まねばなりません。
体験を超えた体験・・・ そこまで辿り着けるよう精進いたします。
132: :

2013/04/24 (Wed) 20:19:37

先生、みなさん、こんばんは。

先生、回答ありがとうございます。
その日が来るまで自然体で行ってみます。
学びが進めば出来なくなるのでしょうね。
以前、エックハルトトール氏が軍人の問いに対して
「真理に近づくと軍隊には居られなくなる」というような事を言っていたのを思い出しました。


SHさん
はじめまして、これからも宜しくです。
僕も先月来たばかりの者ですが、来た頃に比べると大分楽になってきてます。
まだまだ自我まみれですが、一緒に学ばせてくださいね。


さいさん
お気軽にエギで釣ってます。
といっても1シーズンに数回(1回1時間くらい)のへなちょこ釣り師です。
だからいつでもやめられるのですが、子供が成長して「父ちゃん!釣り教えて!」とか
言われると教えるでしょうね。
それすら出来なくなると複雑ですが、その時はそれしかないのでしょうね。
僕もキースの乾いた音が大好きです。
ギターの音だけでキースだなってわかりますよね。
色は全く違いますが、ブライアン・メイも音だけでわかりますね。
131:ひとのこ百番 :

2013/04/24 (Wed) 19:40:54

みなさんこんにちは。

SHさん、ようこそ! 仲間が増えて嬉しいです。
思考は全部ここにぶっちゃけて、我々みんなで共有しましょう!
後学のためにお聞きします、どこから先生のサイトに飛んでこられましたか?


コーヒー談義(笑)ですが、ほとんどミルクってぐらいのミルクコーヒーは好きです!
そういえば、コーヒーはホットで、ミルクコーヒーはアイスで飲む傾向があると今わかりました(笑)

130:ひとのこ T :

2013/04/24 (Wed) 17:55:06

SHさん、初めまして。
苦しみの只中にいらっしゃるのですね。
私の経験ではそういう時は、一気にラクになれる瞬間が近いと思います。
ひとのこ先生に学んで壁を越えてくださいね。


ひとのこ様

真我の自覚を得ようとしているかどうかは微妙な感じです。
「自分の救いのためにぜひとも!」という感じの強い「求め」は全くありません。
自分のためにということなら、今のままでも・・・退屈になる時はありますが・・・特に真我がどうのこのとは思いません。
が、真我の自覚を得ることで、世界の役に立つなら、自我が死に絶えることを恐れずに受け入れる意思はあるつもりです。


分別意識は強めに出る時もありますし、かなり薄れている時もあります。
ネガティブな感覚が出たときは「あ、自分を持っているな」と分かるので、分別意識というか分離意識はあるはずです。

ただ、数日前の瞑想中に「自分」のコントロールがなくなってしまう至福の広がりに入って以来、分別意識が障害になることは基本的にはなくなっています。

129:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 14:42:36

みなさん今日は。

ヒロさんずいぶん変わりましたね。
ラジニーシの言葉が、ヒロさんの中で生命を吹きこめられ
生き返って使われております。
わたしもヒロさんが語るラジニーシの言葉をもう一度味わっております。

過去の教えは死にもするが生き返りもする。

日月神示も良く読んでいますね。
128:ひとのこ mk :

2013/04/24 (Wed) 11:53:02

こんにちは。

SHさん はじめまして。
こちらでぜひその混乱と苦しみから脱してください。質問する、回答をもらう、省みて実践する、また質問する・・・これでどんどんクリアになっていきます^^


みなさまお元気そうで何よりです。
私は食欲がもどらないので、砂糖たっぷりたっぷりのミルクコーヒーでしのいでます。
127:ヒロ :

2013/04/24 (Wed) 10:57:31

みなさん こんにちは。

陽さんへの 「努力するものをわたしと思いなさず、努力をさせておくのです。
」の表現はすばらしいですね。これパクリます。たぶん、ここに参上の方々は努力される方々ばかり
でしょうから、精神世界で言われるdoingからbeingへ、の現実的な表現がここにあると思いました。
ラジニーシも人は極端から極端へ動く、中庸中道が難しい、って述べてますが、ともすろと
努力から放棄に傾きやすいですが、この表現ならいいですね。日常でも使えます!
「瞑想させておく」「仕事させておく」「すべきこともさせておく」ラジニーシが病気と呼んだ深刻さ
が格段に減ります。

SHさん
よろしくです。九州んもんです。私まだスマホ持ってなくて、ドコモのSHって機種です。
心の中をここでぶつけてください。明らかにすると、明るくなるようです。
日月神示読んでまして、ちょっと乗せてみますね。
「信仰の始めは感情に支配されがちじゃ。理智を強く働かせねばならんぞ。」(春の巻き32)
「これぞと思う人があったら、その道の人についてござれよ。」((春の巻き49)
私も精神世界の本は、相当読みましたんで、ここでSHさんといっしょに学びたいです。
よろしくです。
126:ひとのこ さい:

2013/04/24 (Wed) 07:43:24

先生 みなさんおはようございます。

大阪は昨日から雨で今日も止みそうもないです。

釣りについては今は行こうという気がしません。何事も問題とする意識が止まるまでということ、そういう方がが問題なしということですね

過去ログを読んでいたら皆さん別人のように進まれていますね。

僕だけ退歩が顕著のようです。笑

エルさんも元気そうだしKさんはブログしてから意識の持ち方が違いますね。過去ログKさん見てください!笑

SHさんもここで書き込み続けられ、みなさんと繋がれるとこころがやすらいでこられるとおもいます。

ゆっくりゆっくりがいいとおもいます。

皆さんも一言でいいですからよろしくです。

それにより繋がりが強くなりますから。

今日もみなさんポチです。これはサボらないでください!!笑
125:エル :

2013/04/24 (Wed) 04:25:39

先生、みなさん、おはようございます

SHさん
はじめまして、エルです。
ここで毎日書き込めば、必ずラクになってきます。
よろしくお願いします!

ひとのこ先生
深夜にも関わらず、お返事ありがとうございます。
僕は、一般の書店では流通していない、また、ヴァチカンからも公認は受けていないような、
預言書の本も、いろいろ読んだことがあって、その中で、フリーメーソン批判が書かれてあることがあります。
それらの預言にも一理あるかもしれないと思いながらも、イシヤさんには、イシヤさんの立場があるじゃないか、
と、神の預言であるなら、イシヤさんのことは、イシヤさんの立場からの説明も欲しいと思っていました。
先生のお返事は、僕が求めていたイシヤさんの立場から書いて下さり、
僕の心は、安らぎを感じています。

ひとのこmkさん
「無」から学びはじめると、さまざまな心身の変化が現れてくると思います。
なかには、非常に困惑すること、苦痛に感じることもあるかもしれません。
ゆっくり、大事にゆきましょう。
124:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 04:24:12

みなさん今日は。


>因みに師匠「病は白紙の巻物を神から貰った云々」と神示にあったと思いますが、どういう意味でしょう?
Kさんの質問を見逃していたようです。
これだけでは何も浮かんで来ませんね。云々を休みと日にでも読んで、
何か浮かんだらお答えいたします。
123:ひとのこK :

2013/04/24 (Wed) 04:18:11

こんな時間にこんばんは
SHさんはじめまして
ひとのこKです。

書き込みに切迫感があります。
今苦しまれているのでしょうね。

僕は現実に何の問題もなければ真我の実現なんて見向きもしなかったと思います。

苦しみの原因はいつも現実の問題でした。

その問題はここで解けます。

出来れば具体的に書かれると解決も早いと思います

真我と欲望と相容れないようですが、煩悩即菩提と言いますし、決して欲望はおかしな事ではないと思います。

何か真我を求める理由はありますか?ただ漠然とした欲求なのですか?

それとも現実の問題への対抗手段でしょうか?

いつもは絵文字使ってます

何だか深刻な感じがしたので…
なるべくスムーズに楽になれるように教えて頂けると幸いです。

この書き込みの間に師匠の書き込みあったらごめんなさい

最近書き込み中にスレが進んでるパターン多しです(汗
122:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 03:55:55

みなさん今日は。


SHさんようこそお出でくださいました。

>アファメーションをやめたらネガティブな思考がどんどん渦巻いてきました
>アファメーションは誤摩化しだったのでしょうか?

それなら、アファメーションは誤摩化しだったのでしょう。
わたしはアファメーションをしていなくても、ネガティブな思考がどんどん渦巻ことはないからです。
わたしが必要としないとき、思考が勝手に現れることはありません。

思考が勝手に渦巻とき、SHさんは思考に使われている。
思考が主であり、SHさんは徒だ。

わたしは、わたしが主であり、思考は徒であるのです。

如何してSHさんは逆転に成ってしまうのでしょう。
思考をわたしの思考と思っているからです。
思考自体に想念自体に何の力も無く、わたしの思考、わたしの想念と思うことで
思考が想念が力を持つのです。

思考から、わたしを切り離すと、思考は力を失い長くは続かないのです。
そのとき、想念と想念の隙間が見えるのだよ。

想念と想念の隙間を、吸気と排気の隙間を、時間と時間の隙間をと言っても、
SHさんの今の状態では見ることは出来ません。

見ろと言うのはね、見れる状態に成りなさいと言う意味ですから、
それを今見ようとしても、この様に混乱するだけです。

>見るとはどういうことでしょうか?体で感じるわけでもない、映像として見るわけでもない
>俺にはまったくわからないんです。心は混乱してます。どうすればいいのか・・・・・

SHさんはね、心の速度をおとして今に留まる必要がある。
それが出来ると見えて来るのです。

今のSHさんはね、主と徒が逆に成っているのです。
召使に使われているのです。
それはね、思考や思いや身体をわたしと思いなしているからなのです。

ここに来てみなさんとお話していれば少しづつ楽に成ります。

ところで、SHさんはどちらの地域にお住まいでしょう。
121:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 03:06:25

みなさん今日は。


Tさんわたしが何色々書いてTさんに聞きたいかと言うとね。
Tさんは真我の自覚を得ようとしていますかと聞きたいのです。

わたしとみなさない必要がある、分別意識がまだあるか。Tさん。
120:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 02:56:47

みなさん今日は。


>今日も質問させてください。
>また初歩的質問なのですが、「釣り」についてです。
>さいさんも今はされていないようですが、やはり釣って食べるという行為は止めた方が良いのでしょうか?
楊さんが釣りが出来なくなるまで今のままで良いよ。


>だとしたら、スーパーで買う魚と自分で釣る魚との明確な違いってなんなのでしょう?
>直接的、間接的という違い、職業か趣味かという違いで是非が分かれるのでしょうか?
わるいとか、是非とかと考えているうちは、気にせず、釣ったり食べたりしなさい。
是非など考える必要はないよ。


それが良いわるいではなく、出来なくなるまで、判断するのを待ちなさい。
119:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 02:44:40

みなさん今日は。


エルさん。イシヤとはフリーメーソンのことです。
イシヤの仕組みのところを今おぼえていないのです。

ですがもちろん資本主義経済も含まれます。
イシヤさんはね、この世の大事な分岐点に関わって
この世を神の国に変えようとしているとわたしは考えます。

資本主義経済もね、多くのものを我々に与えてくれました。
その中でも、特に大事なことは、力を国民にもたらしてくれたことですね。
これが無いと神の国が地上に生まれることはないことでしょう。

イシヤさんを見ているとね、善人が嫌がって誰もやらず、
かと言ってそれが無くては、未来に神の国が生まれない人が嫌がることを
善悪を超越した境地から率先してそれを行っているように見えるのです。

イシヤさんの仕組みである資本主義経済が神の国が生まれるのを一見邪魔している
様に見えますが、資本主義経済ができて、今度は壊れなければ成らない。
イシヤさんは資本主義経済を必要ではなくなったら壊す為に生み出したと思います。

この地上が神の国と成るためには、残酷な歴史をたどる必要があったのです。
原始時代から、一足飛びに、神の国は生まれないのです。
そのための大事なお役目をはたしているのがイシヤさんと思います。
118:ひとのこ :

2013/04/24 (Wed) 02:15:05

みなさん今日は。


>正直申しますと、感覚や体験は大切にしなければならないのかなと考えていました。
体験を超えた、体験は必要です。
言葉はその為にある。

ですが、体験を重視しすぎると、体験を超えた体験の前の体験を重視してしまい、
そこに止まってしまうのです。
わたしが消え去るところまで進まねばなりません。
117:ひとのこ さい:

2013/04/24 (Wed) 01:56:08

SHさんはじめまして。

よく来てくださいました。ひとのこ さいといいます。

皆さんも歓迎されると思います。

よろしくお願いしますね。
116:ひとのこ さい:

2013/04/24 (Wed) 01:47:41

陽さん今晩は、

エギですか?やえんですか?そのへんいいですね。売ってるのと釣るのとは、やはり直接か関節かむずかしいですね。

僕は息子病気してからやめました。タチもそちらいいでしょう。僕は名人です。笑 自作で年間4、500は上げました。

僕はキースの一見雑な音が好きです。でもテクがいります。意外と!

帰省されたとき連絡ください。美味しいのを飲ませますよ!

今は何も趣味ありません。もうなんでもやり尽くした感じです。本読みもやめたし、

でもpcは最低限しか触りたくないですね。笑 おやすみです!!

115:SH :

2013/04/24 (Wed) 01:34:59

初めてです。よろしくお願いします
プンジャジの本を読みました。想念と想念の隙間を見なさいと書いてありました。
見るとはどういうことでしょうか?体で感じるわけでもない、映像として見るわけでもない
俺にはまったくわからないんです。心は混乱してます。どうすればいいのか・・・・・
アファメーションしていた時の方が日常生活もうまく行きました。アファメーションは誤摩化しだったのでしょうか?
アファメーションをやめたらネガティブな思考がどんどん渦巻いてきました。良いことだけを思ってる時の方が
随分と楽でした。浮かび上がってる想念を打ち消して良い想念に変える方が俺には良かった。
ブログで書かれている通り俺は真我にもの凄く惹かれます。自我がしがみついてるのかもしれません。
逃げ道となってます。知恵の輪みたいにもう何もわかりません。
日常はうまく行きたい。でも真我と共に行きたい。真我の為に全てを捨てることもできず、欲望はどんどん沸き起こります。
欲望の為に真我を実現したいのか、欲望を燃やす為に真我を実現したいのか。プンジャジのようなグルが居てくれれば。

114:エル :

2013/04/24 (Wed) 01:33:47

先生、みんさん、こんばんは

ひとのこ先生
今、神示の五八を読んでます。
「イシヤの仕組み」とは、資本主義経済のことでしょうか?
そして、イシヤとは、フリーメーソンのことですか?

よろしくお願いします。
113: :

2013/04/23 (Tue) 23:38:26

先生、みなさん、こんばんは。

>怒りを受け取ることは爆弾を受け取るのといっしょうと理解できれば、
>受け取らない事に努力は必要無いでしょう。
>努力するものをわたしと思いなさず、努力をさせておくのです。

とっても楽な気分になりました。
次回試してみます。
ご回答ありがとうございます。

今日も質問させてください。
また初歩的質問なのですが、「釣り」についてです。
さいさんも今はされていないようですが、やはり釣って食べるという行為は止めた方が良いのでしょうか?
だとしたら、スーパーで買う魚と自分で釣る魚との明確な違いってなんなのでしょう?
直接的、間接的という違い、職業か趣味かという違いで是非が分かれるのでしょうか?

熱狂的な釣り好きではありませんが、自宅から海まで徒歩5分という事もあり、
時々、イカ釣りを楽しんでいます。
今年は行ってしまいそうなので、釣ってしまう前にと思い質問しました。
宜しくお願いします。

ふみおさん
僕もラマナレビューで流れ着いたものです。
あのレビューはTさんが書いてくださったんですよ。
やはりアマゾン(ラマナか?)の影響力って凄いですね。
僕は恩返しも兼ねて購入しましたが・・・

マダヨンデマセン…(笑


mkさん
僕ほど悪くなってなさそうなので良かったです。
とはいえ、油断は禁物です。
お大事にしてくださいね。


さいさん
さいさんの書き込み読んでるとヨダレが出てきます。
煩悩刺激されまくりです(笑
僕はミルクあり砂糖なしです。
ストーンズ聴きながら一緒に飲んでみたいなぁ。
112:トシカズ :

2013/04/23 (Tue) 21:49:01

皆さん、こんばんは

現在、私としてしまっているものを知ること、理解することが苦を正面から向かい理解することだと思い
いろいろ考えてみました。
そうすると、他人という者をとおして私が私の記憶・価値観で裁かれているのではと感じました

感じるものは全て自身から現れる、世界も自身から現れるということから私の見ている世界には私の記憶・価値観しか
存在しないのではとも感じました

私の記憶は影響によりつくられたものなのに私の記憶・価値観に支配されてしまっている私がいることに
気づき、まだ記憶を私としていることがわかりました

この記憶の中身を徹底的に知ることが正面から向かい理解することになるのでしょうか?


ヒロさん
日月神示は日月の巻まで読みました。説教よりも急かされているように感じました
難解な文章も多いので混乱しながら読んでます
過程が美や芸術って凄い良い響きですね。結果より過程が大事ですね


ひとのこさいさん
いい紅茶是非飲みにいきたいですね。ちなみに私は砂糖なしで飲みます
皆さんコーヒーの飲み方にこだわりもってて少し驚きました
111:ふみお :

2013/04/23 (Tue) 20:37:54

タオさん
自宅近くの桜、ついこの間咲いたと思っていたら、すっかり散ってしまいました。
無常を身をもって示してくれているようで感慨深いです。


さいさん
>ふみおさん嬉しいですね。計画が進んできているということですね。ありがとうです。!!
お礼を言っていただけるなんて、恐縮です!


エルさん
共通点が多いですね^^
私も普段繰り返し本を読むことなどないのですが、
この本は不思議とそうさせてくれました。
きっとこれからもずっと読んでいくんだろうなと思ってます。


ひとのこさん
ご回答ありがとうございます。
正直申しますと、感覚や体験は大切にしなければならないのかなと考えていました。
それは逆なんだと知ることができて良かったです。


mkさん
ご体調があまりよろしくないんですね。
1日も早く全快なさることをお祈りしております。


ヒロさん
はい、なるべく多く、最低でも1日1度は書き込みをしたいと思っています。
実は日月神示は既に購入して、少しずつ読み進めております!
110:ヒロ :

2013/04/23 (Tue) 20:30:36

連投すみません。

たしかに、関係性が悪かったのが改善したり、不可能と思っていたことが可能となったり
した時には、その過程そのものが「美」や「芸術」っていう表現にぴったりですね。その時に
お互いの中に、「愛」が流れ「智」が通ってますからね。そして「私」が横に置かれている状態。
非常に美しい表現で、さすが神示的って思いました。
109:ヒロ :

2013/04/23 (Tue) 20:23:47

こんばんは。

先生ありがとうございます。
わかりました。「調和」っていうニュアンスだったんですね。
それで83で「真理は霊、芸術は体ぞ」ってなっているんですね。顕現世界は、調和してなんぼ
なんですね・・。 その調和を顕現世界的に「芸術」「美」など表現していたんですね。
こまごました質問ですが、ありがとうございます。確かにラジニーシの言葉は芸術と思います。
コーヒーじゃないですが、彼の文章は、香りが楽しめますから。
108:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 18:10:07

みなさん今日は。


ヒロさん、ヒロさんから、わたしが抜けると、ヒロさんが生み出すものは何であれ

芸術と成る、それは行為であれ芸術であり、美であるのです。
思考さえ、芸術と成り、美と成りえるのです。

ヒロさん。宇宙を見てごらん、あれが調和であり、芸術であり、美です。

何かの為でない生き方それが芸術です。
ラジニーシの言葉は芸術だと思いませんか。
107:ヒロ :

2013/04/23 (Tue) 17:44:44

みなさん こんにちは。

ふみおさん
さいさん言われるように、連投よろしくです。でも、お若いのにアシュタバクラ・ギーター
読まれているんで、真理は年齢ではないなあ・・って感じます。今度は神示加わりますので
覚悟しておいてください(笑)。

先生、また神示質問させていただきます。
黄金の77で「美の門から神を知るのが誰にでもわかる一番の道であるぞ。」ってある美についてです。
これは芸術って書いてあって、83に芸術は体であるぞ、ってあるので、現世的な肉体のこと
、芸術って感性とかいうので、そのへんを指していて、肉体もっている感性もったところから入れって
言っているのか?と解釈したんですが、間違ってますでしょうか?

コーヒーは私もミルク派でしたが、コーヒー豆からのちゃんとしたのコーヒー飲んだら、胃痛もなく
飲めたので、コーヒーによるなあ・・って、その程度の素人同然状態です。みなさん、違いのわかる男たち
でびっくりです。朝はコーヒー味の豆乳を投入してます(笑)。
106:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 17:22:09

みなさん今日は。


mkさんそうか、
そう言う時はゆっくりしなさい。

体調が戻るまで書き込み一言でもよいよ。
体も大事にして、みなさんには長生きして頂きたいです。
105:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 17:08:10

みなさん今日は。

百番さんの言う通りですね。
取りあえず今のルールは守りましょう。

無理させると困るから103番は消しておきます。
104:ひとのこ mk :

2013/04/23 (Tue) 16:50:22

ひとのこさん みなさん こんにちは

ふみおさんはじめまして!
ここへの書き込みを決心してくださり嬉しいです。
よろしくお願いします。


今は、痛い、だるいなどの症状がほとんど消えてます。
ただ、数日間長引かせていたので、体力がないようです。
今日は仕事を休み休みやってます。
明日までにはパワー充填したいです。
103:ひとのこ百番 :

2013/04/23 (Tue) 11:07:21

レビューにアドレス投稿をする場合は、注意してください!!

アマゾンの例でいえば、ガイドライン内の禁止事項として下記のものは削除対象となるようです。
「自分や他人の電話番号や住所、Amazon.co.jp 以外のサイトのURL、他人のEメールアドレスなどの個人情報」
郷に入っては郷に、サービスごとのガイドラインは「調べられる範囲で」、守っていきましょう!

営利目的ではないので問題にはならないと思いますが、念のため知識として書いておきます。
102:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 10:22:40

みなさん今日は。

ふみおさん今日は。

>「心地よい感覚」は「全体」から来るもので、
>「悩み事」は「自我」が生み出しているものなのでしょうか?
心地よい感覚や喜びとは中心から現れます。
ですからふみおさんの理解は間違ってはいません。

ですが感覚や体験をあまり、重視しないことです。
新興宗教の教祖はそれを重視してしまうと出来あがるのです。

悟りとは、体験を超えた絶対にあります。
超個に個(わたし)が飲み込まれてしまう。
これが絶対体験ですがそれにはこのようになる必要があります。

ヒンズー教の教えから。

『心が変われば、態度が変わる。 態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、 習慣が変わる。 習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。 運命が変われば、人生が変わる』

真理とは、人を根源的に変えてしまうものです。
人生が変わらない真理は役には立ちません。
人生が変わらねばまだ真理に触れていないと言うことです。

あまり体験だけを重視すると真理に触れたと勘違いし
人生は変わってないと言うことが起き得ます。
101:ひとのこ さい:

2013/04/23 (Tue) 08:34:35

タオさん久しぶり

雪の中で冬眠したのですか?

コーヒーもウンチクするより飲んで美味しいと思えばいいと思いますね。モカですか?モカにホイップのせたら美味しいですね。

スタバのあの香りは出せませんね。器械でしょうね。

皆さんご存知ないですが、インスタントと同じかむしろ安いですよ。それに楽しめます。

なれれば5、6分でエスプレッソもできますし。

大型冷蔵庫2台のうち1台は豆の冷凍専用です。おばあちゃんと2人暮しですが、笑

トシカズさん用に紅茶いいのがあります。

皆さんにもいつか来られたら美味しいのを飲ませてあげたいなーと思います。

仙台で甘めのミルクコーヒーもいいですね、笑 冗談です。
100:エル :

2013/04/23 (Tue) 08:25:45

先生、みなさん、おはようございます

ひとのこ先生 ひとのこさいさん
ありがとうございます。
三位一体については、また書きたくなったときに書かせてもらおうと思います。

ふみおさん
僕も、アシュターヴァクラ・ギーター大好きです。
本をあまり繰り返し読むことないんだけど、この本は、何度も繰り返し読みました。
アマゾン、レヴューから、そしてラマナの本のこと忘れてしまったこと、
僕とまったく同じですね^^

コーヒーの話題でてますね、僕はエスプレッソもブラックで飲んでて、
あんまり美味しくないな~と、思ってたんですが、そもそもブラックで飲むものではないんですね(汗
ふだんコーヒーはブラックですが、昔ながらの瓶や紙パックのコーヒー牛乳も好きです。僕も甘党なんですね。
チョコレートやクリーム系のもの大好きです。

それでは、みなさん、宵一日を!
99:ひとのこ さい:

2013/04/23 (Tue) 08:17:22

先生 みなさんおはようございます。

大阪穏やかないい天気です。

朝1番からの盛況が嬉しいですね。世の中まだ寝てる人もおられるのに。

>神は愛です。仏は真です。
愛とは情的物で真(まこと)は論理的物です。

だから神は三位一体を説き、仏は十二縁起を説くのです

愛から入ると間違えやすいから、真(まこと)から入れと神が仏教から入れと
言い、この神示は元の元の神の神示であるから仏教と協力できると語っております。

>ですからこの神示は神仏の最後の手段だとわたしは言うのです

以前教えられていたことを、再確認できました。

僕は仏教、まこと 真から入れて、神示に触れさせて頂いたということは、先生のおかげです。

ありがとうございます。僕は智慧の道は誰でも学べる道だと思います。

怒りの爆弾の譬え、釈尊のご馳走のたとえと同じく うまい! です。僕も一昨日、ブログで、

怒れる婆羅門、2つの勝利をお話させていただいたところでした。ニヤニヤしております。

皆さんもコーヒーお好きなようですね。プレスはドリップと違い香りで部屋が充満しますね。僕はその日の気分で、点てています。おコメと一緒で産地、品種によりまた立て方によりまったく味が異なります。

中国茶もっぱら青茶(チンチャ)です。プアールも癖で嵌りますね。お茶は上海からの土産で溢れています。

>ろそろ書き込みたいなと思っていた時に、さいさんが東京という地名を仰ったので、

それが初投稿の後押しになりました

ふみおさん嬉しいですね。計画が進んできているということですね。ありがとうです。!!

是非皆さんも楽しみにされておられるでしょうから、連投お願いします。

>さいさんも立ち去ったとは思ってはいなかったでしょうが、
嬉しかったのでしょう。Tさんが書き込んだ事が。
わたしも同じです。

まったくそのとおりです。Tさんも書き込みしてもらいたいです。

愛から先生は辛口の時があるのだと思っています。

掲示板を読まれているだけの方も、ふみおさんのように第1歩をふみだし、書き込んでいただきたいとおもいます!!

今日もポチよろしくです。

エルさんやはり体験なんだね。!!

98:ひとのこ タオ :

2013/04/23 (Tue) 07:47:48

ひとのこさん、みなさんおはよーございます。
ふみおさん、どーぞ宜しくです!

新しい方がお見えになると俄然盛り上がりますね。

久しぶりの書き込みなのに雑談です;
僕も毎日珈琲がかかせない生活おくっています。
だから、さいさんがお店やられていたと聞いて、お会いできたら色々伺いたいなーって思っていました。
もっぱら生豆で購入し手アミで培煎して飲んでます。焼いた豆を買って飲んでいた頃に比べると味が分かるよーになった気がしますよ~。手間はかかりますが生豆で買うと安いし、珈琲好きな方にはオススメです!

エチオピアの豆が今は好きでよく飲んでいます。

ひとのこさん
僕もかなりの甘党でして、ブラックに必ずスイーツ。欠かせませんwチョコが一カケラあるだけでいいんですが。

長野はようやく桜が見頃ですー。
みなさん、体調くずされている方、とらわれず思考していきましょー。とらわれてる時はその時で学びなのでしょーが♪
97:ふみお :

2013/04/23 (Tue) 06:56:11

Tさん
こちらこそよろしくです!
質問、どしどし(?)していきたいと思っています!


トシカズさん
いきなり書き込む勇気がなかったもので、
まず閲覧してみようと思った次第です^^;
仰るとおり、学ぶことがたくさんありますね。
私は物事を理解する速度があまり速くないのですが、
ゆっくり時間をかけて分かっていけたらなと思っています。


ヒロさん
お騒がせだなんてとんでもない。
ヒロさんの質問から、私も学ぶことができます!


Kさん
埼玉、近いですね!
その他のプロフィール・・・そうですねー
歳は24で、会社員をしております。
お気に入りの本は「アシュターヴァクラ・ギーター」で、
もう随分繰り返し読みましたが、まだまだ理解出来ていない箇所が多いです。
幸いなことに今のところ病気はないです。(検査をすれば見つかるかもしれませんが 汗)


陽さん
「ラマナ・マハルシとの対話 第2巻」のアマゾンレビューに、
ひとのこさんのブログURLを見つけたのがきっかけです。
ちなみに、その後、ブログや掲示板を閲覧することに夢中になり、
このラマナの書籍について今の今まですっかり忘れておりました・・・。


さいさん
>僕が東京の方おられないと書きましたが、即、来ていただけましたね。
そろそろ書き込みたいなと思っていた時に、さいさんが東京という地名を仰ったので、
それが初投稿の後押しになりました。
まさに絶妙のタイミングです。不思議ですね。


百番さん
>嬉しいです。 ともに学んでいきましょう。
はい、よろしくお願いします!
皆さんと知り合えたこと、ここで学べること、
嬉しく、とてもありがたいと思っています。


ひとのこさん
早速1つお尋ねしたいことがあります。

ここ最近、起きた直後に以下のような体験をします。、
心の中心に何とも言えない、すっきりした心地よい感覚があり、
そこから少し離れたところに、いつも悩んでいる事柄がモヤモヤと漂っています。
しかし、その心地よい感覚は目が覚めるにつれて薄れていき、
完全に目が覚めると悩み事が優勢になってしまいます。

説明が長くなってしまいましたが、
この体験はどのように捉えるといいのでしょうか?
「心地よい感覚」は「全体」から来るもので、
「悩み事」は「自我」が生み出しているものなのでしょうか?
96:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 03:07:06

みなさん今日は。

あそうそう、陽さん。

陽さんは、贈り物が、爆弾だと知っていたら、その爆弾との贈り物を受け取りますか?
怒りも同じです。
人は怒りを爆弾だと理解していないから受け取るのです。

怒りを受け取ることは爆弾を受け取るのといっしょうと理解できれば、
受け取らない事に努力は必要無いでしょう。

怒りと戦いおさえるのではなく。

怒りとは爆弾だと知ればよいのです。

おさえるのではなく、出ないようにしむけるのです。


如何して怒りが現れるのか、それは心の平静が乱されると
怒りが現れるのです。

ところが怒りが現れることが、心の平静が乱されると言うことなのです。
怒りを受け取らねば、どんな事があっても心は平静のままなのです。

受け取るから心が乱されるのです。
怒りを受け取るとは、平静を保つために、平静を失っているのです。
95:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 02:47:51

みなさん今日は。


>説明しない方がいい、説明できない、今になって、分ってきたような気がします。
エルさんそんなことはありません。
現在どのように理解されているか知る事も役に立ちます。
94:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 02:39:55

みなさん今日は。


さいさん、神は愛です。仏は真です。
愛とは情的物で真(まこと)は論理的物です。

だから神は三位一体を説き、
仏は十二縁起を説くのです。

日月神示も神の言葉であり、
だから123、ひふみなのです。

ひふみの関係性を言葉に置き換えると、「父」と「子」と「聖霊」と呼べるのです。

ですがこの神はおもしろいことに、入るには愛からじゃ真からじゃが在るが。
愛から入ると間違えやすいから、真(まこと)から入れと神が仏教から入れと
言い、この神示は元の元の神の神示であるから仏教と協力できると語っております。

神が仏教から入れと言う実におもいろいでしょう。
この神の神示に、わたしも同意です。

ですからこの神示は神仏の最後の手段だとわたしは言うのです。
神と仏が力をあわせ、仏の智慧で神を明らかにしょうといている。
情と智の愛と真(まこと)神と仏の大融合です。

分かれていたものの融合だから最後の手段なのです。
93:エル :

2013/04/23 (Tue) 02:18:56

先生、みなさん、こんばんは

ふみおさん、はじめまして、エルです。よろしくお願いします(^^)/

ひとのこ先生
三位一体の説明ありがとうございます。
昨日、さいさんに三位一体について、
>説明しない方がいい、説明できない、今になって、分ってきたような気がします。
とメールしたのですが、やはり体験で確認するしかないのだと思いました。

僕は、それを説明しようとして、教会内で、ちょっと、まずい雰囲気になってしまったことがあって・・(汗
昔のことで、どうでもいいことなのでスルーして下さいm(__)m
92:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 01:57:54

みなさん今日は。


>覚醒体験もしないで本当の理解が出来るのだろうか?
智慧の道は理解が先その後体験です。
だから学ぶのでしょう。
体験が先なら学ぶ必要が無い。


>どうにもならない怒りの感情が湧いた時です(今がそういう状態って訳ではないです)
>相手に向かって怒鳴るとかは論外ですが、個室でモノに当たるとか、誰もいない場所で叫ぶとかってどうなんでしょう?
>それはしても良いという覚者も居たように思うのですが、自我は喜ぶように思います。
>先生はどうお考えですか?

それも論外です。
わたしは出来事からも人からも怒りを受け取りません。
それが苦しみだと知っているからです。
怒りを向けられたら、お持ち帰り頂ます。

怒りを受け取る人はそれが苦しみだとの理解が足りないのです。
ですから、わたしに誰も害を与えられないのです。

>ではやはり、自我の存在を認め、少しずつ解消していくという事ですね?
努力するものをわたしと思いなさず、努力をさせておくのです。
91:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 01:42:24

みなさん今日は。


>うちのコーヒーはもっぱらプレス(フレンチプレス)ですよ!
>しかも嫁も私もブラックです。ほうじ茶の感覚です。

百番さん、わたしはミルクコーヒーしか飲めないのです。
甘党です。
90:ひとのこ :

2013/04/23 (Tue) 01:36:17

みなさん今日は。


>私が人の上に立ちたがるとは、何か実感がわきませんねえー。ホントにそう思われますか??
>自分ではどっちかというと、人の集団から離れたがるという傾向はあると思っていますけど。
Tさん独立がそうなのです。

>でもですね、この表現を通して私に何を伝えようとされているのですか?

見るものとは、努力をわたしの努力と思わないことであり、
努力を失うことではありませんね。
心の停止まで止めなければ成りません。

問題が無いのは分別意識ですか、それを見ている者ですか。

>私って立ち去っていった人になってたんですね??
わたしは立ち去ったとは思ってもいませんでしたが。
何も書き込まなければこの気持ちが誰に伝わります。
さいさんも立ち去ったとは思ってはいなかったでしょうが、
嬉しかったのでしょう。Tさんが書き込んだ事が。
わたしも同じです。

ことが無くても馳せ参じていてください。

>あのぉー、こう見えてましても私は毎日家PCと職場PCでポチってますし、一日に三~十回は開いて見せてもらってますよ。
>ただみだりに書き込むのはちょっと控えめにしとこうと思ってるだけでして・・・・。
>たとえこの先何年間も一字も書き込まなくても、いったんコトがあればいつでも馳せ参じますよ。
89:ひとのこ百番 :

2013/04/23 (Tue) 00:05:21

みなさんこんばんは。

ふみおさん、ようこそおいでくださいました!
嬉しいです。 ともに学んでいきましょう。

さいさん、うちのコーヒーはもっぱらプレス(フレンチプレス)ですよ!
しかも嫁も私もブラックです。ほうじ茶の感覚です。
初めてプレスの出し方を知ったときは、ドリップとの天地逆転に驚き
賢い人がいるんだなぁと感心しきりでした(笑)
あと中国茶で好きなのはプーアル茶です。お茶タイムを楽しむ感覚はコーヒーに近いですね。

あ、日が変わったので一番ポチ行ってきます!
88:ひとのこ さい:

2013/04/22 (Mon) 23:18:22

皆さんこんばんは、

嬉しいですねー。ふみおさん、ひとのこ さいです。僕が東京の方おられないと書きましたが、即、来ていただけましたね。

僕も長いこと東京大田区におりました。よろしくです。なんでもかきこんでくださいね!!

>わたしは十二縁起と三位一体は体験的に確認済みです。
三位一体は123、ひふみ、ですよ。
123・ひふみ、神示です。

なるほどです。なんとも声が出ない感じです。

体験的ですか。未知。いまだもこれからも未知です。笑

坐りはただ坐り続けているだけです。

わかっているだけに瞑想の期待は持ちません。笑

先生のお体の状態、安心できました。初耳でしたから。

しかし神示といい先生の教えといい数字と記号が神の言葉であると実感できました。

知らない人はこじ付けと思うかもしれませんが、僕は 数と記号 の深さを信じます。神の言葉と言えますね。

ありがとうございました。

Tさん、ブログ頑張ってますね。まあTさんでしたらお手の物でしょう。お仕事あるので大変という意味です。

間隔開けると皆さんも心配しますから頼みます。

ヒロさんも元気ですねー。いい感じですね。コメントしてませんが読ませていただいてますよ。

余談ですが、今、久しぶりにエスプレッソでつくりました。デミカップに砂糖1、2杯が本場流です。

僕も1杯入れますがこれをノーシュガーで飲む方、理解に苦しみます。もちかき混ぜないで楽しみます。

甘さでにがさが引き立つのですね。

みなさんまたあしたです。

ふみおさんも連投お願いします!!
87: :

2013/04/22 (Mon) 23:11:53

先生、みなさん、こんばんは。

体調が戻ったら質問しようと思っていた事をお書きになられたので書き込みさせて頂きます。

>凡は聖と無理に思い込むのではありません。
>理解するのです。理解できるまで学ぶのです。学ぶものすら自分とは見なさずに。

前々から思い込むという事に違和感を感じていました。
理解するのとは明らかに違いますよね。
かといって、覚醒体験もしないで本当の理解が出来るのだろうか?
やはり、アプローチとしては思い込むという過程が必要なのか?と悩んでいた次第です。

>思い込もうとすれば思いとの戦いです。
>心に問題がまだある事を認めることを止めたら思い込もうとしたら、
>そのまま問題が残り続けます。

ではやはり、自我の存在を認め、少しずつ解消していくという事ですね?
僕もせっかちなのですが、焦らずコツコツ学ばして頂きます。
今はまだ、感情に持って行かれそうになる事も多いのが現状です。
以前に比べれば立ち直りも早くなってますし、少々の事なら静観できてます。

そして、ひとつ質問させてください。
どうにもならない怒りの感情が湧いた時です(今がそういう状態って訳ではないです)
相手に向かって怒鳴るとかは論外ですが、個室でモノに当たるとか、誰もいない場所で叫ぶとかってどうなんでしょう?
それはしても良いという覚者も居たように思うのですが、自我は喜ぶように思います。
先生はどうお考えですか?

この質問は、個はなく全体だけが存在するという理解を深めれば出てこない質問だと自覚しております。
ですが、凡ゆえご回答頂けると幸いです。
よろしくお願いします。


ふみおさん
はじめまして。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
ちなみに、ふみおさんは何処からここへ辿り着いたのですか?
アクセスアップの参考にもなると思いますので、差し支えなければ教えてくださいね。


mkさん
体調、いかがですか?
僕の咳は抗生物質も風邪薬も効きませんでした。
もし咳の症状があるなら、マスクの中に濡れたガーゼを入れると良いですよ。
まだ完治はしてませんが、薬より効果ありました。
お大事にしてくださいね。
86:ひとのこK :

2013/04/22 (Mon) 23:06:08

ふみおさんこんばんは
ひとのこKです。はじめまして

「ひとのこ」についてはご存知かと思います。
1ヶ月読まれていたとの事ですので一からの説明は不要かと思います。

東京なんですね僕は埼玉です。
その他のプロフィールは良かったら追々教えて下さいね。

因みに師匠「病は白紙の巻物を神から貰った云々」と神示にあったと思いますが、どういう意味でしょう?
最近体調不良多いので。

僕は復活してきました。
85:ヒロ :

2013/04/22 (Mon) 22:34:05

みなさん こんばんは。

さいさん
>ヒロさんは叩いても僕と同じで大丈夫そうですね!
御承知の通りです。「七転八起」ってネーム変えてもいいくらいです。これは神示にものってません。(笑)


ひとのこ先生
強い思い伝わります。個人もほっておけないけど、全体も進めたいっていう思い。
神示に関しては、予言関連の内容が気にはかかります。まだまだめぐりの清算がくるんでしょうが。
私に関しは「行為者がいない行為」を日々体現することを深めるしかないかと思います。
協力できることは私もさせてもらいます。

トシカズさん
日月神示、来ました? おやじから説教されているみたいでしょ?「・・・じゃ。」みたいに。

ふみおさん
ヒロです。御覧の通り、質問でお騒がせしてます。九州は一人のようです・・。
どんどん書いてくださいね。ふみおさんの課題は、みんなの課題ですから。
東京の方が参入されて、津々浦々になりそうです・・。

御病気の方々は、ご自愛してください。

84:トシカズ :

2013/04/22 (Mon) 22:21:35

皆さん、こんばんは

ふみおさん初めまして
1ヶ月も前から見ていたのですね。
ここのブログ記事や掲示板で学べることは多いので是非、常連になってください



理解しようとせず思い込もうとしていた自分に気づきました
自分ではわかろうとしていたつもりでしたが早くものにしなければという焦りがあったようにも思います
あと私はハンドルを握りたがるタイプと思いました
他人の行動や言動に対して、こうするべきだとかあれではダメだとか強く思ってしまう人間なので・・・

>思うのではなく、思えるようにする
コツコツ努力を続けていれば理解が深まって自然と思えるようになるということですね
気を抜くとすぐ結果だけを求めて急いでしまいそうになるので理解を目的に頑張りたいと思います


83:ひとのこ T :

2013/04/22 (Mon) 21:54:16

ふみおさん、初めまして。

ここに集う関西人の一人でございます。

ドンドン質問されることをオススメしますよ。

今後ともよろしくお願いします。


ひとのこ様

>取りあえず、ここに来て読んでいる事を知れたから良しです。

あのぉー、こう見えてましても私は毎日家PCと職場PCでポチってますし、一日に三~十回は開いて見せてもらってますよ。
ただみだりに書き込むのはちょっと控えめにしとこうと思ってるだけでして・・・・。
たとえこの先何年間も一字も書き込まなくても、いったんコトがあればいつでも馳せ参じますよ。

私が人の上に立ちたがるとは、何か実感がわきませんねえー。ホントにそう思われますか??
自分ではどっちかというと、人の集団から離れたがるという傾向はあると思っていますけど。


>問題にしているのに、問題にしていないと思ったら問題だよ。
とは上手いことおっしゃいますねー。
でもですね、この表現を通して私に何を伝えようとされているのですか?
「うわーやっぱりオレには問題がある! どうしよう?!」的な反応を望んでおられるわけではないですよね?
私は「自分はいない」に了解と告げた上で、思うように生きているのですが、他に何ができるというのでしょう?

あ、でももし問答みたいな展開になりそうでしたら質問掲示板に来いとおっしゃってくださいね(笑)。


さいさん、いつもどうもです。
「明るくカムバック」って・・・・・。
私って立ち去っていった人になってたんですね??
かなり空気を読めない人間なので、全く自覚症状がありませんでした(爆)。
82:ふみお :

2013/04/22 (Mon) 21:50:05

皆さん こんにちは

>>ひとのこさん
私は東京都在住です。
ちなみに出身は福島県で、ひとのこさんと同じ東北人です!
81:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 21:11:54

みなさん今日は。


ふみおさん今日は。

まずは、あいさつまで。

ふみおさん何でも良いので気楽に書き込んでくださいね。

どちらの地域にお住まいでしょう。
何故かここには関西の方がおおいのでお住まいの地域を聴くことにしています。
80:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 21:06:13

みなさん今日は。


>三位一体
ところでさいさん三位一体が気になりますか?
これは人間がどのように理解するか分かりませんが、
最初の三者です。

お釈迦様の表した十二縁起を情的に表すと三位一体に成ります。
仏教の十二縁起と三位一体は表し方の異なりです。

仏教とキリスト教とは何時も言っているように異なる物ではありません。
仏教とは真の教えであり、キリスト教は愛の教えです
真とは、智であり、愛とは情です。

そうなら、同じ物を異なる表現で表すはずであり、
仏教の根源の教えとキリスト教の根源は同じことの
智的表現と、情的表現の異なりであることは当たり前です。
異なる様に見える表現の共通性を見出すのです。

わたしは十二縁起と三位一体は体験的に確認済みです。
三位一体は123、ひふみ、ですよ。
123・ひふみ、神示です。

日月神示でもそれは説かれているのです。
真実が一つなら異なる教えがあるはずもない。
この123と十二縁起は意識が持つ特徴です。
性質と言っても良い。

確かラジニーシもこれを単純な意識の特徴と言っていたと思います。
情的表現をまた智的に表現するとこうなります。
さいさんも瞑想に成功すると自分で確認できますよ。

それとも一般論を知りたいのでしょうか?
一般論ならわたしでは駄目ですね。
79:ふみお :

2013/04/22 (Mon) 20:59:55

はじめまして、ふみおと申します。

この1ヶ月ほど、ほぼ毎日こちらの掲示板を閲覧していましたが、
そろそろ自分も書き込みをしてみようかなと思い、本日初投稿となりました。

「悟り」や「真理」といったものに強い興味はあるものの、
それらについての知識や理解はまだまだ未熟です。
ひとのこさんはじめ、こちらの掲示板にいらっしゃる皆さんに色々教えて頂けると嬉しいです。

皆さん、よろしくお願いします!
78:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 20:55:58

みなさん今日は。


さんさん、大丈夫だよ。

この体で、4時間も5時もかかる月山を横目さんと登っていて、
一日12時間労働にも平気です。

10年15年と言うスパンでは問題があるかも知れませんが、
通院をきちっとしていれば、問題ありません
神急ぐ為の仕掛けではないでしょうか。
77:ひとのこK :

2013/04/22 (Mon) 19:26:34

百番さん毎度〜

ネットの世界はこの現実が産んだ幻って感じます。
ネットで情報収集とか有益なもの得て現実に活かそうとしてる。

師匠の感覚のお話を読んで、ここの皆さんとは現実も幻だと学んでいる訳ですが、この現実という幻から色々な気づきを得て無明を晴らしていく…
一段違うけど似ているなーと

76:ひとのこ さい:

2013/04/22 (Mon) 16:31:47

エルさん

メールで教えていただきありがとうです!!

仏教に親しんでいたから、よくわからない点を教えていただきすいません。

三位一体とはそう単純でないことがわかりました。いろいろあるのですねー。

また教えてくださいね!!

みんな体調崩してるけどエルさんも気をつけてくださいね!!
75:トシカズ :

2013/04/22 (Mon) 16:09:14

皆さん、こんにちは

ひとのこ百番さん
逃げるという行為自体にとても残念な気持ちになりましたね
でもそれしか選択出来なかったのだからどうしようもないですね
「私の」価値観をその人たちに押し付けてそのとおりになってないから苦しんでいるのかなとも感じました


ひとのこさん
私も何か力になれることがあれば協力させてもらいます
74:ひとのこ さい:

2013/04/22 (Mon) 15:49:29

先生

持病があるとも知らず、高野山などお気楽に書き込みまして申し訳ありませんでした。

深刻な病気でなければいいのですが。

そのための有給休暇なのですね。余裕出来ましたとき皆さんとお話出来たらいいですね。

必要なことであると思います。

じつげんできるまでに、みなさんとちえがだせればいいですね!

>。わたしは師と出会いたかったのです。
それがかなわなかったそれだけです。
師と呼びたい人は既にこの世から去っていたそれだけです。
一人で行きたいわけでは無かったのです。
しかたが無かったのです。

初めてお聞きしました。ご無念でしたとお察しいたします

僕らは幸せというべきです。ありがとうございます!!

>ネットではらちがあかないのは目に見えています。

>目覚めも一人一人ではらちがあきません。
ですから世界を変える必要があるわけです

本当にあせってはいけないでしょうが、らちがあきませんね。

本気で考えていきたいです。

みなさんのお力が必要です。考えましょう!!



73:ひとのこ百番 :

2013/04/22 (Mon) 15:45:49

Kさん、お疲れさまでした! またーりお休みください(笑)

トシカズさん。
逃げようとされているかたは、ご自分に非があったと思われているのでしょうか?
私も、愛する二人が争う状況を想像してみました。
誤解があるならときたいですね・・・。
どう行動がおこるにしても、責任を神仏にお任せして、
後悔せず反省させていただくというスタンスでいいのではないですか。
より良い結果、より悪い結果と比べる事もできないし、
ただ導かれた結果としかならないのではないでしょうか。
(間違っているところ、エゴっぽいところはご指摘ください。)

72:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 15:15:16

みなさん今日は。



>僕も毎日考えていること、書き込もうと思っていましたがまあ、静観、考えていました。
>既に先生もお考えのことだったのですね。

わたしは始めからネットではらちがあかないことをネットで語っていたと言えるでしょう。
実際の行動に映す為に、みなさんの質問で、相対的説明を学んでいたのです。

ですから以前から、その内、各宗派の代表するような方にその内あいたいと言ってました。
その前にみなさんと会う事ですね。
ネットではらちがあかないのは目に見えています。

目覚めも一人一人ではらちがあきません。
ですから世界を変える必要があるわけです。

横目さんにはお話しましたが、さいさんわたしはね、ある持病で
月に一回病院通いをしています。

その為に、有給を年間12日使ってしまうのです。
今年は通院のための日にちしか残ってません。
9月には新たな有給が発生し日にちに若干の余裕が出来ます。

最終的には仕事など捨てても良いのですが、
それはここ一番のときです。

71:ひとのこK :

2013/04/22 (Mon) 14:57:38

師匠皆様こんにちは

夜勤明け寝過ぎたKです
体調不良今多いです
職場でも流行ってます。mkさんも大丈夫かな

僕は仕事中薄い鼻血が止まりませんでした…何これ(?_?)(笑)

でも今は鼻スッキリ

凡と聖のお話…とてもとてもわかりやすかったです。
このお話を聞けて良かった。

エルさん神戸でしたね…夜勤明けで近かったら遊び行こうと思ったですけど片道4時間だったので諦めました…orzごめんなさい

それとさいさん…怪しい…かも(笑)。
冗談す

トシカズさんいつも落ち着いた感じだから、ちょっと驚きました。でも百番さんの言うように見ている感じありますね。早く苦しみから抜けますように


さぁ 何か食べようかなー
70:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 14:52:03

みなさん今日は。


Tさん今日は、ずーと挑発いていましたが、
やっと乗ってきたね。

取りあえず、ここに来て読んでいる事を知れたから良しです。

今残っている人はの道とは世界の為に働くのが道です。
働く人を生み出さねば助けになりません。

>私が問題にしない限り、問題はないと思うのです。
そうです。ですが問題にしているのに、問題にしていないと思ったら問題だよ。
問題にしていなければ、既に真我の自覚をゆうしているわけですから。

このあいだTさんは真我を実現していないのにさも実現しているようなことを書いている
のに問題があると語ってましたね。

ですからわたしは問題だと思っていることが問題だと言ったのです。
これはブログで語ることに問題はなく、
Tさんに問題があると思っていると言う問題がまだあるとも言ったわけですね。

それが消え去ったとき真我の自覚が表れるわけです。
自覚が無いうちは、問題があると思っている問題があるのです。

もしTさんが本当に問題としていないなら、今既に真我の自覚があるはずなのです。

>私がブログを書いているのは、自分のために言葉を必要としなくなった者の務めとして他者のことを考え、他者のために言葉を使うためです。

自分とは誰ですか?他者とはだれですか?それが分かると世界のためになる。
世界のためとなっていないうちは自他の区別をしている。
わたしは個の為に語っているのではないのです。

最近のTさんを見ているとね、神示にある誰もが頭になりたがるが浮かんでくるのです。
はじめからTさんはそう言うところがありましたね。
一人で出来れば行こうとするのも頭になりたがる証です。
その意味が何処にあります。何のためです。何の役に立ちます。

わたしは師と出会いたかったのです。
それがかなわなかったそれだけです。
師と呼びたい人は既にこの世から去っていたそれだけです。
一人で行きたいわけでは無かったのです。
しかたが無かったのです。
69:ひとのこ さい:

2013/04/22 (Mon) 14:18:43

先生 みなさん今日は。

まず

>。あそうおう、さいさんネットは便利だが、ネットだけでは
らちがあきません。9月にもし行けたらそちらに行くし
それが駄目なら何か方法を考えましょう。

ネットではらちがあかないと言うことをネットで学んでいるのかも
知れないね。
何時までもここでお話いているだけではだめだね。

神いそげか。

僕も毎日考えていること、書き込もうと思っていましたがまあ、静観、考えていました。

既に先生もお考えのことだったのですね。

焦ってもダメでしょうが 神いそげということならば何か考えたいところですね。

皆さんも知恵をだすように考えてくださいね。僕も考えます。僕は知恵がないので皆さん頼みます!!

ネットも限界があることを知るためかもしれませんね。

ブログにしても、 いぬ、ねこ、しゃしんUP,やすらぎ系のアクセスを見ると、これから精一杯がんばりますが、

1日70前後のアクセスを考えたりします。しかしブログをやることにより、一層世の中をつかめました。

収穫です。

まあ、みなさん一緒にさらなる知恵がでるようにしていきましょう。

横目さんメニエルましですか?Kさん陽さん気管支ですか?おまけにMkさんも調子良くないとのこと、みなさんまず体調早くなおしてください。

トシカズさんはいろいろのコメントからみると、よく頑張られていることによるものと察します。

タオさんは雪にまだ埋もれているのですか?笑

ヒロさんは叩いても僕と同じで大丈夫そうですね!

百番さん、連投百番さんでしたね? 笑ブログも優しさが出ていいですね。

最後になったけどTさん明るくカムバックしてください。遠慮、おそれ は無用だとおもいます。

僭越ですが掲示板と質問版使い分けられるのも一考かと思います。明かるいTさんの書き込みは、

みんな望んでることだと思います。よろしくです!!

しかしみなさん知恵が出せるように考えていきましょうね、

また好き勝手、書かせて頂きました。ご容赦、お願いいたします。
68:トシカズ :

2013/04/22 (Mon) 13:59:28

皆さん、こんにちは

>トシカズさんの苦しみとは何です
考えられるのは私の知っている人同士が大きな争いを始めそうな雰囲気になっていて
片方はかなり激怒していて、片方は逃げようと考えています
他人事なので私には影響ないのですが、両者の負の感情、苦しいという思いが勝手に浮かび上がってきて
それを何ともしてあげられない私がいる。だから苦しみを感じているのかもしれません

またはただ単に自身の野心である「~しなくてはならない」「~でなくてはダメだ」というのが
まだ残っているためなのかとも思われます

正直、これだとわからないからただ何も出来ずに混乱している次第です

67:ひとのこ百番 訂正 :

2013/04/22 (Mon) 13:39:53

正誤
× 楽しみにしておきます
○ 楽しみにしております
66:ひとのこ百番 :

2013/04/22 (Mon) 13:37:06

みなさんこんにちは。
私も自然消滅とならないように気をつけます。
ポチは続けております。他のサイトも一緒にポチ歩きされるから
大行進のように順序が変化しないんでしょうね(^^)
9月の話は私も楽しみにしておきます。

先生、昨日今日のコメントでまた答え合わせさせていただきました。
凡と聖などはまだ個の視点で見てました。
ありがとうございます。

トシカズさん。苦しい じゃなく苦しみを感じているという表現がいいですね。
初めての体験はいいんじゃないでしょうか。それすら淡々と・・・ですよね。

mkさん、ご無理なさらないように・・・
といっても主婦業などを兼務されていれば大変でしょうね。ぼちぼちで、淡々と。。。

65:ひとのこ T :

2013/04/22 (Mon) 13:31:15

ひとのこ様

ご心配をおかけしていたとは! という感じで驚きつつ恐縮しています。

私がこのところ沈黙していたのは、問答が始まると、皆さんが沈黙されるからです。

私がブログを書いているのは、自分のために言葉を必要としなくなった者の務めとして他者のことを考え、他者のために言葉を使うためです。

しかし、最近ブログを書きながら思うのは、他者のために書くことが自分のためになっているということです。

私に問題があるかどうかは・・・・・・・・意識しないので何とも言えません。

善はかくあるべし、という一般的な視点から見ると私のマインドや言動には問題があることもあるでしょうが、私はそれらと同一化しない限り、問題というほどのことはないと感じています。

というか、私が問題にしない限り、問題はないと思うのです。

私が凡か聖かについて、私は正直のところ関心がありません。

とりあえずこんなところです。
64:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 13:30:24

みなさん今日は。

はいmkさん了解です。


トシカズさんの苦しみとは何です。


あそうおう、さいさんネットは便利だが、ネットだけでは
らちがあきません。9月にもし行けたらそちらに行くし
それが駄目なら何か方法を考えましょう。

ネットではらちがあかないと言うことをネットで学んでいるのかも
知れないね。
何時までもここでお話いているだけではだめだね。

神いそげか。
63:ひとのこ mk :

2013/04/22 (Mon) 12:31:51

こんにちは。

今日の午前に外せない用事をこなしたら、体調が下降しました。
しばらく休みます。
62:トシカズ :

2013/04/22 (Mon) 12:10:45

皆さん、こんにちは

昨日から言いようのない苦しみを感じております
何が原因かと聞かれてもよくわからない状態です
とりあえず来るものは来るにまかせてひたすら眺めていますが
こんなことは初めてなので少々、混乱しています


61:ひとのこ :

2013/04/22 (Mon) 10:27:20

みなさん今日は。


さいさん、そうだね、最近書き込む人は決まった人ですね。
今までも、だんだん薄縁となり、消えて行った人が沢山いますね。

わたしが一日一回と言うのはそこにあるのです。
今日は良いやがだんだん長くなってくるのです。

始めは読むだけは読んでいるその内読むのも今日は良いやと成ってくるのです。
その内書き込むタイミングも失うことになるのです。
禅や瞑想も、ですから決めた事はきちっとやる事が大事になります。

わたしの言うことが納得できなくて去った人はそれで良いが、
自然消滅する人はもったいないね。

この人立ちはまた苦しくなり、その内また進みだしますが、
本気に成れない内は、また忘れてしまい、
また苦しくなり、本気に成れるまでその繰り返しをいたします。

特にわたしの語ることはそう成りやすいのです。
凡は聖とは凡のままでよいのではありませんがそう受け取りやすいのです。

凡とはどこかえ向かって進んでいる。
聖とは止まっている。

止まる事を教えようとすると、凡のままで進み続ける事で良しと成りやすいのです。
凡のままでいることが停止とごかいする。

凡は聖と理解できたものは、真我を実現するのです。
仏となるのです。凡のままでいるのではないのです。

Tさんも心配だね。
わたしは、Tさんに本気で自分に問題が無いと思っているなら問題ないと
言ったのですが、問題があるとTさんは思っているのに反応が無いね。

問題が無いと理解しなさい、を思い込みなさいに成っているようです。
理解すると思い込むは異なります。

理解するには疑いが無く、思い込むには、疑いがある、
思い込むでは疑いがそのまま残るのです。

Tさんの今の状態は今のところ思い込むでしょう。
Tさんこれを読んでいるかね。
だから途中で問答を止めたらこまるのです。
ここに書き込みもしないのはもっと困ります。

ところでTさんはブログで何のために語っているのでしょう。

わたしは個を導こうとするのは、全体のためです。
わたしは神示を実現するために語っているのです。
個を導こうとするのは個の為ではない。
全体のためであり、神のためです。

神とは常に全体のことを永遠の立場で考えております。
だから個にとっては不条理な事もおきるのです。

神は乗り越えられる試練しか与えないと言っても、個の命さえ全体の為になら
奪い去ります。
でもこの試練とは全体の試練だから乗り越えられない試練はないのです。

みなさんも理解いてください、
凡は聖とは凡は聖と無理に思い込むのではありません。
理解するのです。理解できるまで学ぶのです。学ぶものすら自分とは見なさずに。

思い込むは疑いを残したまま学びを止めさせてしまうのです。
必要なことは理解です。

良いですかみなさん。
思うのではなく、思えるようにする。
停止するのではなく、停止するようにする。
煩悩を無くすのではなく、無くなる様にする。
雑念を無くすのではなく、無くなる様にする。
それには思うのではなく、思うようにする理解が必要なのです。

何であれ、するのではなく、しむけるのです。
そうなる様にしむけるのです。
するには、理解が無く、しむけるには、理解がある。
するには、戦いがあり、しむけるには、戦いが無い。

雑念と戦っている内は雑念は無くなりません。
思い込もうとすれば思いとの戦いです。
心に問題がまだある事を認めることを止めたら思い込もうとしたら、
そのまま問題が残り続けます。

凡は聖とは凡のまま聖だと思い込み凡のままで良しと成るのではないのです。
聖に成るまで凡は聖の理解を深めながら、それすら自分とは見なさないことです。
学びならが学んでいるのは誰だと理解する事で、凡のまま途中経過のまま
悟りの境地となるのです。

学ぶものを自己と見なさなければ、世界の為に働くのです。

ところで、ヒロさんとてもコメントが良くなってます。
わたしから付け足す事が無いくらいです。
驚きの変化ですね。アドバイスも適切になって来ております。
60:ひとのこ さい:

2013/04/22 (Mon) 09:58:19

エルさん
>いつも同じ方で、すみません(笑

同じ方は毎日続けていただかないと困ります!!笑
59:エル :

2013/04/22 (Mon) 09:39:02

先生、みなさん、こんにちは

いつも同じ方で、すみません(笑
今日も、もちろんポチしましたよー、念のため2回してる日もあります^^;

僕からも、みなさん!よかったら書き込んで下さい。初めての方も大歓迎です!

今日も寒いです、僕も体調崩さぬよう気をつけてます。
すでに、崩されてしまった方、大事にして下さいね。

陽さんが風邪じゃないかもしれないと書かれてあったこと、ちょっと気になってます。
何か大きな病じゃなければよいけど・・
無理なさらないで、ゆっくり、またの書き込み楽しみにしてます。
58:ひとのこ さい:

2013/04/22 (Mon) 07:43:28

先生 みなさんおはようございます。
もうすぐ5月なのに寒い地方にお住まいの方、寒の戻りで大変ですね。

寒暖差が激しいと着るもの1つとってもかなわないでしょうね。

最近、書き込みもいつも同じ方のように思います。

日常のことでも、さらに言えば、天気のことでさえもいいとおもいます。

書き込みお願いします。掲示板も読まれておられる方もおられると思いますのでよろしくお願いしたいです。

調子崩されておられる方も多く、、あまり無理言えませんが、!!

僕は最近町内会の役員させられました。笑、ブラブラしてるように見えるのでしょうね。

まあそれもお役目ですので役立てるように頑張ります。

だだ風体からして何か宗教しているようにみられているようです。先日おまわりさんの巡回でたずねられました。

何もしていませんで通したら、怪訝な顔して帰られました。笑  怪しく見えるのでしょうかね。

近所づきあいは」上の上だと思っているのですが。

今日もポチおねがいします。

なんでも1番というのはそれなりの努力がいりますね。
57:エル :

2013/04/22 (Mon) 07:34:20

先生、みなさん、おはようございます

ヒロさん
ありがとうございます。ここで学んでいるという事実で、
霊主体従でいられていると、認識にしてよいのだと思い安心しました。
確かに、僕も、もう同じこと繰り返したくないと思っています。
霊主体従、心します。
56:ヒロ :

2013/04/22 (Mon) 07:08:01

おはようございます。

エルさん
私が書いた「霊主体従」を心せねば、ってのは、今まで自分で気づいた部分については同じことを
繰り返したくないと感じているので、そう書いたものです。我々がここで学んでいること自体が
まさに、その道だと思うからです。神示にも、「ウは現実界ぞ、ムとは霊会であるぞ、ウもムも同じであるぞ
ムからウ生まれてくると申してあること、よく心得よ、」ってあり、ここでも秩序があるんでしょうが
それに気づいていくのが道なんかと思うんです。でも、智として学んでおくことが「神示よめ」
って言われることなんでしょうね。神示でも、理屈よりは体験を重視せよって書いてますからね。
ただ、もっと適切なアドバイスは先生からされるかもしれません。

今日は寒いですが、天気よさそうです。
55:エル :

2013/04/22 (Mon) 01:32:37

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこ先生
>我々は霊主体従の基本を忘れないようにしないと
>無意識に、体主霊従になりさがらないようにしないとと思いました。

ヒロさんのこの言葉は、いつも気をつけていないとと思いました。
体主霊従になってしまっていても、自分では、なかなか気づけないものだと思います。
また、こうならないための、あるいは、こうなってしまっている場合の、
何かよい、気づき方、見分け方のようなコツがあれば教えてほしいと思いました。

よろしくお願いします。


日月神示を読んでいての、ここまでの感想ですが、と言っても、まだ上つの巻しか読めてないんですが、
コーランを読んでる時の気持ちを思いだしました。
でも、コーランは、ずっと昔のアラブ人に宛てて語られたもので、
日月神示は元の神が、現代の日本人に語られた、本物の聖典だと思います。
聖典と呼ばれる書物は、たくさんありますが、元の神が直接語られた聖典というものは、
非常に稀なことだと思います。今後も読み続けてゆきます。

先生から、エックハルト説教集からの引用があり、本棚から取り出してみました。
実は、せっかく買ったのに、読めていない本の一冊になってしまっています。
岩波文庫版ですが・・昨年、断捨離に励んでいた時期があり、たくさんの本を捨てましたが、
この本は置いていて良かったと思いました。
54:ヒロ :

2013/04/21 (Sun) 23:27:42

こんばんは。みなさん。

先生、コメントありがとうございます。

>平等にするために関係性を壊すのは間違いです。
>ですから和と表すのです。
男女の役割は神示でも、はっきり言ってるわけですね。ラジニーシも女が男になろうとしても二流どまり、
男が女になろうとしても二流どまりっていってます。さらに男は男性原理を花咲かせる、女は女性原理を花咲かせる
とも言っています。人によって強弱あっても、基本路線はそういうことですね。神示でも、霊主体従といっており
それにも、男女は上下という表現が適切なんでしょうね。一般にも男は理性、女は情などともよくいわれますので
そういう点からも、肉体の構成から精神構造まで、与えられたもので花を咲かせよってことでしょうね。
しかしこれでさせ、昨今は、ひっくり返っている面もあり、我々は霊主体従の基本を忘れないようにしないと
無意識に、体主霊従になりさがらないようにしないとと思いました。

さらに、仕事では組織に属する人がほとんどでしょうが、この関係性や組織のことなど、日常生活でも
有用なコメントありがとうございます。昨今の表現でいえば、「ならぬものは、ならぬのです」
ってとこですね。古き日本人が持っていたものが西洋化して、よきものまでが、消失傾向にあるのを
感じ、心せねばとまた思いました。
若いころは私も武道をしており、こういう面は私もあるわけです。
神示は、大和魂を復活させるにも、最適ですね・・。もちろん、意識の成長という良い意味でですが。

神示???のとこもありそうで、またご質問させていただきたいと思います。
それではみなさん、おやすみなさい。
53:トシカズ :

2013/04/21 (Sun) 17:35:54

皆さん、こんばんは

エルさん
私のコメント読んでいたのですね。
ここに初めて来た時に比べて変わったと実感はありますが
まだまだ気づいたら「私」がいる時がありますね


色即是空、空即是色の認識の仕方参考にさせてもらいます

>心の重さとは、過去が有ったからあったのです
まだ日常生活で記憶が勝手に出てきて判断する時がありますが
早めに気づけるように意識したいと思います
52:ひとのこ :

2013/04/21 (Sun) 16:50:58

みなさん今日は。


mkさん追記です。

色即是空、空即是色の理解は世界の認識の仕方を変えます。
ちょっとわたしの世界の認識をお話します。

わたしは、みなさんと同じように世界を見ております。
見ている世界は異なる世界ではありません。


ですが感じ方がちょっと異なります。
例えて言なら、スクリーンに映る映画のように感じています。
如何してスクリーンに映る映画のように感じるのでしょう。
今が根無し草の様に感じるからです。

地面が無い空中に浮かんでいる様に感じると言ってもよい。

空に浮かぶ雲のように感じると言ってもよいです。

夢のように感じると言ってもよい。

このいくつかの表現で共通するものを感じてください。

根無し草のように、過去に縛られず、ただこの今があるだけと感じるのです。

ただ今がスクリーンに映画のように映っている。

わたしが見ている世界の一切は在ると言えば在ると言え、
無いと言えば無いと言えます。

世界を見る事も出来、世界を消し去る事も出来ると言ばよいでしょうか。
見えている世界の後ろに無を見ているのです。

有を見ながらその後ろに無を見ているのです。

有を見ながらその実態に無を見ているのです。

有を見ながら、無を見ているのです。

有を見ながら、無を感じているのです。

この状態を根無し草と、スクリーンに映る映画のようだと、
夢のようだと表現したのです。

これは見るものではないから、
わたしの表現から感じてもらうしかありません。

この状態に至ると、まるでわたしが存在しないように感じます。
在ると言う継続する存在意識はあるが、わたしがない、
だから貴方は誰かと聞かれたら、誰かではない、または誰でもないと
答えるしかない。

このわたしがない意識が超個の意識です。
わたしとは、何かで在る事をあらわし、個であることを表します。

わたしがないとは誰かではない事を表し、超個であることを表します。

根無し草のように世界が見えてくると、心は何処までも清くなり、
心のおもっ苦しさが晴れ晴れする、
心の重さとは、過去が有ったからあったのです。

わたしの心は過去に縛られていない。
今起きたことは今忘れてしまうのです。

泣いた子供がそれを忘れている様に次の瞬間には笑っている。
子供は根に持つことが無い。
子供は、根無し草のように根が無い。
でも泣いたことが記憶に無いわけでもない。
そのような状態が無執着の状態です。

如何でしょう、わたしの世界の見え方が伝わりましたか。
言葉ではなく、どんな状態を表現しようとしているのか感じてください。

本日エックハルト説教集の一文をご紹介いたしましましたので、あらゆる被造物(世界の一切)を無にする
とはどういうことなのかの話をいたしました。
51:ひとのこ mk :

2013/04/21 (Sun) 16:29:32

ひとのこさん みなさん こんにちは


私を消し去る、私のもの(行為や所有)が無いという理解を深めていき、
あらゆるものが一つのもの、感知できない、無であるという理解を深める。
昨日の私の発言には、まだ色々と自分のものと考える癖が残っていることがよくわかりました。
私を消し去る努力、無の理解への努力、続けていきます。
見るもの全てを神に捧げることで、その清らかさが見えてくるのですね。
見る私も捧げるもの。

無について今後質問させてください。よろしくお願いします。



エルさん
マザーテレサのされたことは、私が書いたときにイメージしていた光を大きく超越していることですね。
彼女は自身の聖性を考えるのではなく、世界の大きな黒布の下にある光を見いだしていた。そう感じました^^



体調のことで声をかけてくださったみなさま、ありがとうございます。
空き時間に体を休める事で、調子が上向いて来ているのは感じられます。もうしばらくはゆったり活動しようと思います。
50:ひとのこ :

2013/04/21 (Sun) 08:47:32

みなさん今日は。


>昨日のひとのこさんの言葉がずっと響いています。
>私は凡だと思うことは「私のものがある」と思っていることから来ているんですね。
>かといって、このまま「私は聖である」と宣言することは(うまく書けないですけど)「自分の聖」と思い込む偽物。

凡は聖とは凡と聖を超越する事を表します。
凡は聖と理解に至ったものが聖なのです。
ですから凡と聖の聖ではないのです。

>「私は聖である」と宣言することは(うまく書けないですけど)「自分の聖」と思い込む偽物。
わたしは聖であるの、わたしとは誰ですか?
これで「自分の聖」と思い込む偽物。の問題が解決されます。

わたしが消え去ったとき聖なのです。
mkさんにわたしが無いとき聖なのです。

mkさんわたしは如何してひとのこの集まりのハンドルだと言えると思います。
mkさんは如何して「自分の聖」と思い込む偽物。と恐れが現れたのです。
わたしを持っているからでしょう。


>聖の自覚がないのは、元々の私である「聖」という光に私と思うものが黒い布をかぶせてしまっているような状態。
>これは、他で書いてあった言葉を軽く拝借してきました(笑) 

この表現は間違いではありませんが、正しくもない。
黒い布をかぶせてしまっている状態ではなく、かぶさってしまっている状態が正しい。
この表現の異なりはおおきい異なりがあります。学んでください。

かぶせてしまっている状態とは、個の責任を意味します。
かぶさってしまっている状態とは、誰の責任でもないことを意味します。

かぶさってしまっている状態とは、無明を意味します。
一つの物だけであり、認識するものとされるものが無ければ、
何も知る事が出来ず、これが無明です。これが黒い布がかぶさった状態です。

黒い布がかぶさった状態であるから、一つのものを分別する働きが現れ個のわたしが現れます。
わたしが黒い布をかぶせているのではなく、
かぶさっているから、個のわたしが現れるのです。


>それよりも、光しか存在しないという理解を深める努力、続けます。
光しかない、神仏しかいないの一つのものだけがあるの理解をもう一歩前に進めよう。

一つのものしか無いとき、それは何も無いことを表します。
認識するものとされる物があって在ると言えるからです。

煩悩の川を渡るには、何も無いとの理解が必要です。
何も無いと思って煩悩の川を渡り全ての執着から解き放たれ、

何も無と言うことが在ると言うことだとの理解で無常の慈悲の心を表し、
この世で生きる事が必要です。

これが色即是空、空即是色です。
この完成が智慧の完成です。


「あなたは清き心でなくてはならない。あらゆる被造物(世界の一切)を無にして初めて心は清きものとなるからである。」
これはエックハルト説教集の一文です。

そろそろ、無を学んでも宵でしょう。
49:ひとのこ さい:

2013/04/21 (Sun) 08:29:57

エルさん 詳しくありがとう。

>カトリックで神の定義は、父と子と聖霊の三位一体が神です。
この三位一体の秘儀は、人間には説明できないということになっています。

言葉では理解できます。正直難しいです。人間には説明できないというのも受け入れられるのは

絶対的な 信があるからでしょう。でも神とは 何か説明できない存在とも思えます。

ありがとうです。

48:エル :

2013/04/21 (Sun) 08:13:56

先生、みなさん、おはようございます

ひとのこさいさん
カトリックで神の定義は、父と子と聖霊の三位一体が神です。
この三位一体の秘儀は、人間には説明できないということになっています。

子とはイエス・キリストのことですが、イエスは神の子であると同時に人の子であることは、
教義として守られ続けています。

神の子であり、人の子ではない、または、人の子であり神の子ではない・・
とすると、それは、もうカトリックではありません。
伝統的な主流のプロテスタントも、この教義はたぶん同じだと思います。
47:ひとのこ :

2013/04/21 (Sun) 07:39:45

みなさん今日は。


>この神示の男女については、どういう意味あいで先生はとられたのか聞きたいのです。足には足の役目
>手には手の、それぞれが頭になりたがってもうごきはとれんとは神示でいっていますが、ここの
>男女の上下という意味が?です。ラジニーシも男性原理は積極性で、女性原理は受容性など表現したことは
>ありますが。この上下っていう表現が何を意味するのか?って思ったんです。


ヒロさん列車の機関車と、貨物車どちらが価値があります。
機関車が無ければ、前に進む事が出来ず、貨物車が無ければ貨物を運べません。

車のエンジンと車体のどちらが価値があります。
エンジンが無ければ走らず、車体が無くても走らない。

我々には、それぞれの役目があり、男女にもその役目があります。

家庭では、男が主人であり、その主人は親戚の中では主人とは限らず、
会社に行けば平社員かもしれません。
様々な集まりの中で、一人がある集まりでは主人であり、
また異なった集まりでは従であり、異なる集まりの中で一人が様々な役目を果たします。


車には四つのタイヤがあります。
その四つのタイヤにそれぞれハンドルを付けて、四人の人がそれぞれにハンドルを操作したら
車はどう動きます。

企業の上下関係をまったいらにしたら、企業と言う団体の動きはどうなるでしょう。
みんなバラバラで、団体としての働きを失うのです。

戦いで、作戦が無く、一人一人自由に戦ったら、団体としての力を発揮することは出来ないでしょう。

様々な集まりごとに、ハンドルが必要であり、集まりを動かすハンドルは一つで宵のです。
そのハンドル操作が上手く働くように、現在の団体とは出来ているのです。
問題は価値です。現在は個人の成果と責任の下、ハンドルに近いほど価値があると成っているところです。

今の世界はそのままで価値を変えてしまえばよいのです。

人は平等と言うと全てまったいらに成る事が平等と勘違いします。
男女平等とは、男は男の役目を果たし、女は女の役目を果たす事が平等です。
女も男となることが平等ではないのです。

上下があっても、前後ろがあっても、その価値が50対50であれば平等です。

人の特徴は誰も彼も機関車に成りたいのです。
誰も彼も、ハンドルを操作したいのです。

団体の中で、人それぞれが、ハンドルを持ち様々に操作したら、
それは団体ではなくなるのです。
人は集まって大きな力を発揮します。

ですから様々な団体を作るのです。

桜の花も先に開く花もあれば、後から開くものもある。
どちらが価値がある。
車にも団体にもハンドルが何本もあったらおかしくなるのです。

人を組みたているのに、足しか無かったら人にはなりません。
上下とは組織の働き上の関係性です。
どんな関係性があったとしても、その価値の比率が50対50で和であり、
それが公平であり、平等です。

平等にするために関係性を壊すのは間違いです。
ですから和と表すのです。
平等と言うと関係性を壊すと人は勘違いするからです。

様々な集まりで、どうしても、ハンドルを持つ者が必要です。
ですが全員がハンドルを持ったらばらばらになる。
その集まりにより、自らの役目を知ることが必要です。
上下主と徒とはこのような意味です。

ひとのこの、集まりはわたしがハンドルをさばきます。
わたしで無ければ出来ないからわたしが元祖なのです。
誰かがやらねば成らないが誰でもよくは無い。
それが神示が語るお役目です。
46:ひとのこ さい:

2013/04/21 (Sun) 07:31:59

先生 みなさんおはようございます。  

大阪肌寒く,雨は上がっていますが曇です。

ヒロさんが昨日雨模様と言われていたので、やはり天気は西からですね。

エルさん、神に奉献とよくいわれていますが、やはりキャソリックにおいて、神と言えば、

固有名詞的神のことでしょうか、宇宙の意識という意味ではないのでしょうね。時間あるとき教えてください。

「僕は僕であるために」は尾崎豊さんのカヴァーでミスチルのカバーも有名ですね。エルさんの若い当時の曲ですね。

僕は中村さんのカヴァーが彼の元彼女といわれているだけに好きです。いいですよ。

余談ですが、この掲示板に人口も多い東京の方おられないのがいつも不思議ですね?関東はKだんぐらいかなー。

3、4人の方調子悪いのですね。早く良くなってくださいね。

大乗思想で二位ですが一位のかたのブログとやはりひらいていますね。

ポチ頑張りましょう。
45:エル :

2013/04/21 (Sun) 02:15:33

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこ先生
まだ、言葉がまとまらないのですが、悟りへの興味は失いましたが、
神を祀ること、神に奉献すること、については興味を持ち続けていて、
また、日々そのような心的態度でありたいと思っています。

ひとのこmkさん
>それよりも、光しか存在しないという理解を深める努力、続けます。
すでに光明を得た人は、無明を見ることによって、光明が増すと思います。
マザーテレサさんが貧しさの中に豊かさを見たように・・。
ふと、思ったので書いてみました。

ヒロさん
毎度です、ありがとう!

ひとのこKさん
僕は、神戸在住です。Kさんは、どちらですか?

トシカズさん
ここだけじゃなくて、みなさんのブログの方でのコメントも読ませてもらってます。
順調に進んでる印象受けます。いつも文章に落ち着きというか安定感を感じます。
僕は、躁鬱けっこう激しいです。躁状態にならないように、ある民間療法の先生に、
注意受けてから、ブレーキかけるようにしてます。

陽さん
体調わるい中、書き込み読ませてもらって嬉しかったです。

ひとのこさいさん
翼の折れたエンジェル、懐かしいですね。僕も好きでした。
僕が僕であるために、は尾崎豊さんの曲のカバー?
中村あゆみさんの曲に「僕は僕であるために」って思いだせなくて・・
44:ひとのこ さい:

2013/04/20 (Sat) 23:29:18

陽さん

かすれてるんですね!

少し出る声も中村あゆみ風。 僕も好きでねー、翼の折れたエンジェル、僕が僕であるために

今の方がイケてますね!!懐かしいね。僕、音楽バカでもあるから。

先生に叱られないうちに

皆さんおやすみなさい!!  皆さん体、回復させてください!!
43: :

2013/04/20 (Sat) 23:11:00

先生、みなさん、こんばんは。

あれから咳が酷くなり声が出なくなりました。
少し出る声も中村あゆみ風。

「これ、ほんとに風邪なのかな?」という気持ちに変わってきております♪

欠席中も先生の回答や皆さんのコメントから学ばせて頂いてます。
毎日、ポチはしとりますんで、みなさんも体調気をつけてくださいね。

42:ひとのこ さい:

2013/04/20 (Sat) 17:27:59

みなさん

>さいさん、出来れば出来ればです。
今年の9月以後に関西に行きたいね

出来れば出来ればです。
僕も含めて,先生もお忙しいでしょうから、来年になるかもですから、
先走り、僕も控えまさす!!笑
41:トシカズ :

2013/04/20 (Sat) 15:57:17

皆さん、こんにちは

ひとのこmkさん
私も「私の」とか「私は」とかつい癖で考えてしまうことあります
そのたびに「私」じゃなかったと訂正しています
ゆっくりして体調元に戻してください


9月に集まる予定、楽しみですね
もし行けるなら私も参加したいと思います

昨日から気持ちが沈んでいましたが、それをじっくり眺めていたら大分楽になってきました
まだ外側の出来事に心を持っていかれそうになりますが、以前に比べて持ち直すのも早くなってきました
他人の行為も神仏なのだからと少しは思えるようになり、感情の起伏も減ってきたように感じます
40:ひとのこK :

2013/04/20 (Sat) 14:59:02

師匠皆様こんにちわ

ヒロさんへのお返事僕も楽しみです

エルさんはお住まいどこでしたっけ?

百番兄さん忙しいようですね。ブログ見ました
さいさん9月に集まるのですか?書き込みにはその話出てます?
初耳ですけど楽しみです。

これから夜勤です
39:ヒロ :

2013/04/20 (Sat) 12:12:18

みなさん こんにちは。
九州北部雨模様になりました。

エルさん、神示・・こんなんまであったよ。
「さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越えて時を待つ。神が世界の王になる。」
って。先生の言われることと、いっしょですね。
38:ひとのこ mk :

2013/04/20 (Sat) 11:20:48

ひとのこさん みなさん こんにちは


>神しか存在しない。なら、洗濯が如何して必要です。
>その理解が洗濯と言うのです。
>わたしを消し去る事が洗濯なのです。

>神であるものを、わたしと思い込む事です。
>わたしと思い込む事でエゴが生まれているのです。
>わたしと思い込む事を止めるとエゴが消え去ります。
>それこそが、お洗濯です。

昨日のひとのこさんの言葉がずっと響いています。
私は凡だと思うことは「私のものがある」と思っていることから来ているんですね。
かといって、このまま「私は聖である」と宣言することは(うまく書けないですけど)「自分の聖」と思い込む偽物。

聖の自覚がないのは、元々の私である「聖」という光に私と思うものが黒い布をかぶせてしまっているような状態。
これは、他で書いてあった言葉を軽く拝借してきました(笑) 
・・・この黒い布を「自力で」取り去ろうとするのは、私と思うもの、それが黒い布をかぶせたこと、というのも認めて強化することなので、効率の悪い努力かな? などと考えています。
それよりも、光しか存在しないという理解を深める努力、続けます。


温度差にやられたのか、この頃の忙しさで疲れが溜まったのか・・・
昨晩から体調がすぐれません。
みなさまどうかお元気でおすごしください。
陽さん、調子良くなったかな~?
37:エル :

2013/04/20 (Sat) 09:02:42

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
後から書き込んだのに優先していただき恐縮です。お返事ありがとうございます。
今は、先生が導こうとされている境地の高尚さに圧倒されている感があります。
それで、言葉がまとまりません。言葉が、まとまり次第また書き込みます。

ヒロさん
いつも励まされてます。ありがとうございます。
36:ひとのこ さい:

2013/04/20 (Sat) 08:19:51

先生 みなさんおはようございます。

大阪穏やかです。

本当に今までの先生の忙しい中での大変さを思います。

ブログリコメ、メールの質問などにかなりの時間がかかります。

それに毎日のブログの記事。大変さが良くわかりました。

今日の教え、ひとのこのすがたです。

一定数欲しいですね。

しかし賑やかになり嬉しいことです。

ランクupもここから本腰ですね。いいところまで来ていますが、ここからです!!

ポチする人を増やすように僕も努力はブログでもしています。

まず掲示板にしてもポチにしても先生の

大乗 まで来ていただかなければと思います。

今日もみなさんお大事に。
35:ヒロ :

2013/04/20 (Sat) 07:53:50

みなさん おはようございます。

エルさん
さびしい・・も含めて、どんどん書けばいいじゃないですか。
そして、さびしい以外にも、気づいたことあれば、さらにどんどん。
そしてエルさんが、またつかんでいけば・・・、と思いますよ。
神示から・・「行詰まった時は、大きくひらけるときじゃ。」 です。

みなさん 今日も身魂磨き、マイペースで進みましょう。
34:ひとのこ :

2013/04/20 (Sat) 07:45:09

みなさん今日は。


エルさん。

そう慌てなさるな。
一つ一つ返事を待ってから、考えればよい。
今回の三回のコメントにエルさんの思いの推移がそのまま現れておりますね。


>それと、先ほど書き込みしてから、自分で考えたのですが、
>核兵器の問題や貧困問題などを、まだ洗濯されていない、とか・・
>そんな分別も、いらないという思いに至りました。
>個我であろうと、世界であろうと、神を祀ることが大切であり、
>それが、明け渡すということであるとも、考えてみました。


エルさんそれは間違いです。
洗濯されていないものは何であれ、間接的教えとして働いております。
間接的教えとしての働きを直接的教えと変えて行く事が洗濯です。


>核兵器の問題や貧困問題などを、
核問題や貧困問題など如何なる世界の問題も、間接的教えです。
関越的教えとして働いているものは、洗濯し直接的教えとしなければなりません。


洗濯は必要です。その洗濯とはわたしを神に捧げる事です。
神にわたしを捧げていないひとが、この世に問題をおこすのです。
間接的教えとしてです。

日月神示にも一旦全てを天に召し上げると書いてあります。
わたしは神に従って、みなさんから全てを取り上げているのです。
わたしと言う思いも取り上げるのです。

神は世界の問題を解決させるために与えているのです。
だから神の一部として神の手足として働かねばなりません。


エルさん、ここで学ぶ事が必要で無くなった状態の人のはなしをいたします。

どんな仕事でも、人の二倍も三倍も働いて、何のストレスも持たず。
どんな人たちとも、上手く付き合って行け、何のストレスも持たず。
心、個人意識を超越するが故に、世界の幸せも苦しみも自己の物とし、
世界のために人のために、生きる。
相手が誰であったとしてもものおじせず、
どんな舞台であってもはっきり道理に沿って意見を述べられる人。
エルさんはこれに当てはまりますか?

このような状態であれば、完全です。
人の内側は外側に現れなくてはなりません。

わたしはね、エルさんも他のここに集まっている人も必要なのです。
どうしてかと言うと、世界の苦しみはわたしの苦しみだから、
神の思いに従ってこの地上に天国を生み出したいからです。
その為には多くの人の力が必要なのです。

エルさんわたしに力を貸してください。

人が個人を超越すれば、全体意識に自然になるのです。
全体意識になると世界の苦しみは自分の苦しみとなるのです。


だから目覚めた存在は誰しも、人の為に生きるのです。
内側でどのように感じているかなど問題ではないのです。
どのように生きているかそれで決まるのです。


あっちに行ったりこっちに行ったりしててもきりが無いよ。
ここにいてまだまだ学ぶ事が必要だし、
わたしも世界も神もエルさんを必要としております。

もっと書く事があるのですが今日は時間が在りません。
ごめんなさい。

ヒロさんへの回答は明日です。
今回はエルさんを優先しまいた。ごめんね。
33:エル :

2013/04/20 (Sat) 02:48:12

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこさいさん
>難しい事聞くなーです。笑
思わず笑ってしまいました*^^*
笑顔が大切ですね。

ひとのこ先生、みなさん、9月が楽しみです。
32:ひとのこ さい:

2013/04/20 (Sat) 00:33:43

エルさん
>僕は、ここにいていいのでしょうか

そういう思いをポイなのです。

思いも変化するから無常の流れの中でポイされたら泡のごとく消えるのだろうね。

難しい事聞くなーです。笑
31:エル :

2013/04/19 (Fri) 23:54:40

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこさいさん
ありがとうございます。ふと思ったんですが、そのポイされたものは、どこへ行くんでしょうか?

トシカズさん
確かに大きく変化している最中だと思います。ありがとうございます。
30:トシカズ :

2013/04/19 (Fri) 23:40:41

皆さん、こんばんは

エルさん
私もその日その日違った気持ちでここを訪れています
調子の良い日は書き込む言葉も積極的になりますし、
そうでない日は元気付けてもらおうという気持ちで来るときもあります

私の場合、寂しいや不安や苦しみを感じている時などは大きく変化している最中であったことが多々あります
エルさんもそのタイミングなのかもしれません
29:ひとのこ さい:

2013/04/19 (Fri) 22:20:09

エルさん

みんな、悟りの興味だけでここに集まってるのではないですよ。

ふと寂しいというのも立派な理由の1つに違いないと僕もみんなも思うと思うよ!!

そんなの気にすることないよ。ポイ
28:エル :

2013/04/19 (Fri) 20:48:40

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこ先生
お返事待たずに、どんどん書き込んでしまって、すみません。
今の状態を、言葉にすることが難しくて、でも、できるだけ素直な気持ちで書いてみます。

ここに来させてもらって、先生はじめ、みなさんの助けで自死願望がなくなってから、
同時に、悟りや神我実現への希望、興味も消滅しています。

それなのに、何故、その後も、ここで書き込みしてるのか、というと、
唯一、考えられるのは、寂しいから~というものです。

その寂しさも、自分という感覚もなくなってしまっていて、誰の寂しさなのか分からないというような感覚です。

行為者は、もういないといえばいないような気がして、ここで書いてるのも誰が書いてるのかな?
と、分りません。でも、行為者は、いるといえば、いるような気もしてきます。よく分りません。

悟りへの興味も、もう本当はないのに、ふと、寂しいからというだけで、僕は、ここにいていいのでしょうか?


ひとのこmkさん
旧掲示板見るの遅くなってしまいました。
コメントもらえてて、嬉しかったです^^
27:エル :

2013/04/19 (Fri) 18:35:07

先生、みなさん、こんばんは

ひとのこ先生
神示に書かれている「祀る」ということと、僕が言ってた「奉献する」という言葉は、
同意と解釈したのですが、それで、よろしいでしょうか?
それと、先ほど書き込みしてから、自分で考えたのですが、
核兵器の問題や貧困問題などを、まだ洗濯されていない、とか・・
そんな分別も、いらないという思いに至りました。
個我であろうと、世界であろうと、神を祀ることが大切であり、
それが、明け渡すということであるとも、考えてみました。
26:ひとのこ さい:

2013/04/19 (Fri) 16:52:29

先生

本当は皆さんと共に仙台に行くべきかもしれないと思いました。

高野山は大歓迎ですが!!
25:ひとのこ さい:

2013/04/19 (Fri) 16:49:10

先生

>さいさん、出来れば出来ればです。
今年の9月以後に関西に行きたいね。

いいですねー。お待ちしております。

1人暮らしのようなものですし、よければお泊りください。

気が早いですが!みなさんと一緒に高野山是非ともいきたいものです。

それこそ、足場となり(笑)、みなさんの運転手となります!!

さておき、また本決まりとなればおしらせください。

一度はみなさんとお会いするべきと思います。

僕はみなさんの中でKダンとエルさんのお写真は見ております。

横目さんとは2回お会いしております。

先生お忙しいでしょうし、9月ぐらいが無理でもいつでも楽しみにしております。!!

日月、ついに全ての指針となったわけですね。

書き込みが楽しみです!!

身体調子くずされているみなさんお大事に。

24:エル :

2013/04/19 (Fri) 16:28:19

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
個我についての洗濯について、よく理解させてもらいました。
それで、世界についての洗濯について質問です。
たとえば大国や北朝鮮が核兵器を所有していることや、
世界の貧困問題など、まだまだ洗濯が済んでいないと思われる世界の現象について、
私は、それを奉献しようとしたりしない方がよいのでしょうか?
それは、神のものであるから、私という個我を消し去り、
そして、その後は、何もしない方がよいのでしょうか?
23:ひとのこ mk :

2013/04/19 (Fri) 16:18:03

ひとのこさん みなさん こんにちは

ヒロさん
私の拙い作文を読んでいただきありがとうございます。
精進します、これからもよろしくお願いします。

百番さんおひさです~ 嬉しいです。


ひとのこさん
ありがとうございます。最上の励ましの言葉です。噛み締めています。
二年から三年、覚悟してがんばります。
幸い、自信がない、はないです。
以前に2年ほど一人でワークを続けることができたという記憶があるので、「できないかも・・・」と思い悩む理由がありません^^

どこにあっても菩薩であるという自覚は失わないという決意をしました。


今日はエルさんといっしょに洗濯されました^^


日月神示は一回目の途中に難しくて止まっていたところ、ひとのこさんにさっとでいいから目を通すように勧められ、一通りした状態です。
皆さんといっしょにもう一回最初から読むことにしました。今度はもう少しじっくりすすめるといいな。

今日は全国的に寒の戻りで風も強いのですね。
そんな中、岐阜城まで登山遠足に行った息子も先ほど元気に帰って来たのでひと安心です。
皆さまもお元気でお過ごしください。
22:ひとのこ :

2013/04/19 (Fri) 16:17:28

みなさん今日は。

ヒロさんとても良い質問です。
今回のヒロさんの質問のような待っていました。

明日の朝お答えいたしますね。

さいさん、出来れば出来ればです。
今年の9月以後に関西に行きたいね。
21:ヒロ :

2013/04/19 (Fri) 13:11:26

みなさん こんにちは。

日月神示・・・ご推薦、まずは先生に感謝いたします。
この本とのご縁も、神に呼ばれたのかも・・って感じます。
なぜ、今か?って考えると、この神示は、ここで真理を語っているような内容を理解した上で
はじめて、本当の理解ができるんだ!って感じます。解釈本もちょっと読んだんですが、著書が
気づいていないって感じる部分もあって、真理の学びは欠かせないと思いました。この本で真理が
個人的なものから世界へ広がるのを感じます。歴史や社会の感じ方も変えますね。「自由」や
「平等」の文句に隠れるエゴを察知できる意識まで我々は次元上昇するしかないって感じます。

そこで先生にまた質問なんです。
神示では、平等とかより和することをうたっていますが、「和すには陽が中、陰が外、天が主で、地が
従ぞ、男が上、女が下、これが正しき和ぞ。さかさまならん。これが公平と申すものじゃ。」とあるのですが
ギーターでも、子女が乱れると、世の中乱れるなど、戒めや序列を示唆する表現があるのですが
この神示の男女については、どういう意味あいで先生はとられたのか聞きたいのです。足には足の役目
手には手の、それぞれが頭になりたがってもうごきはとれんとは神示でいっていますが、ここの
男女の上下という意味が?です。ラジニーシも男性原理は積極性で、女性原理は受容性など表現したことは
ありますが。この上下っていう表現が何を意味するのか?って思ったんです。
20:ひとのこ百番 :

2013/04/19 (Fri) 12:47:58

みなさんこんにちは。

私も日月神示は途中で読むのを中断していたのですが
あらためて読み直そうと思います。

mkさん。旧掲示板に書かれたコメントも素晴らしいですね。
読んでいてわくわくしました。
私も精進いたします。

今日の関西地方は寒いので、みなさん体調崩されないよう
お気をつけくださいね。
19:ひとのこ さい:

2013/04/19 (Fri) 07:26:37

先生 みなさんおはようございます

大阪風が少し強く、寒く感じます、。

Kダンは今朝ブログ見ると、記事タイトルが、日月神示でしたね。読んでる途中経過などもupして欲しいですね。

エルさん >「○」の中に「・」なんだか、とても好きで、見てるだけで癒されます
ゆっくり読まれたらいいですね。 癒されてよかったです。

神示は僕が生まれた頃降ろされているので時代背景や言葉は僕は楽ですがみなさん、少し戸惑うところもあるでしょうね。
しかし、神の神が直接に語られ、口語体ですから読みやすい面もあるかと思います。
解釈が難しいところありますね。みなさんの書き込み楽しみにしています。

横目さん少し良くなっているのでしょうか?お大事に。、

今日もポチですね。しかし一位になるには絶え間無い、これも努力ですね。

今日も元気に行きましょう!!
18:ひとのこ :

2013/04/19 (Fri) 07:11:57

みなさん今日は。

横目さん今日は、お体の具合はどうです。
ちゃんと付いてきてくださいね。


百番さん、陽さん、タオさん如何してます。

Kさん昔の言葉でむずかいい言葉の意味は検索です。

トシカズさんも疑問があったら聞いてください。
17:ひとのこ :

2013/04/19 (Fri) 07:04:29

みなさん今日は。


さて、次はエルさんですね。
善悪は分かったよ。

>はい、すべては主のものです。分別してしまうから、良いもの悪いものが現れます。
>僕が、悪いものと書くとき、それは、まだ奉献できていない、明け渡すことのできていない部分という意味です。
>善悪の判断から、という意味ではありません。
>そうゆう意味で、すべてを明け渡すまでは、悪いものがあるように見えます。
>悪いものを悪いと自覚できなければ、明け渡すこともできないと思われます。

>「悪」という言葉を使ったのは誤解を招きやすかったかもしれません。
>神示の言葉でいうと、まだ洗濯の済んでいないもの、というような意味で使いました。

その洗濯の済んでいないものお洗濯するのは大変そうだ。
わたしが一瞬でお洗濯してあげますよ。

>悪いものを悪いと自覚できなければ、明け渡すこともできないと思われます。
エルさん、誰が誰に明け渡すのです。
エルさんと神と言う二つのものがあるのですか。
エルさんがいて、神がいてエルさんが神に何を明け渡すのです。
だとすれば、何を明け渡してもエルさんが残らないか。

わたしを消しさることが明け渡しです。
わたしを消し去らねば、エルさんが残らないか。
エルさん自身を神に明け渡す事で全てを明け渡した事になるのです。

神しか存在しないと言う理解でしか、全てを明け渡す事が出来なのです。
わたしがいては、明け渡しには成らないからです。
わたしが消え去って始めて神に全てを明け渡した事となるのです。

神しか存在しない。なら、洗濯が如何して必要です。
その理解が洗濯と言うのです。
わたしを消し去る事が洗濯なのです。

>悪いものを悪いと自覚できなければ、明け渡すこともできないと思われます。
次はこれです。何が悪いことだろう。
悪いこととはただ一つです。

神であるものを、わたしと思い込む事です。
わたしと思い込む事でエゴが生まれているのです。
わたしと思い込む事を止めるとエゴが消え去ります。
それこそが、お洗濯です。

わたしがいて、神がいて、わたしをお洗濯して神に明け渡すとは。
神しかいないことを理解する事なのです。
それがお洗濯であり、明け渡しです。

人が私を所有する限り、わたしを明け渡してはいないのです。
この世には神しか存在しないほらこれで洗濯も明け渡しも完了する。

エルさん、今まであまりエルさんと直接お話してませんでしたね。
今回は明け渡しについて語ってみました。
16:ひとのこ :

2013/04/19 (Fri) 06:09:10

みなさん今日は。


>サマディーというのですね。
そうです、それがサマディーです。

mkさんの努力に従い少しづくサマディーは深まって行きます。
深まるにつれて、徐々に心は不動になって来ます。

何が起きても心が不動になったら完成です。
それを中心に定まるとも言います。

もう既に始まっているのです。
あと二年から三年がんばりなさい。
二年か三年すぎたら、サマディーはゆるぎなき物に成っています。

このことを覚えておいてください。
凡は聖の理解とは、発菩提心を起した瞬間に悟りの境地です。
今例えmkさんが真我の自覚を得ていなくても、
仏としての自覚を有していなくても、
途中であったとしても、既に悟りの境地です。

これを菩薩と呼びます。
これから自覚を得たとしても、得たか得ないかの違いでしかありません。
何故かと言えば始めから我々は神仏だからです。
始めから神仏であるものが、その自覚を得たか得ないかの違いだけです。
得ても得ていなくても存在の価値は変わりません。

mkさんは悟りの境地に達し既に光明を得ています。
その身体と心は始めから神仏なのだから自身を持って行為すればよい。
15:エル :

2013/04/19 (Fri) 04:37:51

先生、みなさん、おはようございます

日月神示を読んで、もしも好きになれなかったら、ここにも居づらくなるな、
と、ちょっと、そんな不安も微かにあったのですが・・心配無用でした。

活字やっぱり、あんまり読めなくて、まだ、ちょっとしか読めてないし、
これからも、ゆっくりしか読めないと思うけど・・

でも、ゆっくりの方が、じっくり読めていいかもですね。

「○」の中に「・」で神って読むっていいですね。
「○」の中に「・」なんだか、とても好きで、見てるだけで癒されます。
14:横目くじら :

2013/04/19 (Fri) 03:07:10

ひとのこさん、みなさま

こんな時間に失礼いたします。

先生いつもありがとうございます!

ここでは、拾い読み程度しかできておりませんが、なんとか尻尾にかじりついて行きたいと思います。


13:エル :

2013/04/19 (Fri) 01:55:50

先生、みなさん、こんばんは

「悪」という言葉を使ったのは誤解を招きやすかったかもしれません。
神示の言葉でいうと、まだ洗濯の済んでいないもの、というような意味で使いました。

トシカズさん
日付で言うと本日くらい届くかな?楽しみですね^^
12:ひとのこK :

2013/04/19 (Fri) 01:13:59

師匠皆様こんばんは
遅くなりましたー

ヒロさん
言葉で想いを顕すのは難しいですね…
本当にそう感じます。
でも僕もヒロさんさいさんを見習って怖れず思ったことを書き込みしていこうと思います。

今日は神示(携帯でですが)を読み続けていたらもうこんな時間でした。
掲示板みたら師匠や皆さんから神示についてのコメントが沢山…

こりゃ今もう一度読めっちゅうことだなと

神示についての皆さんの質問も楽しみにしています。

因みに師匠は神示の難しい昔の言葉わかりますか?
読めるところは読めるけどわからない所はさっぱりって感じです(汗)
11:ひとのこ さい:

2013/04/18 (Thu) 23:04:15

今晩は

皆さん神示で盛り上がっておられますね。



>日月神示はね人を成仏させる、真我の実現の自覚をもたらす。
神の最後の手段です。

この神示以外何も必要ではないとわたしは考えます。
他の教えは神示の理解を深めるために使われるべきだと考えます。

この教えが神の前の神の最後の手段です。
神は今までの教えでは救い切れなかった残った人を
一切合財救いとろうとしているのです。

ラジニーシも神は全ての人に光明を与えようとしていると言ってました。
その最後の手段です

ここまで先生言い切られたのは初めてです。

何度かお聞きしたことはありますが。

言い切られること、素晴らしいと思います。

それだけなんです。

おやすみなさい!!

10:トシカズ :

2013/04/18 (Thu) 22:48:43

皆さん、こんばんは

ひとのこmkさんは順調に成長しているのですね。私も見習わないといけません。精進あるのみです

日月神示は神の最後の手段なのですね。益々読みたくなりました
早く届かないか待ち遠しいです
9:エル :

2013/04/18 (Thu) 16:02:27

先生、みなさん、こんにちは

ひとのこ先生
はい、すべては主のものです。分別してしまうから、良いもの悪いものが現れます。
僕が、悪いものと書くとき、それは、まだ奉献できていない、明け渡すことのできていない部分という意味です。
善悪の判断から、という意味ではありません。
そうゆう意味で、すべてを明け渡すまでは、悪いものがあるように見えます。
悪いものを悪いと自覚できなければ、明け渡すこともできないと思われます。
それは、無意識のまま、気づきのないままになってしまうと思われます。
8:ひとのこ :

2013/04/18 (Thu) 13:51:35

みなさん今日は。

mkさん、そのうち、努力していると言うことも忘れてしまうから、
そこまでたゆまぬ努力です。

わたしはね、今起きた事を、今忘れてしまうのです。
ですから常に今なのです。
これは記憶を使えないと言う意味ではありません。

記憶に使われないのです。
記憶とはわたしの召使なのです。
7:ひとのこ :

2013/04/18 (Thu) 13:29:17

みなさん今日は。


>しかし、言葉を通して、伝えるのは、出すにしても、受けるにしても
>難しいものだと感じました。

ヒロさんそうやって学んで行くのです。
今回の理解がヒロさんを一歩前に進めたはずです。
6:ひとのこ :

2013/04/18 (Thu) 13:26:43

みなさん今日は。


ヒロさんそうでしょう。

日月神示はね人を成仏させる、真我の実現の自覚をもたらす。
神の最後の手段です。

この神示以外何も必要ではないとわたしは考えます。
他の教えは神示の理解を深めるために使われるべきだと考えます。

この教えが神の前の神の最後の手段です。
神は今までの教えでは救い切れなかった残った人を
一切合財救いとろうとしているのです。

ラジニーシも神は全ての人に光明を与えようとしていると言ってました。
その最後の手段です。
5:ヒロ :

2013/04/18 (Thu) 13:04:10

みなさん こんにちは。

先生、ご指摘のこと理解しました。
しかし、言葉を通して、伝えるのは、出すにしても、受けるにしても
難しいものだと感じました。
ということで、mkさん ご理解ください。
こういう私の表現そのものも、私の道なんでしょうから・・。

日月神示・・・何から何まで書いてありますね。世話要らずって感じです。これ読んでいると、日常生活
で困ることはほとんどないような気がしました。忍耐力だけ、心しておけば、めぐりにも負けじと
って感じです。こんな具体的な聖典読んだことなかったですね・・。
4:ひとのこ さい:

2013/04/18 (Thu) 13:00:29

先生 皆さん今日は

書き込みが復旧できてよかったですね。

僕も含めてですが、周りを気にせず、自己の段階も気にせず、学ぶというのがいいですね。気にするということは、恐れがあることを示し、分別意識を持つということですから、自己のためにもなりません。僕はかつて先生に叱られたことです。

分別することをやめて、わたし をなくすことこそ、先生の教えであり、釈尊の教えですね。

そして、分析しないことも、いいのではないでしょうか。細かいことに拘らずということもいいのではないでしょうか。

ふと、そう思いました。

誰ということはありません。僕も含めてみんながです。

よろしく考えていきましょう!!

ポチお願いしますね。書き込み不自由からおもいますと、普段、普通ということはありがたいですね!!







3:ひとのこ mk :

2013/04/18 (Thu) 12:56:38

連投です(こそっ 旧掲示板に書いちゃいました)

ひとのこさん

サマディーというのですね。今は努力して真(聖)に「寄り添っている」という感じでしょうか。
努力します。努力して当たり前にします。
非同化と観ること、反省を心してします。
ここに来ます。ここは外を向く日常を少し離れ、内を観るための場になっています。寺院や教会のようなものです。もうちょっと非日常の雰囲気がでるといいな、DSをデコろうかななんて考えたりして。
よろしくお願いします。
2:ひとのこ :

2013/04/18 (Thu) 12:23:55

みなさん今日は。


ヒロさん。ヒロさんはmkさんに言ったのであり、

mkさんはあたらしい人ではありません。

mkさんの今回の中間報告は報告であり、
問いや迷いが含まれては以内のです。

それよりつよい信念が見えます。

一見不安に見えるのは、私が行為者ではない、凡は聖の理解の有効性を
しらいめるために、わたしは行為者ではないと思っていれば全ての問題が無く
思わなければ、問題を感じるとどの状態のとき、どうなるかを、客観的に
述べただけです。

mkさんが今でも問題を感じる状態に陥ると言っているのではありません。
もちろん本人が言うとおり完全ではありませんが、mkさんには
問題が無いし、本人も問題を感じていないのです。

ヒロさんへのmkさんのコメントからもそれがわかります。


他の人のときのことは、ほかの人のことを考えるとき考えなさい。
今回はmkさんです。

mkさんからヒロさんへのお返事にわたしは大丈夫ですと
書かれているのが見えませんか?

ヒロさん準備の出来ていない人はこの掲示板には来ないし、
間違って来ても長居は出来ないから問題はありません。
自己の状態に応じて相応しい教えがあるのです。

わたしは相手の判断で選民するから問題はないのです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.